米FRB量的緩和終了で日本⇒円株同時暴落
~安倍は年金128兆円を株投資で紙屑にすると宣言!





2014年10月30日
新ベンチャー革命さんのサイトより

米FRBが量的緩和終了を決定:日本版ブラックマンデー
(円株同時暴落)がキッカケで日本国民が覚醒して800兆円の
対米債権償還要求デモが起きるのを何より恐れる米国寡頭勢力

http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/34303748.html

<一部引用>


1.米国FRBが量的緩和を終了すると発表

2014年10月29日、米国中央銀行FRBは2008年のリーマンショック
以来6年も続いた量的緩和を終了すると発表しました。
今後、焦点は事実上のゼロ金利政策をいつ止めて
利上げに踏み切るかです。
このFRBの意思決定が日本経済に及ぼす影響は
非常に大きいと思われます。

もしFRBが利上げすれば、外資が保有している円と日本企業株
(円建て)が一斉に売られて、ドル高に振れることは自明です。
本ブログではそのことをすでに取り上げています。



2.FRBの利上げ発表にて悪夢の円株同時暴落
 (日本版ブラックマンデー)勃発が起こるのか


財務省の発表(2014年5月発表)では、日本の対外負債残高は
470兆円規模(500兆円弱)です。
この数字から、外資金融機関がこの規模の円と日本株を
保有しているとみなせます。

一方、日本政府と日本の金融機関は500兆円規模に近い
巨額のドルを米国政府や米国金融機関に貸しているという
見方もできます。
なぜなら、外資が巨額の円資産(円と日本企業株)をもっているのは、
日本政府・日銀にこの規模のドルを売って円に換えているからですが、
日本政府・日銀は外資に円を売って得たドルで主に米国債を買って、
米政府に還流させているのです(新帝国循環)。
ちなみに、日本のもつ対外資産残高は800兆円規模です。


もし、FRBがドルの政策金利を復活させれば、
外資は上記500兆円規模の円資産の一部を売りに出す
(キャピタルフライト)のは間違いありません、そのとき、
悪夢の円暴落と株暴落という日本版ブラックマンデーが
起こる危険があります。


FRBの株主でもある外資金融機関(ゴールドマンサックスなど)は、
FRBとツーカーですから、FRBの利上げの直前、
日本株に巨額の空売りを仕掛けて、
株を暴落させてボロもうけするはずです。
日本株に投資しているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は
大損を出して、われらの虎の子・年金積立金を外資はごっそり
持っていくはずです。



3.日本版ブラックマンデー攻撃に備えて、
  安倍政権への干渉が行われる可能性あり


今の日本は米国戦争屋にステルス支配されていて、
安倍政権は彼らの言いなりに動いています。
アベノミクスも彼らの要求で、
米政府財政救済とFRB支援でしかありません。
米戦争屋ボス(RF財閥)も金融機関を保有しており、
FRBのオーナーのひとりでもあります。
したがって、米戦争屋ボスは、アベノミクスを日本政府・日銀に
強制するのにオバマ政権に協力しているはずです。


ところで、今年9月初旬、安倍政権は内閣改造しましたが、
これも米戦争屋ボスの手下・米ジャパンハンドラーの指示
だった可能性があります。
つまり、米戦争屋も欧米銀行屋(FRBオーナーで外資金融機関オーナー)
に支援されるオバマ政権も、FRBの利上げでもっとも打撃を受ける
日本への何らかの対策を計画している可能性があります。

彼ら米国寡頭勢力がもっとも恐れるのは、
日本版ブラックマンデー攻撃を実行する際、
日本国民がパニックになるのをキッカケにして、
ネット住民発で日本国民が覚醒し、
日本のもつ800兆円規模の米国債の一部返済を要求するデモが
虎の門の米大使館前で発生するハプニングです。

そのとき、60年代安保時代同様に、再び日本国民が反米化するのを
是が非でも食い止めたいはずです。
なぜなら、8万人の在日米国人(民間人5万人、在日米軍3万人)の
安全確保が求められるからです。



4.米国サイドの日本版ブラックマンデー対策と安倍政権恫喝の関係とは

現在、安倍政権は内閣改造直後から不祥事の多発でがたついていますが、
これは謀略のプロ・米戦争屋CIAのお得意KOS攻略(カネと○○○とサケ)
による恫喝を受けている可能性を否定できません。
安倍政権の首脳・安倍氏と麻生氏の下ネタはすでに握られています。
今のところ、かろうじて、安倍・麻生コンビという本丸攻撃の命令が
出されていませんが、両氏はもう戦々恐々でしょう。

米ジャパンハンドラーはかつて隷米の極致だった小泉氏に比べて、
安倍・麻生コンビを今一、信用していません、なぜなら、
対米面従腹背が見破られて彼らに始末された疑いの濃い
故・中川昭一氏と安倍・麻生両氏は盟友関係にあったからです。

現段階では、本ブログにて的確に読めていませんが、近未来、
日本版ブラックマンデー攻撃の際、日本国民が反米化しないよう、
何らかの対策を準備している可能性があります。
安倍政権への揺さぶりと恫喝はそれと関係しているかもしれません。


<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




2014年5月8日
真実を探すブログさんのサイトより

安倍首相、年金128兆円を株投資に!
イギリス金融街でのスピーチで表明!
年金運営の関係者を安倍首相の友人らに変更も!

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2483.html

<一部引用>


先月に一部の年金資金の運営をゴールドマン・サックス等の
民間企業に委託する方針を決めた安倍首相ですが、
イギリスで改めて「年金資金を効率的に運用する」と表明しました。
また、安倍首相は年金積立金管理運用独立行政法人の人事に介入し、
主なメンバーを自分と親しい友人たちに変更しています。

安倍政権が考えている年金の運営構想は、
株などに投資することで年金の資金を増やすというものです。
ただ、株には暴落するリスクが常にあるため、
場合によっては年金資金が激減する恐れもあります。
ハッキリ言ってしまうと、年金資金を使った「ギャンブル」です。
投資先はまだ決まっていないようですが、既に委託する民間企業が
決まっているので、それも近いうちに決まってしまう事になるでしょう。

今でも「将来に年金が貰えるかわからない」と言うような声が
多数あるのに、これを株や投資に突っ込む安倍首相は流石です。
先日に報道されていたFX(為替)に客の資金を1億つぎ込んで、
大失敗した銀行員を思い出します。
本当にこのままでは年金は全てが崩壊することになるかもしれません。



引用:
安倍総理は、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
メンバーにNHK同様に自分の仲間を送りこみ、
年金128兆円を株投資に使おうとしている。
そして安倍は年金128兆円の株投資をイギリスで示唆した。
年金株運用は絶対にやるべきではない。





<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



もみじ

日本売国合戦 総まとめ~より
http://ameblo.jp/64152966/entry-11375160527.html

親子劇場のワンパク通信より  汚い奴ら


21世紀、世界大不況の、本当の、原因


2011年現在の、世界不況・金融恐慌を引き起こし、
倒産した銀行リーマン・ブラザーズ。
現在、ヨーロッパ各国政府が倒産の危機に立たされている、
ヨーロッパ金融危機の「正体」は、この世界金融恐慌である。

デリバティヴ・ヘッジファンドといったギャンブル投機によって、
世界中の銀行・政府に、多額の借金を背負わせ、自身も倒産し、
人類全体を大不況と、第3次世界大戦の危機に直面させ、
姿を消した、リーマン・ブラザース。

このリーマン・ブラザースは、元々、アメリカ南北戦争の際、
北軍=エイブラハム・リンカーンの勢力の「軍需物資」の
調達会社であった。

このリンカーン本人が、アメリカ政府の諜報・スパイ組織に
育成された「スパイ」であり、南部に潜入活動を繰り返していた
「スパイ」であった事は、良く知られている。
リンカーンの目的は、アメリカ南部に潜入し、南部の地下資源、
農場等の資産を「査定」し、南北戦争を起こし、南部の資産を
北部が「略奪」すれば、その利益が、どれくらいになるか
「事前に調査する事であった」。

リンカーンは、戦争にかかる費用と、戦争に勝利し、
南部の財産を略奪した際の利益を、比較し、戦争を起こすことで
利益が得られるか、どうかの「損益対照表」を事前に作る、
スパイが本業であった。

リンカーンは、
「南北戦争を起こし、南部の財産を略奪し、金儲けしよう」とは、
公言できなかったため、南部の黒人奴隷制度を廃止するという
大義名分を掲げた。

この「戦争ビジネス・マン」リンカーンの軍事物資の
調達会社=軍事産業であった、リーマン・ブラザースは、
南北戦争の最中、北軍の兵士が着用する軍服を製造するための
綿花の調達に東奔西走した。
南部が綿花の大産地であったため、南部を敵にした戦争では
綿花の調達が困難になった。

リーマン・ブラザースは、南部に潜入し、南部の軍人・農民を
「金で買収し」、綿花を買い付け、さらに不足する物資を、
ヨーロッパに出向き、買い付け、ヨーロッパの商社から
インド産の綿花、また、火薬・銃器を買い付け、北軍に提供した。
南軍=敵軍に潜入し、敵軍を買収し、物資を 調達する、
スパイ活動・諜報工作を専門とする、軍事商社が、
リーマン・ブラザースであった。
そして、アメリカの内乱=南北の対立・戦争に乗じ、
「金儲け」しようとするヨーロッパの武器商人=戦争商人の先兵が、
軍事商社リーマン・ブラザースであった。

同時に、南部の軍人を買収し資金を提供し、南軍の兵器調達の費用を
リーマン・ブラザースが提供し、南軍にヨーロッパ製の兵器を売りつけ、
その利益で南部の綿花を買い付け、その綿花を北軍に売り、
さらに同時に、北軍「にも」ヨーロッパ製の兵器を売りつける。
南北軍の戦争を、アオリ、両者に兵器を売りつける、戦争商人が、
リーマン・ブラザースであった。

2011年、世界中を大不況に陥らせた、
デリバティヴ・ヘッジファンド取引には、
必ず、買い手と売り手が存在する。

ニューヨークのダウが、11000ドルを「超える」に、
1000兆円賭けるリーマン・ブラザースと、
「超えない」に、1000兆円賭ける銀行ゴールドマン・サックス。

このギャンブルの契約書を「証券化」し、世界中の政府・銀行に
売り付けたリーマン・ブラザース。
そして、ゴールドマン・サックス、リーマン・ブラザースは、
ニューヨーク・ダウの先物を、徹底的に「共同し、売り」、
ダウは11000ドルを「超えない」。

リーマン・ブラザースは、1000兆円損をし、倒産する。
1000兆円分の「証券」を買っていた世界中の政府・銀行が、
累計1000兆円の損失を出し、倒産の危機に追い込まれる。

このギャンブル投機に勝利した、ゴールドマン・サックスは、
1000兆円の利益を得る。

この「利益」が、世界大不況の原因である。

大量の失業者、第3次世界大戦の危機の原因である。


そして誰も、ゴールドマン・サックスと、リーマン・ブラザースが、
「事実上、同一の会社」であった事を指摘しない。
ゴールドマン・サックスが、ニューヨーク・ダウの先物を大量に
売り浴びせ、ダウが11000ドルを「超えない」=ゴールドマン
・サックスの勝利を生み出したその先物の売買の資金を、
ゴールドマン・サックスに与えていたのは、
リーマン・ブラザース本人である。


リーマン・ブラザースは倒産して姿を消す。

姿を消したものは、誰も非難出来ない。

「自己責任で、倒産し、ギャンブル投機の責任を取った」、
と評される。


南軍と戦争を行う北軍の「味方」をしつつ、敵軍に兵器と資金を
提供していた、リーマン・ブラザース。

南軍と、北軍は、資金源と兵器の供給源が「同一」であった。
ゴールドマン・サックスと、ギャンブル投機で戦争を行う
「敵」であったはずのリーマン・ブラザースが、
ゴールドマン・サックスに資金を提供していた。

ゴールドマン・サックス=リーマン・ブラザースは、
資金供給源が、「同一」であった。
ゴールドマン・サックスは、1000兆円を、「持ち逃げした」。
その1000兆円の赤字で、世界中の政府・銀行が、倒産しつつある。

現在、倒産したリーマン・ブラザースの、旧経営陣は、
「別の名前の、新しい会社を作り」ギャンブル投機を再開している。

この旧経営陣の「新しい」ギャンブル投機会社は、
当然、ゴールドマン・サックスのビジネスパートナー・企業である。


<引用終わり>
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人

新ベンチャー革命さんと私とでは、少し見解が違います。
日本国民の反米意識など、今の段階では、もう、
あまり気にしていないと私は考えています。
また、既に、そのような状況ではないと認識しています。

仮に、少々、騒いだところで、黙らせれば良いだけの話です。
それこそ、いよいよ、FEMAの出番でしょう。
皆さんも、そのように思われませんか!?

円株同時暴落~大規模紛争、或いはテロ~FEMA~日本制圧
マスコミ操作=経済=政治=偽旗テロ=軍事行動・・・
これ等は、全てリンクしていると考えるべきです。
更に、原発事故による世界への汚染を理由にされる可能性も大です。
いよいよ、大変な時局になって来ました。











AD

岩路ディレクター不審死?の後に、

やはり、「報道ステーション」潰しが始まった!






