星読み人物伝 ~L.M.モンゴメリ~ 『赤毛のアンの作者は、ペンフレンドが心の支え』 | 星読みとタロットで欲しい未来を創造☆本質開花カウンセラー斎藤敬子 東京・市川

星読みとタロットで欲しい未来を創造☆本質開花カウンセラー斎藤敬子 東京・市川

草間彌生、秋元康、林真理子、勝間和代、など各界著名人を
長年取材してきたライターが、本質開花カウンセラーに。
星読みで未来の計画を立て、
ボイジャータロットコーチングで、
現実的な行動の第一歩を踏み出すことで、
あなたが本当に望む未来がやってきます☆


テーマ:
こんにちは!
本質開花カウンセラーの斎藤敬子です。

射手座シーズンも終盤戦ですが、
本日は射手座の人物伝第二弾として、
日本でも根強い人気を誇る
「赤毛のアン」の作者、
『L.M.モンゴメリ』のライフストーリーを
星読みを交えて読んでいきたいと思います。
良かったらおつき合いください。




1874年11月30日カナダのプリンス・エドワード島
ニューロンドンにてルーシー・モード・モンゴメリは
生を受けました。
評伝を読むと、
彼女のファーストネームのルーシーは、
母方の祖母の名前をつけたものであり、
彼女が生前呼ばれていた呼び名はモードである、
とのことですので、以後彼女のことは、
モードと呼ぶことにします。



さて、
さっそくホロスコープを見てみますと、
モードの太陽星座は射手座、
月星座は乙女座となります。

ここから、
奔放さ、エネルギッシュさあふれる外見とは裏腹に、
心の内側では、几帳面で細かいことも気になる、
神経質で完璧主義の性格だったのでは、
と推察できます。

そんな繊細な内面をもつモードは、
生まれて早々、
苦難の人生を歩むことになります。
というのも、
生後1歳9ヶ月のときに、
病弱だった母親が亡くなり、
キャヴェンディッシュに住む
母方の祖父母に引き取られることになるのです。

そこで、
保守的な祖父と厳格な祖母に育てられたことが、
モードがその後の人生で、
どんな厳しい状況でも、
逃げ出さず我慢強く生きることを
自らに課してしまう
原体験となったように思われます。

もちろん、まわりの美しい自然は、
モードの心の救いでした。
さらに、祖父母以外に、
まわりにおじさんやおばさん、いとこなど、
たくさんの親族が住んでいたことも、
一人っ子で両親と別れ別れになったモードにとっては、
何よりの心の支えでした。

そんなモードは、
物心つくころには、
祖父母の家にあったたくさんの本を読みふけりました。
そんなふうに生まれたときから本に囲まれ、
さらに豊かな想像力の持ち主でもあったモードが、
作家を目指したのは当然の成り行きといえるでしょう。

10代の頃から、
自作の物語や詩を、
カナダやアメリカの雑誌社に送り、
原稿料をもらっていたモードは、
成長して、教師となり、
プリンス・エドワード島の各地に赴任して、
生徒を教えるようになってからも、
作家になる夢を持ち続け、
たびたび雑誌に原稿を投稿し、
たびたび掲載されていました。

ですが、祖父が亡くなったことで、
ひとりぼっちになった祖母の面倒を見るために、
1898年23歳でキャヴェンディッシュに戻ります。

その後、
1911年に祖母ルーシーが亡くなるまでの13年間、
新聞記者として勤めた短い期間を挟みつつ、
モードはほぼキャヴェンディッシュで、
祖母の世話をする毎日を過ごしています。

その頃のモードは、
大人になり、広い世界を知った後に、
生まれ故郷に再び帰った、
ということもあり、
幼い頃は大好きだったはずの祖母に対して、
窮屈で厳格すぎるという不満を抱えます。

とはいえ、
そもそも繊細でナイーブなモードのこと、
表立って祖母に反抗的な態度を取ることは、
彼女の望むところではなかったため、
そういった不満は、作品を書くことや、
信頼するペンフレンドとの文通によって、
解消していたようです。

事実、
約40年近くもの長い間、手紙のやりとりを続けた、
ウィーバーとマクミランという、
ふたりのペンフレンドとは、
何でも心の内を言い合える関係で、
厳格で頭の固すぎる祖母との暮らしの不満を、
訴えていたようです。

そういったことを踏まえると、
代表作「赤毛のアン」シリーズで、
男勝りではっきりとものを言うアンの生き方は、
現実の生活で実行はできないが、
実はこうありたいとモードが願う理想の生き方を、
アンに託して描いたのでは、
とも考えられますよね。

ともあれ、
初の長編である「赤毛のアン」は1908年に出版され、
めでたくベストセラーとなります。
その後、1911年3月に祖母が亡くなり、
責任を果たしたモードは、
かねてからの婚約者ユーアンと、
1911年7月に結婚式を挙げ、
3週間のイギリスへの新婚旅行を経て、
オンタリオ州リースクディールにて、
新生活を始めます。

4歳年上の長老派の牧師であるユーアンは、
ハンサムで教養もあり、
家柄的にも申し分のない相手でした。
モード自身、恋愛対象としてというより、
一緒に家庭を営む相手として、
ユーアンを選んだのでした。

