占い師の葛藤

占い師の葛藤。


以前、とある方から「これからどうしようか悩んでる。」みたいな質問をされまして。
私はとある時期を指摘して、「そこで人生に変化が起こるから、それが起きてから考えましょう。」と答えました。

 

で、待ちに待ったとある時期が到来したのと同時に、トントン拍子に新しい会社とのご縁が現れた訳ですよ!

 

「先生!どうしよう!?挑戦するべき?」みたいな質問を頂きまして。
出した答えはもちろん「イエス!」でした。

 

が、実はりょーちゃんは知っていたのです。
その会社は人におススメできるような会社じゃないと・・・。

 

りょーちゃんとしての本音は、
「え!?よりによってソコと縁が出ちゃった!?ヤバ過ぎるから、絶対やめときな。」

 

しかし、別ルートで得てた情報を鑑定に持ちこむ事はやってはいけない事だし、何より、その人の重大な転機のタイミングで浮上した縁を、鑑定師の個人的な感情で否定するなんては絶対にやってはいけない事であって。

 

りょーちゃんとしては両足をタックルしてでも阻止したい所でしたが!
森乃先生として、普段通りに運勢を説明して背中を押しました。

 

その方が言った「先生がそう言ってくれるなら、私、やってみようと思います!」には、内心グサーってきたのですが・・・。

 

で、案の定、超いばらの道になってしまったようです。
ゲッソリしてしまったし、あんなに暗い表情をする人じゃなかったのに、すっかり弱り果ててしまって・・・。

りょーちゃんを襲った罪悪感の凄いこと凄いこと。

 

案の定、「私、やっていく自信が無くなってしまいました・・・」と涙目で相談されて。

 

りょーちゃんとして思いました。
「だよね!?大変だよね!?もう辞めちゃいな!ごめんね~辛い思いをさせちゃう事になっちゃって!!」

 

でも森乃先生としてはそんな事は言えなくて、
「大事な時に出会ったところですから、まだやれることはあるはずですよ。
頑張れば道は開けるはずですから、勇気を出して自分の気持ちを正直に伝えてみては?」みたいな事を言って、まだまだ頑張れと伝えました。

 

どれだけ心苦しかった事か。
でも占い師としては、占星術とその人がやりのけてくれる事を信じるしかなく。

 

で、久々にお会いしたら、
「先生~ほんと良かったですよ~!なんとか頑張って楽しくなってきました~!報告がしたかったんです~!」

と!なんとも驚く報告が聞けました~!!

 

いや~森乃りょーちゃんは言いましたよ!
「運勢が良いからって簡単に開けるってもんじゃないんですよ。そこにはやっぱりご自分の努力が必要で。
あの会社を動かしたのは本当に凄い事ですよ!(←超本音)人生の誇りにして下さい!!!!」

 

あ~本当に良かった~!
見守るしかできない事が、どれだけ歯がゆいことか。

 

たまたま個人的に知ってる会社だったので、とても鑑定がやりにくかったのですが、個人的な感情を抑えて背中を押さなければならない時もある。

 

本当に貴重な経験でした。

 

応援ポッチお願いします(*'-'*)花