徳永みちおさんのツイートより


原発事故や放射能問題に鋭くメスを入れる報道番組は絶滅するのかな?

https://twitter.com/tokunagamichio/status/526731706791755777



 テレ朝がBPOに提出した報告書は23ページにわたる詳細なもので、

わざわざ「厳しく裁いてください」と言わんばかり。

今月10日、BPOはこの問題の「審議入り」を決めたが、

テレ朝は、これをうまく外圧として利用し、「BPOの決定は重大」と

今週、関係者に処分を出す見通しだ。

「原発に関する自主規制ムードはこれにとどまりません。

古舘さんが今月18日に開いたトークイベントでも、テレ朝の意向で

政治と原発問題が封印され、脚本まで書き直されました」

(前出の関係者)

 テレ朝の早河会長は、7月4日に吉田社長を伴って安倍首相と

会食している。

原発報道の封印は、政権への“スリ寄り”も背景にあるのか。

 テレ朝広報部はこうコメントした。

「当社は事態を重く受け止め、BPOに経緯等を報告しました。

社内処分については、今後厳正に対処してまいります。

古舘氏のイベントと早河会長に関して、

ご指摘のような事実はありません」

 これまで通り、原発に厳格な報道が続けられるのか。

今後の報ステを見ればハッキリするはずだ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






【テレビ朝日】報道ステーション原発報道で

『田中委員長の発言を捏造編集』番組のプロデューサーら7人を処分http://hosyusokuhou.jp/archives/40982062.html

テレビ朝日は、ニュース番組の中で、

鹿児島県の川内原子力発電所の安全審査をめぐる
原子力規制委員会の記者会見での発言を不適切に編集したとして、

番組のプロデューサーら 7人を処分すると発表しました。



bf51b3a4a639b5b146a3a2298305239d

この問題は、9月10日の「報道ステーション」で、

川内原発が新しい規制基準に基づく 原子力規制委員会の審査に

合格したことを取り上げた際、田中俊一委員長の記者会見での
発言を、
不適切に編集していたものです。

具体的には、田中委員長の竜巻の影響評価に関する発言を

火山に関する発言として放送したほか、委員長がほとんどの

質問に答えていたにも関わらず、答えを拒んだかのように
編集していました。

この問題を受けて、テレビ朝日は29日付けで、

番組のプロデューサーやニュースデスクら3人を 減給3か月、

上司のニュースセンター長ら4人をけん責処分にすることを

発表しました。


bf51b3a4a639b5b146a3a2298305239d


さらに報道局長が役員報酬の1か月分の5%を

自主返上することにしています。


5e0ffcaa51085cbfdb440389e93f8462

テレビ朝日の吉田慎一社長は

「不適切な編集であり、あってはならないことだ。
関係者の皆様に
ご迷惑をおかけした」としています。

この問題では、

番組のキャスターが2日後の放送の中で陳謝したほか、
BPO=放送倫理・番組向上機構
が審議に入っています。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20141028/5760281.html



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





管理人


岩路真樹ディレクター不審死、直後の9月10日に、

「報道ステーション」の事実誤認報道が起こるなんて、

ちょっと、出来すぎていやしませんか!?



日刊ゲンダイは、テレビ朝日の過剰反応と言い表しています。

確かに、それもあるかもしれませんが、しかし、

あまりにもタイミングが良過ぎます。

報ステの裏方の事実上の核ともいうべき岩路ディレクターが

お亡くなりになられた直後の誤認報道なんてねぇ~・・・。

私には、どうしてもつながっているとしか思えないのですが。

岩路ディレクターが健在であれば、こうした誤認報道も

起こらなかったのではないかとさえ思う訳です。

ただ単なる誤認報道という見方もありますが、個人的には、

予め、計画されて工作された可能性だって考えられます。

寧ろ、その可能性のほうが高いかもしれません。

考えたくありませんが、以前より、報ステの内部の一部に、

テレビ朝日幹部、若しくは、原発マフィアなどと通じている

関係者の存在がいたとしても何等、不思議ではありません。

そもそも、テレビ朝日の社長自身が、報道ステーションを

打ち切りたいと思っているのですから、全く不自然ではありません。

如何にも、「やらせ」臭い。

内から外から攻められたら、さしもの報道ステーションも

風前の灯といったところでしょうか。

しかし、そういった一連の流れの中で、

岩路真樹ディレクターの存在が、どうしても邪魔な存在だったと

考えれば、全てがつながってきます。

番組の核ともいうべき 岩路真樹ディレクターを失った

古舘伊知郎さんは、今や、はしごを外された格好になっており、

極めて不安定な状況に追いやられています。

嫌気が差して、いつ辞めてもおかしくはありませんが、

何とか頑張って欲しいといった気持ちもありますが、しかし、

たった一人だけではどうしようもありません。

9月6日の当ブログの記事についたFBの「いいね!」が、

51,000を超えて、累積アクセス数も100万を超えたようです。

報道ステーションの皆さんも見ていてくれてたら嬉しいのですが・・・

古舘伊知郎さんも見てくれたかな・・・

身辺には、くれぐれも気をつけて欲しいと願うばかりです。

報道ステーション潰しは、まさしく、国民潰しそのものです。




もみじ

報道ステーション、岩路真樹ディレクター

「最後の仕事」、そして、二人の警察幹部の自殺

http://ameblo.jp/64152966/entry-11920660715.html






AD
警戒警報発令!
~福島第1原発1号機の建屋カバーに穴!









<概要>

2014/10/28 に公開 

福島第1原発1号機の建屋カバーに、大きな穴が開いた。
この穴から、放射性物質の飛散­は考えられるのか。
東京電力は、28日の作業を中止している。
1号機の建屋カバーを上空から見ると、
何カ所も小さな穴が開いている中、
比較的、大き­な穴が開いていることが確認できる。

また、このパネルのカバーが、風にあおられて、
ヒラヒラとなびいているのが確認できた­。
屋根パネルに大きな穴が開いた、1号機の建屋カバー。
その大きさは、1~2メートル四方に及ぶ。

28日午前10時すぎ、東京電力は会見で
「突風が吹いてですね、その先端部分が、
横に­移動してしまうような形になりまして、
屋根部分が、1メートル×2メートル程度の穴に­
拡大してしまったという事象が発生しています」と話した。

建屋カバーに穴が開いたとされる、
28日午前8時23分ごろの映像には、
カバー内に飛­散防止剤をまく大きなノズルが、
強風にあおられて回転し、斜めに傾いているのがわかる­。

上空からは、風によって、若干ではあるが、比較的大きく、
その穴が開いてきているのが­確認できた。
穴が開いたカバーは、ポリエステル製のシートでできていて、
今後、風や雨などの影響で­、少しずつ大きくなるおそれもある。

東京電力によると、建屋周辺の放射線量に変化はないが、
対策の検討を進めている。
福島第1原発から、およそ30kmの場所にある南相馬市鹿島区。
営農を再開したばかりの農家からは、
風評被害が広がるのではないかと、不安の声が聞か­れる。

南相馬市鹿島区の農家・田村清一さんは
「俺には、またかなという感じだ。次々、トラブ­ルがある。
一番は、風評だな。
『南相馬市の米』というと、全国的にわかっているから、
­『あそこの米では』となる」と話した。

不安の声は、ほかの住民からも聞かれた。
住民は、「信じてはいたけどね、わたしらは、避難するのも
嫌だし、これ以上」、
「また­、こうやってトラブルばかり起きると、また、不安が。
いつまでたってもね、何というの­かな、安心して暮らせる
...環境が悪いし、そのへんは、やっぱり嫌ですね」などと話­した。
28日のトラブルを受けて、東京電力は、30日に行う予定だった
屋根パネルの撤去を、­1日遅らせることを決めた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












2014年9月25日

大量の放射能が降臨する季節がやって来る
~1号機のカバー撤去は来月10月から開始!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11929858713.html

<一部引用>


福島第一原子力発電所 1号機の現状
http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/f1/genkyo/fp_reactor/fp_no01/index.html

一部引用

■原子炉建屋1階パーソナルエアロック室の調査結果について
[2013年5月8日掲載]

今後の格納容器の調査・補修工法を検討するための情報収集を
目的に、2013年4月9日、原子炉建屋内のパーソナルエアロック室の
雰囲気線量率、温湿度測定、格納容器貫通部周辺の状況確認を
ロボットにて調査しました。調査の結果は以下のとおりです。


・最大の雰囲気線量率は床近傍で2100mSv/hでした。

・室内の温度は14℃、湿度は50%でした。

・塗装の変色や剥離は見られましたが、
 機器の変形や破損は確認されませんでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



管理人

9月25日の記事における東電発表には、
既に大きな矛盾点が見られます。

・最大の雰囲気線量率は床近傍で2100mSv/hでした。
  ↑
東電発表によると、メルトスルーした核燃料は、
格納容器下部のコンクリートで止まっているという説明ですが、
これが、まずおかしいと前記事にて指摘しました。
床近傍で2100mSv/h・・・である訳がなく、もし、東電の
説明通りなら、この数値の40倍近くあるはずです。
つまり、核燃料は、既に、地中深く沈降中であることを意味しています。

この時点で、既に、ウソの発表をしている事になります。
そうしますと、最大の雰囲気線量率は床近傍で2100mSv/hという
発表の信憑性も大きく揺らぐことになります。
最大線量率が、本当に床近傍であったのかといった疑問が
湧いて来る訳です。

何故なら・・・
「最近、1号炉が言われていたような水素爆発でなく、
炉内の水蒸気爆発だと言われるようになって来ており、
すでに1号炉の上部に溶融核燃料が噴出している映像
が報告されています。」
・・・こういった情報があるからです。

下部にメルトスルーした核燃料は、地中深くにあり、
そして、1号炉の上部に溶融核燃料が噴出していると仮定すると、
一番高い線量は、1号炉の上部でなければなりません。

これについては、東電はウソを発表している可能性が高いと
判断しています。
つまり、今現在、本当の事実を公表すれば、過去に発表して
説明して来たことが、全て、ウソだった事になる訳です。
過去の発表との整合性を保つ為には、ウソをつき通す以外に
方法は無いといった点については誰にでも分かると思います。

ここまで噂されているような水素爆発ではなく、
実は、恐ろしい水蒸気爆発だった事実が明るみになること
だけは、絶対に避ける方針であったと推測出来ます。
ですから、一番高い線量を示す部位が意図的に捏造されている
可能性は非常に高いと考えています。
そして、当然、必然的に1号炉の上部の放射線量は、
秘密にされている可能性が疑われることになります。
その放射線量は、非常に高い可能性があります。


熔融核燃料の赤い火 1号炉
http://aoitombo.s100.xrea.com/youyunenryo.html

Portzlineという写真家が自衛隊のヘリコプターでのビデオ映像
を詳細に調べて、1号炉の上部の隙間からはみ出している
熔融核燃料の映像を発見した。

炉心熔融の温度は沸点が4000℃もある金属さえも
蒸発させる温度である。
シリコン製の蓋のパッキングなどひとたまりもなくやられてしまい、
蓋はすかすかの状態になっているはずだ。
熔けた高温の核燃料の放つ赤い火はチェルノブイリの爆発した
炉心を想い出させる。
どうりで慌てて覆いで隠したわけだ。

(写真画像が大きくて、肝心な部分が入らないので
縮小していますが、クリックすると拡大して見れます)
                ↓



恐らく、東電は、1号炉上部の固まった核燃料を
取り出そうとしているのではないでしょうか?
だから、その事実を知られたくないので、我々の目を
床近傍に向けさせたと考えられる訳です。
しかし、その辻褄合わせの為に発表した床近傍の線量の
数値によって、新たな疑念を生む結果になってしまったのです。
そう考えると、全てに説明がついてしまう。

この推理が正しいと、「1号機の建屋カバーに穴」・・・
の意味は、大きく変わって来ることになります。
まず、作業する原発作業員にとって大変危険な作業である
という事だけではなく、福島原発を中心にした福島県は
言うまでも無く、近隣他府県にとって、大変危険であることは、
誰にでも理解出来ると思う訳です。

<一部引用>

・・・「一号炉のカバーを取り除くと言うことは、
致死的な放射能を発散している溶融核燃料を裸にすると
言うことです。

第一級の防護が必要です。
避難をした方が良いと思います。

原子レベルの放射能粒子は防塵マスクなど
あって無きがごときものです。

<引用終わり>


引用したのは、著名なサイトの管理人の言葉ですが、
的確な表現かどうかは、私には判断つきかねます。
しかし、かなり注意しなければならないという一点に
ついては、誰も否定出来ないのではないでしょうか。

東電発表やモニタリングポストを無条件に信じるのでは無く、
風向きには十分に注意を払い、自分や家族の健康を護るという
呼びかけには、多くの人の理解が得られると信じています。

しかし、相も変わらず、東電は全く信用出来ません。
そのことを一番感じているのは、我々、日本国民ではなく、
寧ろ、海外メディアや学者たちなのではないでしょうか。
こんな事ばかりを続けていると、噂されているように、
世界が、実力行使に出て来るといった大変恐ろしいシナリオも
あながち、陰謀論とかたづけられないのではないでしょうか。

東電も国も、原発利権だけを護ろうとしているのではないか!?
我々、国民の健康と命は、まさに、ごみクズ同然の扱い!
こんな事は、絶対に許される話ではありません。
それにしても・・・本当に残念です。







AD

安倍政権スキャンダル大洪水の嵐と

エボラ・パンデミック騒動の演出は

つながっている!?




