• 30 Apr
    • BaseBallWeekend★

      海浜幕張のQVCスタジアム。昨日ロッテ戦を観戦してすぐ近くのAPAHOTEL泊。ここに来るのは二回目。TDLでフラを踊る予定が延期になり、当時彼だった主人とフラのご褒美に宿泊するつもりでご褒美だけになったのでした。その日も大きめの地震があって、50階以上ある建物がゆらゆら揺れて怖かった。なので今回は28階と低めに宿泊。昨日は被災地東北でも野球やサッカー。テレビではフィギアとスポーツ観戦日和でしたね。「誰かのために頑張る人は強い」という東北楽天の嶋選手の言葉が印象的でした。自分が出来ること。HOTELのアメニティを被災地の人宛に 自分の分は使わないようにしました。少しずつ寄せていけば役立つかもしれないから。今回、メールを使いこなせない人が支援不足になっているようで、避難所としての形すらないという事実を知りました。現地が見えない。鳥みたいに上から見られたらな。立ち上がり、歩き出すのは被災地の人。それまでは根気よく少しでも何か送っていこう。メール便に入るものなら160円で届く。それにハガキを入れて、状況を知らせて貰う。そんな繰り返しでも前に進めたい。趣味のフラ。誰かのためにってあまり意識した事がなかった。だけどこれから出るイベントは、意識していきたいと思いました。10月の所沢のイベントも。

      テーマ:
  • 28 Apr
    • 休前日。

      いい響き。ウキウキする?ほっとする?今日は後者かな。昨日で震災から、四十九日が過ぎていました。今の自分。想定だにしていなかった。生きてること。心穏やかなこと。いろんな事が、テトリスのようにうまく噛み合って ストーンッと一気にブロックがなくなったような感じ。もやもやが晴れ、スッキリしたかんじ。この、空みたいに。小さな積み重ねも、おこるべくして起きてる。もしくは起こしてる。そして何よりも受け入れている。そう感じた時を、しあわせと言うのかな。無理はしません。慌てません。長い道のりだから。そのかわり、いつ終わりになるかわからない道だから、道草も愛おしみながら大事に生きていきます。明日はデーゲーム。BaseBallWeekend♪ BaseBallWeekend♪ あ。ユニコーン聴きたい。夕暮れ時の、スカイツリー。日本は朝焼けと夕焼けが似合います。

      テーマ:
  • 27 Apr
    • ダイエット成果☆

      去年の4月に主人が異動で内勤になって、お弁当生活がはじまり、気付いたら一年。目に見えて ダイエットに成功した主人は、昨日の健康診断でちょっとしたヒーローだったようです。検査を受けるたび、「何があったんですか!」と事情を聞かれ、相当褒められて来たらしく、施設内に張り出されていた「どの食品にカロリーが高いか、どの調理法がカロリーアップになるか」をあらわす表をずっと見入ってたんだとか。最初の一ヶ月は朝、黒豆をたべてました。その後は豆腐メインに。つまりは炭水化物ダイエット。ご飯は昼のお弁当だけ。周りに話すと 「ごはん食べないの?」と、ものすごくびっくりされますが、幸いご飯を食べないおかげで米が店頭になくてもあまり気にしないで暮らせました。糖をとりすぎる、現代の食生活。つくづくいろいろ見直すところがあったんだなぁと実感。おかげさまで、去年も今年に入ってからも風邪知らずでいられてます。免疫も上がったかな。ちなみに主人、去年から8キロ減。私は4キロ減。ダイエットはまだまだつづきます☆ 痩せるというよりは、健康維持のために!

