小学校の特別支援学級(情緒級・3年生)に在籍する息子との毎日を書いています。


昨日は病み上がりで登校した息子ですが、
コンディションが悪く、学童保育をお休みして学校までお迎えに行きました。
今朝も体調はイマイチ、私はお休みだったので
学校をお休みさせても良かったんですが、
登校してもらいました。

息子を学校まで送り、自宅に戻って
さぁ!掃除をしようグーと思って、テーブルの上に置いてあった新聞を片付けようとしたら、、、


新聞の下から、宿題の漢字ドリルが出てきました😫


忘れ物を学校まで届けるのは本人の為にはなりませんが、今の息子は不安定な状態ショック
宿題がない!となったらさらに不安定になるだろうし、急げば始業に間に合う!
と言う事で、学校まで届けに行きました!

8時10分くらいでしたが、
まだ2〜3人の子が登校している所でした。
そして、玄関先には校長先生が!
手渡しする事が出来ました照れ

そこで校長先生と少しの時間、立ち話をしました。昨日不安定になった様子は校長先生も見ていらして、
『○○君なりに授業中だからと思っていたのか、じっと座っていました。しんどかったのか、休み時間になって自分から保健室に行っていました。』
と教えて下さいました。
私は担任の先生の判断で保健室に行ったのかと思っていました。

校長先生と話しているうちに、
息子なりに頑張っているなーと思ったり、
息子の様子をしっかり見て下さっている事が嬉しかったり、色んな感情が混ざって涙が出そうになりました。
もう暫く話していたら、泣いていたと思います。


ちなみに、漢字ドリルを届けた事については
息子の中で色々あってアセアセ
それは今度書きたいと思います。







にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村

人気ブログランキング