「TENTH」感想

テーマ:
シアタークリエ公演「TENTH」の第1週を観劇しました。

第1部は、「ネクスト・トゥ・ノーマル」。
私は、この作品は初めて観たのですが、とても難しいというか、考えさせられる内容でした。
薬物なども出てきていかにもアメリカ作品であまり身近に思えなかったのだけれど、きっかけは違うかもしれないけど心の病というのは日本でもとても多くまわりにも沢山いたので、遠くはないことなのかも。
それと子供への愛。ダイアナの安蘭けいさんが熱演で、徐々にその世界へはまっていきました。

第2部は、とても楽しいコンサート。
とにかく中川晃教さんの歌声が素晴らしすぎて、もう恋に落ちそう。
『ジャージーボーイ』を見逃していたので、今年は絶対に観劇します!!
その他の曲は、全て観劇したものだったので、その当時のことや○○ちゃんと観たなぁとか思いました。

他の回も観劇したかったのですが、今月は他にも観劇予定があるので、我慢我慢。



AD