こむぎちゃん、虹の橋を渡る | それゆけ☆みけっこ!

それゆけ☆みけっこ!

                                                   

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

里親募集・保護猫のページは、こちら

●ウチの子の紹介ページは、こちら

●猫のボランティアについては、こちら

●私たちについてはこちら

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

去年4月に姉妹揃って、里子に行った

(旧・すもも)こむぎちゃんが、昨日の9月15日朝、

虹の橋を渡りました。

●里子に行ったときの記事→→こちら

保護時のこむぎちゃん💛

 

保護した時から、とても人懐こくて頭の良い子でした。

体も大きく、お転婆さんで、健康そのものでした。

今年の春に2歳になりました。

怖がりのあんずちゃんと、仲良しで正反対の性格でしたが

それがまた、良いコンビだったと思います。

「大人になった小麦ちゃんおねがい体格も大きかったですドキドキ

 

9月14日の午後、里親さんご家族が体調が悪そうにしてるのをみて

すぐに病院へ連れて行ってくださいました。

里親さんは、ともて良く気が付くご家族で、何かあるとすぐに

病院に行ってくれてたんです。

 

レントゲンなどの検査の結果、「気胸」でした。

●気胸→→詳しくはこちら

 

肺に穴が開き胸腔という、肺と肺の間の

空間に空気が溜まってしまうのです。

私は、LINEでその日の夜中に知り、

次に日に連絡しようと思ってました。

以前、友人で2人くらい気胸で即入院で簡単な手術をして

肺の穴が閉じるのを数週間待って退院してたのがおり、

病気は知ってましたが、猫で気胸なんてあるんだと驚いてました。

左がこむぎちゃん、右がおはぎちゃん・・・ウチのししおの兄妹ですお願い

 

レントゲンでは怪我で骨折した骨が突き刺さったなどという事はなく、

原因はわかりませんでした。

しかし、あの元気いっぱいなこむぎちゃんが病気で気胸になるとは考えにくく、

もしかして、あんずちゃんと遊んでて、何かの拍子に肺を強く打ったのかな。。。

なんて、思ってました。

 

胸腔に溜まった空気を抜いて、そのまま肺の穴が閉じるまで

入院とのことで、病院にいるなら・・・・と、何となく安心してました。

 

ところが、15日の早朝、気胸が急激に悪くなり

虹の橋を渡ったそうです

 

お電話で辛い時に、事情を伺って・・・・私も

驚いてしまって、お掛けする言葉もありませんでした。

おちゃめだった、こむぎちゃん。」

 

あの・・・・・元気印のこむぎちゃんが・・・・まさか・・・・・。

 

こんなことがあるなんて・・・・・。

 

あまりの驚きに、昨日は記事を書くことが出来ませんでした。

里親さんも、これから20年以上姉妹と共に過ごそうと

そう楽しみにして下さっていたと思います。

律儀に、写真や近況を今でも報告して下さってました。

 

私も、それを拝見してたので、今でも信じられません。

こむぎちゃんは、短い猫生でしたが、素晴らしいご家族に巡り合い

幸せだったことは、間違いないです。

 

いまはただ、こむぎちゃんのご冥福を

心から祈るばかりですキラキラキラキラキラキラキラキラ

 

 

 

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

とっても、素敵な猫の歌です。

是非、聴いて下さいドキドキ

【Re:yours】君が家族でいてくれて【オリジナル】  

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

クローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバークローバー

★.。.:*・゚★★.。.:*・゚★.。.:*・゚★★.。.:*・゚★.。.:*・゚★

☆.。.:*・゚☆.。.:*・☆☆..:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆
今日の映画・本のご紹介はお休みです<(_ _)>
☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆☆.。.:*・゚☆.。.:*・゚☆

三毛猫 ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ ぽちっとよろしくお願いしますドキドキ

にほんブログ村 猫ブログ 老猫・高齢猫へ こっちもぽちっと、押してたもれドキドキ.