観察眼も磨かないと…

テーマ:
毛髪の観察をするにあたって一言…

ただ見ればいいと云うものではありません。

全身全霊で対象に向き合って行かなければ見えて来ません。

観察も訓練や稽古が必要なのです。

私はセンスが先生とは違い過ぎて理解するのに七年かかりました。

しかし七年の遠回りは無駄ではありませんでした。

より深く理解する熟成期間と云うものは必要なのです。

直ぐに分からないと諦めたり否定するのは浅慮と云わざるを得ません。

観察眼も磨いて磨いて磨き切らなければ真実は見えて来ないのです。