      2
      テーマ:
  • 26 Apr
    • 愛の支援

      実家に物資の協力をおねがいしたら、父が勤め先の市場でいろいろ買い求めて寄付してくれました。業務用の漬け物4袋、とろろこんぶ1袋、お吸い物の素100杯分、それと家にあっためんつゆ。家にあるもので、よかったのに。。。「今は、ちょっと余裕があるから寄付だと思えばいいのよ」と母。だけど帰り際父が「●●さん(主人の名前)が反対しない程度に無理しちゃだめだよ」と心配してくれました。結局、物資も重いからと原付で運んでくれました。ごめんね。なんだか迷惑かけちゃったかな。「言わなければよかったね」と、ちょっと申し訳なく思いつつ、頂いた物が嬉しくて帰りのバスの中でうるっとしました。母に事情を話したら、「その実情、どうにかならないものかね」と、真剣に心配していました。両親の心配は、わかります。だって一人でかき集めたって支援できやしませんもの。ただ、集めてるという事実を実感として誰かに伝えてそれが広がってくれて、例えば気仙沼高校に届いた物資がスマイル館をとおさなくても家屋で被災生活を送っている方々に届いてくれたらいい。今私たちが送っているのは、エールであり、共感であり、手助けの気持ちであり、愛なのだ。だからこそ、大事に届けなくちゃいけないのだ。しくみをどうにかしなきゃ。ちょっと離れたところで正常に機能しているスーパーがあるとしたら、そこから物資が行くように多くの人の力を合わせる事はできないのか。物資もずっと送り続けられるものでもない。被災地の方々が、物資から気持ちを受け取って、自らの頭で考え、自らの足で立ち上がって前に進んで行けるようにならなければ。仕送りをする、親の気持ちだろうか。転ばないように、私たちが見守るから。どうか負けないで立ち上がって欲しい。そのための、愛の支援。気持ちを伝えていけたらいいね。

      テーマ:
    • ★急募★スマイル館支援:27日必着

      突然の支援要請をさせていただきます。 とあるコミュの掲示から、 一人の女性と知り合いました。 さちこ(名字はふせておきます)さんとおっしゃる方です。 保険の代理店をされており、 職業柄現地の被災者の方々をサポートされています。 たまたま震災当日、 気仙沼の海側の道ではなく 「混んでるから山側に行こう」ということで 車を走らせたことで、今、この世にいると ご本人はそのとき山側を案内された 77才の女性と一緒になって被災者支援をしています。 幸い、ライフラインはあり、交通も電気も水道も 問題ないそうですが、 漁業を営んでいた方、高齢の方、等々、 家が全壊した方が30世帯。 それぞれ食料のある、住める家屋に身を寄せて 暮らしているそうです。 さちこさんご自身も、 年金生活をされており、 一日に2000円のガス代を使い それぞれに見合った量を仕分けして 配っているそうですが、 今までに40人の方に支援を頂いて、 その方々にお礼状をかいたので4万を 使ったそうです。 さちこさん自身、 支援を続けて思うところもあるそうです。 支援をあてにし始めてる方も、正直いるそうです。 だからこそ、 自立するまで見守りたい。 ちゃんと自立を促すような活動をと 日々頑張っていらっしゃる様子に 私も微力ながら協力したいと思いました。 そこでお願いです。 まずは私の周りのみなさんへ。 住所をご存知の方は直接27日着でご協力願います。 もし、新たに送ってくださりたい方は 私に一報ください。 やみくもに支援するのではなく、 きちんと心を込めて支援がしたい。 そう思っていました。 さちこさんをパートナーとして、 現地と文通しながら支援できると考えました。 ご協力頂ける方、おまちしております。 ****** 支援先:宮城県気仙沼市常楽(なんて素敵な地名!) 必要物資:28日に発送するつもりでヒアリングしました。 ●調味料 ●海苔や保存のきくもの ●缶詰やレトルト食品(カレーが喜ばれるそうです) ●ゼリーやフルーツ缶 ●書き損じのはがき(返信用に喜ばれます) ●文具(書くものと書かれるもの) ******* さちこさんは、私の母親くらいの年齢です。 そんな方が、77歳の方と一緒にがんばっています。 無理のない範囲で私がやりとりをしますので、 ご協力のほどお願いします。 「こんなのありますが」 って言うのでもいいです!! ちなみに宛先をきいてびっくりしました。 スマイル館というではありませんか!! これはご縁以外のなにものでもありません。 ご協力頂ける方、 ご連絡おまちしております。

