【英国旅日記37】オックスフォード2日目、ついにジョン・オーブリーの墓碑を発見するの巻 | 星読みとタロットで欲しい未来を創造☆本質開花カウンセラー斎藤敬子 東京・市川

星読みとタロットで欲しい未来を創造☆本質開花カウンセラー斎藤敬子 東京・市川

草間彌生、秋元康、林真理子、勝間和代、など各界著名人を
長年取材してきたライターが、本質開花カウンセラーに。
星読みで未来の計画を立て、
ボイジャータロットコーチングで、
現実的な行動の第一歩を踏み出すことで、
あなたが本当に望む未来がやってきます☆

こんにちは!
本質開花カウンセラーの斎藤敬子です。

本日はイギリス旅日記の37回目です。

ツアーの最終地目的地
オックスフォードに到着し、
旅の終わりが
じわじわと近づいてきましたが、
前回お伝えしたように
今回の旅の目的のひとつである
ジョン・オーブリーの墓碑探しが難航。

ということで、今回の記事では
墓碑探しのリベンジと
ハリポタのロケ地をまわった
オックスフォードの街歩き続編を
お送りしたいと思います。




と、その前に、
Iさんの話を少し。
ジョン・オーブリーという
17世紀の星読み好きな伝記作家
を発見し、彼の足跡を辿りたい
という私の夢に賛同し、応援し、
背中を押してくれたIさん。

そんなIさんは、
以前にも書きましたが、
とっても旅慣れている上に、
ヘタレの私より何倍も体力があり、
タフな方なのですが、、、。

Iさんには
グラストンベリー郊外での
クリスタルヒーリングのセッションが
本当に効果があり過ぎたようで、
オックスフォードに着いた夜も
体調はいまいち。

幸い、
ひとり一部屋を予約していたので、
Iさんには翌朝までゆっくり休んでいただき、
早く起きた私は、朝食を食べに
ひとり一階のダイニングルームへ。


家族経営のゲストハウスということもあって、
気さくなオーナー自らが
やってきた宿泊客を和やかにもてなしてくれる
温かい雰囲気の中、またまたたっぷりの
デニッシュと紅茶をいただきます。

そして、夕方オックスフォードの街を出るまで
なんとかスーツケースを預かってもらえないかと
ご主人にお願いすると、
「とびきりの笑顔を見せてくれ!」
とのリクエスト。

ニコニコで応答すると、
「もちろん、大丈夫!」との嬉しいお答え。
これで夕方まで
身軽に移動が可能となった私たちは
Iさんの体調が回復してきたのもあり、
のんびり散歩しながら
オックスフォードの中心街に向かいます。

最初に目指したのはハリポタのロケ地のひとつ、
ボドリアン図書館ですが、
ちょうどこの日が日曜日だったこともあり、
激混みで入場券を買う長い列ができています。



待つのが苦手な私たちは、
ボドリアン図書館をいったん保留にして、
ためいき橋をくぐり、
小径にあるお店を覗きながら
ニューカレッジへ。


趣のある建物を鑑賞した後は、
Iさんのすすめで、再度昨日の教会へ。
すると、日曜日の今日は
チャリティの会が開かれた後で、
でもまだスタッフが数人
残って雑談している様子。



そこで、、、
勇気を出して、そこにいた女性に
ジョン・オーブリーの墓碑について
尋ねてみると、
彼女が親切にここの教会の
神父さんにわざわざ聞いてくれます。

すると、なんと!
「おお、それならここにありますよ。
これがジョン・オーブリーの墓碑ですよ」
と案内してくださるじゃありませんか!!

聞いてくれた女性も、
「私も知らなかったわ! 
あなたのおかげで勉強になったわ!」
と驚いていましたが、
そんなわけで私は
教会内部の壁に埋め込まれた
ジョン・オーブリーの墓碑と
無事ご対面できたのでした。






おまけにチャリティの会で残った
サンドイッチやキッシュも
「良かったら遠慮せずに食べていって」
と言われ、その気持ちも有り難く、
Iさんのすすめもあり、
お礼に教会に少しばかりの寄付を
させていただいて、
その場をあとにしました。



そこから少し歩いて、
今度はクライストチャーチへ。
こちらのグレートホールが、
映画のハリポタのホグワーツの
食堂のモデルになっているということですが、
かなりの混み具合に、
外観を見るだけにとどめて、
街歩きを続行します。



さらにタウンホールの裏のタールストリートで
趣味の良い文房具屋さんを見つけて
しばし品定め。




そしてラドクリフカメラを横目に見ながら、
再度ボドリアン図書館の見学ツアー
の混み具合を見てみると、
医務室やダンスパーティーのロケ地となった
Divinity Schoolという部屋に入るだけなら、
すぐ入れるとのこと。

長いツアーはあきらめ、
そちらに参加することにして
Divinity Schoolの部屋の観覧を楽しみます。

天井の作りはレイコック・アビーと似ていて、
やはりハリポタの雰囲気が味わえる
素敵なスポットです。




さて、ボドリアン図書館も
Divinity Schoolだけではありますが
無事見学を終え、
あとはジョン・オーブリーが通った
トリニティカレッジの見学を
残すのみとなったのですが、、、。

またまた長くなってしまったので、
この続きは次回書きますね。
ぜひお楽しみに。

三連休最後の秋晴れの本日、
どうぞお元気でお過ごしください。

~~~~~~~~~~
一度きりの人生、
あなたの中にある無限の可能性を、開花させたくありませんか?
私のお伝えする「本質開花」とは、
あなたが今回の人生でやりたいことの種を、
あなた自身の力で開花させること。
そのために、
私はあなたにとって必要な問いかけを一緒に探し、
現実的な行動に落とし込む
アドバイスをさせていただきます。
あなたの望む未来をつくる本質開花カウンセリング
お問い合わせ・お申込みは以下からお願いいたします。

~~~~~~~~~~

◆読むだけで幸せになるヒントがわかる無料メール講座
「幸福力を目覚めさせ本質開花メール講座」&メルマガ
ご登録はコチラから

☆☆☆☆◇◇◇◇現在提供中のメニュー◇◇◇◇☆☆☆☆
今のあなたのことが知りたいなら→幸福度診断テストはコチラから
にこにこあなたの幸福度は何%?今、最も必要なものとは?
無料幸福度診断はこちら

<<本質を知り、開花のヒントが欲しいあなたに>>
▼<オススメ>本質を目覚めさせる本質開花カウンセリングの詳細はこちら
http://ameblo.jp/5724sa/entry-12177519852.html

☆斎藤敬子の活動について☆
HPはこちら→https://www.honshitsukaika.com
日々のことはこちらから↓
https://www.facebook.com/seisho.gaho