加古川でアーティスティックスイミングの活動をし始めて2年目。5月からクラス化され、土曜日の夜に1時間半の枠で大人のシンクロをしています。一緒にシンクロしてくれる人を絶賛募集しています!!
と、いうことで、麦飯生活は継続していますが、それよりもアーティスティックスイミングの活動を書いて、普及活動をして行きたいと思ってブログを変更致しました!

大人のシンクロは足のつくプールで行いますし、泳ぐのとは一味違うプールの楽しみ方ができますので、興味ある方、メッセージくださいね!



ステロイド話2

先生方と話していて最近ちょくちょく話題に出るのが、「ステロイドは後々副作用や怖いことになるから使いたくありません」という人が増えたという事。ネットの情報で知識を増やす方が増え、有難い反面、その情報には大事な根底の基礎知識は何も書いてないと思うのです。

私はアンチ薬派なので、だいたい食養生で対処していますが、やはり、そこにはコレ!という疾患などの基礎知識あってのもんなんかもと思ったりしています。

って話がそれましたが、話を戻します。。
ステロイドの薬を使う人はなぜそれが処方されるのか考えたことがありますか?

前回も書いたかも知れませんが、本来、ステロイドは体内で生成されています。それはストレスを受けたり、抵抗力が弱いとき、不眠時などはうまく生成されない状態が起きるため、病院では採血でステロイドホルモンの作用がうまくいっているか確認した上で内服処方がされています。
まぁ、内服処方するときに、急に体調がよくなり、自分の体でもうまくステロイドを生成し始めると調整がしにくくなるため体からステロイドを生成させず内服でステロイドを補充するので、いきなり薬をやめたりすると、体は、ステロイドは他から取り入れてるからとのんびり構えているもんだから、ステロイドの生成が追いつかずひどい副作用に見舞われる現象が起きるそうです。

私は知らなかったので驚きましたが、確かになと納得できる部分もありました。長くなってきましたので、続きは次回に。

※今回の話は外用薬は含まれていません
久々のブログ更新で、いきなりヘビーな話題です💦

まず、ステロイドが怖い怖い言っている人は何に対して怖いのでしょうか❔そもそも、ステロイドがどんなもので、体にどういう作用をしているか知った上で言っているのでしょうか?

かくいう私も医療者でありながら、ステロイドについての知識は少なかったので偉そうなことは言えなかったのですが、最近はステロイドを併用しながら治療を行うことが多くなり、重い腰を上げてステロイドの勉強会に積極的に参加して目から鱗の話がたくさん聞けました。
長くなるので小分けにしながら書いて行きたいと思います。

知らない人も多いのでは❔と思うのですが、ステロイドって、人間の体内で作られている物質です。脱ステを提唱している病院ではステロイドが本来体内で作られているものだとかそういう話はしてくれているんでしょうか❔そこは詳しく分かりませんが…。