      テーマ:
  • 25 Apr
    • かないませんわ♪

      旦那さん、朝からお弁当づくり。張り切っていますサンドイッチらしいのですが、マカロニサラダを私が作ったので協業です。手際がいい、旦那さん。週末、散らかりまくった我が家をテキパキと片付けてくれました。咄嗟の手際のよさ。かないませんわ♪ 助かりました。柴犬が大好きな、旦那さん。私に向けた事のないとろけそうな眼差し。テレビの豆柴にメロメロです。連休中、姪にまた会えるのをひそかに楽しみにしています。姪に会いたくて、早く実家に行くんだとか。あ~ぁ、かないませんわ♪ イヌネコ子供は「飛び道具」と宣伝業界では呼ばれるらしいので、しかたないですけどね。

      2
      テーマ:
  • 24 Apr
    • 38になりました。

      本日、めでたく38とあいなりました。8という数字は好きです。末広がりというか、一番好きなのは24ですが、3も8もめでたい感じなので、38も好き。いずれにせよ、いい一年になることでしょう。年をそれなりに取り、制限を感じたり、ああ、必要とされてないのかなとか、日陰な感じだな、とかそれなりにそんな侘び寂びを感じておりますが、今日一番のプレゼントは、大事な人との関わりが増えたことでしょうか。画像1枚目は、友人にいただいた、旦那さんへのプレゼント。バックは父から頂いた花束です。画像2枚目は、越谷レイクタウンで食べたイタリアンジェラート。旦那さんと、いつものデートです。(お散歩とも言うかな)嵐の土曜日。朝7時すぎに東京についたマイミクなおちゃんとひかるちゃん。彼女たちと終日行動をともにしました。本当は、SmileCafeProjectの報告会にも行く予定だったのですが、嵐で大幅に予定を変更し、六本木タワーに登って、岡本太郎展に行った後、我が家に戻る事となりました。年末以来、2度目の再会。小2のひかるちゃん、ママへの初めてのメール。「ママ大好き♪」だって。六本木タワーで始まったプラネタリウムで願い事を書いて貼ろうという企画。「日本中を明るく元気に」と書いていたのが感動的でした。自分のお願いじゃなくて、みんなのことをちゃんと考えてるんですね、こどもたちも。岡本太郎展の人ごみ具合にはびっくりさせられましたが、やはり彼の情熱はどこか人の心をわくわくさせるようで、私も本を2冊買いました。彼の言葉に、私は情熱を感じます。さすがに若くないので今朝はぐったり10時過ぎにめざめたのですが、母からおめでとうメール。その後すぐに父から電話があり、「お母さんが持っていけって言うから行くね」と、原付でケーキと花束を届けてくれました。男性に花束を送り届けられるなんて。人生初めてじゃなかろうか。(以前、宅配はありましたが、直接手渡されたのは初めてです)さっさと我が家を後にする父。どんないきさつがあったのかな。嫁になっても娘は永遠に娘です。午後になってお散歩がてら、母の日ギフトの物色にレイクタウンへ。アウトレットが出来て、日本一のショッピングモールはさらなる成長を遂げていました。そんな中、イタリア発、高級ジェラートが。湖に面した場所で何とも贅沢な気分で一服する事が出来ました。しあわせって、これくらいで十分です。となりにいる人が、愛しい人なのですから。SmileCafeProjectに関わって、いいインスピレーションを頂いています。10月のイベントのお知らせも、今日頂いた依頼も、素晴らしいギフト。最高の誕生日になりました。今年は卯年で、飛躍の年。なんて年賀状にかいていたっけ。ぴょんぴょん、って少しずつ楽しそうに前進していけるといいな。30代も佳境にさしかかりましたが、今後とも、よろしくお願い致します。

      テーマ:
    • SmileCafeProject本格始動!

