北朝鮮の弾道ミサイル発射で
東京メトロや北陸新幹線が一時ストップ








【日本ニュース】
菅官房長官 北朝鮮から1発のミサイル発射確認(2017/04/29)






4月29日

【北ミサイル】北陸新幹線もストップ
GW初日、行楽客にも影響 東京メトロも一時停止

http://news.livedoor.com/article/detail/13000554/

ゴールデンウイーク初日の29日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、
東京メトロや北陸新幹線が一時ストップするなど、交通機関に影響が出た。

JR西日本、阪急電鉄、阪神電鉄、大阪市営地下鉄など関西の主要なJR、
私鉄、地下鉄は通常運転を行っている。

JR西日本によると、北朝鮮によるミサイル発射の一報を受け、
北陸新幹線は午前6時10分ごろから、上越妙高-金沢間で一時運転を見合わせた。

全国瞬時警報システム(Jアラート)が発動していないことなどから、
運行に影響がないと判断し、同19分に順次運転を再開した。
この影響で、一部の電車に約10分の遅れが生じた。

大阪市営地下鉄は通常運転を行っている。その理由について、
担当者は「Jアラートが発動していないため」と説明した。

一方、東京メトロはこの日午前6時7分から全線で一時運転を見合わせた。
10分後の6時17分、着弾の恐れがなく安全と判断し、運転を再開した。
北朝鮮によるミサイル発射を受けた措置は初めて。

担当者によると、Jアラートの発動の有無を基本としながらも、
テレビやラジオなどほかのメディアの緊急速報があれば、
日本国内の着弾の有無などを確認し終える約10分間を目安に
運行を停止することを事前に取り決めていたという。

<引用終わり>
------------------------------------


ツイッターより
https://twitter.com/yunishio/status/858132103212421120

北朝鮮がミサイルを発射したのが5:30ごろ。
日本に到達するのが約10分後。
東京メトロが運行を止めたのが6:07。

発射時刻から10分以内に異状の報告がなかったら、何も起きないよ。
電車を止める必要はない。


------------------------------------------



防衛省のホームページより

平成29年4月16日

北朝鮮による弾道ミサイルの発射について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2017/04/16a.html

1.米太平洋軍は、日本時間の16日午前6時21分、北朝鮮が東岸の新浦(シンポ)
付近から弾道ミサイル1発を発射したが直後に爆発した旨発表していると承知しており、
防衛省においても、これまでに収集した種々の情報を総合的に勘案した結果、
米国と同様の認識を有しています。

2.防衛省としては、米国や韓国とも緊密に連携しつつ、引き続き、
北朝鮮の動向について必要な情報の収集・分析に努めてまいります。


------------------------------------------



管理人

今年4月16日と4月29日に、北朝鮮が弾道ミサイル発射と報道されています。
しかし、この二つ弾道ミサイルは、いずれも発射直後に爆発と発表されています。
私は、直ぐに変だと感じました。
一度ならずも二度まで続いてとなると・・・


そこで、例によってアンケートを実施します。


:(事故説)実際に発射されたが、二度とも爆発して失敗した。

:(撃墜説) 発射直後に、米軍によって撃墜された。

: (ウソ情報説)北朝鮮が弾道ミサイル発射というのは、この二つともウソ。
  実際には発射されていない。


コメントするをクリックし、タイトルのところに
AかBかCをご回答下さい。
尚、内容のところには何をコメントしていただいても結構です。



以下の発射実験は、本当に行われた可能性が高い。

2017年04月5日

北朝鮮が弾道ミサイル発射 日本海に落下
http://www.bbc.com/japanese/39499384



管理人

発射直後に爆発というのは、ほとんど1分以内に爆発したことを意味します。
もし、ウソ情報となると、発信源は米太平洋軍ですが、
レーダーで確認出来ると考えられますので、米国、韓国、日本が協力して
ウソの情報を垂れ流している可能性があります。
韓国も日本も米国の準植民地な訳ですから、命令されたら、
その通りの情報を流すことは容易に可能です。
もしかしたらですが、北朝鮮も一枚噛んでいる可能性も考えておくべきです。

そもそも、もし発射直後に、米軍によって撃墜されたのなら、
北朝鮮が抗議しないわけはないと思います。
ただ、北朝鮮はメンツをものすごく重要視する国ですので
撃墜されたと発表しないことも考えられます。

そうしますと、Aが本命で・・Bが穴、Cが大穴ということになります。
ただ、すごくおかしいですね。
これだけ緊張状態の中、敢えて、何度も弾道ミサイルの発射実験を
するのかといった大きな疑問が残ります。
今のところ、もう一つの懸念~地下核実験は行われていません。

アメリカが最も問題視しているのは、弾道ミサイルの発射実験です。
その発射実験より一段危険レベルが低い地下核実験を取り止めているのに、
更に、危険度が高い弾道ミサイルの発射実験を繰り返し行なうというのは、
やはり、不自然でおかしいと感じます。

そもそも、弾道ミサイルの発射実験にしろ、地下核実験にしろ・・
朝鮮半島沖の米国艦隊の大部隊が引き上げてから行うのが常識です。
せいぜい、10日間から2週間くらいしか滞在しないのですから、
少し待てば、北朝鮮は最高レベルの危機を迎えないで済む訳です。

私は、北朝鮮が先制して韓国や日本にミサイルを放つことは、
ほとんど無いと考えています。
そんな事したら、即、自国の滅亡が待っていますから。

私が一番懸念していることは・・・
何度も何度も、北朝鮮という国が世界に刷り込まれていることです。
これだと、もし韓国や日本にミサイルが落ちた場合や、
或いは、何等かのテロ事件が発生した場合・・・
ほとんどの人が、直ぐに、北朝鮮がやったと断定的に判断するでしょう。
これが、一番危険なのです。

北朝鮮は、自国が攻撃されない限り、他国に先制攻撃を加えないとするなら、
どこかの国が、偽旗テロを実行したことを意味します。
米国が北朝鮮に先制攻撃を加えた場合に、当然、韓国や日本に対して
報復として攻撃をする可能性はあります。
ただその場合にも、米国CIAが北朝鮮の報復攻撃に見せかけて
偽旗テロを起こす可能性は、常に考えておくべきです。


ツイッターより
https://twitter.com/tokaiama/status/858111141758640128

プーチンはCIAに対峙したソ連KGBの長官で、
ロシアの後継機関FSBでも長官を務めたほど、
世界の権力裏社会を隅々まで知り抜いた人物です

そのプーチンが
世界のテロの95%はCIAの仕業と断言した
http://www.asyura2.com/17/warb20/msg/121.html
つまり本当のテロリストなど存在しない


ミサイル攻撃はともかく・・・
偽旗テロでは、どんなことが行われるかの可能性については
以下の記事が参考になります。

「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか」 
    ~2005年10月25日キャピトル東急

http://ameblo.jp/64152966/entry-11432403299.html

以上の記事は、中国が相手になっていますが、
偽旗テロに関しては、北朝鮮に入れ替えることも出来る訳です。

以下、参考まで

以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。

今後2年前後に、日本海側の都市に「米軍の」ミサイルを着弾させ、
死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、
一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く。

また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし、世論を戒厳令体制、
戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、
イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。

「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、
テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。
が、真偽の確認のしようがないので情報の「信用度は低い」。

ただし、万一本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく
「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、
日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、
あえて信用度の不確かな情報を流します。








お知らせ

4月22日に、★メルマガ第41号を配信しました。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!


まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい・


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/




北朝鮮危機そっちのけ
大臣11人「GW外遊」に税金10億円 日刊ゲンダイ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204388

 





AD
☆命の記録
~ 二度と更新されないブログ








管理人

私は10時間ほどもパソコンの前に座っていることが多いので、
運動不足になりがちです。
なので、暇を見つけてはなるべく歩くようにしています。
車で10分ほどのところに、閑静な住宅街があって、
そこにポツンと小さな1軒のコーヒー専門店があります。
時々、私はその喫茶店にコーヒーを飲みに行きます。

喫茶店の周辺は、散歩するにはもってこいの場所です。
直ぐ近くには海岸があり、海の前には小さな山々が連なっています。
海には50メートル幅の大きな川があって、海へとつながっています。
川の両脇には、5メートル幅の車も通れるような道がついています。
この両脇の二つの道路が散歩するにはもってこいの環境なんです。

二つの道路を往復すると、45分ほど要します。
時おり、犬を連れて散歩する市民の姿をちらほらと目にします。
大きな川には、カモさんたちがたくさん泳いでいます。
そして、ウグイスやカナリヤなどの小鳥のさえずりが聞こえてきます。

散歩しながら・・本当に癒されます。
カモさんたちや小鳥たちは本当に平和に暮らしています。
カモの子供たちの泳ぎのなんと可愛く愛らしいことでしょうか。
人にとっても動物にとっても悪い事は一切何もしません。
ただ、ひたすら平和に暮らしているだけです。

もう、弱肉強食の世界は見たくもありません。
動物の世界では、陸地においても海や川の水面下でも
この弱肉強食の鬼畜の争いが決して止むことはありません。
そして・・・
何万年にも渡って、人の世界では、何故、争いが絶えないのでしょうか?