【不死身?】

米国でエボラ出血熱の患者搬送中に防護服ナシの男が出現

この「クリップボードマン」について「いったい何者なんだ!」という

疑問がインターネット上で爆発的に拡散している

https://twitter.com/livedoornews/status/522993225020080130

埋め込み画像への固定リンク




アフリカ人がドンドン死んで、アメリカ人だけ何故か完治するエボラ詐欺。

病み上がりのような感じがしない、致死率90%じゃなかったのか?

まるで最初から発病していなかったような元気さ。

https://twitter.com/ippan0826/status/525843560482889729

埋め込み画像への固定リンク



「ワクチンを受けた人だけが『エボラ熱』に」 

ガーナからの叫びとエボラ偽旗作戦の結論2

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=296903

https://twitter.com/saitama1947mn/status/525070058330918912



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




ベル


出るわ 出るわ ↓ 垂れ流しだわ、こりゃ!

2014/10/11

塩崎厚労相が「地元の老人ホーム事業に口利き」 

安倍内閣に新たなスキャンダル

http://souridaizin-channel.seesaa.net/article/406937640.html

2014-10-20

小渕、松島氏が辞任=女性2閣僚―「政治とカネ」で引責

http://udaxyz.cocolog-nifty.com/udaxyz/2014/10/post-b2c4.html

2014-10-23

宮沢洋一経済相、SMバーに政活費支出 - NAVER まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2141406642686740401

2014-10-23

安倍内閣、スキャンダル続々 3・11当日に鉄板焼きで宴会、

他計59回のキャバクラ豪遊 

安倍晋三の相続税3億円脱税疑惑も発火不可避か?

http://danshi.gundari.info/political-scandal-sinzo-abe-case.html

2014年10月23日

小渕マネーを凌駕 安倍首相に渡った脱法的裏金2.5億円

『政策活動費』は脱法的な裏金

09年麻生:計2億9300万円

12年石破:計2億6000万円

12年安倍:計2億5000万円

日刊ゲンダイ
““小渕マネーを凌駕
安倍首相に渡った脱法的裏金2.5億円”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154323

2014-10-25

【人間の屑】安倍内閣にまたスキャンダル 

江渡防衛大臣が政党助成金800万円を私費として着服

http://togetter.com/li/736632

2014年10月26日

日刊ゲンダイ
““SM大臣”が霞む…
安倍首相&麻生大臣
「政治資金」放蕩三昧”
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/154429

2014年10月27日

「有村治子女性活躍担当相と小里泰弘環境副大臣の関連政治団体が、

脱税で罰金の判決を受けた鹿児島市の企業から寄付を受けたり、

パーティー券を購入してもらったりしていたことが27日、分かった」

http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/kyodo-2014102701001551/1.htm









管理人


如何でしょう、皆さん。

これって、幾ら何でもおかしいと思いませんか!?

安倍自民党政権の恥部というべきスキャンダルが、

まるで、洪水の如く、表に出て来ています。

同じ自民党内部に、安倍政権に対する倒閣運動が起こっている

のではないかと思わせるものがあります。

一体何が起こっているのでしょうか!?

その背景の勢力の存在が明らかにならなければ、

本当の真意というものが見えて来ません。

しかし、あそこまでたくさんのスキャンダル情報を

隠し持っていたことを考えますと、ただ単なる同じ自民党内の

倒閣運動ではない可能性も多分にあります。

一体何者が動いているのでしょう!?

もしかすると、何か大きな動きがあるかもしれません。

危険な安倍政権のスキャンダルは、確かに、我々、国民に

とっては歓迎すべきものとはいえ、しかし、あまりにも異様です。

喜んでばかりいるのではなく、極めて大きな関心を持って

冷静に見ておく必要があると思います。

考えようによっては、安倍政権は御用済みで、使い捨てられ、

日本を混乱した状況に持っていこうとしているのかもしれません。

もしそうなら、大変危険で、最大限の警戒をすべきです。

今のところ、様々な可能性がありますから、何事も決め付けず、

幅広い大きな視野で見ておく必要があると思っていますが、

取り敢えず、特に気になる点について話しておきます。

いよいよ、例の FEMA が始まった可能性を危惧しています。

理由は、今、米国が中心になって策動している偽旗作戦が明らかな

エボラ・パンデミック演出の動きの中で、大変危険な FEMA  

名前が出ているからです。

以下のツイートは、昨日、私が最も注目したものです。


もみじ

エボラ(マッチポンプ)→ FEMAの流れを

日本でもやろうとしてるんだな。

https://twitter.com/myreminiscences/status/526703354559610880

エボラ熱対策の責任者任命=国内の流行阻止に尽力-米大統領

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201410/2014101800103

【ワシントン時事】オバマ米大統領は17日、副大統領の首席補佐官を

務めたロン・クレイン氏をエボラ出血熱対策の責任者に任命すること

を決めた。

同氏は連邦政府と州政府、官民の間などを調整し、

ライス大統領補佐官らに最新の情勢を報告する。
 オバマ氏は同日、エボラ熱の国内流行の阻止に向け、

ホワイトハウスで閣僚会合を3日連続で開催。

2人の院内感染者を出したテキサス州ダラスに、

ホワイトハウスの連絡官や連邦緊急事態管理庁(FEMA)の

調整官を配置することも決めた。

 クレイン氏の任命をめぐっては、野党共和党が「医療の専門家ではない」

などと批判している。

これに対し、アーネスト大統領報道官は17日の記者会見で

「エボラ熱対策に関与している広範な政府部局や機関を高度に調整する

能力が必要だ」と反論した。(2014/10/18-11:28)2014/10/18



↓FEMAの施設にある大量の棺桶
 








管理人

もし、日本で、エボラ・パンデミックが大きく騒がれるようになると
危険信号です。
それを口実にして、
日本版FEMAが発動されるかもしれません。
今回がその時かどうかは分かりませんが、いずれ、その時が
必ずやって来るのは間違い無いと考えています。

過去記事の中でも書きましたが、日本版FEMAが発動されたら、
その本当の指揮官は、日本人ではありません。
日本版FEMAは、米国FEMAの管理下に入ると考えておくべきです。
米国が、何故、何百万個以上もの棺桶を用意しているのかを
我々は考えなければならないでしょう。

日本版FEMAの名の下に

エボラウィルス・ワクチン強制摂取するよう命令が下されたら、

日本国もいよいよ、本当の危険水域を迎えることになるでしょう。

その段階になると、日本国内でイスラム過激派に見せ掛けた

偽旗・大規模テロが起こされることも覚悟しなければなりません。

皆さん、少なくとも、危機感だけは持っておいて下さい。




重要関連記事


もみじ

自民・安倍総裁が日本版FEMA創設って、

これの本当の意味分ってんの!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11378254747.html




     


O0500028210286774194

<強制収容所護送用のトレーラーの一群>


膨大な棺桶のストック・・・何のために?

http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano091024-1.html


youtubeへリンク
次にこればかりは御自分で見てほしいのだが、上記の途中にある

驚くべきニュースを取り上げる。

アメリカの某所に膨大な(50万個)棺桶のストックがあるというのだ。

それはプラスチック製で、そんなに長い間野ざらしにしておくことは

出来ないから、間もなく必要となるということなのだろうが、

一体何のためなのだ?

「核がアメリカ本土に着弾した場合や、疫病の蔓延で大量に死者が

出た場合に備えて」というのだが。

これらに深くかかわっているのがFEMAである。

恐らくこれは一箇所ではないだろう。

ビデオで見る限り、一個に5人ぐらいは入れられそうだから

総数250万人分と言ったところか。


 





グーグルマップから東京消えてるって騒いでいるけど、

  アメリカ海軍の地図では日本が消えてたよ!







 Syntax @SyntaxUGS 10月23日

やっぱ呟いとくわ。

東京の人、頭冷やした方がいいわ。

アメリカのグーグルマップから東京消えてるよ。







2011年05月10日

国際未来科学研究所主宰・参議院議員 浜田和幸


米海軍作成「2012年の世界地図」から消えた日本

http://www.data-max.co.jp/2011/06/2012.html

アメリカのオレゴン州立大学の活断層海底調査研究所が

地震予測を公表した。それによると、アメリカ西海岸にも

東日本大震災と同様の巨大地震と津波の可能性が迫っており、

その場合は今回同様、巨大な津波が日本に押し寄せるという。

すでに危険時期に入って60年を経ており、

巨大地震がいつ起こってもおかしくないらしい。

そうなれば、福島原発は今以上に日本を危険な状態に

追いやることになる。

今後1年間の情勢を予測して、

アメリカ海軍では「2012年の世界地図」を作成。

なんと、そこではシアトルからロスまで西海岸が

ざっくりとえぐり取られている。さらに驚いたことに、

わが日本は消滅しているではないか。
 トモダチ作戦で日米の堅い絆を確認したのもつかの間、

アメリカはついに日本を見限ってしまったのだろうか。

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ かずゆき)浜田 和幸(はまだ かずゆき)
参議院議員。国際未来科学研究所主宰。

国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。

米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。

新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、

米議会調査局等を経て、現職。

2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で

          初当選を果たした。



★阿修羅♪ ~より


浜田政務官が国会で

「地震兵器・津波兵器が技術的に可能なのは、国際軍事上では常識」

と答弁 ( 属国離脱への道)
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/494.html

人工地震津波兵器は国際政治軍事上の常識!浜田復興担当政務官

https://www.youtube.com/watch?v=0eWi1fUFhk0









日本と日本人は地球上から抹殺されるのか?

http://blog.livedoor.jp/ijn9266/archives/4440101.html

 

宇野正美氏:彼の友人が、東日本大震災の1ヶ月半前、

帝国ホテル(東京)地下で行われたイルミナティ・フリーメーソンの

会合に偶然紛れ込んで入ってしまったという逸話を披露。
動画:
http://www.youtube.com/watch?v=4HDby-w2xjQ

そのイルミナティ・フリーメーソン会合の会場には

日本地図が掲げられていたが、

何と東北地方だけが消えていたという。

訝しく思い「一体何故東北地方が地図に無いのですか?」と問うと、

何と「東北地方は間もなく日本から消えて無くなるのです。」と

ハッキリ答えたという。







また、

2009年封切り韓国映画「TSUNAMI」 

(パラマウント映画配給)のワンシーンに、

突然何の脈絡も無く現れる東北地方の水没した地図。






管理人


東京は、ズームすりゃ出るけど?・・・っていう非難も

少しおかしいような気がします。

ズームしなけりゃ出て来ないような表記に悪意があると

考えるべきです。

というよりも、過去の地図の表示の履歴を合わせて見なければ

極めて矮小化した議論になってしまいます。

その流れから見てみると、やはり、おかしいのは事実として映ります。

上からの5つの地図というか写真は、恐らく、全て同じ広告会社が

創作したものだと考えています。

最後のは韓国映画に出て来るやつです。

以上のこれ等に、何の疑念を持たないほうが、寧ろ、

頭がどうかしているのではないでしょうか。

グーグルマップ⇒米海軍作成世界地図

フリーメーソン会合日本地図⇒韓国映画

・・・これ等は、全てあるところに行き着く共通項があります。

⇒CIA広告会社

そういった切り口から、思考をめぐらすのが、

極当たり前の、ものの考え方です。

そして、次には、どういった意図の元に作成されたものかを

考えるのが、我々の仕事だと思います。

上にあるツイ-トに噛み付いているのは、どちらかというと、

工作員っぽい人が多いように見受けます。

私には、馬鹿にして非難する為というよりも、多くの人が非難を投じて、

そのツイ-トの内容をよりたくさん拡散させたい意図を感じる訳です。

結局、何故、拡散させたいのかといったところに行き着きます。

私なりの推論はありますが、あくまでも個人的なものでして、

ここでは、書かないことにします。

一人々の方が、考えることそのものが大事だと思います。

金と時間と労力を使って、何も意味の無いことをする訳ないでしょう。

考えるのは、あなたの仕事です。

今日は、予定があるので、このくらいにしておきます。








今日一番読んで欲しい記事
    ~キチガイ医さんのFBより







大摩邇さんのサイトより

「アメリカの最高の科学者が原発のすべてについて語る
ー癌がなぜ世界中で増加しているのか?」

http://blog.livedoor.jp/genkimaru1/archives/1878943.html

<以下、転載>

キチガイ医さんのFBより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/704338346316588
<転載開始>

引用ですがとても参考になりますよ♪。

「アメリカの最高の科学者が原発のすべてについて語る
ー癌がなぜ世界中で増加しているのか?」

ここで、スターングラス博士にお話をお聞きしたいと思います。
彼は、原子力の本場アメリカで、60年代から、核実験や原子力発電に
よる低レベル放射能の影 響を訴えて続けて来た、
数少ない科学者の一人です。
2006年の二月には念願だった来日を果たし、
青森県の六ヶ所村も訪ねています。

こんにちは、今日はよろしくお願いします。
S博士
「まずはじめに、日本には55基もの原子炉が運転している
のを知ってるよね。」

、、、はい。

S博士
「それに、ほとんどが海岸沿いの国土の2割程度の面積に
人口が集中していて、原発も割と近くに配置されている。
だから、日本政府が2003年度に発行した、過去100年の日本人の
死因の推移を見たとき、あまり驚かなかった。」

