2021年4月1日(木)



〈Eテレ〉
📺️おじゃる丸
▽24ー2:子鬼たち あっさりシャクを取り返す【初回2021年4月1日(木)】

▽脚本:福嶋幸典
▽絵コンテ:小野勝己
▽演出:牛草健
▽作画監督・原画:ときながよしゆき
▽動画:櫻井亜季・甲斐根寛幸

・まっすぐ向(む)かっていった子鬼(こおに)トリオが、おじゃる丸のシャクをあっさり取(と)り返(かえ)してしまった!でも、おじゃる丸は「ま、あわてることないでおじゃる」とのんびりモード。シャクを手にした子鬼トリオは大よろこび。あとは満月(まんげつ)ロードを通ってエンマ大王にシャクをわたすだけだ!と月夜が池に走る子鬼トリオ。しかし、着(つ)いてびっくり!なんと今夜は月が細すぎて満月ロードが通れない!?(公式HPより


✏️おはなし



・おじゃる丸の前に立ちはだかる子鬼トリオ。今日の作戦は「まっすぐ作戦」、文字通りおじゃる丸へまっすぐ突っ込む子鬼トリオ、激しい土煙、そしてキスケの手にシャクが。
まさかの展開に驚く電ボ。奪い返される前に引き上げる子鬼トリオ。しかし当のおじゃる丸は「まっ、慌てることないでおじゃる」




・テントに戻った子鬼トリオ。おじゃる丸が来てないことを確認、あとは満月ロードを通ってエンマ界へ行き、エンマ様にシャクを返すだけ。
月夜が池にやって来た子鬼トリオ、しかし今夜は満月ではない模様。細くては引っ掛かって通れず、次の満月までアオベエの計算だと10日ほど先らしく慌てる子鬼トリオ。
その様子を陰から伺っていた電ボ、細い月を通れるのは小さきものだけ、おじゃる丸の余裕の態度にも納得



・月カレンダーを作ったアオベエ。これで満月の日への備えも万全と寝ようとするが、なにやら落ち着かない様子。シャクに紐を付けてみるも少しの物音で起きてしまう子鬼トリオ。




・翌朝。睡眠不足の子鬼トリオ。とはいえもうシャクを取り返しに行く必要も無いのでアカネとキスケは鬼が山へ遊びに行こうとするが、油断は禁物、とアオベエ。
「どこからおじゃる丸がシャクを奪いに来るかわからないでゴンスからな。不要不急の外出は控えた方がいいでゴンス(アオベエ」
フヨーフキュー?なキスケに「絶対出なきゃ行けない理由がない限り、外には出ない方がいいってことだよ」と説明するアカネ。これからは買い物も3日に1回、満月までテントの中で過ごす事に。




・朝からのババ抜きに飽きる子鬼トリオ。今度は7並べ、とアオベエ。そんなこんなでようやく初日終了。このままでは気が滅入る、とアカネ。もしかしてもう満月かも、とキスケ。
月夜が池に確認に向かうと、月は満月どころか更に細く。ようやく気付いたアオベエ、あの時見たのは新月へ向かう月。そこから満月までとなるとかなり先。「そんなに長い間テントに篭ってるなんて出来ないっピ~!(キスケ」
という事で、次の満月までシャクを一旦おじゃる丸に返す子鬼トリオ。






・しばらくして。ようやく迎えた満月の日。あれから子鬼トリオはシャクの事は忘れて毎日楽しんでいたらしい。
いざ本番、おじゃる丸の前に立ち塞がろうとするが、おじゃる丸は既に通り過ぎたあと。ならばと合体しようとするも何度やってもポーズが決まらず。「休み過ぎてわからなくなったっピ(キスケ」
そんな彼らを横目にそのまま立ち去るおじゃる丸。「やっぱり毎日必ずシャクを取り返しに来ないといけないでゴンスなぁ…(アオベエ」というお話。


📝あらすじからしておそらく明日もだと思いますが、コロナ禍ですら積極的にネタにしていくスタイル、こういうところも実におじゃる丸らしいですね。いずれリモートネタとかもやるかも。
あと新EDに関して、冒頭と終わりの台詞が昨日とは別Ver.という驚きも。こういうパターンは初だと思いますが、いくつあるのか。週3日なので3パターンあるかも知れない。