こんにちは、たちばな みちです。

 

 

先日、初めてお客様の鑑定をさせていただきました。

 

今までにも鑑定をしたことはありましたが、メールではなく対面では初めてだったのです。

 

 

しかも…3名様分!

時間もかかって少々疲れたけれど、

お客様にも楽しんでもらえたようでとっても嬉しいです。

 

充実した疲労感、幸福な疲労感ってきっとこういう事を言うんだな…と実感しました爆  笑

 

 

さてさて、その鑑定で印象に残ったこと。

それは、夫婦と言えども相手のことを実はよく分かっていない!!!

ってこと。

 

 

奥様の鑑定結果について、

ご主人は「全然当たってない、誕生日を間違えて鑑定しているのかと思った」と仰ったのに対し、

奥様は「当たってるよ」とのこと。

 

 

10年近く一緒にいる夫婦でも、

本当のところは分かっていなかったり、理解できない部分があるんですよね。

 

 

よく考えてみれば、

自分自身のことでさえよく分からないことが多いのに、

夫婦といえども他人のことを分かるというのは難しいですよね。

 

 

私も夫の四柱推命鑑定の命式を見たとき、

「こんな星があったんだ」って驚いたことがあります照れ

 

 

「相手のことはよく分かってる」という思いの方が、実は傲慢なのかもしれません。

 

 

 

 

夫のことを知りたいな。

妻のことを知りたいな。

子供のことを知りたいな。

もっと理解したいな。

 

 

そんな風に思ったら、四柱推命をぜひ活用してみてくださいね。

客観的に見ることができるので、お互いを理解し合うのにピッタリなんですよドキドキ

 

 

それでは、今日はこの辺でルンルン

素敵な一日をお過ごしください。

 

 

こんにちは、たちばな みちです。

 

四柱推命(しちゅうすいめい)とい占いの鑑定師をしております音譜

 

 

 

今回は、大人気の漫画「キングダム」のキャラクター占い【第2回】をお送りします!

前回、あまりの熱量で書ききれなかったんです笑い泣き

 

 

【第1回】はこちら宝石白

大好きな漫画「キングダム」のキャラクターを四柱推命の十干に当てはめてみた!

 

 

第2回では、戊(つちのえ)、己(つちのと)、庚(かのえ)、辛(かのと)のキャラクターを選びました。

 

それではどうぞ爆  笑

 

 

5、戊(つちのえ)…山

王騎将軍(おうき)

 

 

戊の人は、圧倒的な存在感と、どっしりとした落ち着きが魅力。

他の人に合わせずとも、人が勝手に集まってきて、憧れられちゃう存在なのです。

 

細かいことは気にしない器の大きさと、社交性スキルを持っているので、

組織力も抜群です。

 

 

そんな戊を、キングダムのキャラクターで言うと…

 

圧倒的人気を誇る、王騎将軍。

 

あの存在感たるや!まるで山のように堂々としていますよね。

 

また、戊の人はロマンを持ちつつ、リアリストでもあります。

 

昭王との戦上での日々に思いを馳せ、新たな舞台を待ちこがれるロマンチストであり、

若き秦王に素質があるのか伺っているリアリストさが、やはり戊っぽいです。

コココ。

 

 

6、己(つちのと)…土・畑

昌文君(しょうぶんくん)

 

 

己は、実直さと優しさ、粘り強さを兼ね備えた、母なる大地の人。

一見穏やかだけど、その心の内にはさまざまな想いを秘めています。

 

初期の味方の少ないころから、秦王・えい政の理解者であり、忠実な家臣である昌文君

人を裏切ることのない実直さが、己そのものです。

義理人情に厚いんです。

 

人や作物を育てることから、教育関係・農業関係で活躍する人が多い己の人。

昌文君が、武官から文官になり、えい政の教育係を務めたのも己っぽいですね!

 

 

 

7、庚(かのえ)…鉄・刀

李牧(りぼく)

王翦(おうせん)

 

 

庚の人は、“鉄は熱いうちに打て”という言葉通り、情熱を持ってスピーディーに動く、

強力なパワーの持ち主。

目的のためなら決して屈せず、持ち前の刀で道をビシバシ切り開いていきます。

 

そんなクールなキャラクターと言えば、

敵将ながらカッコいい李牧

 

目的のためなら、合従軍を起こしたり、秦と同盟を結んでみたりと

感情に左右されることなく、合理的に事を運びましたよね。

 

そして、まだまだ謎の多いキャラクター、王翦。

 

こちらも頭の切り替えの早さや、冷静で迷いなく状況判断をすることでは負けていません。

秦を幾度となく大ピンチから救うのは、王翦将軍がNO.1なのでは爆  笑

 

 

 

8、かのと(かのと)…宝石

えい政(えいせい)

王賁(おうほん)

 

 

辛の人は、我慢強い努力家で、自ら試練に立ち向かっていく強さがあります。

繊細で警戒心が強い面もありますが、“私は他の人とは違う”という自覚が持てると、

宝石としてキラキラと輝き、瞬く間に他人を魅了します。

 

キングダムのキャラクターで例えるなら、、

自ら修羅の道を行く、秦王・えい政

 

秦の民、中華の民の平和を願えばこそ出てくる“中華統一”の考え。

辛の“人を喜ばせたい”という根本的な考えが伺えます。

 

そして、警戒心が強く神経質そうなキャラクターといえばもう一人。

王賁です。

頑なに自分に厳しく生きているところが、辛っぽいです!!

