バイク処分の方法について詳しく解説します。

 

 

対応エリア

東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・茨城県・栃木県・群馬県・福島県

 

 

バイク処分方法

費用無料の捨て方と原付~大型の廃車手続きも

 

バイクの処分方法はもちろん廃車手続きなど詳しく解説しています。

間違った方法で処分してしまうと、法律違反になる可能性もあります。

この記事では、正しいバイクの処分方法や処分費用無料を紹介していきます。

バイクの場合は、処分する前にナンバーを返納する廃車手続きを行わなければなりません。

原付・軽二輪自動車・小型二輪自動車などバイクの大きさによって管轄している機関も異なるのでそのあたりも詳しく解説しています。

 

 

 

 

 

 

 

壊れてしまったバイクや乗らなくなったバイクをどう処分するかは大きな悩みだと思います。

実際、何年も放置してしまっている人もいるのではないでしょうか。

不要になったバイクの処分方法は、法律でバイクの大きさによって決められていますので、

法律に則った方法で処分しないと法律違反となってしまいます。

この記事では、バイクの廃車手続きや処分方法についてまとめていきます。

 

 

 

バイク処分の流れについて

バイクを処分するには、大きく分けて2つのアクションが必要です。

  • ナンバーを返納する廃車手続き
  • 車体を処分する

それぞれについて詳しく説明していきます。

 

処分する前の廃車手続き

 

 

 

 

「廃車手続き」とはバイクを捨てたり壊したりするということではなく、簡単にいうとバイクについているナンバープレートを返納するということです。

廃車手続きをしておかないと、手元にバイクがないのに毎年、自動車税の請求が来るという事態になってしまうので、バイクが不要になったらすぐに行うことをおすすめします。

 

バイクは大きさによって管轄している機関が違いますが、廃車手続きはほとんど一緒です。

ナンバープレートと必要事項を記入した書類を提出するだけなので意外と簡単に手続きできてしまいます。

また、廃車手続きを業者に任せることができるので、廃車手続きをする時間が無いという方には業者にお任せするのがおすすめです。

 

 

原付バイクの廃車手続き

 

原付バイク(スクーター)と125cc以下のバイクの廃車手続きは、各市町村の役所で行います。

役所によっては平日しか受付していない自治体もあるので、平日に仕事がある方にとっては、少し面倒かもしれません。

しかし、各役所にある廃車申請書に必要事項を記入して、持参したナンバープレートと一緒に提出し、廃車証を受け取るだけなので短時間で終わります。

以下の持ち物を持って行けば手続きがスムーズに進みます。

廃車手続きに必要な持ち物

  • ナンバープレート。
  • 標識交付証明書(原付バイクの購入時にもらう書類)
  • 印鑑
  • 廃車申告書

廃車申告書は役所の窓口または市役所等の自治体のホームページから地域によって申請用紙をダウンロードすることが可能です。

軽二輪自動車の廃車手続き

126cc以上で250cc以下のバイクを軽二輪自動車と言います。この排気量のバイクは全国にある運輸支局(陸運局)での管轄ですので廃車にする際には、最寄りの運輸支局に書類とナンバープレートを持っていって廃車手続きをします。

運輸支局で持参した軽自動車届出済証、ナンバープレートを一緒に窓口に提出すれば廃車手続き終了です。

運輸支局も平日しか営業していないので、手続きは平日に行う必要があります。

廃車手続きに必要な持ち物

  • 軽自動車届出済証
  • ナンバープレート
  • 申請書(OCRシート軽二輪第1号様式)
  • 手数料納付書
  • 印鑑

小型二輪自動車の廃車手続き

251cc以上のバイクは「二輪の小型自動車(小型二輪)」として、自動車のカテゴリーに含まれます。251cc以上の小型二輪自動車の廃車手続きも各運輸支局で行います。

運輸支局内にある申請書を記入し、必要書類、ナンバープレートとともに提出します。その後、運輸支局内にある自動車税事務所で翌年度からの軽自動車税がかからないように申請します。

廃車手続きに必要な持ち物

  • 自動車検査証
  • 申請書(OCRシート第3号様式の2)
  • 印鑑
  • 手数料納付書
  • 軽自動車税申告書
  • ナンバープレート

 

 

車体の処分について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらかというと廃車手続きよりも、バイクの車体処分の方が面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

バイクは粗大ごみとして扱うことができません。ゴミステーションに出してしまうと、不法投棄とみなされてしまいます。

お金をかけて車体を処分する際の方法を2つご紹介します。

 

 

廃棄二輪車取扱店に引き取ってもらう

バイクを処分するときは、「廃棄二輪車取扱店」に引き取ってもらうことができます。

バイクの種類に応じて設定された数千円~1万円程度のリサイクル費用の支払いが必要です。

「廃棄二輪車取扱店」に引取られた廃棄バイクは、メーカーや輸入元が責任をもって適正なリサイクルを行っています。

「廃棄二輪車取扱店」は一般的なバイク販売店であれば、ほとんどの場合は加盟しています。近くにバイク販売店がある場合は、一度、費用や引き取りが可能かなど確認するのがおすすめです。

 

バイクの処分を

請け負う業者に依頼する

事故車や故障車などの壊れたバイクは、処分を専門に行っている業者に依頼するのがおすすめです。処分にかかる費用は無料で、バイクを運搬することが困難でも現地まで取りに来きてくれることがほとんどです。

廃車手続きなども代行してくれるので、非常に手軽に利用することができますので忙しい人でも利用しやすい方法です。

 

 

弊社にお任せください!

 

 

 

 

雅JAPANのHPはこちらをクリック♪

 

 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ヘルメットの処分はどうすればいいの?

バイクを処分したと同時にヘルメットも片付けたいケースがあります。こちらの記事で処分方法を詳しく解説しています。

 

 

バイクに乗る方ならヘルメットは必ず持っていますよね?しかし、ヘルメットには寿命があるという事をご存じでしょうか?

本来はバイク事故で最悪の事態を防ぐために頭部を守るヘルメットですが、耐用年数が過ぎていると役割を果たしません。

処分するのにも、どこへ処分をしてよいかが分からない場合は弊社にお任せください!

 

ヘルメットも無料で処分回収が可能です!

 

 
 
 
 
 
 
 
フォローしてね!