と言いますと。

S博士
「日本では、戦後の50年で、がんの死亡がずっと増え続けている。
1900年台の前半は、がんはそこまで存在しなかった。
日本に原爆が落とされて、アメリカ製の原子力発電所が導入されて
から、一気に増え始めたのだ。
今でも日本にある原発の八割がアメリカ製だ。」

はい。

S博士
「そして、本場のアメリカで分かって来たことが、
原子力発電所というのは、公に発表されているよりも、
ずっと大量の放射性物質を放出しているという ことだ。
大半は、細かい分子になった、核の分裂によって産まれる物質で、
大気や海に放出されている。核分裂生成物というやつだ。」

はい。
これが、自然放射線と混同されると、訳分からなくなりますね。

S博士
「その通りだ、そもそも自然放射線というのは、
海抜0メートル付近では、0.8 から1mSV(ミリシーベルト)が
普通であって、それ以上はラドンなどごく特定の地域しか関係の
ないものや、0.15mSVほどのカリウムなどを大げさに
数えている場合が多い。
しかも、ほとんどの自然放射線が外部被ばくを起こすガンマ線で、
体の中の特定な器官に蓄積して内部被ばくを起こすものじゃない。
ストロンチウム90やヨウ素131などの放射性物質は、
体の中に入り込むのと、それと同じ量を地面にばらまいたのでは、
威力が全然違うのだ。」

分かります。

S博士
「ヨウ素131は、ほとんどが一週間の半減期だが、
これは首にある甲状腺に集中する。
甲状腺というのは、体全体の新陳代謝をコントロールしていて、
多くの器官が甲状腺のホルモンによって動いている。
だから甲状腺が壊れると、大人だと、甲状腺に異常が生じたり、
がんになることがある。

また、ストロンチ ウム90は骨に集中する。
これはカルシウムと似ているためで、カルシウムは、骨をつくったり、
神経の伝達にも欠かせない。
要するに、脳みその働き、考える 力に貢献している。
よって、ストロンチウム90が引き起こす問題というのは、
あまり知られていないのが、カルシウムと同じように骨だけじゃなく、
脳にも入 り込んで、神経にダメージを与えるため、
特に脳の発達に支障をきたすようになる。」

赤ちゃんですね。

S博士
「赤ちゃんもそうだし、お母さんのお腹の中いる胎児のときからだ。
それに、脳みそは10代まで発達し続ける。だからそこに問題が生じると、
普通の読み書き、理解する力、計算する力、
全体的に影響を受けてしまう訳だ。健康な脳みそをつくる過程でだよ。」

母親は知っておくべき情報ですね。

S博士
「これは、本当に伝えなければいけないことだ。
繰り返すが、ストロンチウム90やヨウ素131は自然には存在しないもので、
ウランやプルトニウムが 核分裂を起こしたときのみ、産まれるのだ。
原子炉の中で起きていることは、原爆の核分裂が起こす環境破壊と同じなのだ。
つまり、核実験などが広めた汚染 を、
原子力発電所がそのまま引き継いだに過ぎないのだ。」

なるほど。


S博士
「これは数年前にJournal of American Medical Association
で発表されたばかりなんだが、妊婦が歯科医でX線を数回受けただけでも、
散ったX線が、ヨウ素131のように甲状腺に影響を与え て、
それが早産につながる確率が数割高くなることが分かった。
こうした未熟児は、現在の医学ではほとんどを救うことができるのだが、
X線のせいですでに脳 の発達に影響が出てしまっている。
それが思考力や、集中力の欠如に表れる。
脳の発達に支障をもった未熟児は、自閉症になる可能性も出てくるのだ。」

このように器官に集中する放射性物質は、
どのようにダメージを与えているんですか?

S博士
「ヨウ素131の場合、ガンマ線というのは、X線と一緒で、
とても強いエネルギーを持った光を出す。
そして、ベータ線は電子なんだが、数ミリしか飛 ばなくても、
臓器に埋め込まれると周りの細胞を破壊する訳だ。
変異を起こしたり、遺伝子を傷つけてしまう。
そして、フリーラジカルが産まれる。フリーラジ カルとは、
マイナスの力を帯びた酸素分子で、寿命も一瞬なんだが、
これがプラスを帯びた細胞の粘膜に引き寄せられて、
穴を空けてしまうので、大変なこと だ。
これらのことは、60年代の後半から70年代にかけて分かったことで、
原子力発電を始めたずっと後の話だよ。」

はい。

S博士
「初めての原発が1942年のシカゴだったから、
そのおよそ30年後に分かったことだよ。
もう一つ興味深い発見だったのは、X線などの強くて短い刺激が
つくる多くのフリーラジカルは、実はお互いとぶつかり合って、
そこまでダメージを引き起こせないんだ。
これを、私は『混んだナイトクラブ効果』と呼ん でいる。
分かるだろう、狭い空間に人が入りすぎて、身動きが取れないのだ。
これで分かったことが、X線などが与える、自然放射線の一年分に
値する1mSV ほどの一度の衝撃は、思ったほど効果がなく、
同じ量を一週間、一ヶ月の間に分けて微量を受けた方が、
細胞あたりのフリーラジカルが少ないために、
ずっと大 きなダメージを与えるのだ。」

そうなんですか。

S博士
「このことは、衝撃だった。つまり、X線や原子爆弾のように、
集中された強い放射線よりも、永続的な低レベルの放射線の方が、
ダメージは100倍から1000倍も大きいことが分かったのだよ。」

なるほど。

S博士
「我々はヒロシマやナガサキで集めたデータを信じきってしまったのだ。
原爆は、主にガンマ線と中性子線を一瞬で放出したから、
本当に強くて大量のエ ネルギーを放出した。
ましてや、その頃はフォールアウト(『死の灰』と訳される)の
ことも良く分かっていなかった。
要するに、長期的な低レベル放射能の影 響を、今日でも、
完全に間違って計算しているのだ。

2003年にイギリスのクリス・バズビー (Chris Busby) 氏らが、
ヨーロッパのECRR機構(European Commission on Radiation Risk)
に頼まれて、原子力発電所のリスクについて過去50年の様々な論文や
ケースを完全に洗い直したところ、同じ結論にたどり着いたのだ。
我々は、低レベルの内 部被ばくによる影響を、
少なくとも100倍から1000倍、過小評価して見積もっているのだ。」

はい。

S博士
「もう一つ言いたいのが、ストロンチウム90は骨に入って、
強い電子を放出する。骨髄では赤血球と白血球もつくられているから、
ここで異常が起きる と、白血病を起こす。
また、白血球というのは、体のありとあらゆる病源と戦っているから、
白血球がちゃんとつくられないと、これは大都市で警察のストを起こす
と犯罪率が一気に高くなるようなものだ。
分かるね。ストロンチウム90が白血球を壊せば、
体中にがんが起きても止めることができない。
ストロンチウム 89の半減期は50日で、
ストロンチウム90の半減期は28年だから、体に蓄積されていくものだ。」

そうですか。

S博士「さきほどの低レベルの放射能の話に戻るが、
人々が間違いを犯した原因のひとつに、放射線によるがんの治療による。
これは動物実験で、一週間おきに 集中した放射線をあてれば、
健全な細胞は元に戻るということから、放射量を細かく分ければ、
体には影響が少ないと信じられていたのだ。

ところが、内部被ばくの場合は、少ない量でも常に体の中にある訳だから、
慢性被ばくと言っても良い。
これが何十年間と蓄積されると、ストロンチウム90のように白血球が
壊されていけば、肺炎やさまざまな感染が起き易く、
免疫力が激しく低下することに繋がるのだよ。」

では、質問を変えます。

原子力発電所は、すべての排出物をモニタして、
環境もモニタして、すべては安全だと言います。
何がいけないのでしょうか?

S博士
「何回も言うが、0.1~0.2mSVほどのX線の影響と、
核分裂生成物を比べて、影響を少なく見積もりすぎているから、
誤った安全の基準を適用しているところが間違っている。
2005年に発行されたUS Academyの論文には、
『どんな微量の放射能でも、必ず何らかのダメージを与えている。
無害ということなどない』と書かれているくらいだ。

一時期、『微量なら健康に良い』と信じられていたのも
まったくの間違いで、『一定値以下なら安全』と信じられていたことも、
間違いだった。
これはようやく最近、世界中で発表されている論文で認められてきたことだ。
更に、1000倍もダメージを少なく見積もってものだから、
0.1mSVだったものが、実質的には 100mSVと同じダメージを加えているのだ。」

これらの核分裂生成物は、化学的にフィルタすることってできるんですか?

S博士
「完全には無理だ。中空糸フィルタやイオン交換樹脂など、
どんなにテクノロジーが進化しようと、完璧なフィルタなど存在しない。
例えば、アルゴン、 クリプトン、キセノン、ラドンなどの希ガスは、
化学的にフィルタすることはできない。
トリチウムなども水分と同じような性質なので、なかなかフィルタできない。
モニタリングは、結局、役割を果たしていないのだ。
自然界はストロンチウム90やヨウ素131をつくらないから、
自然放射能と比べるのはおかしい。
更に、X線などは刺激が短か過ぎる。
だから、安全だと思っていた放出量が、
実はそうではなかったということだ。」

それでも、核実験からの残量放射能が減って来ていて、
今では食物に含まれている値も示していますが。

S博士
「良いかい。基本的に原子力発電所が自ら検出して発表しているデータは
そこまで信用しない方が良い。
電力の生産があがるほど、放射性物質の排出は ぜったいに免れられないのだ。
それに、原子力発電所がどのくらい排出しているかを心配したり論議するよりも、
人間にどのくらい入って来ているのかを検出する方がずっと早いのだ。
私たちの90年代の研究で分かったことは、アメリカで原子力発電所の近くに
住んでいる子供たちの乳歯から検出されたストロンチウム 90は、
かつての核実験の時代と同じくらい高くなってきているということだ。
これは原子力発電所が放射性物質を出し続けている確固たる証拠だ。

このプロ ジェクトもアメリカの政府がデータを公表しなくなったために、
独自で始めたのだ。
ストロンチウム90の値は、すでに胎内で蓄積されていることが分かることと、
ストロンチウム以外の放射性物質も入って来ていることを裏付けるから大事な訳だ。
これらはすべて、いわゆる通常の運転で起きていることだよ。」

それは日本にも言えることですか。

S博士
「繰り返すが、日本の八割はアメリカ製の原子力発電所であるからして、
まず間違いないだろう。
原子力発電所の放射性ガスや放射性物質の粒子は、
日本 の美しい山脈に降り注ぎ、それがきれいな湧き水に混入して、
田んぼや畑、飲み水に入って行ってしまうのだよ。
風がどっちに吹いていようが関係なく、これが いちばん起こりうる被ばくの
方法で、私はこれが日本でがんが急増している要因のひとつだと考えている。

ちなみに、ロレン・モレーが日本で集めた乳歯のサン プルからも
ストロンチウム90が充分なレベル検出されている。
これはどこで産まれたか、どこで育ったかによって大きく異なるし、
もっと大規模な研究が必要 だが、アメリカと同じような状況であると予想される。
小児がんを主に、健康な発育が妨げられる確率が数割は高くなるということだ。
もちろん、放射性物質に よる害は成人にもあてはまることだ。」

そうなんですか。

S博士
「ついでに、もう一つ重大な話をしよう。ストロンチウム90から出来るのが、
イットリウム90だ。これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。
すい臓と いうのは、糖尿をおさえるホルモン、インスリンを分泌しているから、
ここに異常が出ると糖尿病になる。
世界中で、糖尿病が急増しているのは知ってるね。
日本は、すでに人口の割合から言えば、アメリカの二倍もいる。
そのアメリカだって、イギリスより率が高いのだ。

日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がん が12倍にもふくれあがっている。
50年代の終わりにドイツの動物実験で発見されたのが、
ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、
骨から肺、心臓、生殖器などに移動するのだが、
すい臓に最も高い集中見られたのだ。
インスリンがうまく生産されないようになって、血糖値が上がってしまうのだ。
今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。
これで分かっただろう、国際放射線防護委員会(ICRP)は、
当初、放射能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかったのだ。
未熟児、乳児の死亡や、肺、心臓、すい臓、これらの部位への影響は
すべて無視されてき たのだ。」

はい。

S博士
「民間エネルギーの最初の原子力発電所は、ピッツバーグに57年に、
私が15年間勤めたWestinghouse社によって建てられた。
私たちは、 汚い石炭の発電所よりも、安くて、きれいなエネルギーだと
思っていた。
微量の放射性物質が逃げても、大したことないと思っていたのだが、
それは大間違い だった。
これと同じ原子炉が、今でも日本でたくさん稼働している。
70年代にカナダのエイブラム・ペトカウ (Abram Petkau) 博士が発見した、
低レベル放射能によるフリーラジカルの影響を、未だに反映できていないのだ。
フリーラジカルの性質を分かっていなかったのと、放射線量と 人体への影響が
比例的な関係だと勘違いしていたのだ。
低レベルで起きる様々なことは、ヒロシマとナガサキの生存者を調べただけでは、
まったく予期できな かったのは当然のことだ。」

はい。

S博士
「だから、原爆の生存者や、X線のデータによって計算された
国際的な許容量はまったく間違っている。
これは、原子力発電所が大規模に建てられるよ になって、
何十年も後に分かったことだが、誰もその過ちを認めることが出来ずに、
今日まで来てしまった。
その理由の一つとして、すでにウラン鉱山に巨額の投資がされてしまって
いたことがあるだろう。だから、ウランの利益を受けている人たちは
過ちを認めないどころか、それを絶対に隠したいのだ。
ウランは核 分裂以外には役割がないから、それがただの粉末のゴミになる
ことを本気で危惧しているのだ。
世界中の政府や企業、イギリスの皇室などが所有しているウラン は、
原子力発電所が他の燃料で動くようになったら困るのだ。」

日本企業もかなり先行投資していますよね。他の燃料と言いますと?