 

 

 

以上、本日は戊・己・庚・辛の4つをお送りしました。

 

あなたに当てはまりそうなキャラクターはいましたか?

 

壬(みずのえ)・癸(みずのと)は第3回で書きたいと思いますおねがい

それではラブラブ

 

こんにちは、たちばな みちです。

 

四柱推命(しちゅうすいめい)という占いの鑑定師をしています😊

 

 

今日は美容室に行ってきました💇‍♀️

 

通い始めて約1年の美容室。

私はなぜか美容師さんと仲良くなるのが苦手で、普段は当たり障りのない話をしてしまうのですが、

 

今日は話のなりゆきで、私が四柱推命の鑑定師を始めたことをお伝えしたんです😳

どんな反応が返ってくるんだろう..ドキドキ…と思っていると、

 

 

私と占いが結びつかず、最初こそ驚いたようでしたが

 

「四柱推命ってどんな占いなんですか?」って聞いてくださったり、

 

「いろんな人を元気付けられる、素敵なお仕事ですね」って言ってくださったんです。

 

それからしばし、占いの話で盛り上がることができました。

 

 

お世辞やその場しのぎの言葉ではなく、

その美容師さんの温かな言葉と表情で、

 

「鑑定師になってよかったな」

「打ち明けてみて良かったな」って改めて思うことができました❤️

 

 

新しいことや、自分にとって未知のものに出会ったとき、

 

ついつい「え、なんかヤバそう」「それって危なくない?」と

ネガティブな言葉をかけるのは簡単ですが、

 

まず知ってみようという気持ちや、

私にはよく分からないけど応援したいなって思う姿勢って素敵ですよね。

 

 

美容室ジプシーだった私が、今の美容室に通っているのも、

そんな温かい美容師さんに会いたくて行ってるのかも…

 

言葉数は決して多くないのだけど、なんか居心地が良いんですよね。

 

 

私も、そんな人間でありたいな、と思う出来事でした😌

 

 

 

自分の長所が言えない日本人

こんにちは、たちばな みちです。

 

四柱推命(しちゅうしいめい)という占いの鑑定師をしています😊

 

 

 

あなたは自分の強みや長所を5つ、すぐに言うことができますか?

 

 

 

私は20歳くらいの頃、海外の語学学校に少し通っていたのですが、

ある授業で自分の強みと短所を書くワークがありました。

 

 

みんなたくさんの長所を書く中、日本人っぽさ全開で、短所ばかり書く私。

 

 

長所の欄が空欄なことを尋ねてきた先生に「長所があまり思い浮かばない」といったところ、

😮😮😮ポカーンと訳が分からない💦

といった表情をしていた先生の顔が印象的で、10年以上経った今でも、忘れられません。

 

 

日本人みながそうだとは思いませんが、

長所より短所の方が言いやすいって人が、日本には多そうです。

 

 

令和の時代を生きていく子どもたちには、

 

長所がいっぱいありすぎる!!ってくらいポジティブになってもらいたいし、

その強みを武器にして、いろんなところで活躍してほしいなって思います。

 

 

そのためには、お手本である私たち大人が、

自分の強みを活かして、楽しそうに過ごすことが一番ではないでしょうか。

 

 

四柱推命を通じて、自分の強みを活かせる人をたくさん増やしたい😍

そんな風に思っています。

 

このブログで書くこと

こんにちは、たちばな みちです。

 

四柱推命(しちゅうすいめい)の鑑定師をしておりますルンルン

 

 

 

人生がどん底だったとき、私は四柱推命という占いに出会いました。

 

そして、四柱推命で鑑定されたことを試していくうちに、状況が好転していったんです。

 

 

だから、

 

四柱推命はすごい!

みんなに伝えたい!!!おねがいおねがいおねがいおねがい

 

 

と、言いたいところなのですが…

 

 

四柱推命で鑑定したからって、いきなり人生が好転するわけではないんですよね。

 

 

「あなたには良い星があります」

 

「財運が良い星があります」

 

「今年は運勢が最高です!」

 

 

こんな風に鑑定で言われて、

その時は「私はすごいんだ!」って思えて嬉しいかもしれないけど、

 

大して毎日が変わらないと気付いた時、

結局「やっぱり私なんてダメなんだ…」と思ってしまう。

 

 

これは私が陥った落とし穴でした。

 

 

だから、このブログでは、

 

四柱推命が全てを解決してくれる!ということではなく、

 

四柱推命に出会ったあと、どんな落とし穴に陥って、

そこからどんなことを試したら、

 

 

毎日が楽しいラブラブ面白いラブラブ

 

 

って思えるようになったかを書いていきたいと思います。