癌と向き合う | ちび平犯科帳

ちび平犯科帳

「おとなになることを夢見る、マルチーズ雛の日記」から
弟の平蔵が飛び出して、新しいブログを立ち上げました。
平蔵のおとなになる旅のはじまりです。
雛ねーさんのあとを継ぎ、レストランやカフェ、公園、
いろんなところにお出かけします。参考になれば幸いです。


テーマ:

エナメル上皮腫」のテーマ記事は、愛犬が実際に口腔癌と診断されてからの経緯の記録です。興味のない方、どうぞスルーしてください。癌のできた場所、体質、体力によりその経過は異なると思いますが、皆さまにとってなにかの参考になれば幸いです。

 

7月、抗がん剤治療後、雛の時間はゆっくりと過ぎていきました。

ただ、血の混じった鼻水や涎がとまることはありませんでした。

そして、これまでは腫瘍は上皮の内側へ内側へと大きくなっていたので直接見ることはできませんでしたが、いよいよポリープのように、硬口蓋を突き破り、少しずつ口の中に見えるようになってきました。

雛は寝ていることが多くなり、私たちも雛の体力を考えて、雛のお出かけは少なくなりました。

へいぞーを連れて出かけても、たいていは静かに見送ってくれました。

本人が「行きたい!」という意志を見せなければ、お留守番をしてもらうことが多かったです。

でも、頻繁にではありませんでしたが、お出かけしたり、トリミングにもちゃんと行きました。疲れも出たかもしれませんが、帰ってくると、雛はとても食欲が出ました。自分から食器に顔を入れてゴハンを食べることもあったのです。(実は、3月の抗がん剤治療をする前から、雛は手から食べさせてやらなければ食事をしなくなっていました。鼻に腫瘍があったり、副鼻腔炎になると、下を向くのが苦しいので食べれなくなることがあると主治医に言われていました。手で食べさてもらうと楽だとわかったからでしょう。)

定期的にプロフェッショナルケアで口まわりを清潔にしたり、時おりのカフェや環境の変化は、雛に良い影響を与えていたと思います。

ただ、私がトップノットを作ろうとしたり、口まわりを触ろうとするだけでとても嫌がるようになったので、10年間伸ばしてきたちょんまげを切りました。顔まわりに痛みがあったのかもしれません。トリマーさんにしてもらうときは我慢したのに母には徹底反抗した雛です。きっと雛にとって、母は安心してわがままをいえる相手だったんだと思います。

夏から秋にかけて、食欲はほぼ変わらずありましたが、どうしても痩せてきます。

腫瘍が大きくなるのに栄養をとられてしまっている可能性はあったのですが、でも、食事を減らせば、雛の体力も落ちます。

癌についてはいろいろなことが言われています。糖質がいけないとか、アミノ酸が良いとかアガリクスがいいとか・・・でも、何が本当なのか、実際のところはわからないのだと思うのです。

なので、私たちは(悪くはなかろうというくらいの気持ちで)キノコとアミノ酸のサプリメントは使いましたが、基本、雛には食べれるものを、食べれるだけ食べさせる。雛の好きなようにさせる、それを一番に考えました。サプリメントを盲信したわけではありません。

 

雛ママさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。