S博士
「天然ガスだ。天然ガス発電に切り替えれば、
なんと、設備投資の7~8割は無駄にならない。
天然ガスはあと数十年は持つと言われているから、
その間 に自然エネルギーを開発すれば良いのだ。
コロラド州のフォート・セイント・ブレイン (Fort St. Vrain) は、
すでにこの成功例だ。
原子炉だけを閉じて、天然ガス用のボイラーを横につくって、
タービンの建物など、ほかのものはそっくりそのまま使えたのだ。
そ う、原子力はお湯を沸かしているだけだからね。
原子炉の中の水も放射能を持っているために、配管が錆びて出てくる鉄、
マンガン、コバルトなどにも中性子が ぶつかって、普通の元素まで放射性に
なって大気に飛び出てしまうのだよ。これが体内にも必要な物質の場合、
放射性の鉄分だって血液に入ってしまう訳だ。」

原子炉を解体しただけで、その付近は大丈夫なんですか?

S博士
「そうだ。その証拠にコロラド州は、あらゆるがん、小児がんの率が
全米でいちばん低いのだ。
解体すれば、新しい核分裂や放射性ガスを止めれば、燃料 自体は、
まだ残っているが隔離することはできる。それが素晴らしい点だ。
もちろん、完全に廃棄するにはたいへんなコストがかかるよ。
これはもっと大変な問 題だ。だから、原子力産業は、古くなった発電所を
解体する巨額のコストを考えていなくて、将来のコストを少なく見積もり
すぎているのが、大問題だ。でも、 運転を止めることさえすれば、
せめて新しい放射性ガスが発生することは抑えられるのだからね。」

環境的には、それがいちばん良い訳ですね。

S博士
「とりあえずは、だ。その代わり、何万年、何億年と放射能を持つ
核廃棄物をどうするのかを、まだ誰も解決できていない。
何故かというと、長い時間が 経つと、地下に埋めようが、山に埋めようが、
放射線が缶から漏れ始めることが分かっているからだ。
缶が空気中のバクテリアに侵されて行くからだ。
そうすれ ば、今度は地下水が汚染される。」

はい。

S博士
「環境的な問題はそれにとどまらない。
日本のロッカショで起きようとしていることは、
全国の55基分の廃棄物を集めるから、どうがんばっても
大量の放射性物質を大気と海に捨てることになるだろう。
そうすれば魚も死ぬし、近辺の入江に生息する貝や生物が放射性物質を
吸い込んで、人間と同じように免疫力 が低下して行って、
死んでしまうのだ。
60年代に核実験が盛んに行われていた時期も、北大西洋では、魚が激減して、
核実験が終わったあと、一気に元に戻っ た。
決して乱獲のせいなどではなかったのだ。
このことは、今でも世界中の原子力発電所の近くで起きている。
クジラやイルカも、川に流した放射性物質によっ て、
みんな影響されているのだ。」

何度も言いますが、それでも原子力発電所は、海への放出をフィルタして、
ちゃんとモニタしていると言いますが。

S博士
「だから、そんなフィルタがあれば、
固形の廃棄物の心配だけで済むから嬉しいよ。
でも現実的には、一部の放射性物質しか取り除けないことは、
実績で 分かっているのだ。
しかも、事故や人為的ミスの可能性も計算にいれてなくても、この状況だ。
過去には放出しなくて済んだ放射性物質も、大量にあった訳だ。
スリーマイル、チェルノブイリ、
これらは、世界中に多大なるインパクトを与えたのだ。
我々はチェルノブイリが起きた翌年のアメリカでも、統計データと
EPAによるストロンチウム、ヨウ素、セシウムの測定量から、
数万人規模で過剰な死者が出たと考えている。」

そうなんですか。

S博士
「特に日本の場合は、地震国だということを忘れては行けない。
日本の面積にあれだけの原子炉が集中していることと、
ロッカショの再処理工場の最大の 問題点は、さきほど言ったように
全国の燃料棒を集めてプールにいれていることだ。
これらは、本当に強い、本当に高レベルの廃棄物で、なんかの拍子に、
この プールの冷却水にもしものことがあったら、
大惨事では済まないことになるだろう。」

、、、質問を変えます。

なぜ、人間はそのような強い放射性物質を扱うことになったのでしょうか?

S博士
「まず、自然の中で人間が経験してきた放射性物質は、カリウム40だけだ。
これは体内に入っても、骨など、どこにも集中しないし、
放射線量はストロ ンチウム90より多くても、体に蓄積もされないから、
割とかんたんに体から抜けて行くのだ。
地球ができたときに、ウランやたくさんの放射性物質ができたが、
どれもストロンチウム90のようにカルシウムに化けて、
核分裂生成物が体内に蓄積されるようなことはなかった。
一部のアフリカの地下の鉱山の例外をの ぞいて、
核分裂の連鎖反応は自然ではぜったい起きないのだ。」
(註:20億年前に西アフリカにあるガボンのウラン鉱山で
自然核分裂があったとされる)

はい。

S博士
「例えば、普通の水の中にある水素は、宇宙線の影響で
トリチウムになることがある。
トリチウムも、特定の部位で濃縮されない。
人間は、自然放射線の 中で進化してきたが、
これらも体に蓄積はされなかったし、フリーラジカルを長い期間に
わたって体内に取り込むこともなかったのだ。
海の中に微量に存在する ウランも同じことだ。
1938年に人間が核分裂を発見してから、すべてが変わってしまったのだ。」

分かりました。

では、日本は島国ですから、海の汚染についてもう少し詳しく教えてください。

S博士
「海を守ることは、とても大事なトピックだ。
我々が予測できなかったエピソードをもう一つ、教えてあげよう。
昔、科学肥料が海に流れ込んで、藻が異 常発生すると、魚貝類の酸素を
奪ってしまうと疑われていた。
その結果、酸欠になった魚や貝が死んでしまう訳だ。
ミシシッピ川が流れ込むメキシコ湾で藻が大 量発生したときは、窒素、
つまり酸化窒素を含む化学肥料が原因だと思われていた。

でも最近、新たに分かったことは、キセノンやクリプトンなどの放射性ガス
のエネルギーが、大気の酸素と窒素を反応させて、酸化窒素をつくることが
分かったのだ。
雨が海に運んでくる土砂が化学肥料と同じ役割を果たして、
間接的に 魚の酸素を奪ってしまうのだよ。
この容量で、原子力発電所は、酸化窒素だけでなく、
酸素原子が三つくっついたオゾンもつくっている。
つまり、原子力発電所 が藻の激増に繋がっていることも、
誰も予想できなかったことの一例だ。」

そうですね。

S博士「だから、発電所が出す液体廃棄物は、始めは誰もが海は広いし、
とても深いので、人間社会にはまったく影響がないと計算していた。
しかし、先ほどか ら言っているように、
微量だから大丈夫ということは決して有り得ない。
また、Busby氏らの発見が論文で細かく発表されたように、
海に放出した放射性物 質は、必ず波に乗って浜に返ってくる。
イギリス、ウェールズ、スコットランドの原子力発電所付近の砂浜でも、
このことが確認されたのだ。
日本でもきっと同 じことが起きているだろう。
海水で薄まると期待していた放射性物質が、波に運ばれて返って来て、
それが雨にも混ざって、また土の中にも入ってくるのだ。」

それでも、魚からは放射性物質が検出されてないと言われますが。

S博士
「だから、まずそれは安全値がニ、三桁ずれたままだからだよ。
もちろん遠洋の魚の方が、放射線を受ける量が少ないし、
日本は遠洋漁業が多いから、ま だ安全な方かもしれない。
それでも、50年前の安全基準が残っていることが問題だ。
たいていのガイガー・カウンターは分かり易いガンマ線を計っているだけで、
アルファ線やベータ線のことは計れないので、
これにはもっと複雑な機械が必要なのだ。」

そうなんですか。

S博士
「ガイガー・カウンターは、砂浜にたまったガンマ線を読むことはできるが、
魚のアルファ線やベータ線などの正確に計るには、魚の肉や骨をとって、
化学的に調べる必要がある。
これには大変な技術と計算力が必要になるのだよ。
化学的に分離させた液体を、放射線検出用のシンチレーション計数管に
通すのだか ら。つまり、骨にたまるストロンチウム90のように、
いちばん強力で、いちばん厄介な放射性物質ほど、
かんたんな計器では探知できないのだ。」

はあ。

S博士
「分かったかい?原子力発電所ができてから30年後に、
ペトカウ氏が発表して初めて分かったことがあったように、
知らなかったことが多過ぎたのだ。
ひとつの細胞が放射線を受けると、周りの細胞が影響を受ける
『隣人効果 (Neighboring Effect) 』のことも知らなかったし、
いろいろなことだよ。
我々は、世界を壊してしまうような原子爆弾をつくってしまった償いとして、
原子力発電を急ぎすぎたの だ。」

どういうことですか?

S博士
「核分裂が発見されたとき、多くの物理学者は大学の研究室を出て、
マンハッタン・プロジェクトに参加した。
当時はヒットラーが世界的な脅威だったからだ。
ドイツに原爆を渡してはいけない、と。
同じことがイギリス、フランス、ロシアでも起きた。
そのうちに、スターリンが出て来て、今度は冷戦が始まって、
多くの物理学者は核戦争を避けるためにと、
核爆弾の開発に一生を捧げたのだよ。

と同時に、そんな軍事目的に利用されただけで死ぬのは良心が耐えられ
なかったのだろう、アイゼンハワー大統領が提唱した
『平和な核利用』のアイディアに皆が飛びついたんだ。
アイゼンハワーは、『クリーンな原子力』をつくる原 子力発電所を
世界中に売り込もうと躍起になって、
物理学者はそれを喜んでその手助けをした。
ヒロシマとナガサキで起きたことや、人類を滅亡させる核兵器を
つくってしまったことへの罪悪感のためにね。」

とても興味深いです。

でも彼らは、放射能の影響を予知できなかったのですか?

S博士
「そのときは、本当に経験とデータが少なかった。
いろいろな不幸が重なって、今の状況をつくってしまったのだよ。
多くの人は、核爆弾がないと不安で しょうがなかった。
私の孫みたいに、お気に入りの布団がないと眠れないのと一緒でね。
共産主義が世界を食い尽くしてまうのを止めるには、
核爆弾が必要だと 本気で思ってたのだ。
これが核の軍拡の原因であり、それに乗っかって、アイゼンハワーが
きれいなエネルギー政策と称して原子力を勧めたものだから、
誰もが 信じきってしまった。
日本の場合は、国民がたいへん丁寧できれい好きだから、
モクモクと汚い煙が出る発電所と違って原子力は魅力的だったに違いない。」

では、これだけの知識が今あって、
それを知っている専門家も世界中にいると思うんですけど、
根本的なところで変えて行けると思いますか?

S博士
「これが実は難しいのだ。何故かと言うと、
大学の研究室などのリサーチのほとんどは、
政府の補助金で成り立っているからだ。
その政府が、原子力発電 はクリーンだと信じ切っていたものだから、
今になって過ちを認めたくないのだ。
例えば最近でも、コネチカット州の原子力発電所で問題があったのが
分かって いるにも関わらず、微量だから問題ない、と繰り返すだけだ。
EPA(米環境庁)も、原子力産業を守ろうと、必死になっているのだ。
石炭による発電が産むス モッグや水銀と違って、
クリーンなエネルギーだと言う、昔の謳い文句そのままだ。
でも水銀では、爆弾はつくれない。分かるかい。」

それは、今だと強く言われてますよね。
二酸化炭素を排出しないから良いんだと。

S博士
「それはいつの時代も言われてることだが、でも、本当は、
ウラン鉱山の採掘、ウランの運搬、ウランの濃縮、多くのエネルギーを
使って、石炭を使って ウランも濃縮すれば、世界のCO2排出量は、
原子力発電所を増やすことで解決できないことは、誰の目にも明らかだ。
その上に、今知られているウランの埋蔵量もたった数十年でなくなって
しまうことを、誰も気にとめていないようだ。
現在では、石炭が排出するガスを地中に送り返して
岩に変えることによって、 CO2の排出を防ぐ方法も出て来ているのだ。」

石炭が見直されてるのは聞いたことあります。

S博士
「その他にも海洋エネルギーや、地熱エネルギー、風力、太陽、
沢山方法はあるし、水素だけでもさまざまな活用法がある。
これを原子力産業がひた隠し にしているのだ。
ウランに莫大な投資している人たちが、
新しい発電方法の浸透を防いでいるばかりか、
健康への害も隠している。
私が何十年も経験して来たこ とだが、
体質的にモラルを忘れた産業だと言わざるを得ない。」

一般の人へのメッセージとして、
自分の健康を守るには何をおすすめしますか?