私は、本当は楽しいことや癒されることや感動することばかりを
記事にしたりして多くの人をたくさん喜ばせたいのです。
しかし、現実の世界がそれすら許してくれません。

少しでもより良き世界を夢見て、厳しい記事を書いています。
中でも、人が不幸になることは許せません。
人が倒れて苦しみながら、人生の最後を迎えることが許せないのです。
生来、私は人が喜んだり笑う姿がとても好きな人間です。
それを目にして、自分も幸せな気持ちになれるからです。
恐らく、それがメルマガを書く最大の原動力になっています。


ただただ・・平和で静かな毎日を送りたいと願っています。
そして、死ぬときには眠るように安らかに旅立ちたいと・・・。
しかし、そのような一生を送れる人はそんなに多いとは思えません。

まだ何十年も生きることの出来る人が、ある日、突然自らの命を絶ちます。
まだ何十年も生きれる人が、重い病魔に襲われて余命宣告される人も多くいます。
生きたくても生きれない人が一番気の毒で可愛そうです。

60歳を過ぎていれば、まだあきらめもつきます。
ですが、10代、20代、30代という若さで死期を目前に迎えるというのは、
恐怖であり大変無念でならないでしょう。

青春時代には、やりたいことをたくさんやって精一杯楽しみたい。
多くの人が、キラキラと輝く草原の輝きのような素敵な思い出を作りたいと願います。
結婚したり子供を作ったり、家庭というものを作ってもみたいと思うものです。

しかし、人によっては、ある日突然に終焉を迎えることになります。
人が命を失うということは、大変な出来事です。
日頃、将来を夢見た人生が一瞬に消え去ってしまうのです。
誰も決してそんな経験はしたくないと痛切に願うものです。

誰も自分が命を失うことなんて考えたくもありません。
だから、そのような悪夢は自分には決して訪れないと無意識に心にフタをするのです。
ですが、嫌でもその悪夢と向き合わなければならない人は大勢おられます。

以下は、気の毒にも若くしてガンになられた女性の方の闘病記です。
ガンになったら働けなくなり、収入が途絶えたので生活保護を受けながら
長い間、苦しい病院生活を送られた末に、若くして散っていった方のブログです。

☆命の記録 ~ 二度と更新されないブログより
http://ameblo.jp/64152966/entry-11504395476.html


悔しかったでしょう。
哀しかったでしょう。
泣き崩れたい気持ちだったと思います。
これは、その経験をした人でなければ決して分からないものかもしれません。
家族の人は、そのつらい現場から目をそむけることは出来ません。
別のつらさ・・苦しさがあると思います。

亡くなれば、家族や友人の記憶の中にだけ残ります。
しかし、それも年とともに徐々に薄れていきます。
やがて、その記憶を持った人さえも消えていくことになります。

一切・・・何も無くなるのでありましょうか?
以下のアニメの中に、少し気になるセリフがありました。
たかがアニメだとは到底思えません。


さらば宇宙戦艦ヤマト ヤマトより愛をこめて ~沢田研二




<文字書き起こし>

みんな聞いてくれ。
地球は絶対に生きのこらなければならない。
その為に、あの巨大戦艦を倒す。
それには、ヤマトと俺一人で十分なんだ。

みんなは、これから俺が死にに行くと思っているようだが、
そうじゃない、俺もまた生きるために行くんだ。

命というものは、たかが何十年で終わってしまうような
チッポケなものじゃないはずだ。
この宇宙いっぱいに拡がって、永遠に続くものじゃないのか。
俺はこれから、そういう命・・自分の命を変えにいくんだ。
これは死ではない。

しかし、世の中には現実の世界に生き熱い血潮の通う幸せを
創りだす者もいなければならない。
君たちは、・・むいて地球に帰ってくれ。
そして、俺達の戦いを永遠に語り、明日の素晴らしい地球を造ってくれ。

残ることが、時として死を選ぶよりつらいこともある。
だが、命ある限り生きて生きて生き抜くこともまた人間の内じゃないのか。

・・・・・

両舷全速、目標、敵巨大戦艦。
ヤマト発信します。

ありがとう、ゴダイさん。
私はあなたの中に勇気と愛の姿を見せていただきました。
あなたのおかげで人々は目覚め、より美しい地球と宇宙の為に働くことです。
私はこの日を待っていたのです。
反物質である私の身体が、お役にたつでしょう。
さぁ・・参りましょう。


ユキ、やっと二人きりになれたね。
みんな苦しい思いばかりさせてごめんね。
これから、いつも一緒にいるよ。
人間にとって一番大切なものは愛することだ。
ユキ、僕が一番大切なものは君だ。
君への愛だ。
好きだ、大好きだ、大きな声で言える。
僕たちは、この永遠の宇宙の中で星になって結婚しよう。
これが、二人の結婚式だ。


終わり
-------------------------------------------



管理人

このアニメのセリフはただものではありません。
セリフの中の幾つかの字句を他の言葉に置き換えると・・・
アニメではなく、現実の世界の話になりそうです。
参りましたね・・アニメのセリフに教えられるとは。

ある崇高な目的の為に死ににいくことは、
生きることでもあると・・・
生きるということは、単なる生き死にのレベルに止まらない。
家族や子供を護るために、死を覚悟して立ち向かうことも・・
これもまた、生きることなんだと教えられました。

「生きる」という言葉の意味は、大変深そうです。
人は、自分の人間としての尊厳を護る為に、
命を投げ出すこともあるといいます。
愛する人の為に、命さえも投げ出すことも。
もしかしたら、人によっては命よりも大切なものがあるのかもしれません。

人の想いのなんと深遠で偉大であることか。
もはや、倫理の世界の良い悪いの判断基準を超越しています。
良い悪いを論じることさえ無意味なような気がします。

正しいと信じる行いは、時として命さえも奪います。
それが分かっていても、決して逃げない人もいます。
それによって死んだ人を・・人は愚かだというでしょうか?
私は、決して愚かだとは思わない一人です。


命というものは、たかが何十年で終わってしまうような
チッポケなものじゃないはずだ。


命・・生きる・・一体何なのでしょう?
すごく奥が深いと感じます。

霊的な世界を思いおこしますが、
漠然としたところがいいですね。
これをあの世とか臨死体験といった話にもって行くと、
寧ろ、小さな話におちついてしまうような気がしてなりません。

私は、無宗教の人間でして、あの世とか臨死体験の話は半信半疑です。
実際に見て来た訳ではないので分からなくても当然かと思います。
臨死体験もしたことがなく、あの世を分かったように解説する人の話は
あまり信用出来ません。

魂は永遠だとよく云われますが、
大抵、信じるか信じないかの極論で終わるような話です。
全く信じない人は、関心すらありません。

私は半信半疑です。
ただ、あったらいいなといった程度の願望が少しあるだけです。

そもそも、宇宙や生命の神秘について・・・
今の科学のレベルでは、まだほとんど分かっていないのです。
人や動物、花やあらゆる植物を見ていると・・・
なんでこんなものが存在するのかといった気持ちになります。

本当に不思議です。
ありとあらゆる存在が不思議でなりません。
あまりにも良く出来すぎています。
それらが、原始より自然発生的に出来たのだと聞かされても・・
本当なんだろうかと訳が分からなくなってしまいます。

アインシュタインは、時間というものは存在しないと云っています。
臨死体験者も同じ様な話をしています。

地球の歴史は40億年といわれていますが、
時間が存在しないと言われたらチンプンカンプンになりそうですね。

ただ、私は時として不思議に思うことがあります。
人類の歴史は数十万年らしいですが・・・
何故、今・・私の意識があるのか?
何故、今なのか?

皆さん、時間が存在しないということの意味は・・・
数十万年の人類の歴史のどこにも我々の意識が存在するってことですよ。
まさに、魂のレベルの話になってくるじゃありませんか。
私には理解不能です。



関連記事


【第一話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826251538.html

【第二話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
 ~今、目の前に巨大な地球!

>http://ameblo.jp/64152966/entry-11826318880.html

【第三話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~意識がもどる

http://ameblo.jp/64152966/entry-11826738711.html

【第四話】
私が本当に信じた唯一の臨死体験実話
~窓際からの奇跡の生還

http://ameblo.jp/64152966/entry-11827253459.html




『宇宙飛行士はそれを感じた。

彼らはロケットで宇宙にのぼっていくのだと思ったが、
宇宙で気づいてみれば、地球を見上げていた。

それとも、地球を見降ろしていたのかもしれない! 

それでは、太陽はどっちにあっただろう。
上か、下か?そうではない!
左側にあったのだ。

そこで、ものごとは突然に上でも下でもなく横になった
・・・すべての定義が消えたのだ。

それがわたしの世界_わたしたちの世界_真実の領域だ。 

すべての定義は消え、明確な言葉でその領域を語ることさえ困難になる。

宗教というのは、言葉にならないものを語ろうという、あなたがたの試みだ。

だが、あまりうまくいっていないね。

進化論者は正しくない。わたしはすべてを一瞬のうちに創った。

あなたがたの言う歳月で言えば何十億年もかかって進化の過程をたどってきた。

どうして、聖なるものは聖なるものとして、そっとしておけないのか?』

「神との対話」 ニール・ドナルド・ウォルシュ著






お知らせ

4月22日に、★メルマガ第41号を配信しました。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!


まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい・


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』










AD
「ミサイルが飛んで来たらウツブセになれ」
    ~“お笑い退避マニュアル”










2017年4月26日

北朝鮮の弾道ミサイルに安倍政権“お笑い退避マニュアル”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/204233

25日、朝鮮人民軍創建85周年を迎えた北朝鮮。
追い詰められつつある金正恩・朝鮮労働党委員長は果たして弾道ミサイル発射や
6度目の核実験に踏み切るのか――。
世界が固唾をのんで見守る中、安倍首相は24日、
トランプ米大統領と今月3回目の電話会談を行い、
「全ての選択肢がテーブルの上にあることを言葉と行動で示す
トランプ大統領の姿勢を高く評価する」と伝えたという。

「全ての選択肢」には当然、軍事攻撃も入る。
つまり、日本も殺し、殺される戦争に突入するということだ。
それを安倍首相は「高く評価」とか言っているから正気じゃない。
毎日新聞の世論調査では、北朝鮮に対して各国の「外交努力を強める」との回答は
64%に上り、「軍事的な圧力を強める」はわずか21%。
ANNの調査でも「外交による話し合いが必要」と答えた人の割合が68%だった
のに対し、「アメリカによる武力行使が必要」はわずか17%だ。
つまり、大多数の国民のホンネは「軍事攻撃はヤメロ」ということだ。
それなのに首相自らが先頭に立って戦争を煽りまくっているのだから許し難い。

大体、安倍首相は「総理大臣はいかなる事態にあっても、国民の命を守る責任がある」
なんて威勢のいいことを言っているが、これは大ウソだ。

「内閣官房国民保護ポータルサイト」の〈弾道ミサイル落下時の行動について〉
というコーナーに、北朝鮮が弾道ミサイルを発射した場合の「退避マニュアル」が
載っているのだが、これがあまりにひどい内容なのだ。

〈弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、
防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流す〉とあり、
メッセージが流れた場合、〈直ちに〉取る行動として
〈近くのできるだけ頑丈な建物や地下街などに避難する〉
〈近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る〉
〈できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する〉なんて書いてあるのだが、
あまりに現実離れしている。
軍事ジャーナリストの世良光弘氏がこう言う。

「発射された北朝鮮の弾道ミサイルが日本に着弾するまで8~10分。
発射情報は米軍経由で日本側に届くため、
Jアラートが警報を鳴らすのは早くても5分後。
つまり、国民が行動する時間は3分しかありません。

内閣府のポータルサイトには避難施設も出ていますが、
東京都だけでPDFで60ページ。
これでは避難施設を探している間にミサイルが落ちてきますよ。
それにサリンやVXガスの場合、空気より比重が重いため、
政府の言うとおりに地下街などに逃げ込んだら即アウト。
(退避マニュアルは)オソマツ過ぎます」

安倍が叫ぶ「万全の態勢」なんて、しょせんはこの程度である。


<引用終わり>
--------------------------------------



管理人

ここ最近、私のブログのコメント欄がおかしい。
一つひとつのコメントを再確認しようとスクロールして、
下に下りている時に、いきなりグーグルの広告の画面が登場します。
それで、コメントの大部分が見ることが出来なくなります。

特に、アンケート記事でコメント数の多いコメント欄には、
必ずといっていいほど、グーグルの広告の画面が突如として表れます。
そこで、×バツ印を押して消そうとすると「この広告の停止」といった
表示がされるのですが、クリックすると更に、「広告でコンテンツが隠れる」
の表示項目をクリックするのですが、それで広告が消えると思いきや、
「この広告は表示しないようにします」・・と表示されます。

しかし、「広告はグーグルにより終了しました」・・と出るのですが、
白くなった広告枠は、消えずにそのまま残り続けます。
広告枠は、小さいものから大きいものまであるようですが、
これでは、コメント内容を見ることが出来ません。

記事やコメントを見れないような広告は見たことも聞いたこともありません。
まさに非常識極まりないものです。
これは、明らかに妨害工作としか言いようがありません。

特に、アンケート記事のコメント欄が標的になっています。
たくさんの人のコメント内容を見て欲しくない連中がいるようです。
時として、該当記事そのものよりも寧ろ、皆さんのコメントがものすごく
大きな意味を持つものがあります。
実際、コメントの中でものすごく参考になったり、見る人の心を打つものが
あちこちに見られる訳ですが・・・
それを見れないようにしています。

そもそも、私の記事そのものがWEB上から消されつつあります。
しかし、コメントまで妨害されるとは思ってもいませんでした。
アクセス数なんてものは、いかようにも操作されます。
権力側は、そのような操作なんて朝飯前にやってのけます。
但し、アメブロ運営サイトは一切関わっていないと思います。

著しく進化したIT技術の世界では、大抵のことが出来てしまうのです。
暗殺された警察ジャーナリストの黒木さんのブログ記事ですが、
暗殺された死後、その内容が改竄~書き換えられています。

ブログやツイッターアカウントの乗っ取りも現実に起こっています。
反戦平和~反原発の有力サイトが、ある日から、ネトウヨそのものの
サイトに突然変貌した例も去年に見られました。
フォロワー数も4万人ですから、その影響は決して少なくありません。

その有力サイトの元の管理人の安否が心配です。
行方不明になっています。
自分のサイトが乗っ取られたら、管理人は周囲の人に訴え、そして、
反撃に出るのが常識ですが、その形跡が全く見られません。
突如として、消えてしまったのです。
その有力サイトの新しい管理人は、権力が喜びそうなツイートを
毎日のようにガンガン飛ばしています。
https://twitter.com/kitahamamikiya/status/857151285279285248



実際に北朝鮮から弾道ミサイルが飛んで来る可能性は、かなり低いと思います。
もしあるとすれば、某大国による偽旗テロでしょう。
寧ろ、偽旗テロのほうが確率的にはかなり高いと思います。

偽旗テロは、ある国を戦争に導く為のマニュアルの中にあります。


世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル
http://ameblo.jp/64152966/entry-12124103135.html





この言葉は、初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドの妻であり、
国際銀行でヨーロッパを支配した5人のロスチャイルド兄弟の母である
グートレ・シュナッパーのものです 。

近代に起きた世界中の戦争はすべて、彼女の言葉通り、彼女の息子たちが
支配する国際金融権力によって、立案され、計画されました。

当事国に必要な「資金と武器」の供給にいたるまで全ての支援を受け、
意向を受けた政治家が両国に配されます。  
戦争は、用意周到に意図的に起こされてきました。

これほどまでに巨大な力を持つロスチャイルド一族は、
欧米ばかりでなく日本にも大きな影響を与えてきました。
必見⇒http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html



【世界金融資本が各国を戦争に導く為の極秘マニュアル】   
(出所、極秘扱い)

①金融バブルを大きく拡大させ、機を見て一挙に爆発させる。

②どんどん増税させ、国家経済を疲弊、弱体化させ、
  同時に、これを理由に社会福祉を次々と削減させる。


③更に、経済を悪化させ、若者から雇用を奪う。
職を奪われた若者が軍隊に入らざるを得ないように誘導する。

④両国を激しく扇動し、大量の兵器・武器弾薬を売りつける。

⑤両国の配下に指令を出して、幾つものテロを引き起こし、
社会不安を創出する。

⑥支配しているメディアや工作員を駆使して、様々な不安情報を
次から次へと流させ、恐怖心をかきたて社会不安を一層増幅させる。

⑦工作員の政治家やメディア、軍事専門家を総動員して
戦争が止むを得ない状況である事を国民に吹聴させ、
洗脳しつつ、国家をやがて止むを得ない戦争へと追い込む。


⑧時が来たら、幾つかの要所で殺人事件を演出し、
戦争の引き金を引く。

⑨戦時においては、人口削減に基づいて、密かに
子供を産む女、そして子供を大量に殺戮させる。
(イラク戦争では、誤爆と称し多くの子供や女性が殺されました。)







お知らせ

4月22日に、★メルマガ第41号を配信しました。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!


まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい・


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』










AD
私が何故? 
アンケートを実施するのか
~その真意とは!





管理人

ここ最近、私は何度もアンケートを実施しています。
今日は、その真意をお話します。

森友学園から始まって、抗がん剤、ワクチン、そして、一昨日は
北朝鮮危機に関してのものでした。

抗がん剤やワクチンに関しては、その目的は皆さん、お分かりの事と思います。
ですが、北朝鮮危機に関してはその真意が分からないといった声が幾つかありました。

私は、311以後は戦時だと捉えています。
つまり、色んな意味で危険な状況になっているとの認識です。
放射能の被曝で倒れて行く危機。
預金封鎖や金融恐慌の危機。
日本が戦争に加担したり攻撃を受ける危機。
日本国内で大規模なテロが起こされるかもしれない危機。

今の日本は、まさに内憂外患の大変困難な情勢になっています。
にも関わらず、テレビ・新聞はまるで真相を伝えません。
真相を伝えないだけではなく、ウソやプロパガンダのオンパレードです。

そして、私が事実に近いことを記事にすると危機を煽るといったようなことを
平気で言う人まで現れる始末です。
事実を書いて危機を煽ると言われるのなら、何も書けなくなります。
真相究明をする人は誰もいなくなります。

今回の北朝鮮危機は、氷山の一角です。
今後、色んな形に変えて、国民に危機が襲い掛かると思います。
幾重にも・・幾重にも襲ってくるはずです。
長年、多くの情報収集しブログをやって来た人間の直感です。

時には、生死に関わる場面も出てくる可能性があります。
そんな時に、一番大切なことは・・・

情報を目にして・・・何かを感じる心。
感じた後に、深く洞察することの出来る頭の修練。
それを繰り返すことによって、人の感性はより研ぎ澄まされていきます。
その研ぎ澄まされた感性が本人を救うことにつながります。
その家族の生命や安全を護ることにつながります。

イザという時に役立つのは、幾多のブログ記事やツイッターではありません。
あなたの危機管理意識と感性です。
それしか、あなたと家族は護れないと私は思っています。

この前の北朝鮮危機のアンケートで答えに悩んだという人が結構おられました。
まさに、そのことが大切なのです。
私にしてみれば、回答はAでもBでもCでもよいのです。

何かを感じる・・・
そして、考える・・・
この繰り返しによって感性が鋭くなる。
この訓練が、イザという時に役立つはずです。
これは、あらゆる問題に当てはまると私は思っています。

たくさんありますが、一例を挙げると、
ある日突然、金融危機が起こると日本は大混乱に陥ります。
大都市とその周辺は、一番危険です。
食料は店頭から3日で消えます。
治安はかなり悪化します。

そんな時に、軽挙妄動は命取りになることだってあります。
時として、家から一歩も動かないことが安全につながることもありますし、
場合によっては、首都圏や大都市から脱出する必要が生まれる時もあります。
その時の脱出ルートはどうするのか?
治安の悪化した都会で止む無く動かねばならない時に、
家族や子供の安全をどう確保するのか?

