彼女は泣いていた。

 

3日間ありがとね。

 

余計に泣いてしまった。

 

楽しかった?

 

彼女は頷いてくれた。

 

楽しかったなら笑ってよ。

楽しんでくれたらなら自分は幸せだ。

 

なんで泣くの?

 

もう今日で会わないの?

 

彼女は否定も肯定もしなかった。

ただ泣いていた。


また泣かせてしまった。

 

今日で最後だという涙なのか。

自分とバイバイするのが寂しい涙なのか。


自分は今回は彼女に涙は見せないと決めていた。


二人の夢を叶える為の旅。前向きな。

だからずっと笑っているって決めていた。


泣きそうになったけどなんとか堪えたんだ。

 

気が付いたら眠ってしまっていた。

 

夜中に目が覚めると隣で彼女が眠っている。

何も言わずに帰ってしまうかもと思っていた。

しかし、彼女は確かに隣で寝息をたてている。

 

しまった彼女を帰すはずが.....

 

再び気付くと青空だった。