放射性物質の検出エリアと震源と海流








放射性物質の検出エリアと震源と海流を調べてみた。
http://yok-blog.com/?p=1626 ~より




http://sankei.jp.msn.com/life/news/110528/trd11052800540000-n1.htm

文部科学省は27日、宮城県気仙沼市沖から千葉県銚子市沖まで南北約300キロにわたる

海底の土から、最高で通常の数百倍に当たる濃度の放射性物質を検出したと発表した。

文科省は「海産物に影響が及ぶ恐れがある」としている。東京電力福島第1原発から海に流出

した汚染水に含まれた放射性物質が広範囲に拡散していることが裏付けられた。」



「東京電力福島第1原発から海に流出した汚染水に含まれた放射性

物質が広範囲に拡散していることが裏付けられた。」って・・・勝手に

裏付けるなよ!って言いたい。勝手にそういう印象操作をしたいがため

に書いた記事だと私は思います。


なぜなら、海流との関係についての考察がないから。

放射性物質=福島原発という関連づけが前提で書かれている。

おかしいでしょう?



気仙沼市沖から千葉県銚子沖の南北300Kmといえば、震源域でしょうが・・・




これ、震源域。★印と、グレーの○が震源です。


これはhttp://www.bousai.go.jp/chubou/27/shiryo1.pdf の5ページにある


震源と滑りの絵がありましたが、これの等高線の滑りの部分が濃すぎるの

で、見やすくするため色だけを抜きました。


これとさっきの記事の領域が一致しているんですよ。


なぜ私がウソばっかりといったかというと、海流は違います。



Wikipediaで海流を調べてみると以下の絵が出てきます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E6%BD%AE


東北沿岸は親潮の影響を受けて北から南に降りてくる海流があります。

黒潮は千葉沖で東に蛇行しているでしょう?


だから福島の原発から流出した放射性物質を含む大量の水は海流に

流れて気仙沼沖から銚子までの300Kmに分布するということは、

起こりづらいはずですよ。


むしろ震源域と、放射性物質の分布が一致していると考えるべきでしょうね。

だとすると、


やはり地震は地下核による地震の誘発によるものだと考える方が

妥当であるという結論になります。


━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


世界の真実の姿を求めて! ~より



「週刊文春」によれば、日本政府は海洋調査を頑なに拒否してたらしい。
そして国際環境団体グリーンピースは、原発の北側の調査を避けていた?

h_hirano 平野 浩
国際環境団体グリーンピースは、原発の南30~70キロの海域の海藻類

から極めて高い数値が検出されたと速報で発表。例えば昆布から1万9千

ベクレル/キログラム。これは政府発表の数値とはかけはなれた高い数値。

しかし、日本政府は海洋調査を頑なに拒否している。 「週刊文春」5/26


311東日本大震災で核兵器地震を起こしたテロリスト達が犯した致命的

なミス。


テロリスト達は福島原発から放出された放射性物質を含んだ海水は広く

周囲に拡散していくと思っていたようです。

しかし
福島の原発付近の海水は親潮系(海水は南下していく)で、

きわめて流れが速い場所です

福島原発から放出された放射性物質を含んだ海水は親潮に沿って流され、

南下していく。

親潮にのれば急速に南下し、黒潮にぶつかって、アリューシャン方面に

抜けていきます。


放射性物質を含んだ海水が福島原発より北の海域(仙台市の沖合など)

に拡散することはありえない。

そしてありえない海域で放射性物質が検出された。


12ポイントすべての調査ポイントで、放射性物質を検出