花今回は、7月26日更新の満月のメッセージの続編になっております。

先にそちらをお読み頂けた方が、もっと楽しめると思います。→7/26はコチラ

 

新月時刻 9月10日 3時頃
サビアンシンボル・おとめ座18度~ウィジャ盤(西洋版こっくりさん)~

 

冷たい視線。冷たい仕打ち。

まるで人生は砂漠のよう。

 

歩けど歩けど、オアシスには辿り着けず。
果てしなく続く不毛な日々で、心が枯れてしまいそうになる。

 

冷たい視線。冷たい仕打ち。

まるで人生は雨降りのよう。

 

温めても温めても、寒さで心が凍りつく。
それでも果てしない旅を続けているのは、心の中に予感があるから。

 

不思議な予感・・・。
不思議なぬくもり・・・。

 

それを感じるようになったのは、夜中に悪夢にうなされて目覚めたあの時から。
灰色の巨大な雲の隙間に見えた、黄色に輝く星の美しさは、今も鮮明に覚えてる。

 

あの時から心の中に予感が芽生え、ふとした時に不思議なぬくもりを感じ・・・。
私はどこかに向かっていると予感がするように。

 

それでも続く冷たい視線と冷たい仕打ち。

まるで人生は難破船。

 

太刀打ちできない荒波に、人生が潰されてしまいそうになるけれど、
それでも前を向いていられるのは、あの夜に見た星が心の支えになっているから。

 

導かれるままにさ迷い続け・・・
・・・あの夜に見た星が、心の支え。

 

きっと彼は待っている。
運命の扉は開くはず・・・。

 


~解説~

サビアンシンボル・ウィジャ盤には、無意識からの導きを受信、未来を示す羅針盤などの意味があります。
今回のメッセージを書いたのが7月末の満月のメッセージが更新された日で、内容がちょうど良かったので続編にしてみました。
無意識からの導きって、実際には予感として感じられるものなのかな?と思いまして、今回は予感をテーマに書いてみました。
って!前回のを読み返してみたら、前回のも予感を感じ取ったシーンをテーマにしてましたね。
先祖の委員会・ウィジャ盤。ほほー私も見えない何かに導かれ、予感の物語を書いていたのかな?
皆さまの元にも、いい予感が訪れますように~☆"

 

応援ポッチお願いします(*'-'*)花