誰も教えてくれません。
全て、あなた自身にかかってきます。

日頃から、何も考えないで生きている人は・・・
そんな時に、パニックに陥りやすいです。
そして、致命的な判断ミスをしてしまう可能性すらあります。
その判断ミスが、あなたと家族を危険にさらすのです。

そんな事、私に言われなくても分かっているという人もおられるでしょう。
しかし、分かっていない人のほうが圧倒的に多いように思います。

私の本意は、何としても・・・
あなたやご家族の生命や財産を護って欲しいことに尽きます。

もし私が、首都圏に住んでいて、どうしても家族で移動しなければ
ならない時には、家族一人ひとりに、先が金属で鋭利に尖った傘を持たせます。
それを暴漢に向けるだけで、相当の抑止力になります。
家族の命と安全と財産を護るにはこれしかありません。

つまり、そういったことが自然に頭に浮かぶようになって欲しい訳です。
それは、日頃から、何も考えないような人には思い浮かびません。
これはあくまでもたった一つの一例に過ぎません。
他にもいっぱいあると思います。

日本人は、学校教育からマスメディアの媒体などにより、
心で感じない・・・頭で考えない習性が見についてしまっています。
ある意味での洗脳ですが、これは大成功を収めています。

だから、抗がん剤をガンガン打つんでしょ。
だから、盲目的にワクチンを接種するのでしょ。
だから、CT検査で信じられないような大量被曝をするのでしょ。
だから、放射能による被曝にも無関心なのでしょ。

全てが、自分や家族の命を護ることと関係があります。
ガンと診断されたら、その直後から、一気に思考停止に陥り、
全ての治療を医者に 丸投げ する。
ほんの少しでさえも調べようとしない。(絶句)
何も疑問すら感じない。
私は、そんな例を・・もう嫌というほど見聞きしてきました。
ガン患者の家族間のトラブルがいっぱい発生しています。

国は、全く国民を護ってくれません。
3月15日に、福島から大量に汚染された放射能が首都圏を襲った時に、
全く何もしませんでした。
あれで、少なくとも、数百万人の人がおそろしい大量被曝をさせられました。
何もしなかったのは、真実を知らせると国民が激怒するからです。
原発利権が護れないからです。
彼らは、100万人が死のうが原発利権のほうを護ります。

ですから、自分で護るしかないのです。
私もあまり厳しい記事を書くのは本意ではありません。
しかし、2011年3月11日からは戦時です。
戦争なんです。
まさに、生き残りをかけた戦争です!

そういった危機意識を多くの人と共有したい。
そして、より多くの人に生き残って欲しいとの切なる願いがあります。
その願いがこもったアンケートだったのです。
こういったアンケートは、今後も続けて行くつもりです。
危機を煽るとおっしゃる人は、私のブログを見るのを止めて下さい。


今年の流行語大賞は…………

「ミサイルが飛んで来たらウツブセになれ」

でしょう………。







お知らせ

4月22日に、★メルマガ第41号を配信しました。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
 


まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい・


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』










【警戒警報発令】
25日から27日がⅩデーと云われているのに、
政府閣僚はこぞって外国に避難とは!?
 





北朝鮮空爆のXデーに安倍総理、麻生、岸田、稲田が外遊(海外旅行)





管理人

安倍総理、麻生副総理、岸田外務大臣、稲田防衛大臣・・・

以上の政府閣僚は、
危機管理において極秘情報を最も知り得る立場にある。
25日から27日がⅩデーと云われているのに、
よりによって、こぞって外遊とは・・・
これは絶対におかしい。
外国に避難したんじゃないかと勘ぐられても仕方ありません。

政府は自治体に北朝鮮のミサイル攻撃を想定した住民の避難訓練を要請した。
その一方で、自分たちは日本から脱出とは。




【北に圧力 米空母と海自訓練へ】
米軍の空母打撃群と海上自衛隊の護衛艦が
23日から共同訓練を行い、北朝鮮への圧力を強める。
米空母は数日で日本海に到着へ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-00050122-yom-pol








北朝鮮の核実験が秒読み!?
実験場近くの住民らを避難、飛行機も頻繁に!
周辺国の反対を無視

https://twitter.com/junko_in_sappro/status/855923552402382848






管理人

私は、北朝鮮情勢を調べていて、これは何かおかしいと直感。
中国もロシアも北朝鮮国境に軍隊を大集結しているようです。
という訳で、直ぐに、記事にすることを決めました。

4月25日からの10日間は、【警戒警報発令】です。
皆さんは、どのように感じられましたか?

そこで、緊急アンケートを実施します!


: おかしいと感じ、何か起こりそうな予感がする人はAを。

: おかしいとは感じるが何も起こらないと思う人はBを。

: 何もおかしくないし危機感も無い人はCを。


コメントするをクリックし、タイトルのところに
AかBかCをご回答下さい。
尚、内容のところには何をコメントしていただいても結構です。







お知らせ

4月22日に、★メルマガ第41号を配信しました。

検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 〜ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!
 


まだ届いていないメルマガ読者の方は、直ぐにご連絡下さい・


一部のみ御紹介


ガンもどきの真実
http://inedia.jp/cancer.html

★マンモグラフィ検診だけで見つかる乳癌は99%が癌もどき。

★しこりがなくて乳管内から出血して見つかった乳癌もほぼ癌もどき。

★乳房を撫でて梅の種のように固く動かないしこりが触れたら
 本物の乳癌の可能性あり。

★PSA検査で見つかった前立腺癌の9割以上は癌もどき。

★検査で見つかる甲状腺癌の99%は癌もどき。

★癌が胃の粘膜上皮に留まっている患者も99%以上が癌もどき。

★咳や血痰などの症状から見つかる肺癌の多くは本物の癌。




もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/











検査で見つかる癌のほとんどが「良性の癌もどき」
 ~ガン患者の8割はガンの3大療法で死ぬ!









記事の題名は、色々と調べていて自然と浮かんだものです。
この題名を★メルマガ第41号の冠にすることに決めました。

調べていますと、検査で見つかる癌のほとんど・・99%が
真性=本物ではない「癌もどき」だって書いてあるじゃないですか。
実際に本物のガンとニセモノのガンを見分けるのはものすごく困難なようです。

病院経営は、超高額な検査機器を導入していますから、かなり大変みたいです。
なので、何でもかんでもお金の取れる方向に誘導しがちです。
抗がん剤や手術など必要が無いものまで「悪性ガン」と診断され、
ガンの3大治療によって死に至らしめられる場合がかなり多いようです。

老衰で死んだ人の8割に、ガンが発見されることが判明しています。
ガン検診受けなかったから長生き出来たんだねって話にもなる訳です。
これって本当に酷い話だとは思いませんか?

それでは、本物のガンとニセモノのガンの違いは何ぞやって話になる訳です。
★メルマガ第41号では、このあたりが中心になります。

本当はニセモノのガンなのに、悪性と診断された時から死へのエレベーターに
乗せられて、あっという間に天国へ召されるのが真相のようですが、
何もしなくてもいいような癌もどきが99%近くもあるのでは、
国家的医療サギ~巨悪犯罪の疑いも出て来ます。

年間に35万人の人がガンで死亡しています。
いや、ガンで死亡とされているのが真相です。
実際には、そのほとんどが免疫低下~免疫不全で亡くなっています。
例えば、肺炎や多臓器不全なんかで亡くなっているのです。
ガンそのもので亡くなっている訳ではありません
免疫低下~免疫不全をまねいているのは、現代のガン3大治療法です。
ガン切除・・抗がん剤・・放射線治療・・そして、何種類もの薬剤投与。

本物のガンで亡くなっている人は、本当は何人なのでしょうか?
35万人からその人たちを差し引いた人数が、現代医療の犠牲者の数です。

身体に悪い薬漬けにされて、検査〜検査の繰り返し。
10年ほど前から、大量の薬剤投与が問題になりまして、
ここ最近の病院は、薬剤から検査で利益を上げる方向にシフトしています。
恐らく、検査〜検査の連続が待ち受けているはずです。

何度も同じところを掘り返してやる不必要な道路工事が大変多いですが、
本来、不必要な公共事業も雇用の為になっているんだとか。
そのような意味もあってガン患者さんは、格好のカモにされているのかも。
しかも、ご家族の負担は増すばかりとなってしまいますね。



今日は、メルマガ記事の執筆でかなり忙しいです。
という訳で、面白そうな記事を転載しておきます。

大摩邇(おおまに)サイトより引用します。

元慶大講師の医師が教える 「医者に殺されない47の心得」
http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1979591.html

近藤誠(慶応大学 医学部 放射線科講師 定年退職)~より


●ピンクリボン キャンペーン無意味な がん検診などを 女性に勧める
・・・このキャンペーンを あざ笑うかのように 乳がんはこの10年 激増しています


●乳房なら 手元が狂っても命に別状はないから 若い外科医の「練習用」に
 重宝されているという話を 同業者から聞いたことがあります。


●コレステロールは 細胞を丈夫にするので 減らさないことが大事です。
 日本人は コレステロールが高い人ほど 長生きです。


●年を取ると血管が硬くなるので 血圧はやや高めの方が 
 血液が体や脳のすみずみに届きます。


●メタボにさしかかる程度の 小太りが一番長生き
 コレステロールが高いほど 長生き


●世界のデータを見ると 塩が足りない人の方が 病気になりやすく 短命
 高血圧に塩はダメはウソ( ;;´☼;3;☼) アンダールマン博士


●アメリカ心臓学会から 受賞した 故・青木久三博士
 「日本人の高血圧の98%以上は、塩と関係ない。」


●抗生物質は ウイルスには まったく無効で 耐性菌などの厄介な問題を起こします。
 軽い風邪なのに 抗生物質を処方するような医者には 近づかないことです。


●WHOも 厚生労働省も HPで「インフルエンザ・ワクチンで 感染を抑える働きは
 保証されていない」と 表明しています。。。


●ヨーロッパでは インフルエンザでも 病院に行く人は少ない


●高血圧の原因は 9割以上不明です。
 血圧を下げることによって 心臓病や脳卒中などが減ると実証された 
 データは見当たりません


●高血圧の基準値 
 1998年は 160/90
 2000年には 根拠もなく 140/90
 2008年には 130/80
 基準値を ささっといじって 薬の売り上げ6倍増!!以上
 まるで 放射能みたい・・・基準値をいじる


