先日、ご高齢の方を訪問整体したのですが、その方の訴えでは時々心臓がドキンとなるとのこと。洋裁を生業としていて、細かい手作業を長時間していると、どうしても前かがみの猫背になりがち。

仰向けで寝てもらい、①左右の太い首の筋、②鎖骨の溝、③鎖骨の下、④胸骨の間、⑤肋骨のきわ、をじんわり優しく指の腹で圧をかけながら緩めていくと・・

『胸がスーッとした♪』と喜んでもらえました。前かがみの作業で胸が慢性的に圧迫されていたため、心臓がしんどく感じていたのかもしれません。硬くなっている胸の筋や、鎖骨周りを弛めてあげると、呼吸が深くなり、リラックスしますよ。

長時間パソコン業務をされている方、ストレスで呼吸が浅くなっている方にもおすすめです♪

また、脳性麻痺で四肢の緊張が強い方にも有効です。胸や肋骨のきわがゆるむと、股関節周りの筋肉も緩みやすく、拘縮していた脚が自然と力が抜け、伸びやすくなります。お試しください!



via ゆるぎ整体
Your own website,
Ameba Ownd

花粉症と顔と首

テーマ:

昨夜70代の女性の方を訪問整体で診させていただきました。兎に角、鼻水鼻づまり、涙が四六時中止まらないとの訴え。いわゆる『花粉症』ってやつですね。(;^ω^)確かに、顔を拝見すると、目もむくんでショボショボ、鼻も詰まって息苦しそう。

お聞きすると、3月初めに吹いた強風の際、何かを吸い込んだのか、あの日以来、突然症状が出て止まらない。肩は昔から常に凝っていて、首が回りにくい。そして、花粉症の薬を処方してもらったが、あまり効き目がない。弱めの降圧剤も常用してるとのこと。

で、早速足の先から、腰、背中、首、顔と診させてもらうと・・背骨を中心軸として全部右側が硬く、神経が過敏な状態になっていました。なので、右半身中心に、足からじんわり緊張を緩めていくと、だんだん症状が落ち着いて来て、ウトウトする感じになり、首と鼻も右側の硬い部分に指を当てて、じーっと調整してると・・

『あ、鼻通りました!』

さらに、おでこの前髪の生え際のあたりに指を当ててじーっと待ってると。

『さらに鼻がすっきり通りました!』

と、言っていただけ一件落着(^^♪表情もスッキリして、全身調整したためか、『身体も軽くなりました!』と、すごく喜んでもらえました(^◇^)あとは、しっかりお水を飲んで、花粉シーズンが落ち着くまでは、甘いもの沢山食べるのは控えて下さいね。とお伝えしてお家を後にしました。

メデタシメデタシ・・という感じですが、花粉症になった際、自分の顔や首で左右どっちが過敏になってるか分かる場所があります。それは、①眉毛のきわ、②目袋の下ライン、③鼻翼の両サイド、④頬骨の下のライン。⑤おでこの前髪の生え際、⑥後ろ髪の襟足、生え際、⑦そこから指1本下の所。この7点を少し圧をかけて指でなぞると、左右どちらかが硬く、分厚くなってたり、少し痛く感じるかもしれません。

その気になる部分にじっと指を当てて待っているか、少し弱めにマッサージしてあげるだけでも、過敏な状態が緩んできて、症状が軽くなるかもしれません。お試しあれ♪

※繊細な部分なので、くれぐれも、ぐいぐい力を入れて揉まないでくださいね!



via ゆるぎ整体
Your own website,
Ameba Ownd

この度、Cake cafeもなみさんのご厚意により、来月4月から

毎月第2月曜PM2:00~PM5:45 迄

スイーツとカフェが楽しめる店内にて整体をさせていただくことになりました。

家事や育児や、仕事にエンドレスに追われ、日頃の疲れがキャリーオーバー継続中の、頑張り屋の皆さん!たまには、自分の心と身体にも癒しとくつろぎは必要です・・

よろしければ、じんわり優しい整体と美味しいカフェで、ホッと一息つきに来てみませんか?皆さんのお越しを、スイーツに囲まれた店内よりお待ちしています(^^♪

あ、もちろん、お疲れのスイーツ男子も大歓迎ですよ!
※整体をする部屋は、地図の上の画像にありますが、店内の1番奥で、施術中に周りが気にならないよう、障子を閉め個室にして受けていただきます。


via ゆるぎ整体
Your own website,
Ameba Ownd

花粉が来たその時に!

