かけこみ

テーマ:
街。人ごみ。時間。エゴ。

急いで帰りたい。


でも間に合わないかもしれない。


人ごみを掻き分けて駆け込む、電車に。


帰り道、次の電車は10分後。
発車しそうな電車に『待て』と命令するかのように、走っている人。
10分、無駄にしたくない。

その10分で、あなたは何が出来ますか。
大切な人を幸せに出来ますか。
それ以外の人々も、満足出来ますか。
急いでいる理由は、何ですか。

何も変えられないのなら、諦めたほうがいいでしょう。


時間の管理はきちんとしましょう、メディア露出のために忙しかったころの某IT会社社長のように。

そうでもなければ、ゆとりを大切にしてください。


時には、お金よりも『ゆとり』の方が大切だと思うことがあります。
周りに流されないために、ゆとりが必要。



時間を取り戻せないような状況に追い詰められたときは仕方かも知れないけど、無意味に忙しい人のふりをするのは、正直かっこよくない。

自分の時間を有効にするのは自由だけど、そのために他人に迷惑をかけるのはやめましょう。
AD

本当の気持ち

テーマ:
早いもので、5月12日の奈良 NEVERLANDまで、あと3日になりました。

もうすぐTHE BACK HORNに会えます。
もちろん、彼らの曲を生で聴けるのが、楽しみです。

同時に、自分自身の溜まりに溜まったものを吐き出すために動くライブにもしたい。
5月12日、新しい日々を歩くための記念日にしたい。

そして、いつしか、新しい自分になるんだ。

一人で歩まずに、二人で、共に歩む。


昔の自分じゃ、こんな考え方は出来なかった。
これも、大切な人に出会えたおかげです。

全てを清算して、生きる価値を見出だしたいです。



なんだか、アルバム『太陽の中の生活』とオーバーラップする部分がかなりあるなぁ。。
実際に、大切な人と出会ったのも、太陽の中の生活に出会ったのも、すべてTHE BACK HORNがあったから。




本当に、ありがとう。


気がつくと、THE BACK HORNのメンバーの皆さんに読んでもらいたい文章になっていました。
これが今の僕の本当の気持ちです。


このブログを読んでくれたみなさま、純粋な気持ちで読んでいただければ幸いです。
AD

冷めた熱を温める

テーマ:
相手が冷める時

ありますよね

なんだか急に熱が引いた時って、自分からすれば怖い

その時反省出来ていればいいんだけど、気付かずにいるのは問題外です
相手の気持ちを理解する
大切なことでしょう


何も変わらずにアホなままでいるのは絶対にいけません


で…反省しているとします
この場合、本音で伝えようとしても、相手にはフィルターがかかっていますから、なかなか浸透しにくいのが問題です

気持ちを一つ一つ、大切にして重ねていくしかないと思います。

こういう時、口下手な人は不利なんだよなぁ…

口下手を克服するための、試練になります
熱を込めて伝えられればいいのになあと思います



…まぁ、やるだけのことを命かけて精一杯やるだけです
AD

ゴミと携帯電話

テーマ:

今日は三宮にメガネを見に行きました。

というか、メガネが折れちゃっていたので、治してくれないかなぁ・・・と


「大丈夫じゃないですね」といわれましたorz


レンズだけ残して、フレームだけ変えれたらいいかなぁ、と思っています。



その道程にて思った。


「要らなくなった物を捨てるには、ゴミ箱もしくはゴミ集積場に持っていかなくてはいけないけど、人間との関係を断ち切るには、携帯のメモリを消してしまうだけで済む」と。


職場や学校とかではうまくいかないだろうけど、実に恐ろしいもんだ・・・

ああ また夢か

テーマ:
今日は、豪華、三本立てです。

・『携帯、一瞬にシテただのハコ』


vodafone 3G携帯を使って早一年と四ヵ月弱。

このvodafone、WCDMA方式でDoCoMoのFOMA同様、カードを本体に取り付けてネットワーク接続を行っています。

そのカード、USIMカードというのですが、突如、電源が切れ、USIM未接続という表記がディスプレイに出る時があります。


この時、何もボタン無効。

圏外となり、電話もメールもできません。。


携帯が一枚のカード(ICチップ)で左右されるのって、なんだかなぁ。。



しかし8月に機種変予定の新携帯は、またしても3G。

パケット定額が便利だから、それだけの理由です。

別に、着うただとかメッセンジャーだとか、そこまで余計な機能は要りません。

年とった自分がいます。



・『ああまた夢か』


人と人との付き合いは難しく、とりわけ友達を作るのが下手くそな僕は、あまり友達がいません。

なんでだろう、選ぶからかな。
選ばれることがないから、選ぶ。


なんだか、利用されていてそれに気付かない時が多い自分を、バカだと思う時があります。

『遊んだってんねんで』といつの間にかそういう気分に変わる奴、死んだほうがましです。

相手がそういうつもりであることに気付くのは、遊ばなくなってからです。
進学とか就職とか、気がつけば人は変わってしまう瞬間が空しい。

仲良くしていた日々は、夢だったのか。
と、何度も夢から覚めさせられた事があります。


そんな中でも、信用していた(させられていた)人に、は裏切られた時は、心に大きな穴が空いたような気持ちになりますが、繰り替えされると、はぁ。という溜息しか出なくなります。

ただ、うまく乗せられて、利用されて、そしてそれらをこっちが気付いた時には化けの皮を剥がす人間。

二度と、出会いたくない。


一番欲しい友達を強いて挙げてみるとするならば、お互いに認めあって、馬鹿出来て、楽しめる友達。
ニーズが合うというか波長が同じというか…


なんだか、無理して合わさずに済む友達がいたらいいな。


もしくは、凄い個性的だけどアクが強くなく尊敬できるような人とか…



なかなかそんな出会いはないだろうけど。

夢で終わらせない友達。
いつまでも繋がりを…

・『百貨店の地下』

帰り道、神戸そごうの地下に寄りました。
めっちゃ面白いですやん。

美味しそうな食材や惣菜、お菓子。
普段見ないものばかりだからか、凄く新鮮に見えました。

以前、親から『ケーキ買ってきて』と頼まれた時、ここで御影高杉のケーキを買ったのですが、やはりありました御影高杉。

美味しそうでした。としか言いようがない。

そして、見てしまいました。


…お菓子、値札、4200円。


くだらないシャレが好きな僕ですが、あえてこういいます。


たっけぇ!!!!




で、明日から福井にある母の実家に持っていく贈り物を探しに行きました。

フロアを一周した後、僕はいかなごを買いました。


なんだか、普通のお店で買うのと違って、かなり心地良い。

気持ちを込めて作った品々・そして気持ちを込めて売っているだからこそ、贈り物なんだな、と売り場の雰囲気から思いました。

癒されます。


PHOTO:そごう at 白浜町・和歌山