      震災10日後に復興支援 Smile Cafe Project が代表小川氏筆頭で立ち上がりました。 現在約200名のボランティアの方々に動いていただき、 津波で一階部分が完全に流された 120人規模の保育園(石巻 ひまわり保育園)の 再開を始動しています。 また岩手県宮古市の小学校再建の支援も開始予定です。 2011年10月29,30日(土,日)に所沢市民文化センターでSmile Cafe Project が復興支援イベントの総合プロデュースをすることに決定しました。 また、Smile Cafe Projectは日本財団 助成事業として採択されました。(日本財団ROADプロジェクト) 復興支援 スマイル・カフェ・プロジェクト ウェブサイト http://www.smilecafeproject.org 【支援協力会社】(順不同) パルシステム•生協/コープ/COOP(支援物資提供) 財団法人所沢市文化振興事業団(復興支援イベント開催) 有限会社禄産業(支援物資運搬車両提供) エリアリンク株式会社(貸会議室) 童話館ブッククラブ(物資提供) 菊亭(支援物資提供) ボゴランマーケット(支援物資提供) 株式会社アール・ダブリュー・シー(物資提供) その他のプロジェクトメンバーが多数参加し、復興支援に携わっていただいております。 :ウェブ制作•管理•更新、ロゴ制作、物資提供、物資仕分け作業、 物資発送作業、運搬、物資配布、報告会運営、 自宅被災者の方との連絡、印刷、撮影、映像編集、パノラマ映像制作etc 【支援実績】 石巻市立石巻保育所 石巻市立門脇保育所 石巻 ひまわり保育園 宮城県雄勝地区 大須小学校避難所 自宅避難民 支援(石巻、渡波地区 被災された御宅を訪問し物資提供) その他、日々様々な支援活動を行っております。 みんなが笑顔になれるために、出来る事しましょう!!協力者、大歓迎です!!

      テーマ:
  • 23 Apr
    • フラタイム

      友人が作ったレイ。メイキングに参加して4000円で作ったらしい。カーネーションの、可愛いレイ。母の日ギフトでも素敵。いろいろ妄想と現実の構想で頭が疲れた私には、フラがリフレッシュに最適でした。ただただ踊りに夢中の一時間。幸せな時間。久しぶりに、イベントにでます。練習しなきゃ。

      テーマ:
  • 22 Apr
    • アロハワゴン計画

      私に出来ること。会話すること。文字やイラストで表現すること。フラやUkuleleで楽しませること。さっき急に何かが降りてきました。アロハワゴンやろう!友人には、「コーヒーを被災地で振る舞い隊」を発案し、今エプロンとシュシュをお揃いで試作しているところです。先日座礁したのは、振る舞う場所に問題がありました。ツイッターで、物資をゲリラ的に公園で広げたら涙流して喜ばれた とあったのが脳裏にあり、我が家は父も弟も運転と道のプロであること、父は市場で働いており、交渉上手であることなどから、やっぱりハードは必要!と思いました。幸いコーヒーやさんもパンやさんもいる。試作を作ってくれる裁縫のプロ、育児のプロ、保育士もいる。アロハワゴンやろう!!さぁどうしよう♪ よく考えながら、小走りで前にいかなきゃ♪ エプロンできるまでに、イメージ膨らませなきゃ。父にも相談だo(^-^)o父の会社にも、相談かな♪無力なら無力なりにどうにかなるはず!

      テーマ:
    • 恩師

      昨日、実家に向かうバスの中で、高校時代の数学の先生にばったり遭遇しました。先生はさすがに誰だかわからず、でも何となく察して 「どうぞ」と隣の席を促してくれたので途中までお話する事ができました。恩師はいろいろいますが、会話出来るほど懐かしく思い出深い人は数少ない。そんな希少な人との再会でした。懐かしい人との再会は、今の自分をもう一度再確認せよという報せといいます。高校時代、数学が苦手でとうとう進級が危ぶまれ、泣く泣く補講を受けたのですが、先生は至って穏やか。気持ちが楽になったのを覚えています。あれから、もう…何年? (数えたくない)先生は二カ所勤務先がかわり、隣の市に通っているらしい。母校の先生方も、ほとんど散り散り。退職された方もいるようです。確かあれは17の時。だから余裕で倍の時間が経過してる。先生は一目でわかる程、まったく変わってなかった。「やったことないのに今はハンドボールの顧問してるんだよ」と、日焼けした顔は、昔より若いくらいでした。現役でいる先生も、だんだん減ってくるんだろうなぁ。。貴重な再会でした。先生にとっても、何かの転機なのかもね。生きていると、こんな偶然がある。それだけでうきうきします。

