おひつじ座おひつじ座 おひつじ座 おひつじ座おひつじ座

・前半は、数をこなすよりも中身を重視してお過ごしになるようにして下さい。
良い流れに乗れそうですが、流れの良さに気を良くして過ごしていると、肝心の中身の確認が手薄になってしまいそう。
中身が伴わないようでしたら、少しペースを下げて対応していくようにして下さい。
雑な印象にならないように、一つ一つの事を丁寧になさると良さそうです。

おうし座おうし座 おうし座 おうし座おうし座

・前半は、新しく目的となるものを見つけそう。
その目的はあなたをより繁栄させるものになりそうです。
目指したいものを見つけたら、具体的に活動していく為にも目標をしっかり立てましょう。
新たなものの登場のおかげで、あなたにはイキイキした活力が湧いてくるでしょう。

ふたご座ふたご座 ふたご座 ふたご座ふたご座

・前半は、一つの視点にこだわってしまうと、マイナス思考に捉われやすくなってしまいそう。
多彩な視点から物事を理解していくようにして、悲観的な思い込みをしないようになさって下さい。
これはご自分のことだけでなく、周囲の人の事でも同じことが言えそうです。
誰かに相談などをされた時は、相手の悲観に同調せずに、発想の転換を用いて元気づけてあげましょう。

かに座かに座 かに座 かに座かに座

・前半は、誰に対してでも合わせられるようになりましょう。
一見協調性があるように見えるかに座さんですが、協調性が働くのは好感が持てる相手にで、
苦手な方に対しては、密かに避けがちになったりしがちに。
9月前半は、色々なタイプの方に対して、分け隔てなくお付き合いできるように頑張ってみましょう。
ワンランク上の社交術が持てれば、今後の人付き合いにプラスになります。

しし座しし座 しし座 しし座しし座

・前半は、今までのやり方以外に、新たなやり方を取り入れてみると良さそうです。
今までのやり方のままでも大きな問題にはならなそうですが、大きな問題にならない事を継続する事が、進歩のさまたげになっているのかもしれません。
新しい情報に目と耳を傾けて、良い案がないかお探しになってみて下さい。
何かを取り入れる事によって、充実度が更に増しそうです。

おとめ座おとめ座 おとめ座 おとめ座おとめ座

・前半は心境の変化がありそうです。
大切だったものが大切でなくなり、意識していなかったものに強烈に惹かれるようになったりなど。
その変化はあなたが進歩しつつあることの暗示です。
動揺する気持ちは抑えて思い切った決断をしていきましょう。現状を維持するよりも、良い結果につながります。

てんびん座てんびん座 てんびん座 てんびん座てんびん座

・前半は、人のふり見て我がふり直しながらお過ごしになると良さそうです。
どうやら周囲に成長まっ盛りの人が増えそうな気配。
その人たちは、注意を受けたり怒られたりしながらも、克服しようと一生懸命になっていそう。
人の失敗を他人事として流すのではなく、ご自分の身に置き換えて考えていくようになさって下さい。

さそり座さそり座 さそり座 さそり座さそり座

・前半は、尊敬や関心を抱く相手に接近してみると良さそうです。
その様な方に近づく事で、その方との関係が深まったり、良い事を学べたりなどが出来そうです。
お相手に、ご自分の気持ちをストレートにお伝えになってみても良いでしょう。
あなたがどれだけ好意的に思っているのかがお相手に伝われば、信頼で結ばれる事は間違いなさそうです。

いて座いて座 いて座 いて座いて座

・前半は、自信を失いやすくなりそうです。
そんな不安に襲われた時は、そうなってしまったキッカケを冷静に考えてみてみましょう。
原因が判明したら、それを避けずに練習なりして克服してみると良さそうです。
いて座さんはファイターなのできっと大丈夫!持ち前の前向き精神で頑張ってみましょう。

やぎ座やぎ座 やぎ座 やぎ座やぎ座

・前半は、今までとは違った要素を取り入れてみると良さそうです。
何か斬新なモノが目に止まったら、それを採用するなり手に取ってみて下さい。
今までのご自分に新たなモノが加わることで良くなりそうです。
真逆のものに目を向けてみても良さそうです。
仕事一点だった方は余暇に、勉強漬けの方はオシャレに目を向けてみるなどすると良さそうです。

みずがめ座みずがめ座 みずがめ座 みずがめ座みずがめ座

・前半は、耐え難いものも耐え抜くような強さを発揮できそうです。
その為には目的意識をしっかり持っていると良さそうです。
するとどんなに難しいケースに遭遇したとしても、心を折らずに突き進んでいく事ができそうです。
何の為にそれをするのか。常にその考えを頭に置いておくと良さそうです。

うお座うお座 うお座 うお座うお座

・前半は、情に訴えるような事をすると、予想以上にお相手を不安にさせてしまいそうなので注意なさって下さい。
ご自分の気持ちを訴えたりするのは少し控えた方が良さそうです。
感情に左右されずに、状況に応じた行動を取るように心掛けてみて下さい。
例えば泣きたい様な心境の時だったとしても、やらなければならない事があったらなるべく弱音は吐かない様にして、
やるべき事に意識を向けて取り組みましょう。
 

ポチッと一票お願いします(*'-'*)花


人気ブログランキング