8/1〜8/2 川栄卒業コンサート

テーマ:


川栄卒業コンサートのお話するよー



■8/1

とりあえず、前日にニコ生出演あったから、たかちゃん号を都内に召喚して、そこから神奈川の自宅(田舎)にTシャツやらを取りに行き、そこからまた車でSSAに向かうというハードスケジュール


この日のMVPは間違いなくたかちゃんさんだと思う😊


SSAについて委員Tシャツ配ったり、卒業セレモニーの下準備とかしてたからそんなセトリじっくり見れた記憶がない(笑)


ホーンテッドマンションみたいな演出多めだったイメージはある←

客席巻き込んだ演出をさせてもらうことになったんだけど、当日客席に普通にカメラ置いてあって血の気引きましたわ( .. )



スタッフさんと色々交渉。
その結果、カメラの位置を変えていただけることになりました。


優しいスタッフさん達で良かった。。

この日のコンサート終わりくらいが卒業公演の当落発表だったんだけど、






キャン待ち31でした/(^o^)\


当落発表あってから委員で集まったんだけど結構当たってる人が多かった反面、泣きそうな顔してる人もいて、この瞬間がついに来ちゃったか…って思った。


めっちゃ色んな人に心配されたけど、もう入れることを祈るしかなかった。

この日の夜にみんなで集まって明日(8/2)使う道具とか作りました(笑)


フライヤー発注かけたのもこの日(><)


デザインを引き受けてくださったらるむさんには感謝してもしきれないです。



そして、フォーメーション表作るはずの人が連絡取れなくなったから、ぎんのすけに深夜2時くらいに委員のフォーメーション表とか一緒に考えて、レジュメつくってもらった^^;


ぎんのすけさん、おかげで寝てないらしい

ありがとう、ぎんのすけ
実はとても優しいぎんのすけ


■8/2(昼)


朝集合してフォーメーション表を配って1日がスタート。


中西智代梨界隈のいわさんにずっと拠点守ってもらったり、荷物運んでもらったりといわさんめっちゃ大活躍の日でした。


ここで初めて会う人も多く、LINEのあの人はこの人なんだ!みたいな出会いが多くあって楽しかった(^-^)/


よく言われたのがこんな感じ、


「ずのりさんって意外と若くてさわやかなんですね!」


どんだけ俺の進め方とかがねちっこいんだって思った←


コンサートの途中で抜けて打ち合わせとかがあったから全くこの日をライブ見たって記憶がない(笑)


打ち合わせしたスタッフさんはみんないい人達でした

てか、普通にこんなガキみたいな奴の説明とか聞いてくれることに感謝だし、あくまでも委員はお願いする側ですからね。


そこのところ、履き違えちゃいけないと思う


■8/2(夜)


ついにこの時がやってきた


委員を適所に配置して、いよいよ開場。
俺は全体をフォローしなきゃいけなかったから一つの場に留まることが出来なかったけど、川栄だから協力するとか温かい言葉をかけてくれたり、俺に会いに来たお客さんがたくさんいたらしい。


会場内は懐かしのガチ推しTシャツや川栄タオル。


ファンが少ない印象が正直あったけど、川栄のファンってこんなにいるだなと思った。


配る時間とかだいぶギリギリだったけど、協力してくれる委員・スタッフさん・来場者の方のおかげでなんとか配布を終え、練習も成功。



そして、最後かもしれない川栄のステージを目に焼き付ける時間に。



あんなヤンキーみたいですぐ辞めそうだった川栄が凄く凄くきれいで神々しかった。


過去のチームでの曲を披露する度に色んな思い出が蘇る。


そして、アンコールがかかり俺は自分のやること…人文字の準備をする為にアリーナからスタンドへと駆け上がる。



その場で伝わらなくてもいい。
どんな形でもいいから、最後にこんな多くの人達が川栄に感謝をしていることを伝えたかった。


そして、その時が来てスクリーンに文字として成立している「 サンキュー」を見て安堵した。



外部の色んな人に失敗するって言われてました。


でも、俺は成功すると思ってたから実行しました。



角度を計算してくれたこんたく、座席数を調べてくれた大下さん、その他にも俺の信頼している人達がこんなにも一生懸命になって、成功するデータを出しているんだから絶対成功するって思ってた。


そして、何より川栄のファンだ。
最後にはきっと川栄へ想いを伝えてくれる。



そしてスタンドから戻ってきたら川栄からの手紙


普段想いをなかなか伝えることがない川栄だけにすげー泣きそうになった。


泣きそうになっただけで泣いてはない。


川栄が通過点通るだけで一生の別れじゃない。


そう思ってた(これは結局強がりなんだけど)俺は泣かないだろうと思ってたんだ。



そう。
思ってたんだけど、横にいるぎんのすけがめちゃくちゃに泣いてて俺に身体を預けるレベルに泣いてたから、自分の中に隠していた何かがポロッと決壊した。


1回、決壊してからは早かった。
成人を迎えた男がこんなにも泣いてる光景は外から見たら馬鹿らしいだろう。



でも、間違いなくこれこそが俺の青春だなと思った。



悲しいとかって気持ちじゃなく、あんなにも成長して、色んなこと乗り越えてここまで綺麗になった川栄を見てると自然と涙が出たんだ。


この景色が伝えるものが川栄の中で残るものになってれば幸いです。




そして、8/4の最終決戦へ



PS


卒コン付属の冊子の最後のページを「サンキュー」が飾るとは思ってもなかったのでとても嬉しかったです😂


本当にありがとうございました!