ポン中ブルース 456ball

ポン中ブルース 456ball

大阪ミナミ アンダーグラウンド

元ポン中の大阪物語
image


NEW !
テーマ:


昔、一時期イラン人売人いっぱいいたよね。
若い頃、ある夜、めっちゃ頭ワイたんやけど、
誰も繋がらんかった。
西成行くのも寒いし、
アホの後輩に「どっか無いんか?」
と電話した。
ゆーことでイラン人売人の電話番号を聞いた。
一回は流行りのイラン人売人を見てみたかったゆーのもあった。

電話したら繋がって待ち合わせをした。
住之江あたりのコンビニ、ひと気ないような場所を指定されて行った。
来ない。
電話したら、
「もうすぐ行く、5分…あなた一人か?」
また待つ。
20〜30分経つ。
また電話する。
イラン人
「あなた、いないじゃない」
「は?いてるから!早よしてくれ!」

待つ、また来ない。
電話する、また出る、
「すぐに行く」
これを5回ぐらい繰り返したが、
最終、電話に出なくなった。
あったまキタノタケシ。

2時間ぐらいロス。
ムカつきながら家に帰る。
キレメで頭狂ってるから、
鬼電しまくる。
何回目かで出る。
「アナタシラナイヒトだから、ワタシイカナーイ」
ブッチブチにキレた。
「ええ加減にせえよ、ハナからそないゆわんかい!一回約束したらちゃちゃっとせー!ボーケ!しばき上げんどごら!あ?何さらしてくれとんねん!ブチ殺すぞボケこら!日本来て舐めてたらあかんどこら!クソボケあほんだらボケナスカス」
罵詈雑言を浴びせたら
「アナタナニ?ソノコトバ、コワイ、ドコデオボエタ?」
「はあ?なんの話をしとんねん!日本語やろがボケ!
黙って品物持ってこんかいあほんだらボケナスカス!オノレこら、商売しとんのやろがこら!客や客、何さらしてくれとんねん!」
「コワイカライケナイ」
「何ぬかしとんねん、こっちはもう3時間は経っとんねん、おまえこら最初はあるゆーといてからに、そこまでこっちは行っとんねん!あかんぞ、死ぬまで電話したるわ!ボケ」

途中で電話切られたりする、また鬼電しまくる。を繰り返した。
「モウ電話シテコナイデクダサイ!ワタシアナタキライ」
「うるへーボケ!一旦約束したらちゃちゃっとせんかい!ナメてたらあかんぞコラ!」
ゆうに、もうやり取り始めてから、4〜5時間経ってくる」
ボロカス言いまくってやっとこさ、桜川のロイヤルホストで再び待ち合わせをすることになった。
着いて待ってたら中々また来ない。
電話したら出る。
「モウツイテマス、アナタイナイワタシカエル」
「おるっちゅーねんこら!早よ来いこら、どこやねん!ボケこら!」

たぶんこの時に近くから様子を見てたんやと思う。
本当に一人で来てるかを(売人を狙うギャングは多い)
確認してたと思う。キキメのグリグリで。

小1時間かかってやっとこさ、えらい人相の悪いってかキキメ丸出し、ガリガリの小汚いイラン人が来た。
「ココジャアブナイカラ、」
テクテクと歩き続ける。
ひと気のない道を奥へと歩いて行くイラン人売人。
ん?なんか気色悪い。夜中のなか道ん所で、イラン人が急に振り返った
「モウデンワシナイっテ約束デキルカ?」
「早よせーボケ!」
「アナタヤクザカナニカカ?」
「なワケないやろが!なんでヤクザがおまえみたいな外人から品物買うねんボケ!おまえキキ過ぎじゃドアホ!」

ポケットからアルミホイルに入った何かを取り出した。
「モウコレオカネイラナイカラ2度と電話シテコナイデ」
「金払うっちゅーねんボケ」
イラン人売人無言でダッシュでどっかに逃げた。

帰ってから包みを開けてみるとまあまあの1gぐらいの量が入ってた。
金を払ってないし、」打つのは気持ち悪いから、アルミホイルで炙ってみた。
キチンとしたシャブだった。

その話を後日、売人の先輩に話したら、
「おい、おまえイラン人グループ舐めてたらヤバいで、刺されてもおかしなかったと思うし、下手したら拐われたかもわからんし。
実際、オレの知り合いのしょーもない奴イキってイラン人グループと揉めて山に連れて行かれて頭だけ出して埋められた奴おる、イラン人同士揉めたら相手を縛り上げて眠剤飲まされてポケットにシャブやら入れといて警察の前にほってくとかよくあるらしい。てか、日本で生まれた人間が日本の国の中でシャブを外国から来た売人から買うとかありえへんやろ」

オレが会ったのは単なる
お金がイラン人🇮🇷だった。

ゆーこっちゃ(°▽°)


夏は裸足なの

Ameba人気のブログ