(札幌飲み)杉ノ目で北海道郷土料理を堪能してきた | runmaのブログ たんしんmack~n 食べRUN 旅RUN LIFE

runmaのブログ たんしんmack~n 食べRUN 旅RUN LIFE

北の大地で単身のびーた生活。
食べちゃランニング。
寝ちゃランニング。

すすきの、いや北海道で一推しの店。
杉ノ目さんです。




遠来のお客さんとの各々の領地保全に関する秘密会合です。




杉ノ目さんの室内はアイヌチセの造り。
アイヌの小屋っていう意味ですね。



まずお通しはいくらと蕗。



そして仲居さんがでっけい毛蟹を持って来ました。



かなりイケメンの毛蟹くんです。


毛蟹はいったん退場。

とうきびの擦り流し。



お造りは旬の塩水海胆付き。



先ほどの毛蟹がバラされて一人前に。



これは何でしょううーんはてなマーク
八角です。



誰も知らないので、仲居さんが八角をパネルで説明。
立憲○主党かガーンはてな5!






知床鶏のおろし煮。



アスパラの揚げ物。



〆の幌加内そば。



デザートは夕張メロン。



杉ノ目さんは、
道外のお客さんを案内して外れのない北海道郷土料理の名店です。




今宵も遠来のお客さんに喜んでいただけましたウシシまいう




 

これで我が北方の領地保全は盤石でしょうウインクはっぴー