●高血圧 高コレステロール血症 糖尿病・・・大部分は治療の必要がないか 
 病気と考えないほうがいい


●製薬業界がスポンサーの試験は 都合のいいデータが出るように 
巧妙に工夫がこらされます・・・・以上  これまた 放射能みたいだね・・・


●日本は 今 世界ワーストの 院内感染国です
 耐性菌MRSAが占める率:アメリカ40% イギリス37% スペイン36% 
 ドイツ9% オランダ0% 「 日本 70~80% 」


●僕の経験では 胃がん 肝臓がん 食道がん 子宮がんの4つは 
 放置すれば年齢に関係なく 最後まで痛みません。。。


●検診で発見できる大きさになるより はるか前に本物のがんなら 
「転移(死亡の原因となる)」が成立しています


●脳ドッグは 害の方が大きいことが はっきりしています
「脳ドッグで見つかる 1センチ未満の動脈瘤の 年間破裂率は 0.05%。
 20年たって ようやく1%」
(1998 総合医学雑誌 ニューイングランド ジャーナル オブ メディスン)


●脳ドッグは 日本だけで 普及しました
 脳外科医:アメリカ3200人 欧州諸国は数百人 
 日本5000人 失業対策もあったのかもしれません


●今の医学で どんなに早期に がんを発見できても 直径1センチ前後から・・・
 そのとき 本物のがんなら とっくに転移し終えています


●風邪などですぐに抗生物質を出す 日本の 薬剤耐性菌の感染率は 70~80%。
 欧米は30~40%。 日本の医療レベルは 低いのである。


-----------------------------------------


この記事のコメントに大変興味深いものがありました。
以下 ↓

3. この世界は 2016年02月09日 20:14

良く解らないけれど、医学でなく、細胞レベルの分子構造の機能において、
生命科学の分野においてだと、『ガン細胞は転移が絶対にあり得ない』そうです。
両者の意見が食い違っている。

私は知りませんがどちらが正しいのでしょうか。

ガン細胞から細胞分裂し、その分裂したガン細胞が別の場所に定在、吸着する事において、
そもそもガン細胞が細胞分裂出来ない、故に転移自体があり得ない。との事。
それはガン細胞の悪性腫瘍化が毎日誰でも何千も作られる特殊コピーの陰性ガン細胞の内、
何れかが悪性腫瘍に変化したとの事。

悪性腫瘍に変化しやすい理由として、血液が汚れている場合、
急ピッチでガン細胞はポンプ細胞へと変化し、急いでその汚れた毒素を吸い上げます。
他の免疫力では間に合わない時に起きる緊急処置として。

故にそれはどこでも緊急ポンプ化しやすく、それを医学では『転移』としているところに、
誤解を生じさせているのではないか…との意見があるそうです。

私はどちらか知りませんが。

個人的には、ガンの秘密は実際はかなり意外で、実はもしかしたら恐ろしい別の理由により、
悪性とされるポンプ化細胞が機能するまでに血が何故そこまで毒まみれになるか…と
言う事に何やら秘密がありそう。

免疫力低下だけじゃHIVだってそうなのに。
それ以上の事が何か血液の中で徐徐に起きている…なんて考えてしまいます。


<引用終わり>
-------------------------------------------



以下のグラフは、世界保健機構(WHO)が出しているものです。
私はこのグラフを何度でも掲載します。
もし、全ての大手新聞がこのグラフを一面に掲載したとしたら、
一体どういうことになるでしょうか?
大騒ぎし出すんじゃないですか?・・・日本国民が!
しかし、彼らマスコミは決して掲載することはありません。
何故なのかは、皆さんの頭でお考え下さい。

ここ最近、私のブログサイトの封じ込めを強く感じています。
以前から、そのような妨害は多々あったのですが、段々と酷くなってきています。
ブログでは書けないような異変も起こっています。
正しいことをやろうとすればするほど、潰されるのが今の日本の現実です。
まだ、殺されないだけマシなのかもしれませんが・・・
最後に残るのは、メルマガだけかもしれないと思うようになりました。






お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!




病院が収奪屠殺工場であることに気づいていない方へ 船瀬俊介
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-3bd7.html








まさに開戦前夜の様相
~カール・ビンソンに加えロナルド・レーガン
他、もう1隻の空母も北朝鮮に大集結!









【朝鮮半島有事】アメリカがついに本気!
カール・ビンソンはわざとゆっくり到着!?





<概略 文字書き起こし>

アメリカのペンス副大統領が18日に、日米経済対話のため日本を訪れた。
総理官邸に移動したペンス副大統領は、麻生副総理との会談を前に
安倍総理との昼食会に出席した。
およそ1時間半にわたって行われたこの会談では、北朝鮮問題について
「安全保障分野で緊密に連携し、日米同盟の強化が不可欠との認識で一致」したという。

マティス国防長官、ティラーソン国務長官、ペンス副大統領と・・
これほど頻繁に要人が訪れて会談するというのは異例のこと。
もし何か起きた場合に備えて、軍事的にも政治的にも、
様々なことを調整しておく必要がある。

日米韓の役割分担のようなところまで具体的に話す、
実質的には「事前協議」に近いものだったのではないか。
北朝鮮にとっては非常な脅威になるだろう」と分析した。

次の Xデー 、つまり北朝鮮が核実験やミサイルの発射を行う可能性が
あるのは、北朝鮮が朝鮮人民軍の創設日を迎える25日だとされている。

山口氏は、「4月13~15日に核実験があるかどうかについては、
政府内でも非常に緊張が高まっていたが、米中首脳会談などの動きの中で
可能性は低くなっていった。
安倍総理も、ここまでの動きはある程度の予想の範囲内だと思っている
だろう」と話す。

更に山口氏は、「米韓合同演習とも重なるため、北上中のカール・ビンソン、
また横須賀に停泊中のロナルド・レーガン、さらにもう1隻の空母も
向っていると指摘、4月25日からの1週間程度、かなりの数の米軍の
艦艇が朝鮮半島付近に集結するという状態が続く」と指摘。

「アメリカは敢えて25日くらいにカール・ビンソンが到着する
スケジュ-ルで動かしていると思う。
急いでいたら既に着いている。

ゆっくり北上させることで、中国に時間的猶予を与えているんだと思う。
中国が北朝鮮にどういうプレッシャーをかけてどういう成果が上がるのか。
これは、習近平に対する圧力でもある。」 (山口氏)


<書き起こし終わり>
---------------------------------------------



管理人

私は、世界最大の巨大原子力空母・ロナルド・レーガンの動向に
注目していました。
カール・ビンソン+ロナルド・レーガン+他のもう1隻の空母。
そして、何隻ものイージス艦、駆逐艦、ミサイルフリゲート、
攻撃型原子力潜水艦、補給艦・・・

これは、もはや戦時体制に突入したと云っていいと思います。
つまり、アメリカは本気で動いているということです。
単なる脅しでした・・で終わるなら、後で、猛烈な避難を浴びるのは
トランプ合衆国大統領です。
もはや、開戦前夜といえるような様相を呈してきたと、
多くの軍事専門家は分析していることでしょう。

カール・ビンソンの到着を意図的に遅らせたのは、山口氏の解説にも
ありましたが、私はそれだけではないと思います。
中国に、米艦隊に対して対艦迎撃中距離弾道ミサイルを絶対に使用しない
といった確約をとっていたのではないかと推察します。
このミサイルを使われたら、米艦隊の航空母艦3隻は撃沈されます。
イージス艦といえども、到底、対処しきれないのです。
アメリカは、このミサイル攻撃システムを最も恐れています。
それほど、中国本土のミサイル攻撃網は大変優秀だそうです。

北朝鮮の金正恩は、中国傀儡の金正男を暗殺しました。
これに、中国は激怒しました。
米国は、これを待っていた節があります。
この機に乗じて、一斉に動き始めたと考えられる訳です。


考えられるシナリオとしては、米艦隊の一部が北朝鮮の攻撃を受けたと
偽旗テロを装うことです。
陰謀論でもなんでもありません。
第2次世界大戦以後、米国は幾度となくこの偽旗テロを行って来た前科があります。
ベトナム戦争もそうでした。
トンキン湾事件は、米艦隊の一部がべトコンから奇襲を受けた事件でしたが、
この事件をきっかけにベトナム戦争が勃発したのです。
しかし、後になって、トンキン湾事件は米国が仕組んだものと判明しています。

恐らく、アメリカの軍需産業が不景気で悲鳴を上げているのでしょう。
そのすさまじい圧力は、歴代の米大統領を常に動かしてきました。
戦争は、アメリカにとって公共事業そのものです。
日本の道路工事みたいなものです。

アメリカ~北朝鮮~韓国~日本・・・
この中で一番狙われるのは日本の可能性が高いと、多くの専門家が指摘しています。

アメリカは強すぎて巨大すぎる。

韓国は元々の同胞であり、終戦後、統一といった流れになると、
韓国の原発や大都市を破壊したとなると、生き残りの軍部指導者たちが、
国賊として扱われ、A級戦犯として処刑される可能性が高い。
北朝鮮軍部指導者たちは、そのことをよく知っています。

そういった中で、日本が格好の標的にされる可能性が高いという訳です。
特に、日本海側の最大拠点としては、青森の三沢米空軍基地~六ヶ所再処理工場。
六ヶ所再処理工場を叩けば、日本最大の三沢米空軍基地は機能不全に陥ります。

そして、東京にある在日米軍司令部の横田基地が狙われる可能性が高い。

東京は雪が3センチ積もっただけで大騒ぎになるような人口密集地帯です。
青森のような田舎の土地よりも、東京のほうが軍事的効果は絶大です。
従がって、東京の横田基地周辺が最も危険であると指摘しておきます。

金正恩一族は、敗戦を悟ると何でもやって来る可能性があります。
金正恩とその一族は処刑されるでしょう。
彼らは、そのことがよく分かっています。
ですから、生き延びるためには何でもやって来ると考えておくべきです。
経済大国の日本は、世界に大きな影響力を持っています。
その日本を脅して、北朝鮮への攻撃を中止させようと考えるのは、
軍事以前の常識として知っておくべきです。