S博士
「アメリカでは記録を公表することも止めてしまったので
忘れられてしまっているのだが、原子力発電所付近の農場がつくった牛乳は、
まず飲まない方が 良いだろう。また飲み水は、逆浸透装置を使えば、
ほとんどの重い放射性物質はフィルタすることができる。
本当は行政がやれば良いことなのだが、コストが高 過ぎるのだ。」

それでは、今日はここまでにします。ありがとうございました!

S博士「ありがとう。ほかに質問があれば、何でもきいてくれ。」
   
アーネスト・J・スターングラス博士 (Dr. Ernest J. Sternglass)
1923年、ベルリン産まれ。
14才の時に家族とアメリカへ移住。
若き頃に、既に世界的権威だったアインシュタインと議論を交わし、
科学の志を新たにする。
1960年から1967年 は、ウェスティングハウス社の研究室で
アポロ月面科学ステーションプログラムの局長を務める傍ら、
アメリカの大気圏核実験に反対するようになる。
彼が国会 で発表した研究の成果は、ケネディ大統領が'63年にまとめた
部分的核実験条約(PTBT)の締結に大きく貢献した。
(ケネディはその僅か三ヶ月後に暗殺 されてしまう)
70年代に入って、今度はそれまで安全だと信じていた原子力発電所の
危険も公に問うようになる。
'81年に出版した「Secret Fallout: Low-level Radiation from
Hiroshima to Three Mile Island」 (邦題:赤ん坊を襲う放射能)は、
低レベル放射線研究の代表的な本となった。
1983年よりピッツバーグ医大、放射線医学名誉教授を務める。
過去にスタンフォード大学、インディアナ大学、フランスのアンリ・
ポアンカレ大学、ジョージ・ワシントン大学、コーネル大学で
放射線医学と物理学の教壇に立つ。
1995年より、Radiation and Public Health Project
(放射能と公共健康プロジェクト)局長。
(photo by Leuren Moret, Februray 2006, Japan)



https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/704337386316684

アステルパームの問題が取り上げられるようになり、多くの企業が
早急に違う人工甘味料に切り換えなければ行けない状況に追い込まれる中、
2000年から急激に売り上げを伸ばしている人工甘味料がスクラロースだ。
スクラロースはスプレンダという人工甘味料としても販売されている。

コンビニなどで販売されている商品のほとんどすべての製品に
アスパルテームかスクラロースが入っている。
ダイエットコーラなどはスクラロースのほうが多いだろう。
化学を勉強した人には分子をみれば毒とわかる分子式で、
ひとつの分子式の中に三個の塩素分子が入っている。
塩素は毒性が強いものが多く、炭素と塩素が結び付くと
さらに毒性が増しやすい。
化学では、塩素の分子と炭素(Carbon (C))の分子をくっつけると
オルガノクロライド(Organochloride)という分子になる。
一般的によく知られる違うオルガノクロライドは、ダイオキシン、PCB、
DDT(毒が強く、多くの国で使用を禁止されている農薬)である。
人間が摂取してもよいという許可が下りたオルガノクロライドは、
スクラロースが初めてで、ただ一つである。

スクラロースには、人間が摂取しても安全だというデータが非常に少ない。
妊娠中、お年寄り、子供が摂取して安全だというデータも一切ないが
お構いなしで売られているようだ。
健康な人が摂取しつづけた研究結果も例は少ないようで、
仮にあってもこの組成式で健康だなどという研究があれば、
またまた科学の嘘であると思わざるを得ない代物である。

一部FDAやEUが安全性を喧伝しているようだが、
食の裏について知っている人々はFDAこそが最もヤバいことを知っている。
そもそもスクラロースは砂糖の600倍の甘味であり、
これをヤバいと思えるかうれしいと思えるかで、
その後の健康は大きく枝分かれするだろう。

昨今はコカコーラがトクホとして扱われている。
まさに末期だがもともとトクホなどというものは健康とは何の関係もなく、
金を積めば取得することができる看板に過ぎない。
今のゼロコーラなどの中身はアスパルテームやスクラロースやアセスルファム
カリウムがはいっている。
トクホが健康維持に役立つ食品を指しているなら、
その人工甘味料を毎日欠かさず飲めば健康になると言うことになるが、
実際は病気と死に向かって進んでいる。

食べる物で人格まで変わるとする報告や著書は多数存在するが、
確かに糖分や甘味料は以下のような行動に重要な影響を及ぼすかもしれない。
アメリカのジョーゼフ・ワイドラ博士は、殺人、サディズム、放火、
重大な交通法規違反、手足切断などの残虐行為、暴力的攻撃性など、
犯罪行為が為されたとき、血糖異常の状態にあったことは
全く疑い得ないと報告している。

アメリカの上院栄養特別委員会で証言したリード女史
(オハイオ州地裁首席保護観察官)は、自ら取り扱った106人の犯罪者を
調査し、これらにも血糖異常(多くは低血糖)が多かったことを報告している。



https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/704336592983430

以下は「まだ、肉を食べているのですか」 
ハワード・E・ライマン&グレン・マーザー著からの要約抜粋。
何度も書いているように私は肉食は否定しません。
しかし今の肉は相当ヤバいですよ♪。

もしあなたがアメリカ人で肉食主義者(ミート・イーター)であれば、
次のことを知る権利がある。
それは、あなたが食べたほとんどの牛に共通する真実で、
つまりあなたが食べている牛も「肉を食べている」ということだ。
牛が屠殺されると、その重量の半分は食用にはならない。
つまり腸や内容物、頭部、ひづめ、そして角などで、
骨や血も「食べられない」。
そこでこれらは、「レンダリング・プラント」(動物性脂肪精製工場)
というところに運ばれる。
そして巨大攪拌機(かくはんき)に投げ込まれる。ついでに言うと、
「病気で死んだ牛は丸ごと放り込まれる」。

このレンダリング・ビジネスは、
今や年間24億ドル強という売り上げの巨大産業となっている。
そこでは年に400ポンドもの動物の死体を処理している。
ひどい病気に罹った動物や癌になった動物、腐りかけた死体などの
すべてが攪拌機に投げ込まれる。

農場で死んだ家畜以外にも、動物保護施設で安楽死させたペットたちが、
毎年600万から700万頭もの犬や猫たちがここに運び込まれる。
ロサンゼルス市だけでも毎月、約200トンもの犬や猫の死体の山が
レンダリング工場に送られている。
それらには動物管理局に捕獲されたノラ犬やノラ猫、
そして車で撥ねられた死体も入っている。

この「混合物」はレンダリング工場でミンチに刻まれ、
高温蒸気で「調理」される。
そして、軽い脂肪分が表面に浮いてくる。
それらは化粧品や潤滑油、石鹸、ろうそく、そしてワックスの
原料などに精製される。
それ以外のより重いたんぱく質の原料などは、乾燥され、
茶色の「肉骨粉」に加工される。
そしてその約4分の1は、糞便である。

その「肉骨粉」は家畜の飼料と同様に、
ほとんどのペットフードの増量材として使用される。
これが、農家で「濃縮たんぱく」と呼んでいるものだ。

1995年だけで屠殺場から約500トンもの、
「食べられない」残り物が出ており、それらがこうして処理され、
全米の動物たちの飼料として売られていく。
私もかつて、そんな「エサ」を何トンも家畜のために買ってきた。
しかし、「牛」を「牛」に食わせていたとは夢にも思わなかった
1997年8月にBSE、いわゆる狂牛病への不安が巻き起こった。
これに対して米食品医薬品局は新しい規制を作り、
牛などの反芻(はんすう)動物のタンパク質を、
反芻動物に与えることを禁止した。

しかしこの規制は形だけであったので、
牛たちは今もミンチになった馬や犬、猫、豚、鶏
それに七面鳥などの死体を食べている。
それだけではなく、牛の死体から選別された
血液成分や糞便まで食べているのだ。

たとえばアーカンサス州の平均的な農場では、
毎年50トン以上の鶏の糞便を牛にエサとして食べさせている。
その農民たちはこう釈明する。
「鶏の糞がなかったら、俺らの飼っている牛の半分は売るしかないさ。
他のエサは高すぎて買えないんだ。」 

もしあなたが肉が大好きな「ミート・イーター」なら、
これらの糞便が、あなたの食べ物の「食べ物」であることを
しっかり覚えておいてほしい。
アメリカで生産されるほとんどの肉が、
ダイオキシンなどの発ガン物質で汚染されている。
これは除草剤の一つで米軍が枯葉剤としてベトナム戦争時に用いた
エージェント・オレンジに近い化学構造を持つ。
さらにDDTがある。
これは25年以上も前に、国内では禁止された悪名高い農薬だ。
しかも未だに地中に残留している。困ったことにこの化学物質は
なかなか還元されず、この先数千年にわたり残り続けると言われている。

しかも家畜用穀物は、人間用に比べ、
びっくりするほど高濃度の農薬残留が許可されている。
アメリカで消費される農薬の約80%は、
たった4つの穀物をターゲットにしており、
それが とうもろこし、大豆、綿花、そして小麦だ。
つまりこれらは家畜に与える主要穀物である。

そして家畜だけでなく他の動物は、農薬など他の毒性物質にまみれた
エサを摂取するたびに、それらを脂肪に蓄積させる。
だから家畜が、ほかの動物たちの肉から作られたエサを食べると
どうなるかというと、家畜が最大レベルの発ガン物質をたっぷり濃縮して
脂肪に蓄え、それを我々が食べることになる。
つまりたっぷり濃縮された発ガン物質が戻ってくることになる。
ある面、これで「おあいこ」なのだ。

1975年に「環境の質に関する評議会」は次のように報告した。
「人間が摂取したDDTの95%は、酪農製品と肉製品に由来する。」 
もちろん我々の環境の中には数多くの発ガン物質が存在する。
その発がん性物質が癌を発生させ、それが人を殺すほど成長するまでに
10年、20年、あるいは30年の年月がかかる。
だから癌の原因物質を科学的に特定することはできない。
しかし今世紀、人類の人口に占める癌発生率は天井知らずに
爆発的に増え続けているのだ。

<転載終了>





小渕⇒宮沢へのバッシングは、

欧米による⇒福島原発のまともな処理が

出来ない経済産業省への警告か!?




埋め込み画像への固定リンク


閣僚2人同日辞任で逆風の安倍政権、市場に増税延期の思惑も

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0I90B120141020

[東京 20日 ロイター]

- 小渕優子経済産業相と松島みどり法相が20日、

相次いで辞任する異例の事態となり、

第2次安倍晋三改造内閣は発足以来の「逆風」に直面している。

女性活躍を掲げて起用した2閣僚の辞任を受けて安倍首相は

「国民に深くおわびする」と陳謝し、任命責任を認めた。

今後の政権浮揚をにらみ、市場の一部では、

早くも消費再増税延期の思惑も浮上している。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




団扇+ネギに続き今度はSMバー。

ドミノ式不祥事は安倍つぶし?

本命⇒「ODA規制緩和で外国軍支援が可能に」

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20141023-OYT1T50050.html?from=ycont_top_txt