けれど、結婚後、
学生時代に罹患した鬱病が再発したユーアンは、
その後20年にわたって鬱病に苦しみます。

そのため、当時としては、
牧師の妻として、
ユーアンが鬱病であることを、
他の人に悟られないよう、
隠し続けるしかなかったモードも、
気苦労の耐えない毎日を送ります。

そんなストレスフルなモードの毎日の、
唯一の支えとなったのは、
ユーアンとのあいだに生まれた、
チェスターとスチュアートの2人の男の子でしたが、
牧師の妻として教会の行事全般を取り仕切る一方で、
作家としても執筆や社交に時間を割き、
その上2人の男児の子育てをするモードは、
常に多忙で、息つく暇もない様子だったようです。

ペンフレンドのふたりにも、
自分の時間を奪っていく教会関係の多くの会合について、
「うんざりしてもうたくさん」と愚痴ってもいたようですが、
その気持ちを相手に伝えるわけではなく、
人前に出ると「うまくやる術を心得ている」モードは、
モードの胸中を知り得ない教区の人々からは、
「感じの良い人」として、
大いに好かれ、愛されていたようです。

そのようにして、
幼い頃の祖父母との暮らしで培った、
我慢強さと忍耐力のおかげか、
モードはストレスフルで超多忙な毎日の中で、
妻として、母として、人気作家として、
しっかりと責任を果たし続けます。
はけ口は、例によって、
唯一愚痴をこぼせる相手である、
ふたりのペンフレンドとの本音のやりとりでした。

ですが、
そんな長年の忙しすぎる生活の中で、
ユーアンの健康状態が悪化し、
その介護に当たったモードも、
心労がたたって、神経を病んでいます。

それでも最後まで執筆を続けたモードですが、
1942年に67歳でこの世を去ります。

モードは、
彼女の故郷であるキャヴェンディッシュの
小さな墓地に、
2人の息子とユーアンによって埋葬されました。

すでに1936年にカナダ政府によって、
国立公園に指定されたプリンス・エドワード島は、
キャヴェンディッシュを中心に、
現状のまま保存され、
さらには
「緑の切妻屋根の家」=グリーン・ゲイブルズが、
本の描写に忠実に再現され、
多くの観光客やファンを喜ばせています。

改めて、
モードの苦難多き人生を、
振り返ってみると、
彼女とペンフレンドとのやりとりを見る限り、
心の底では、
まわりの人の目を気にせず、
もっと奔放に、わがままに生きたいと、
思ったこともあったに違いありません。

ですが、
何より彼女自身が、
まわりの求める完璧な自分という理想像に
抗うことができず、
立派な妻、母、人気作家として、
人々に非難されない生き方を選んだ
というのが、
本当のところでしょう。
そして、
それが当時の女性が
保守的な環境の中で生きるための、
唯一の手段だったのだろうと思います。

そんな作者モードの人生を知った上で、
「赤毛のアン」シリーズを読んでみると、
面白さも味わいもより深くなり、
違った受け取り方ができるかもしれませんね。

ともあれ、
類いまれな文才を持ち、
作家として大成功を収め、
現在も世界中のファンを喜ばせているモードは、
妻として母として、
数え切れない苦労や喜びも味わい、
公私にわたって、
充実した生涯を送った女性だといえるでしょう。

そんな濃厚な人生の道のりに、
敬意を表して、終わりにしたいと思います。

あなたなら、
モードの人生をどう感じますか?

ということで、
本日はここまでです。

今週は温かくて過ごしやすいですね。
年末まであともう少し、
今日もお元気でお過ごしください^^☆

~~~~~~~~~~
一度きりの人生、
あなたの中にある無限の可能性を、開花させたくありませんか?
私のお伝えする「本質開花」とは、
あなたが今回の人生でやりたいことの種を、
あなた自身の力で開花させること。
そのために、
私はあなたにとって必要な問いかけを一緒に探し、
現実的な行動に落とし込む
アドバイスをさせていただきます。
あなたの望む未来をつくる本質開花カウンセリング
お問い合わせ・お申込みは以下からお願いいたします。

~~~~~~~~~~

◆読むだけで幸せになるヒントがわかる無料メール講座
「幸福力を目覚めさせ本質開花メール講座」&メルマガ
ご登録はコチラから

☆☆☆☆◇◇◇◇現在提供中のメニュー◇◇◇◇☆☆☆☆
今のあなたのことが知りたいなら→幸福度診断テストはコチラから
にこにこあなたの幸福度は何%?今、最も必要なものとは?
無料幸福度診断はこちら

<<本質を知り、開花のヒントが欲しいあなたに>>
▼<オススメ>本質を目覚めさせる本質開花カウンセリングの詳細はこちら
http://ameblo.jp/5724sa/entry-12177519852.html

☆斎藤敬子の活動について☆
HPはこちら→https://www.honshitsukaika.com
日々のことはこちらから↓
https://www.facebook.com/seisho.gaho


本質開花カウンセラー☆斎藤敬子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス