ブログの更新が少ないにも関わらず、多く方にフォローしていただき感謝しています。

家事はまだまだ分からない事が多く、日々研究中ですがどうぞよろしくお願いします。

洗面所の収納についてご紹介します。
キッチン同様、掃除がしやすいように直置きせず浮かせています。

引っ越し当初はごちゃごちゃしていました。
洗面台を使う度に水が跳ねて拭くのが面倒。
コップの底もヌルヌルしていて不衛生。

直置きを辞めたくて考えたのが、マグネットで浮かせる方法です。
↑ティッシュケース(ペーパータオル)、コップ、ハンドソープ
全てにマグネットが付いていて、壁にくっつくようDIYしています。

ハンドソープは手をかざすと泡で出てくる便利なセンサー式のエレフォームポット
コップは便利なマグネットでくっつくタイプ。
吸盤を壁にくっ付けてコップを近づけると、マグネットの力でピタっとくっつきます。
マグネットコップはこちら

歯ブラシと歯磨き粉も吊るしています。
出し入れしやすいように隠さず、かけるだけのワンアクションです。
使用したのはニトリのシールフック歯ブラシホルダー
↑画像お借りしました。

くり返し貼ってはがせるシールは賃貸でも安心。
透明なので目立ちにくい所もお気に入りです。
二人暮らしにはこの省スペースさがいい!

ハンドソープとティッシュケースを浮かせるのに使用したのは、コマンドタブとダイソーのステンレス補助プレート。
★壁にマグネットをくっつける方法★

ステンレスプレートの粘着テープを剥がしてから、壁→コマンドタブ→ステンレスプレートの順に貼る。
ハンドソープは落下防止のため、マグネットの補助として落ちないようにリングフック(セリア)の上に乗せます。
安定感が増してより安心。
直置きを辞めることで億劫だった拭き掃除がラクになりました。
毎日拭き掃除をしなくても、洗面台をきれいに保てています。
「ここにマグネットがついたら便利なのに...」と思うことが多いので、
ダイソーのステンレスプレートは、わが家で大活躍しています。

インスタグラムやってます @saori.612
 
↓愛用品はこちら