開店前の挨拶の謎

開店前の挨拶の謎

 

今回の内容はあまり大きな声では言えないのですが・・・。

 

不思議がられる事なんすが、実はわたくし、開店前に自動ドアの所に立って、お客様へご挨拶をしているのです。

 

ちょっと分かりにくい言い方になったかと思いますが、店舗の開店は10時からなんですが、
お化粧室が9時30分から利用可なので、お客様の館内への出入りが結構あるのです。

それで自主的に自動扉の所に立って、お客様への挨拶やご案内を行っているのです。

 

※自主的にやってる事なので、ルール違反かもしれないので、あまり大きな声では言えないのです。
営業部の方々もご存じなのですが、注意された事が無いので、続けさせて頂いております。←ココ、ズウズウシイ。

 

で、なぜ私はこんな事をやってるかと言いますと。
地域の方々と占い師さんの距離を縮めたいという思いがあるのです!

実は、占い師さんとして商業施設の店舗に座った時に見た、人々の反応に驚いたのです∑(゚Д゚)

 

私は以前、病院の受付や歯医者さんなどで働いていたのですが、こー言っちゃーあれですが、患者さんとは円満な関係を築けていて、患者さんが寄ってくるタイプの受付さんだったのですが、それが占い師という肩書になったら、お客様が私を避けるのです・・・。

 

自分としては何も変わってないつもりだったのですが、仕事が変わると、人の反応がこうも違うんだ・・・と淋しく感じました。

 

ここまで書いて良いのか悩むところですが・・・。

目は合わないし、占い師がいると、避ける避ける!サケナイデ-!!
これは病院の受付時代には見た事が反応でして、病院時代は逆で、患者さんに捕まる捕まる!ただのお喋りにも捕まる。

(以前見られるのが辛い件に触れた事がありますが、それは否定的な言葉とともに見られるのはキツいというものなので、相反する発言に感じれるかもしれないですが、すみません。)

 

人々の占い師に対する警戒心なのかな~?
やっぱ、占い師さんは距離感が出してしまう職種なんだな~と思った訳ですよ。

まー病院の受付さんの時のようまでは難しいとは思いますが、ちょっとは、地域の方々との距離を縮めたいと思ったんです。
第一に、商業施設で働く店員なので、お客様から声をかけやすいスタッフに成長しないと!キアイマンマ-ン!

 

で、ご挨拶に立ってみようと考えた訳です。
朝の挨拶もご案内も、総合病院の受付時代にやってた事なので、その経験が役立ってます。

 

今はもちろん顔なじみの方もいますし、観光などでお越しの方もいらっしゃいます。
朝の挨拶は楽しいです。たった一言ですが、やっぱり人との触れ合いは大事だな~と思います。
「ごくろんさん!」なんて言って頂けると、嬉しくなります。

 

地味な活動かもしれないですが、こういった事も大切にして、占い師さんとして経験を積んで行こうと思います!

 

応援ポッチお願いします(*'-'*)花