      テーマ:
  • 21 Apr
    • 雇用支援

      「被災者雇用、2万人分確保=自治体や企業の求人で Yahoo!ニュース(NEWS)」URL:http://news.mobile.yahoo.co.jp/news/view/20110421-00000128-jij-pol.html形ばかりにならないかの懸念はありますが、ともかく自立を促す雇用は大事です!街の復興とともに、人も立ち上がらなければ!私事ですが、我が家の弟も、ようやく再就職が決まりました。思えば運送の仕事で父も私たちを養ってくれました。弟も同じように運送に。だけど父が稼いでいた時代から明らかに変わってしまった業界。間にみたことのない企業が入り込み、下請の下請みたいなのが当たり前になっていた業界。そして今、私たちが最も頼りにしている業界。血管を流れる血液のように。この業界も復興のいい機会だと思う。それこそ現地の受け入れ側に、雇用を作って欲しい。ボランティアだけでは経済が立ち行かなくなる。雇用ができ、お金とモノが隅々まで循環する仕組みにならないと。ネット世代の私たち。だからこそ出来る復興があるよね。

      2
      テーマ:
    • 顔の見える支援!

      以下の記事、是非読んでください☆「ボランティアが足りているというのは幻想です。今こそ立ち上がりましょう。」URL:http://getnews.jp/archives/108590小さな支援は、やっぱり必要なんですね!自分が変なのかと穏やかな日常に疑問を感じていました。ボランティアの話をすると、「偉いね」で終わってしまう。どうして?我が家も週末なら時間がある。その時間で出来る事がしたい!SmileCafeのメンバーが石巻から戻ってきました。とある保育園の復興を支援することに!まさに顔の見える支援。そんなきっかけとして動いてくれたメンバーさんは、希望の光です☆ まだまだ、出来る事あるはず。

      4
      テーマ:
    • 文通支援はどうだろう

      家族を失った人のその喪失感は想像すらできない。命があっても喪失感ばかりだとしたら、身動きすら取れないと思う。昨日、自分の思いつき支援アイデアが軽く座礁し、自らの無力感にうちひしがれかけてました。仕事をしていても、時々無力感にさいなまれそこから孤独感すら生まれる時がありました。そんな時、自らを救うのは、顧客や取引先、委託先の存在。見えない先に、誰かいる。そう思うだけで、この製品を届けよう、何とか原料を調達しよう、と奮い立つことが出来る。顧客、とドラッガーが表現する部分。私はベクトルと言いかえてみる。ベクトルの先に、被災者。具体的にどんな人か。どこにいるのか。小学生の頃、手紙を書いてポストに投函しようという授業がありました。私は、名古屋に住む 母の友人のお嬢さん、たまたま同い年だった事もあってそのコに葉書を書きました。それ以来、何年もの間、かわいい便箋をみつけては彼女に送り、返事を貰い、そんなやり取りを続けていました。今は年賀状程度ですが、何かにつけ、心のどこかに彼女がいて、互いの幸せを願ってる。私の結婚を知った彼女は習いたてのプリザーブドフラワーでウェディングケーキを送ってくれました。心のつながり。そんなきっかけを持てたら。二年前に行った、屋久島のガイド方とも年賀状をやりとりしています。あらためて、グリーティングカードの素晴らしさに気付きました。見えない景色を、彼らが教えてくれる!被災地の方に、無差別じゃなくてメッセージを送るような事がしたい。誰の、何という歌だっけ。私から あなたへこの歌を 届けよう 今後よろしくお願いします 名刺がわりにこの歌を小学生の頃、大好きだったの、思い出した。私のベクトルの先、どこに行くかな。みつけたいな。

