自分と同じ干支の年は、律音か金鎖殺か | 四柱推命・運命学講師の『自分らしく生き、起業して飛躍する方法』

四柱推命・運命学講師の『自分らしく生き、起業して飛躍する方法』

四柱推命を当たり前のように使いながら人を幸せにできる人を、日本中に増やしたい!四柱推命を、スタンダードにして、人も国も更に豊かに。

随時相談を受け付けているLINE@から
メッセージを頂きましたので回答させて頂きます。
 
クローバー相談内容
「いつもブログを読ませて頂いています。 独学で四柱推命を勉強しているのです。 
父親の命式と大運、年運をみていると、来年は日干が己亥の父は金鎖殺になります。 
また、大運が癸卯 偏財 病、年運が己亥 比肩 胎になります。
命式の中に亥が3つあり、さらに年運で巡ってくるし、しかも自星の比肩。 
私が本や四柱推命のブログで独学で勉強した知識の範囲内では注意が必要な年なのではないかなぁと不安になります。 
星先生、父親の来年の運勢や気をつけた方が良いことを教えてください。 よろしくお願いします。 
父親の生年月日は 1947年11月16日生時は不明です。」


まず、
>父親の命式と大運、年運をみていると、来年は日干が己亥の父は金鎖殺になります。 
についてですが、
 
鳥海流では
自分の日干支と同じ干支が巡ってきたときは
『律音』と言って最高の時期であるという観方をします。
 

 
なぜ、流派によって観方の良し悪しまでが違うのかというと
それはその流派の考え方や先生の経験によるものです。
 
実際、『律音(金鎖殺)』の時に
良いことが起きた事例も良くないことが起きた事例も
両方あります。
 
ある流派の説明では、次のような説明があります。
 
「律音(金鎖殺)は、新しい旅立ちをするという意味があるので、良くないと思える事象も起きる。
生活を変えざるをえないようなことが発生しても、やっていることを変わらず続ける方もいる。
そういった方は、一つの道で大成すると言われている」
 
要は、律音の時期は、
自分自身と全く同じ空気が流れているので
 
継続してやり続けている人は
まさに自分がその時期においては第一人者となり、
 
環境を変える人は
新たな自分に生まれ変わりステージアップする
ということでしょう。
 
ステージアップとは、
これまでの自分を捨てるということですので
その時は良くないと思えるようなことも起きます。
 
ですが、それは必要な事であり
どん底を味わうような出来事は
長い目で見ると起きた方が良いのです。
 
真の幸福を掴んでいる人は
そのような経験を何度もしているので
それは良い過程なのです。
 
だから、律音は自分にとって
最高の時期なのです。
 
一見、良くないと思えることでも
いかに最高の出来事だと気付けるか、ですね。
 
悪いと思えば悪くなりますし
良いと思えば良くなるのです。
 
次回は
「大運が癸卯 偏財 病、年運が己亥 比肩 胎になります。
命式の中に亥が3つあり、さらに年運で巡ってくるし、しかも自星の比肩」
という部分についての回答です。


 
 

世の中がより素敵になり

みなさんがより幸せになりますように(-人-)

 

下矢印四柱推命をみれるようになりたい・もっと詳しく知りたい方へ

👆周りの人を幸せにしたい方、四柱推命の知識をシンプルにしっかり身に付けたい方にお勧めです。

 

下矢印運任せ・一時的・不幸な成功者ではなく、幸福度を上げながら安定する経営技術を身に付けたい個人事業の方へ

 

 

下矢印人生を根底から好転させるイベント

⇒9/16(日)渋谷の上映会は、小田さん・ちこさんのトークショーもあります。

 

 ★鑑定をご希望の方へ

▼起業・事業や方向性に関する相談

 ⇒こちらより、対面鑑定をご依頼ください。

▼恋愛系の相談

 ⇒星ゆかりの恋愛セッションをお勧めします。

 ※モニター募集中 ブログはこちら

▼それ以外の鑑定希望

 ⇒受講生さんたちの鑑定をご活用ください。(こちらに一部紹介しています)

 

▼ブログの一押し記事受信と、LINE@限定無料相談はこちら

※無料相談は、いつどんな回答でも良い場合にのみご利用ください。匿名でブログにて回答させて頂きます。