【ネタバレビュー】『キャプテン・マーベル』マーベルの名を持つ最強ヒーローの誕生 | 5296kouitiの映画ネタバレビュー

5296kouitiの映画ネタバレビュー

年間40本映画館で観るアラサー男のレビューブログです。
こちらのブログは紹介で、リンク先でレビューという形になります。

 

TOHOシネマズ市川にて鑑賞。

 

待ちに待った今年初めのMCU映画!!今年はフェーズ3最後の『アベンジャーズ・エンドゲーム』とフェーズ4の始まり『スパイダーマン・ファー・フロム・ホーム』です。

 

まずあらすじですね (公式HPより抜粋)

 

アイアンマンに続き、今後のマーベル・ヒーローの中心人物となる“キャプテン・マーベル”。
アベンジャーズ誕生の鍵を握る彼女の、新時代を象徴するヒーロー伝説がついに始まる!

記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。
彼女の過去に隠された “秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。
自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、
彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。
果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?
そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?
禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

 

 

 

 

主演はブリー・ラーソン!(キャプテン・マーベル/キャロル・ダンバース)

 
2015年公開の『ルーム』という作品でアカデミー賞主演女優賞を取った実力が認められた女優さんです。
キングコング髑髏島の巨神』にもでていました。今回演技を見るのが初なのですが、マーベル最強ヒーローの風格は予告編を見る限り持ち合わせています。
余談ですが、観ている間角度の問題なのかちょいちょいLILIKOに似てね?と思ったのは僕だけじゃないはず!!
 

若きエージェント時代ニック・ヒューリーにサミュエル・L・ジャクソン!

 
この人どんだけ出てんだ?ってくらいよく見る俳優さん。
今回は1990年代の設定なので若きエージェントでの出演で実年齢は70歳なのでVFXによって若返りを施しています。
制作チームはサミュエルが90年代の作品を参考に若返らしたらしいのですが全く違和感なく入り込めました。制作チームすげえと思いながら観てたので良い意味で気になってました。
 

キャロル所属スターフォース司令官にジュード・ロウ

 
昨年の『ファンタビ2』での出演が記憶に新しいジュード・ロウ様。僕は2006年公開の『ホリデイ』がむちゃくちゃ好きでロウ様マジでかっこいいんすよ。
「ホリデイ 映画」の画像検索結果
心がほっこりする映画で前向きになりたいときに観てほしいです。ぜひ。
 
今回はクリー人の部隊スターフォースの司令官でリーダーシップ溢れるキャラクターです。
 
 
 
他にも『キャプテンアメリカ』、ドラマ版MCU『エージェント・オブ・シールド』のコールソン(クラーク・グレッグ)も若返っていたり、S.H.I.E.L.D.の長官役に『ローグワン』や『レディプレイヤー1』で悪役だったベン・メンデルソーンも。
 
マーベル最強ヒーローで『エンドゲーム』の橋渡し役的な本作、下記URLからネタバレビューです。
 

ネタバレビューはこちら