      テーマ:
  • 20 Apr
    • 夜カフェ

      お酒を飲むのは、お祝いしたいとき。盛り上がりたいとき。普段の夜はクールダウンしたい。久しぶりのお店。シアトルに本店がありその雰囲気を大事に してるらしい。やっぱりカフェって空間だよね。キャラメル色の店内。何だか夜が似合います。我が家でお気に入りのコーヒーを、味わって貰いながら会話したいという小さな夢。地元に打診メールしてみました。もひとつ、夏に向け タオル地で手づくりして送りたいという小さな夢。小さな夢を小さなお星様みたいにちりばめていきたいな。今日は少し疲れたので、ここでご飯。旦那さんからも外食コール。よかった。お互いリフレッシュして今週も後半戦に備えなくちゃね。

      テーマ:
  • 19 Apr
    • 地図の日

      今日は我が家の記念日。三年前の今日、舞浜で挙式しました。三年。ひと区切り。今日が何の日か、大震災の日に、偶然そんな事を調べたくなって依頼、時々調べます。http://www.nnh.to/04/19.html日本地図の産みの親、伊能忠敬が、蝦夷に向け 測量に出発した日だそうです。最初の一歩。何事も、踏み出さねば始まらぬ。どこに踏み出すかで見える景色が変わってくる。夢に向かい、私も歩き出すことにしました。カタツムリの速さで。善い事は、じっくりと。真摯な気持ちと覚悟を大切に。節目の今日、そんな気持ちになれたのはきっと意味がある。二人の出発の日。家族が増えた日。今夜は旦那さんの好きな、鳥皮のスープ。それと炒め物や蒸し野菜。好物を作る時、私までウキウキする。私の夢は、旦那さんと共に歩き、共に辿りつく場所にあると思います。夢を描いた時。大事にしなきゃって思った。諦めずに、何度でも描こうって思った。そして必ずできるって思った。東日本の復興と共に、私の夢はあります。親から貰った命を、旦那さんと共に 繋いでいけたらうれしいな。祝福して下さった皆さん。お世話になっている皆さん。今後とも、よろしくお願いします!夢の地図を、描こう!

      テーマ:
    • 私たちに今、出来ること。

      今夜は満月。いつもは空の財布を夜空にさらし、我が家の経済の無事に感謝しながら更なる向上を願うところですが、今夜はとても素晴らしい夜になりました☆私たちに今、できること~岩手県陸前高田市からの報告~【NPO3団体合同報告会4/18】URL:http://m.ameba.jp/m/blogArticle.do?unm=mainichi-education&articleId=10852072009&frm_src=article_articleListPC:http://www.facebook.com/note.php?note_id=218267714856970たまたま会社から徒歩で行ける距離にあったので申し込んでみたのですが、今日集まったのは定員を大幅に上回る、107人。それぞれの代表による報告にはじまり、トークセッションや質疑応答。あっという間の2時間半 でした。帰宅して、沢山のいい影響を得たと一人で旦那さん相手に 語りまくり。「あなたがいい経験をしたみたいで、よかった。だけど自分を見失わないようにね」と、優しい忠告。わかってる。差し延べる手の短さ。被災地への距離の長さ。だからこそ、現地の報告が聞きたかった。最近持ち歩いてるスケッチブック。油性ペンで今日聞いた話を言葉にしていきました。大切に見直して、ここに色をつけて行こう。支援について、考えない日はありません。メディアからはなるだけ離れ、気持ちを落ち着かせながら。自分の無力を感じながら。でも、今日の報告会で得た沢山の言葉が勇気と学びをくれました。善きことは、カタツムリの速さ。パンドラの箱に最後に残ったのは、希望。自らに限界があることを知り、出来ないことを託す。そうする事で連携が生まれる。もともとは海外で支援活動をしていた彼らがこんな形で日本で活動し、合同で報告会をしている。そして107人の参加者に勇気を与えている。これ自体、意味のある事だ。彼らの静かな口調や的確な説明や答えに、学びの大切さも感じました。支援のプロである彼らでも経験した事のない、大災害。「経験者はいません。未経験なら、学び成長する余地があります」という言葉が私の心に強く響きました。これから出来ること。支援する仕組みに参加していく事だと思う。売上の一部が義援金になる商品を買う、とかネットで物資を買い、送るシステムを利用する、とか今回のような報告会や地元の応援イベントに参加する、とか無理のない範囲で。学びを支援した国からも、支援が来ています。苦しみに共感する世界中の人々から支援が届いています。こんなにも、被災地を思ってくれる人達がいる。自分はここまで海の向こうの見知らぬ人達に心を寄せた事があっただろうか。。。共感する。気持ちに寄り添う。そんな思いをずっと大事にしていきたいです☆