  ↑

管理人:私は少し違うと思います。

小渕さんと松島さんの不祥事が発覚し、

野党や世論からも叩かれて、既に、

安倍改造内閣は大きな打撃を受けています。

ところが、小渕経産相の後任についた宮沢新経産相が、

就任直後にSMバー騒動が巻き起こりました。

これもかなりの痛手な訳でして、安倍政権が、たかだか、

ODA大綱の原案を示すくらいの為に、仕掛けたと

考えるのは、あまりにも短絡的過ぎます。

大きな痛手と引き換えにしてまでやるとは到底思えません。

へたすると、安倍政権そのものが持ちませんから。

就任直後に、いきなり、このようなスキャンダルが出て来たこと

の意味は、もうかなり前から、ほとんどの政治家のスキャンダル

情報を持っていた情報組織が動いたことの証拠になります。

在日CIAにしても、決して一枚岩ではありませんし、

内部の米国派ではなく、欧州派が関与した可能性を疑います。
安倍政権は、米国の操り人形の如く大活躍していますから、

CIA米国派では無い可能性が高いのではないかと思います。

事実、今回の宮沢新経産相のスキャンダルを大々的に

報じているのは、タイムやロイターといった欧州メディア・・・

もっと言えば、ロスチャイルド系列です。

随分と派手に報道しているようです。

以下は、英国BBC。


宮沢大臣「政治活動費でセックス・クラブへ」

「ステージでは下着姿の女性がロープで縛られ…」

 http://www.bbc.com/news/world-asia-29735264

埋め込み画像への固定リンク



管理人


日本は今や、世界から迷惑がられている存在です。

ロシアも福島原発沖の水質調査に海洋船を派遣しています。

膨大な量の汚染水を垂れ流し状態です。

これが、世界的に問題にならない訳がありません。

asrltd.com/japan/plume.php


埋め込み画像への固定リンク

早い話、日本の原発事故対応がまるでなっていない。

世界は、かなり怒っている訳です。

原発事故対応がまるでなっていない理由の根本原因は、

原発利権を護ることを最優先しているからです。

その総本山は、まさに、経済産業省な訳です。

もはや、安倍政権どうこうより、日本に対して怒っており、

更に、その矛先は、一番の当事者=経済産業省に

向けられているのではないかと私なりに考えているところです。

以前なら、米国が、そういった雑音をある程度、

抑えていたりもしていた訳ですが、

しかし、その米国も凋落が激しいこともあり、

影響力は、かなり低下しています。

米国の勇であり、かつては世界に君臨していたデヴィッド・

ロックフェラーも歳には逆らえず、彼の命も、今や、風前の灯。

彼の息子は、今年、航空機事故に見せかけられて、

暗殺までされているようですし、世界的な視野で見れば、

世界は大きな変化をしつつあるようです。

世界を同時不況に追いやったリーマンショック。

あのイカサマ詐欺事件から、米国は世界から

恨みを買われ、立場は悪くなる一方です。

銀行や金融関係者の不審死が、世界で続発しているようです。

日本に、まともな原発事故処理は無理と見放されたら、

経済産業省への攻撃に止まらず、日本そのものが

大変危険な状況を迎えることになるのではないかと

私は大変心配しています。

欧州と米国との話し合いで、米軍が軍事行動を執るといった

悪夢のシナリオも、まんざら架空の話ばかりとは

言えなくなるかもしれません。

今現在は、皆さん、ご存知の通り、

その為の環境整備と思われるような

出来事やバッシングが、あちこちで起こっています。

世界では、原発事故からなる、大気汚染や海洋汚染に

対して、極めて厳しい目が注がれており、いつか、それが

爆発しても決しておかしくない状況下にあります。

その事に気づいてないのは、世界の中で、

脳天気な日本国民だけかもしれません。

今は、まさに、そういった冷たい静けさに日本は覆われています。

ネットでさえも、その事を指摘する人は少ないのが現実です。

今後、国連の動きには十分に注意する必要がありそうです。





 Syntax @SyntaxUGS 

ただ、言葉通り受け取ってアニー・ガンダーセンの言う期間

ずっと汚染水を出されると、アメリカ西海岸が数百年に渡って

ダメになってしまう。

だからおそらく、アメリカの管理下に置いて何らかの対処を

すべきだという意図だと思う。

つまり、日本に対する武力行使も頭に置いといた方がいい。

2011年3月16日、

イギリス政府が東京からの緊急退避勧告を出した。

その時のザ・サンの記事。

大見出しが、「東京から逃げろ!今すぐに!」

記事も4行しかなかった。

逃げろしか書いてない






埋め込み画像への固定リンク






格調ある優良覚醒サイト・THINKERが崩壊!

    ~クラッシュプログラム



THINKER

「日本人が知らないニッポン」 

-隠されてきた歴史から読み解く世界の成り立ち-

http://thinker-japan.com/thinkwar.html/

管理人

久し振りに訪問して見ると、かつての面影は今は無く

文字だけが寂しく残されていました。

ここのサイトは、格調も高く優良サイトとして、多くの人の

信用を得ていました。

一度は目にされた方も多いと思います。

特に、このサイトの関連画像は特筆もので、

極めて秀逸なものが多かった記憶があります。

残念ながら、それらは全てリンク切れか削除されたのかは

分かりませんが、今は全て剥げ落ちてしまっています。

残念ですね・・・

THINKERさん、あなたもですかって感じです。

実は、昨日の記事の件で、これ ↓

日本を東西分割するCIA最新シナリオ!

~数年内にアメリカが東京政府に対して軍事行動!?

今日、調べものをしていて偶然に見つけました。

日本が、国連の信託統治下に置かれる可能性について、

このTHINKERさんも記事にしていました。

この話は、何も今に始まった話ではなく、かなり以前から、

噂されたものでした。

その話に、311からなる放射能汚染によって新たに、

新バージョンとして出て来たのが、日本の東西分割シナリオ

と理解すれば、そんなに不自然な話でも何でも無い訳です。

そのような歴史をご存知無い方は、猪突に感じて、

驚かれたと思いますが、どうか冷静に見て欲しいと思います。

以下は、THINKERさんの記事より転載します。

以下転載開始 一部のみ抜粋

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─



クラッシュプログラムとは 


アメリカが外国からの多額の借金を帳消しにするために

ドルの価値を暴落させる経済テロ計画




迫りくる本格的な金融崩壊のなかで、最も注意しておくものに

アメリカの「ドルの崩壊」があります。

何の裏づけもなく、無尽蔵にドル札を刷ってきたアメリカは

国家破綻寸前です。



そして、日本はそのアメリカから

国債を800兆円ほど購入しています。

つまり、アメリカは日本に800兆円あまりの借金があるのです。

この多額の借金から逃げるためにアメリカは、ドルの価値を

10分の一ほどに暴落させ、帳消しにしてしまうという計画を

持っています。



これが「クラッシュプログラム」。

文字通り「ドル崩壊計画」です。



しかし、これはイラン戦争などを誘発して、石油価格を暴騰させた後、

その結果、自然に起きた物価上昇対策として仕方なく行われる政策

のように演出される可能性も大きいため、

注意して世界情勢をみておく必要があります。

また、ドル崩壊後の準備として、アメリカ政府内では、

すでに新通貨が作られているという情報があります。



               ドル崩壊のきざし

             



                   日本人が知らないニッポン


上の写真、これは「アメロ」と呼ばれる通貨です。

この画像は、2008年に元・FBIエージェントであり、

現在はインターネット放送局をもつハル・ターナーという人物に

よって、インターネット上で公開されました。


彼によれば、これはアメリカ政府が裏で中国に送金したとされる

8000億アメロの中の一部であり、この通貨が、ドル崩壊後の

新通貨として使用される可能性があるとのことです。



彼は、「アメリカ政府は近いうち、現在のドルを10分の一の価値に

暴落させるだろう」と言っています。



このアメロの存在については、北米連合の統一通貨になる可能性

のあるものとして、米大手テレビ局のニュースでも報道されました。

(※上記写真のアメロ通貨の画像については、偽作であるという

情報 もインターネット上にあるため、真偽のほどは不明です。

北アメリカの共通通貨が画策されているということが話のポイントです。

追記:2010年8月7日)



実際にドル崩壊後の新通貨として、このアメロが使用されるか、

不明ですが、明確にいえることは、

「ドル崩壊」が差し迫っていること。

これは多くの経済予測の専門家が指摘するところであり、

必ず起こるとみて間違いないようです。



そこで次は、「ドル崩壊」がもし起きたら・・・・・・。

そんなことが起きるとは信じたくないですが、

万が一のことを知っておくことは大切です。



その後に続く最悪のシナリオを想定してみました。



迫りくる金融崩壊・最悪のシナリオ



ドル崩壊右矢印 日本が破産右矢印 IMF介入右矢印 預金封鎖

右矢印 ライフラインも支配下に



アメリカによるクラッシュプログラムでドルが崩壊すると、

日本の800兆円を超える米国債の価値も暴落します。

また、円の価値も連動して暴落し、国家財政が急激に落ち込み、

日本経済が破綻する可能性が濃厚です。


そして、国家が破産すると、

国連の機関であるIMF(国際通貨基金)が介入してきます。

つまり、破産した国家に手を差し伸べるという形で、

高い金利の付いた融資が行われるのです。

その結果、IMFに介入された国家の経済は、

再建がさらに難しくなる立場に追い込まれます。


現実に、日本は過去にも2度、国家破産しています。

明治後期から大正にかけての第1期と大戦中の第2期です。

ここで、国家が破産したらどのような事態が起きるのかを

過去の例から予測してみます。



昭和21年の「金融緊急措置令」が実施されたときには、



・預金封鎖(生活費・会社の事業費以外の銀行預金の払出し禁止)

・手持ちの財産を一定額以上は銀行に強制預金させられる

(財産の取り上げ)

・財産税の創設(財産に高率の税金が課せられる)

・国債は紙切れに・・・・・・


さらに、郵便貯金は10年間の引出し禁止、

実質戻ってこなかったということがありました。


そして、アメリカ政府内では、日本の国家破産時の対応に関して、

「日本経済再建計画」を始めとする報告書がいくつも書かれています。


中でも注目すべきは、「ネバダ・レポート」と呼ばれる
IMF(国際通貨基金)の破産処理計画です。


2002年の国会では、民主党の五十嵐文彦議員が、

この「ネバダ・レポート」について触れています。



その内容は、



① 公務員の総数の30%カットおよび給料の30%カット。

  ボーナスはすべてカット。

② 公務員の退職金は100%すべてカット。

③ 年金は一律30%カット。

④ 国債の利払いは5~10年間停止=事実上無価値にする。

⑤ 消費税を15%引き上げて20%へ。

⑥ 課税最低限度の年収100万円まで引き下げる。

⑦ 資産税を導入する。不動産は公示価格の5%を課税。

  債券・社債は5~15%の課税。

  株式は取得金額の1%を課税。


⑧ 預金は一律、ペイオフを実施するとともに、

  第2段階は預金額の30~40%を財産税として没収する。



このように日本の国家破産後のシナリオはすでに用意されているのです。



ちょうど、原爆が投下される前から国連創設のシナリオが

用意されていたように・・・・・・。



<引用終わり>

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─





管理人


昨日の私の記事の中で、

正直な印象として、数年内にアメリカが東京政府に対して

軍事行動をとると思う。

この可能性は、今のところ低いと思いますが、

しかし、潜在的な脅迫としては、今日まで、

ずっと存在していたと認識しています。

脅迫の中身は「金」を貢げという意味と、軍事関連の兵器を

もっと購入しろ、更に、米軍の肩代わりをしろといったところ

ではないでしょうか。

昨日の私の記事の信憑性を問う人もおられましたが、

それ以前に、言う事を聞かなければ軍事行動も辞さないと

いった潜在的脅迫が常にあるという裏の世界の現実を

まず知らなければ、話になりません。

現実に、歴代の総理や大臣が暗殺されている事実は、

それを裏付けるものとなりましょう。

それと、THINKERさんは、かなりの調査の結果、

累積米国債保有額を800兆円と結論を出しています。

もう4~5年も前の話ですから、これがもし事実なら、

今現在は、900兆円を超えて1000兆円に近いくらいの

金額になっている可能性があります。

今現在の額面上の米国債保有額は、中国に次いで

2番目の100兆円とされている訳ですが、実質、

額面7000兆円の3倍は債務があると云われて、

実質破綻している米国が、植民地であるところの日本に

きちんと償還していると考えるほうが馬鹿げています。

亀井静香議員は、200兆円あると言っていますが、

恐らく、事実を言っていないので、暗殺されないで済んでいる

のではないかと、私は思っています。

戦後、何十年間も貢ぎ続けている訳ですから、

1000兆円近くあっても何等、不思議ではありません。

植民地支配されている悲哀がここにあります。

米国債の隠された闇は、底なし沼の如く深いと知るべきです。

『400兆円アリガトウ』、とブッシュは小泉に御礼を言った !

http://ameblo.jp/64152966/entry-11021689630.html

以上のような予備知識を持って、昨日の私の記事を

ご覧になると、また違ったものに見えて来るはずです。

昨日の私の記事 ↓

http://ameblo.jp/64152966/entry-11942296353.html



関連記事  ↓ 必見


もみじ

日本は、テロ攻撃を受け続けている!~まさに戦時下!

http://ameblo.jp/64152966/entry-11232911544.html


      

白井まり子 さん(26)

 大阪府豊中市。日本航空大阪支店。

フライト時刻表の余白に、24字。

恐い
恐い
恐い
助けて
気もちが悪い
死にたくない
まり子





   


日本を東西分割するCIA最新シナリオ!

~数年内にアメリカが東京政府に対して軍事行動!?