以上のような・・あらゆる情勢分析が、日本に危険を知らせています。
しかし、悲しいかな、日本はアメリカの植民地です。
自衛隊も実質的には米軍の支配下にあります。
空軍の指揮系統も英語で統一されています。
イザという時に、米軍の指揮下におかれるからです。

という訳で、米国と米軍の意向には逆らえない訳です。
幾ら、戦争に反対といっても駄目なような仕組みが完成されています。
政治家もただのデク人形に過ぎません。
せいぜい、自分の立場のために、国民にあまり被害が及ばないようにと、
建前として申し入れする程度のものです。
つまり、アメリカの言いなりっていうのが真相です。
これに逆らう政治家は、全て暗殺されて来た暗い歴史があります。


かつて・・・ブッシュ元大統領は、
最大の景気刺激策は戦争だと公然と語りました。
アメリカの産業の4割か6割だったか・・・軍事関連企業です。
戦争が無いと経済が成り立たないような国家に成り果てている始末です。
まさに、戦争が公共事業な訳です。
その植民地が、日本という悲しい現実を日本国民は知っておくべきです。

Xデーが本当にあるかどうかは私には分かりません。
複雑な政治的、軍事的、経済的情勢によって判断されます。
しかし、以上のような分析から可能性としては十分あるとしか
今のところは云えません。

よその国の話だと思っている人は、大変な勘違いをしています。
その事だけは声を大にして言っておきたいと思います。

核ミサイルが日本に飛んで来ることは、ほぼ99%無いと思います。
あるとしても通常弾頭でしょう。

但し、日本のミサイル防衛システムは、ほとんど役に立たないと知っておくべき。
また、日本のミサイル防衛システムは、日本を護っているのではありません。
米軍基地だけを護るようにセットされています。

もみじ

ミサイル防衛システムは日本を守っているのではない~元防衛大学教授

http://ameblo.jp/64152966/entry-11462909553.html



関連記事

北朝鮮の元技師「ミサイル部品、日本から」米上院で証言
http://www.asahi.com/special/nuclear/TKY200305210142.html

米上院政府活動委員会の小委員会は20日、
北朝鮮の元技師や元高官、米政府高官らを招いて公聴会を開いた。
弾道ミサイル開発などにかかわっていたという元技師は
【部品の90%は日本から来たと】と証言。



戦争が始まったらこうなる 北朝鮮vs.米・日・韓の戦い
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/35577?page=3



平和ボケ?北朝鮮ミサイル危機が叫ばれる中、
安倍総理は芸能人を呼んで「桜を見る会」を開催!
野田内閣ではミサイル予告で中止!

http://www.asyura2.com/17/senkyo224/msg/219.html






お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!









福島県で急速に増え始めた
小児甲状腺がんに関する私の見解!







2017年4月19日

福島県で急速に増え始めた小児甲状腺がん
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170419-00049766-jbpressz-soci&p=2

■ 福島は汚染が少なかったと言って安心はするな

2巡目の検査で、ついに甲状腺がんが増加して44人となった。
ユーリーが心配していたことが起きている。

ユーリーは「もう1つ忘れないでほしい」と言った。
「ベラルーシ共和国では、放射線汚染の低いところでも甲状腺がんが見つかっている。
福島県がI-131の汚染量が低いからと言って、安心しない方がいい」と言うのだ。

「放射性ヨウ素が刺激となり、長期間、時間をかけてがんになる可能性はある。
だから、長期間、検診を続けた方がいい」と言った。


■ 子供の甲状腺がんは転移が多い

もう1回確認をとった。
「甲状腺がん検診で見つかったがんについて、日本では、見つけなくていいがんを
見つけたという意見もあるが、どう思うか」と聞いた。

「子供の甲状腺がんは、リンパ節転移する確率が高いのが特徴。
ベラルーシ共和国で手術せず様子を見た例と、手術をした例とでは、
子供の寿命は格段に違った。
手術すれば、ほとんどの場合、高齢者になるまで健康に生きることができる」

「見つけなくていいがんを見つけた、なんて言ってはいけない。
見つけたがんは必ず手術した方がいい。数年経過を見たこともある。
すると、次にする手術は大きな手術になった」

「だから、見つけたがんはすぐに手術をした方がいい。
それが30年間チェルノブイリで甲状腺がんと闘ってきた自分の考えだ」

 こう語ったのだ。

「福島県だけではなく、周辺の県も検診をした方がいいのか」と聞いたら、
「コストの問題だ」という。
「お金に余裕があるなら、やるべきだ」というのが彼の考えのようだった。

このユーリーの言葉と、重なる意見を言っている日本の専門家がいる。
福島県立医大の教授、鈴木眞一氏。

県立医大で行った手術の72人の子供に、リンパ節転移があった。
加えて、甲状腺外浸潤や遠隔転移を入れると、子供の甲状腺がんの92%が、
浸潤や転移していたというのだ。

鈴木教授も、ユーリーと同じ考えだ。検診をやり、早期発見するようにし、
見つけたらできるだけ手術をすること。これが大事な点だ。


<引用終わり>
------------------------------------------



管理人

先ず始めに、私の意見を率直に言います。
言いにくいのですが、ユーリーさんはガンの真相に対する知識と認識が
格段に遅れていると感じました。
その結果、間違った方法を推奨しています。

甲状腺がんの手術をすると、患者本人にとって大変な事になります。

甲状腺ガン・異常~
甲状腺から元気の出るホルモンが出ています。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11955068952.html

どうも日本では甲状腺癌になっても摘出すれば治るなどと
洗脳されてるようだがとんでもない認識違い。
実際の患者に聞いたことあるのか?

甲状腺癌で全摘出すると毎日ホルモン剤(チラーヂンS錠)を
服用しなくてはならない残りの人生、毎日だ。
それでも体調低下は避けられない。

働きたくても働けない身体に・・・
こんなことなら、死んだ方がましだと言うことに
それくらい恐ろしい。


<引用終わり>


実は、甲状腺癌の増殖も転移も防ぐことが可能です。
甲状腺周辺を弱アルカリ環境にすることが必須です。
その方法は簡単なのですが、薬事法に触れる可能性もあるので
具体的処方については、ブログでは書けません。


【緊急アンケート】
 ~あなたがガンになったら
    抗がん剤を打ちますか?

http://ameblo.jp/64152966/entry-12263985686.html

以上の記事には、ものすごく重要な事が書かれています。
残念ながら、多くの人がその事実に気づいていないようです。

モルヒネ系の成分がT細胞のTリンパ球と合体するという事実。
撹乱物質ですから、T細胞がおかしくなる訳です。
その結果、免疫細胞が働かなくなりガン細胞が芽生えて来ます。

甲状腺に集まる放射能は、このモルヒネ系と似たような作用を及ぼします。
それは、何も放射性ヨウ素=I-131だけではありません。
I-131の半減期は7日間・・おかしいと思わなければいけません。


環境省の「東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う住民の健康管理の
あり方に関する専門家会議専門家会議」の座長を務めた長瀧重信氏自身が
2011年にヨーロッパ甲状腺学会で、福島の放出放射線レベルは
チェルノブイリの10倍以上と報告した。
その後、2013年3月11~12日に、ヘレン・カルディコット博士が
ニューヨーク医学アカデミーで主催した福島の医学的・生態学的影響に
ついてのシンポジウムで、原子炉の専門家が
「流出量がチェルノブイリの10倍に達していることは周知の事実だ」と発表した。

ヨウ素131が甲状腺がんの主要因だと思っているが、
バンダジェフスキーの論文によると、ゴメリ州で97年に検死された
子供56人の部位別セシウム137の蓄積量は以下であった
甲状腺2054±288、
副腎1576±290、
すい臓1359±350
セシウム137は甲状腺に最も蓄積する



◎ 一番重要な事は、言い換えると、真っ先にやるべきことは、
ガンの増殖と転移をストップすることです。
それは可能だと思います。
ガンの患部と血液を弱アルカリ方向に持って行くことです。

更に、CT検査などで大量被曝しないことが必須です。
そして、解熱鎮痛剤を服用しないこと。


◎ その次に重要な事は、というよりも同時並行でやるべきことは、
ガンの元になっているものを排出すること。
私は、酵母の生きた本味噌を推奨します。

そして、しょっちゅう岩盤浴に行き大量の汗を出して
体液をどんどん入れ替えて徹底的に浄化すること。
水分補給は必須です。
ガン細胞の嫌うアルカリ水をどんどん補給して下さい。
これを1ケ月から数ヶ月続ければ、劇的に体質改善が図れるはずです。

アレって思われるでしょう。
今の病院は、決してやってはいけない事をガンガンやり続け、そして、
絶対にやらなければならない事を全くやりませんね。
お金になることしかやりません。

以上のことをやっていけば、甲状腺がんの手術は必要ありません。
甲状腺のガン細胞は元の細胞に戻ります。 

甲状腺外浸潤や遠隔転移は、カビ菌の動態そのものです。
https://www.youtube.com/watch?v=3gg56GrEhwg
人の細胞とカビ菌が合体したと考えれば説明がつきます。
悪性度に違いがあるのは、カビ菌の種類によって左右されると考えられます。

もし寄生したカビ菌が、
ムーコルなどの極めて繁殖力の強い接合菌が主犯であったら・・・
ガンの増殖と進行が極めて早いのは当然です。
ムーコル症は、
いったん発症すると急速に進行し致死的経過を辿ることが多く、
予後不良なため、早期診断、治療が不可欠。


重曹でガンが治る理由
http://16296315.at.webry.info/201404/article_5.html

(一部引用)

ただしメイロン点滴だけでは、ガンは治りません。
乳酸アシドーシスを治すには、最低でも重曹+ビタミンB1が必要です。
ビタミンC・ビタミンB群・ジクロロ酢酸・α-リポ酸・グルタチオン・
マグネシウムなどを加えると、より治癒率が上がります。
糖→乳酸をこれ以上増やさないためにも、
断糖療法(スーパー糖質制限食)も欠かせません。
ガン治療の基本は、まず第一に糖代謝異常の乳酸アシドーシスを治すことです。

http://blogs.yahoo.co.jp/horisusumu8/31835380.html
「5%の重曹を500mlの水に溶かして、一時間かけて静脈注射します。
一週間のうち6日行います。

がん細胞に直接に注入できるような場合は、がん細胞に直接注入します。
ビタミンCの大量注射(100g)を、重曹の注射と一週間おきにします。
つまり、1週目は重曹、2週目はビタミンCで、この2週を1サイクルとします。
ドクター・シモンチーニによると、これを3サイクル行うと、
ほとんどのがんは治ってしまうということです。」

(引用終わり)


白血病の一番タチの悪いやつは、カビ菌が関与~寄生したものだそうです。
(大日本住友製薬の医療情報サイト)~より

そのような人には、上の重曹の点滴を試してみる価値はあると思います。
重曹の点滴をしてくれる病院は、日本に幾つもあります。



ベラルーシにおける甲状腺癌の新規発生





お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!