      2
      テーマ:
  • 18 Apr
    • 出発☆

      SmileCafeProjecthttp://smilecafeproject.org/仮のWebサイトもオープンしましたが、代表の小山さんをはじめとするメンバーさんが石巻に向かいました。今日は満月。夜道も明るいといいね。にっこり笑顔のお月様になあれ!

      テーマ:
  • 14 Apr
    • ささえあい

      週に一度の実家にて。会社の新しい上司が金沢出張のお土産にきんつばをくれたので、半分実家におすそ分け。そしたら今日は鯛焼きをくれました。お腹ぱんぱん。お土産にはいつも野菜や果物、おかずの残りを持たせてくれる。66の父と61の母。まだまだ元気。全然元気。この二人のバイタリティに何度となく支えられてる。父も母も私が来るのを楽しみにしてくれて嬉しい。依存じゃなくて、ささえあうこと。大事なこと。旦那さんはいつも「今日のぷう家ニュースは?」と、私からのレポートを聞きたがる。あんまりいつもしてないから、今日は日記に書こうかな。☆松戸市は、何があっても夏の花火大会をすると父の会社の社長が話していたらしい。☆実家のある小金原団地は、被災された方に住居を提供していて、そのお知らせがあったらしい。☆母の友人が介護されるほど不調だったけれど、母に連絡をして会おうとし、久しぶりに再会したら、随分良くなっていたと母も嬉しそうだった。今日の実家は何だか楽しそうな空気だった。春だから?いつものバス停に咲く 桜は随分散ったけど、花びらが桜色の絨毯みたいに夜の道路を彩ってました。震災後の模様を映した テレビ番組。「忘れないように、ずっと被災地の状況を発信してください」というサンドイッチマンの二人への要望がすごく胸に染みました。見守ること。会いにいくこと。応援すること。互いにささえあうために、大事な事だと実感しました。被災地のみなさんが自分達の力で立ち上がろうとしてる。それを信じて出来るかぎりの距離で見守り続けること。私なりにまた気持ちが改まりました。笑顔になれることをまた考えるぞ!

      テーマ:
    • パンやさんの夢

      http://1096cafe.blog74.fc2.com/義妹が書いてるblog。3月11日の地震当日、偶然にも都内で被災し、帰宅難民になってしまったのですが、たまたま私の勤め先が近くにあり、「家族ならいいよ」とカフェテリアで一緒に一晩過ごすことが出来たのでした。同い年の妹。ふたりのやんちゃな子供をもつ、バイタリティあるママ。人生の先輩です。パンの移動販売をはじめて二年が経過する手前で不慮のトラブルが重なり、今はおやすみしています。でも義妹は再出発を目指して飲食店のスタッフをしながらもちろん子育てしながら夢を諦めずに 頑張ってます。震災当日まで、こんなに二人だけで一緒にいたことはなかった。ほんの少しだけ日常から彼女を連れ出してくれたのかな。夢を一度は実現させた彼女を、私は誇りに思う。同時にうらやましく思う。えいやって踏み出す勇気。決断と覚悟。そして情熱。とにかく応援してます。彼女とまた接点を持つ事がきっとあると思う。ママって凄い。今はそんなママ達や子供達と関わりながらパワー貰う日々。返していけたらいいな。

      テーマ:

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。