以下のツイッターサイトより


https://twitter.com/SyntaxUGS


 Syntax @SyntaxUGS · 7時間前

これちょっとキツいけど、CIAの各国データ。

既に日本の項目が一部書き変わってる。

天皇に関する記述が全削除で、徳川幕府から日本開始。

つまり日本の東西分割を前提に書き換えたんだと思う。

天皇は西の国家元首だから東は徳川がスタート。

https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ja.html

Central Intelligence Agency




Syntax @SyntaxUGS · 10月19日

正直な印象として、数年内にアメリカが東京政府に対して

軍事行動をとると思う。

そんな論調のメディアや世論が非常に多い。

だから、他の地域の人は東京とは関係ありませんという形で、

東京は日本とは別の国として切り離しといた方がいい。

でないとみんな巻き込まれる。



Syntax @SyntaxUGS · 10月16日

国連が発表してる汚染状況のデータ。

世界遺産に近い群馬県高崎市で

2011年3月15日からデータをとりはじめてる。

関東周辺の被曝は3月20日がピークだったみたい。

関東全域に膨大な量の放射性物質が飛んでる。

3,4号炉の分が関東直撃。






Syntax @SyntaxUGS · 6時間前

チェルノブイリ原発の事故は1986年4月26日。

ソ連崩壊は1991年12月25日。ピッタリ5年と8か月。

官僚の情報隠蔽が崩壊の決め手となった。

2011年3月11日から5年8か月後は2016年11月。

あとちょうど2年。

まぁわかりやすく呟いとくと、

「東日本の人ははやくそこに住むの諦めなさい。

関東全域より東は高度に放射能汚染されています。

東日本は全員が被曝者です。

既に確実なデータが出そろっています。

日本の外はそれを前提に動いています。」

BBCももう、大阪を東京と並んでキャピタル扱いで紹介してるから。

あのアメリカと同じくらい強大だったソ連でも、

メルトダウン1発で崩壊した。

日本はメルトダウンを一気に3発。客観的に見てムリ。

いつになるかは日本国内の気分だけの話。



Syntax @SyntaxUGS · 5時間前

SPEEDIの予測結果も一部不自然なのは明白。

なぜか放射性雲が皇居の寸前でUターン。ありえませんね。










埋め込み画像への固定リンク

核実験を200回以上やってるフランス政府のほぼ同じシステム

での試算では ↓ 伊豆半島まで飛んでます。


埋め込み画像への固定リンク




Syntax @SyntaxUGS · 10月19日

チェルノブイリの汚染マップ。

これが確定したのが事故から14年後の2000年だから、

福島のもまだまだこれから。

ただし、250km圏内は最初の数年の段階で

ほぼ全滅が判明してた。

福島の場合だと250kmは東京都全域・横浜・青森。





埋め込み画像への固定リンク



Syntax @SyntaxUGS · 10月17日

埼玉でも甲状腺ガンの診断が出たみたいね。

フェイスブックで騒いでる。

放射能疾病は被曝5年後から一気に増え始めて15~20年後がピーク。

日本だと被曝以外の原因で診断書を出したりするけど、

甲状腺の異常は放射能疾病でしか出ない病気

だから大きく扱われる。

別の原因にするのは事実隠蔽。



Syntax @SyntaxUGS · 10月16日

東京オリンピック関係の画像1

オリンピック招致でハメられたのがよくわかると思う。

最低でも2020年までは東京=放射能イメージが世界中に蔓延する。


埋め込み画像への固定リンク


オリンピックなんてたった2週間しかやらないし、

そのためだけに何年もこんだけ世界中に悪評を流され続ける。



埋め込み画像への固定リンク


オリンピックに関しては完全にハメられたね。

東京の人、そういう部分で知能水準低すぎ。

埋め込み画像への固定リンク


東京オリンピックは開催にこぎつけても、

途中で辞退してもどっちでも蛇の道。

・開催する場合→数年間放射能と言われ続けた揚句、

終了後に選手が被曝で東京政府を提訴。

・辞退の場合→オリンピック開催不可能なほどの

放射能汚染が世界中に報じられる



Syntax @SyntaxUGS · 10月18日

やっぱ前の台風の時、福島でなんかやらかしてたんだな。

記録的な放射線量が観測されたらしい。

1時間弱だけだったけど、目黒あたりでも

10μシーベルト毎時越えてたもんなw





もみじ


管理人


このツイッターの管理人は、かなりクールな方とお見受けしました。

ただ、汚染に関しては、日本よりも寧ろ、正確な情報を元に

していると思います。

職業柄、海外情報に精通しているようですが、

しかし、それにしても、CIA情報まで引用しているところを見ると、

もしかしたら、フリーメーソンの関係の方かもしれないと・・・

そのように感じられました。

このCIA情報は、我々が知っておくべきと考え、記事にしました。

彼等のシナリオともいうべき計画は、

当然、知っておくに越したことはありません。

このサイトのツイートを眺めていて、ふと感じたのは、

オバマ大統領の日本に対するあまりの冷淡さの理由の一端が

分かったような気がしました。

日本は今後、終了させられる予定の国であるようです。

だから、冷淡に扱われ、全く大切にされないのです。

今後、米国は、日本に対して何をやって来るのか・・・

国連の信託統治下に置かれる???

いずれにしても、極めて重大な関心を持つべきだと思います。

我々には、我々なりに護るべきものがあるのです。

彼等のやりたい放題のことをやらせる訳にはいきません。

しかし、その為には、我々はあまりにも力不足です。

みんなが力を合わせなければ、どうにもならない。

霞ヶ関の中の、まだ愛国心が残っている一部の人にも訴えたい。

どうか、我々に、是非、力を貸して欲しい。

どういう立場にいようと、究極的には、我々は一蓮托生なのだから。

NWOや米国にとって、我々日本人は全て目障りな黄色いサルでしかない。

我々の郷土と、そして、子供達の命を何としても護りたい。

もう、狭い日本の島国の中で、いがみあっている場合では無いのです。




【第二回】

動物愛護寄付金・詐欺ビジネスの深い闇

~ある動物愛護団体シェルターの内情!



【第一回】
多くのカルトが人の良心を食い物にする
    動物愛護寄付金ビジネスの闇とは!?

http://ameblo.jp/64152966/entry-11928683214.html

~ 【第二回】 続報です ↓ 。

               


世界各国、弱者(障がい者や老人など)を使ったビジネスは存在するが、

ニセ動物愛護のビジネスがこれほどまでにまかり通り、悪者にとって

おいしい国はないだろうと思わざるを得ないほど日本全国、各地で

堂々と行われている。


前回の私の記事を読んだ人の感想で気になったのが

「どこの団体を信じたらいいのかわからない」という言葉だった。

私にとって「信じる」というのは、相手の言葉を鵜呑みにし、

どこか盲目的で依存しているように感じる。

そして、そういう人に限って真実が明らかになったとき、

「騙された!」、「裏切られた!」と大騒ぎするのではなかろうか。

たとえば、霊感商法などで高い商品を買わされたとしても

「自己責任」と言える範ちゅうではないかと思う。

なぜなら被害に遭うのは自分自身だけだが、

ニセ動物愛護を誤って支援した場合、オーナーの懐を温めるだけ

ならまだしも、シェルターに閉じ込められたまま、毎日同じフードと

水だけを与えられるだけの生き地獄を、動物に強いる支援をしている

のと同じことなのだから、それとこれとは大きく異なる。

フェイスブックは彼らにとって最高のビジネスツールではないかと思う。

人は自分にとって都合の良い言葉しか耳に入らない。

つらく厳しい現実からは目を背けたくなる弱い生き物だ。

「奇跡」「運命」「感動」このような一見、優しい言葉に人々が群がる。

だが、ほんとうに現場で活動している人間から言わせれば、

毎日が戦いのようなもの。

動物の世話はもちろんのこと、動物を安易に捨てた飼い主への

憎しみ、救っても救っても終わりのないレスキュー。

そんなに生易しい言葉で片付けられないのが現実なのだ。

彼らは耳障りの良い言葉を並べ立て、集客する。

そして「いいね」や「シェア」でその記事は自動的に、

そして爆発的にたくさんの人々の目に触れ、またたく間に

更なる膨大な数のファンを獲得することができる。

このようにフェイスブックは悪者にとって素晴らしいシステムが

構築されている。彼らの笑いは止まらないだろう。
しかし、ここで私は声を大にして言いたい。

『友だちやイイネの数が多いからといって、

その人が信用に足る人格者とは限らない』

彼らは人の心を掴む、言葉を操るプロだ。

そして、集まった支援者がまるで教祖様といわんばかりにあがめ、

まるでそのさまは宗教団体と変わりない。

特にフェイスブックのページを賑わせている団体は、

逆に要注意と心得よう。


考えてみてほしい。だいたい、30~50頭、またはシェルターを

抱えていたらもっと多数の動物の世話を真面目にしていたら、

丸1日、世話にかかりっきりになるだろう。

ご自分の飼っている犬の世話にかかる時間と照らし合わせて

考えれば一目瞭然。

それだけの動物の数を抱えていながら、毎日毎日、代表が

フェイスブックに張り付いていられるわけがないのだ。

盲目的に彼らを「信じ」、自分の体や時間を使わずに、

お金だけを寄付するのは実は一番ラクをして自己満足や

自己達成感を感じられる行為であり、そのエゴイズムこそが、

金の亡者となる巨大モンスターを育てあげている一因だという

ことに、早く気付いて頂きたい。

インターネット上で名を馳せている、遠くの得体の知れぬ団体を

支援するのではなく、「世界平和は家族から」という言葉がある

ように、まずは自分の住んでいる地域や地元に目を向けてほしい。

日本全国各地の人がそれを実行するだけで、

状況は一変するはずなのだ。

地元の人付きあいが煩わしく感じる人もおられるだろうが、

地震や台風などの災害がいつ起こるかもしれない今日、

動物のことだけでなく人間同士が助け合う心を

311で学んだのではなかったのか。

インターネットなぞしている時間も精神的余裕もない、

もちろん自腹を切って避妊や去勢手術を行い、毎日猫にエサを

与えているボランティアが公園にいるはずだ。

まずはそういった人との、直接的なコミュニケーションを

大事にしてほしい。

猫ではなく犬の支援をしたければ、地元の譲渡会の見学をし、

小さなことでも手伝おう。

そうすれば、その団体の実像がつかめてくるだろう。

「あの人がこう言ったから」と人のせいにせず、

ネットの情報を鵜呑みにせず、面倒くさがらずに、

直接、自分の目と耳で確かめるのだ。
犬の散歩をしている人とすれ違うときに、

自分も犬を連れていたら挨拶をするだけでもいい。

まずは顔見知りになることだ。

地元住民と助け合い、信頼関係を築くことは

自分にも、相手にとっても救いになるだろう。

そうすることで、動物や子どもへの虐待、動物の遺棄が

減らせる可能性もある。

動物愛護だけでなく、現代の社会問題の背景は現実社会に

おける人間関係の希薄さ、「自分さえよければいい」という

身勝手で他人に無関心な社会が生み出した結果だ。

そして、そのしわ寄せは子どもやお年寄り、障がい者などの弱者、

そして動物がこうむるのだ。

インターネットで愛護団体の情報を収集することに血まなこに

なっている時間を削り、現実世界であなたと関わる周囲の人、

飼っている動物に目を向けてやってほしい。

あなたがパソコンに夢中になっている間、動物はあなたが触れて、

声をかけてくれるのをずっと待っているはずだ。

自分と生活を共にしている動物を大事にすることこそが、

動物愛護の基本中の基本なのではないのだろうか。



・・・・・ 以上 ・・・・・

もみじ  必見 ↓

ある動物愛護団体シェルターの内情

http://www.vets.ne.jp/~muku/aigo/

佐藤龍一さんのツイートより

https://twitter.com/RyuichiSato/status/521326657563402241

ペット先進国・ドイツ 犬の殺処分ゼロが実現できる理由 (女性自身)  

動物保護法で動物の殺処分が禁じられている。

一部を除き、生体販売は法律で禁じられている。

犬税がある。犬の法律がある。

動物保護アドバイザーがいる、など。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Shinya Watanabe 渡辺真也 さんのツイートより 2014年10月10日

https://twitter.com/curatorshinya/status/520693255466262528

マララ女史をプロモーションした広告代理店が

イスラエルとサウジを支援していることを知っていて損は無い。

Jewish-Owned PR Firm Working for Saudi Arabia | FrontPage Magazine





Shinya Watanabe 渡辺真也 さんのツイートより 2014年10月12日

https://twitter.com/curatorshinya/status/521426673884217345

マララ女史の国連スピーチを書いたのは、

どうやら広告代理店EdelmanのJamie Lundie氏のようだ。

平和へのアピールに広告代理店が絡むのは、

本当に仕方の無いことなのだろうか?

私はどうしても、こういうやり方が好きになれない。





マララ基金(Malala Fund)






たまごのきみ @tamagonokimi201 さんのツイートより  10月19日


エボラは嘘であり、赤十字に注射をされた者だけが病気に なっている 

10月16日 ナナ・クワミ記:

西側の世界はここ西アフリカで起きていることを知る必要 があります。

彼らは嘘つきです!!!

エボラウイルスは存在せず、流行もしていません。




管理人


世界には、人の善意を巧みに利用して、

多額のお金を集金する組織があります。

そのほとんどが、怪しい組織であると断言しておきます。

そして、そのようにして世界から集まったお金を

運用する、また別の組織も存在しています。

一見、別々の組織のように思うかもしれませんが、

深層ではつながっていると考えるべきです。

集金されたお金で、人道支援と称して、

怪しいワクチンが、アフリカなどで使われます。

エイズウィルス入りのワクチンだったり・・・

エボラ入りのワクチンだったりします。

http://ameblo.jp/64152966/entry-11909232749.html

アメリカでは、インフルエンザ予防注射をした人を中心に、

爆発的にインフルが拡がったのは周知の事実。

お金儲けをしながら、人口削減を図ろうとしている連中の

存在は、もう既に、多くの人の知るところとなっています。

我が国、日本では、そのような恐ろしいワクチンを

義務化しようという馬鹿な動きもあります。

脅されているにしても、あまりにもお粗末な政治家や官僚たち。

我が国では、売国奴しか・・・

上の地位に上がれない仕組みになっているようです。

そして、子羊の群れのような日本国民は、

そのような顔が売れた連中を尊敬したてまつるのである。

これにて、日本終了とあいなるお粗末な現実。

今回の動物愛護寄付金・詐欺ビジネスは、

そういった世界の巨大組織の末端の組織が関与している

かもしれないので、十分な注意が必要である。

彼らは、そういった集金システムのノウハウを知り尽くしている

ので、人の良い日本人は簡単に騙されてしまう。

多くの場合、宗教カルトが絡んでいることが非常に多い。