卓球の平野美宇選手が、
世界トップの中国選手3連続撃破
~アジアチャンピオンに!









管理人

なんだ、アジア選手権かと思うなかれ、卓球に関して言うと、
中国は、世界が束になってかかってもかなわない
世界ダントツの最高峰なんです。

中国が横綱だとすると、他国はせいぜい小結・関脇クラスであり、
最高にレベルの高い国でも、やっと大関どまりです。

しかも、世界選手権やオリンピックなどでは
各国に振り当てられた出場枠があるため、他国の選手よりも強い
中国選手が出れないのです。
中国の選手層はものすごく厚く、あまり名前の知られていない選手が
中国トップの選手に勝つなんてことが平気で起こります。

アジア選手権では、中国の出場枠が増え、トップスリーに続く中国選手も
出場して来るため、アジア選手権と世界選手権は実質的には同格です。

世界選手権やオリンピックは、ここ20年、ほぼ中国が独占しています。
その中で、しかも高校生の平野美宇さんが、
世界ランク1位、2位、5位の中国選手を立て続けに撃破!

これが、如何にすごいことか?
世界女子マラソンで言えば世界トップクラスのアフリカ勢に大差をつけて破り、
優勝したのに匹敵する。
つまり、到底有り得ないことが起こったのです。





アジア選手権では、平野選手のサーブが威力を発揮しました。
対戦相手は、このサーブに随分と苦しめられたようです。
そして、力のある打球の速さが自分のペースを作ることにつながり、
彼女が試合全体を支配していたように感じました。
つまり、自分の土俵で戦うことに成功した訳です。

ただ、私が一番関心したのは精神的強さです。
世界ランク1位の丁寧との試合では、何度も負けるピンチがありましたが、
徹底的に攻めるスタンスは崩さなかった。
恐れを知らない若者というのは、彼女の為にあるような言葉です。

一心に何かに集中すると、信じられないような奇跡を生むことがあると
勉強させられました。
平野選手は、どこにでもいるようなごく普通の高校生です。
性格は明るく、ちょっと面白い天然キャラを持ち合わせています。

明るい気持ちを持ち続け、一生懸命集中すると・・・
何かが起こせるといった可能性を強く感じさせてくれました。
とても簡単なことのようですが、実はものすごく重要なヒントがあると
私は思っています。
これは、多くのスポーツだけに止まらず、あらゆる人生の場で、
時には、困難な時においてもきっと教訓になると思うのです。


今後、中国から徹底的に研究されるでしょう。
しかし、それをまた乗り越えて欲しいものです。
ただ、平野美宇さんの一番の敵は、中国選手ではなく・・・
もしかしたら、累積する内部被曝が最大の障害になるかも
しれないと大変心配しています。

彼女の練習場は、東京の北区にあるそうですが、
環境と食べ物に気をつけなければ、徐々に、被曝量は加算されます。
幸いなことに、海外への遠征が多いので、それが幸運となっています。
内部被曝からなる体調不良が出て来ることが最大の心配の種です。

彼女のお父さんは内科医だそうですが、内部被曝に関しての深い知識が
あるかどうかについては未知数です。
この深刻な問題によって、彼女の大きな夢が閉ざされないことを
心より願うばかりです。
放射能は、人の命だけではなく・・・
人の大切な夢までをも奪ってしまう大変恐ろしい悪魔です。



2017アジア卓球選手権大会 女子シングルス決勝戦




陳は試合後のインタビューで敗因を分析。
「試合が始まったら準備不足と気づいた。
打ち返した後に相手から受けるプレッシャーがすごかった。
定型的な戦法も効き目がなかった。
試合前に(平野の)試合映像は当然見た。
ただ、平野のボールは想像よりずっと強く、速かった。
攻撃の機会が少なかった。相手に攻撃する余地を与えてしまったので、
ずっと受け身になってしまった」と振り返った。

孔監督は「陳は試合中、ずっとプレッシャーを受け続けた。
今回の試合を見た印象では(平野の)技術はわれわれより先を行っているだろう。
ボールの速度はより速くなり、われわれは簡単にプレッシャーを受けて負けた。
ここ数年の彼女の進歩は非常に速い。
世界選手権まで1カ月と少し。日本代表は間違いなく大きな脅威になる。
特に平野は全力を上げて分析しなければならない」と語った。




準々決勝~世界ランク1位の丁寧を下す。





敗れた丁寧は「感覚的には優位に立っていたと思う。
でも、相手のリターンが思った以上に良かった。
勢いもあったし、運も良かった。
困難に対する準備はできていたが、それでも勝てなかった」と語った。

中国メディアも「番狂わせ!」と驚きをもって報じており、
南方日報は「昨年10月の対戦では丁寧が3−0で完勝しており、
平野の中国リーグでの成績も3勝8敗と芳しくない。
しかし、わずか数カ月の間に中国チーム全体がその成長を感じた。
平野は日本には数少ないバランスのとれた選手だが、
攻撃に磨きがかかったことで実力が一段階上がった」と高く評価している。




準決勝~世界ランク2位の朱雨玲を下す。



敗れた朱雨玲は「相手のサーブにリズムを乱された。第2セットでリードした時も
サーブをきちんと受けきれなかったことで逆転を許した。
後は帰ってからしっかりと総括したい」と絞り出した。

朱雨玲のコーチは「(朱は)勝ちたい気持ちが強く、負けるのを恐れた。
日本の選手は勢いで突っ込んでくるだけだと思っていたが、
技術が形になっていてすでに先進的だ。
これから我々はさらに深く研究していく」と語ったという。



2017年4月17日

中国メディアが「神技」と絶賛!
卓球・平野美宇のアジア選手権優勝はどれくらいすごいか?

http://news.livedoor.com/article/detail/12947024/

まず世界ランク1位の丁寧を下す


まず平野の前にまず立ちがはだかった厚い壁がリオ五輪で金メダルを獲得し
世界ランク1位の丁寧(26)との準々決勝(2017年4月14日)。
平野は過去6回対戦し全てストレート負け。
福原愛も石川佳純も勝てず、伊藤美誠が昨年1度勝った相手だ。
ところが最終5ゲームまでもつれる接戦末3-2で破った。

これには実況中継していた地元・中国のアナウンサーも
「歴史的瞬間!これには驚いた。信じられない。すごいですよ。すごすぎる」と絶叫。

次の準決勝で平野は、前回(2015年)のアジア選手権で優勝した
世界ランク2位の朱雨玲(22)に3-0のストレート勝ち。
これには国際卓球連盟も公式サイトで「ハリケーン・ヒラノ シュウレイを吹き飛ばす」。
地元・中国のスポーツ紙も「平野は本大会のダークホース、神技だ。
神話をつくった」と絶賛した。

そして決勝戦の相手はワールドツアー4回優勝し世界ランク5位の陳夢(23)を
3-0のストレートで破り優勝を勝ち取った。

表彰台の真ん中に立った感想を平野は
「両サイドに中国の選手がいて自分が真ん中にいるのが現実かな? という感じ。
攻めの卓球を去年から意識して練習してきたのが発揮できた」と喜ぶ。

リオ五輪の落選でスタイル変わった

母親が語った進化のきっかけは
「リオ五輪の落選があったことからこそそれまでの自分の卓球スタイルをぶち壊し
新しい自分に生まれ変わったんですよ」という。

司会の加藤浩次が「可愛いんだけど強いんだよね~、これまで(中国の選手に)
研究されてこなかったということはありますかね」と尋ねると、
杉山愛(プロテニスプレヤー)は「それはあると思う。
ここまでやるということは見てこなかった。
これからは攻撃的卓球を相手も研究してくると思う」。

橋本五郎(読売新聞特別編集委員)は「悔しさをバネに大きく飛躍できる人。
普通はそうはいかないんですよ。そこがすごい」。
今回の平野の大金星は女子マラソンで言えば世界トップクラスのアフリカ勢に
大差をつけて破り、優勝したのに匹敵する。








お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/



第一期メールマガジン (2015年11月~2016年1月)

★メルマガ第1号~ガンの本質と生還

★メルマガ第2号~【食事療法とマイナスイオンと水素】

★メルマガ第1号追加補足~【真菌(ガン)の天敵とは!?】

★メルマガ第3号~被汚染地域の「突然死!」

★メルマガ第4号 『被汚染地域の発症までの時間をかせぐ必須アイテム!』

★メルマガ第5号 『10年後のあなたの笑顔が見たい』



第二期メールマガジン (2016年2月~2016年4月)

★メルマガ第6号『白血病について』
 〇生還の為に知っておくべきこと!
 〇『白血病について』~重要資料

★メルマガ第7号『白血病について』の追加補足

★メルマガ第8号 『甲状線ガンについて』

★メルマガ第9号 『あなたが決して知ってはならない恐るべき日本の闇』

★メルマガ第10号 『カレイドスコープ vs 真実を探すブログ』



第三期メールマガジン (2016年5月~2016年7月)

★メルマガ第11号 『万能酵母液の作り方』

★メルマガ第12号
「原爆を造らなければ良かった」と言い残して死んだある日本人技術者

★メルマガ第13号~【前編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ第14号~【後編】
世界的に有名な“HeLa細胞”に
ガン・白血病の真相を探る重大なヒントがあった。

★メルマガ15号
決して誰も書かない「不正選挙の真の正体」とは!?