テーマ:

皆~!!とりあえず花粉か何かしらが鼻に侵入してきてムズムズしそうになったと思ったら、①鼻のきわを指の腹で少し強めにノの字を描いて、②そのままほうれい線のきわを下にシュッとスライドすれば・・・

ある程度ムズムズが抑えられるよ~♪とりあえず薬に手を出す前に1度お試しあれ~。


via ゆるぎ整体
Your own website,
Ameba Ownd

足の指の観察

テーマ:

皆さん、普段生活している中で自分の足の指に気を留めることって・・・あんまりないですよね(;^ω^)(せいぜいタンスの角に小指をぶつけた時くらいですかね・・)でも、足の指をちょっと意識して観察すると、自分の偏りグせが色々分かって面白いですよ♪

例えば、下の画像のように、足の指をグーパー広げてみてください。多分、左右の足でその指の開き方に違いが出ると思います。もしくは、人差し指、中指、薬指がくっついたまま広がらなかったり、そもそもいずれかの指に力が入らず、動かせないかもしれません。


また、足の指を横から見たとき、本来はピタッと床についているものが、両足もしくは、片足の指が下の画像みたいに、少し床から浮いてませんか?

もしもどれか当てはまるものがあったら、そちら側の足が上手く使えてないかもしれません。痛みをかばうため、偏った使い方をしてるのかもしれませんし、無意識に片方の足ばかり使ってるのかもしれません。または、かかとの方ばかりに重心が寄ってるのかもしれません。

足は、建物で言えば土台となる場所なので、そこが不安定だと、上に行くほどその不安定さは増していきます。なので、案外、膝が痛いとか、腰が痛いとか、肩首が凝る原因は足先にあるかもしれません。

それと、足の指は神経を通して色々な臓器とも繋がっています。

・親指・・・副交感神経、腎臓、腸等

・人差し指・・・消化器系

・中指・・・循環器系、腸、気管支等

・薬指・・・神経系、胆のう、肺等

・小指・・・交感神経、泌尿器系、生殖器系、肛門等

鈍って力が入らなかったり、うまく動かせない場合、生活習慣などで、臓器がくたびれてるのかもしれません。または、臓器が冷えてそれが足に現れてるのかもしれません。

足の指の動きが鈍いな~と感じたら、指を1本ずつ、揉んで伸ばしてやってください、または、下の画像のように、動きの鈍い指や、力の抜けた指をぐいーっと持ち上げ、(しっぺをするように♪)足指の力でバチンと下に弾くように動かしてみてください。最初の何日かはうまく力が入りませんが、だんだん指に力が入るようになってきます。


また、下の画像のように、足の指の股に手の指を差し込んで、足首を10回くらい回してみてください。最初は足指がむくんでて、なかなか手の指が入らず、痛みを伴うかもしれませんが、何日かするとだんだん足指のむくみがスッキリしてきて、すっと手の指が入るようになります。そして鈍ってた指の感覚が戻ってきて、上手にグーパー出来るようになってきます。

足先の感覚が出てくると、しっかり踏みしめて歩く感覚が出てきます。そうすると、土台がしっかりしてくるので、身体全体の偏りも少なくなってきて、腰や肩首にかかる負担も少なくなってくるのではないかと思います。

気になる方はお試しください♪参考までに!


via ゆるぎ整体
Your own website,
Ameba Ownd