見出し画像

電気による火災を防ぐには


電気による火災の危険を防ぐため、揺れ始めたら、使用中の電気製品はスイッチを切り、プラグを抜く。

 水に浸かった屋内配線や電気製品は漏電するので使わない。 

倒れた家財の中にスイッチが入った電気製品があると、通電再開後の火災の原因にもなる。

避難するときは分電盤のブレーカーを落としておく。