★メルマガ第16号
東日本で生き抜く為に!〜想いの偉大さと栄光



第四期メールマガジン (2016年8月~2016年10月)

★メルマガ第17号
勇気を失うことはすべてを失うことである。

★メルマガ第18号
がん細胞のボディーガードを
光で死滅させる画期的技術を世界に発表!

★メルマガ第19号
高額健康機器ご購入は詐欺もありますので慎重にして下さい!

★メルマガ第20号
もしもの危機の時の準備を!
〜私も最大限のサポートが出来るように準備します。

★メルマガ第21号
家のローンの変動金利があなたを破産させます!

★メルマガ第22号 シリーズNO1〜電子治療器
機械から、マイナスの電子を体内に注入出来れば、
結果としてマイナスイオンが体内で発生します。


★メルマガ第23号
『ガンになったら、先ず真っ先に絶対にしなければいけない事』


★メルマガ第24号〜『大麻の真実〜国民は何も知らない!』



第五期メールマガジン (2016年11月~2017年1月)

★メルマガ第25号
『トランプ暗殺の可能性と国家非常事態宣言!』

★メルマガ第26号
『人の命と幸せ〜これ以上に大切なものが他にあるでしょうか?』

★メルマガ第27号
『甲状腺ガン』特集号〜その治療法と〜【ある奇跡のお話】

★メルマガ第28号~『今後、大腸ガンが激増する!』

★メルマガ第29号~芸能人は巨大ガン利権の【死の広告塔】

★メルマガ第30号
『身体を解毒・還元するグルタチオンがあなたを救う!』

★メルマガ第31号~汚染された日本で生き抜くための究極の食事法!

★メルマガ第32号
『末期の肺ガンだったスティーブ・マックイーンにある奇跡が起こった。』

★メルマガ第33号
『基礎体温が年々低下し、ガン体温に近づく日本国民
〜なぜ日本人は低体温になったのか?』




第六期メールマガジン (2017年2月~2017年4月)

★メルマガ第34号
ウソで塗り固められた【花粉症の真相の全て】を明らかにする時が来た!

★メルマガ第35号
【体内細胞が環境劣化すると、あなたの細胞が寄生した病原菌へと分化する】

★メルマガ第36号
免疫異常を起こす原因物質を排出、
解毒しなければガン・白血病、リウマチは治らない!

★メルマガ37号
土岐市・重水素核融合実験の
“トリチウムと中性子の恐怖″〜その防御法!

★メルマガ第38号
〜急性白血病患者から届いたSOSの緊急メール!

★メルマガ第39号
〜急性白血病の真相を知ればその対処法も明らかになる!














あなたはワクチン・予防接種を
受けますか?~アンケート実施中!










あなたはワクチン・予防接種を受けますか? 

① 勧められた全てのワクチン・予防接種を受ける

② ワクチンの種類によっては受ける

③ どんな種類のワクチンであろうが受けない

④ 分からない~迷っている

⑤ 会社員や公務員の立場だと、義務だと強制されたら断れない


以上の5つの中から選んで下さい。

コメントするをクリックして、タイトルのところに
①から⑤までの番号と文字をコピーして貼り付けて下さい。
機種によってコピー出来ない人は番号だけでも構いません。

尚、タイトルの下にあるコメントという欄には、
自由にコメントをしていただいて構いません。
ご意見のある人は、どしどし書き込んで下さい。


以上、宜しくお願い致します。

管理人

----------------------------------------



管理人

以前、幼稚園や小・中・高等学校などにおいて、
ワクチン・予防接種を受けるように強制されています。
どうすればいいのかといった問い合わせが結構ありました。
どうやら、学校や自治体には国からの相当な圧力が
かかっていると思われます。

ワクチン・予防接種は、今や巨大利権になっており、
官僚の天下り先にもなっているようです。
学校や自治体だけではなく、会社などにも強制しているようです。

私は以前、老人ホームの介護施設で働いていたことがありました。
私の勤務先では、インフルエンザの予防接種は義務化されていました。
日本全国の老人ホームの介護施設は、恐らく、みな一緒でしょう。

私は、ワクチンを打ってはいけないとブログで記事にしていますので、
自分がワクチンを接種するのは背信行為にあたります。
ですから、きっぱりとお断りしました。
結果、その介護施設では働けなくなりました。

私が今回、問題にした最大の理由は、毎年、ワクチン接種によって
多くの人が死んだり、身体に障害があらわれて歩けなくなったり、
幻覚から自殺したりとたくさんの被害者を生んでいるからです。
しかし、それは一切伏せられています。
つまり、マスコミに報道管制が敷かれているのです。

稀に報道された事実があります。
子供がワクチン接種して5分後に死亡。
しかし、ワクチン接種との因果関係は無いと報道。

ワクチンは全く効かないどころか、多くの犠牲者さえ生み出しています。
たとえ100人死のうが1000人死のうが、止める気配は微塵もありません。
多くの犠牲者を生み出す代わりに、製薬会社、医療機関、天下り団体などは、
莫大な利益を欲しいままにしています。
まさに、国民をイケニエにした悪質ビジネスだと考えます。

たった1種類のワクチンだけで、28人もの乳幼児が死亡。
他のワクチンを含めると、数百人が死亡していると記事にありました。
以下は、病院のホームページです。

小児肺炎球菌ワクチンで28人の乳幼児が死亡している! 日本の話です。
http://satouclk.jp/2013/03/hib28.html


自治体職員は、予防接種を受けないと脅迫までするところがあります。
果たして、こんな事がいつまで続くのでしょうか?

オバマ前大統領は、娘さんへのワクチン接種を拒否したそうです。
我々、日本国民にはワクチン接種を拒否する権利は無いのでしょうか?




予防接種を受けた人を中心にインフルエンザが大流行
http://ameblo.jp/64152966/entry-11453543181.html

現在インフルエンザにかかっている人のほとんどが
インフルエンザの予防接種を受けた人である、という事実である。
CDCはこの件に関する統計を一切、公開することを拒否している。
もちろんそうすればインフルエンザ予防接種に関することが完全な
でっちあげであることが暴露されてしまうからである。

私は友人や専門家らの広範なネットワークに電話をかけまくっているが、
皆が口を揃えて同じことを言っている。
そのネットワークの知人で病気になっている人の内、3分の2が
定期的にインフルエンザの予防接種を受けているのだ!



子宮頸がんワクチンの99.9%が接種をした女性に
全く効果がない事を厚労省が認めた

http://ameblo.jp/64152966/entry-11506713698.html

ポリソルベート80は人種絶滅薬!

ポリソルベート80は、建前上は、我々のワクチン中に安定化剤
として入っている。 なぜある一つのワクチンがこの安定化剤を
他の一つに比べて100倍の量を必要とするのかは私の理解を超えている。
しかしそれはこのワクチンの意図を問うためには十分な理由となる。

スロバキアで行われた一つの研究は、新生児の雌ラットが
ポリソルベート80を注入された時、
ラットは 成長してから不妊になる ことを見い出している。








賢いユダヤの人々は、ワクチン接種を受けないのだそうです!
http://ameblo.jp/64152966/entry-11129823317.html

脳に水銀やアルミニュウムを蓄積させたい人にはお勧めです。 

ウイルス学者であるエイドリアン・ギブズ博士が
「今回の新型インフルエンザウイルスは遺伝子構造を解析してみると、
実験室で作られた可能性が大きい 」との
科学的見解を伝えています。 




関連記事

インフルエンザワクチンは打ってはいけない!(前半) - Thinker
http://www.thinker-japan.com/dontvaccinated.html

インフルはかぜじゃない!
というのは、ワクチンの売り文句です。
インフルエンザは、風邪です。
風邪の一種です。
ただ、風邪の中でも症状が重く、高熱が続くため区別されています。



インフルエンザワクチンは打たないで!【常識はウソだらけ】
https://matome.naver.jp/odai/2136722192815769401

インフルエンザワクチンは打たないでときっぱり言い切っているのは、
ウイルス学を修め、国立公衆衛生院(現・国立医療保健医療科学院)
疫学部感染症室長も務めた母里啓子(もり ひろこ)氏。

ワクチン大丈夫?!
15年前に集団接種は中止した!







【警告】「インフルエンザ・ワクチンは絶対に打つな‼」【騙されていた】
https://matome.naver.jp/odai/2138287090239189101

■厚生労働相がインフルエンザ・ワクチンは効かない事を認めた。

ワクチンは薬事法上の劇薬です。
しかも発がん性物質でもあります。



インフルエンザの予防接種を受けない医師がほとんど。その理由は?(米・英)
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11628243696.html

イギリスのある病院ではなんと、
医療関係者にはインフルエンザの予防接種が推奨されているにもかかわらず、
実際に摂取する医師・看護婦は10~20%だそうです。

2008年12月9日
「医師の60%はインフルエンザの予防接種を拒否」




アメノウズメ塾中級編③ 人口削減計画 ワクチン





お知らせ

4月7日に、最新のメルマガを配信しました。

★メルマガ第40号
『恐ろしい!〜徐々に、ガンの真の正体が明らかになってきた。』

まだ届いていない読者の人は、直ぐにご連絡下さい。
ただちに再送させていただきます。


もみじ
【光軍の戦士メールマガジン】
http://ameblo.jp/64152966/entry-12087989697.html


今のメルアド
mail@wantoninfo.com


今の受付フォーム
http://wantoninfo.com/





「このビデオが見つかったら
その時には、私は既に存在していないだろう!」
 

米軍女性兵士の命を掛けた最後の告発ビデオより