自分で出来る消毒 | ちびでございます・・・
2018-07-11 00:00:43

自分で出来る消毒

テーマ:子宮全摘

 

ブログを覗きに来て下さってありがとうございます

また読者登録やいいね!も

いつもありがとうございます

 

 

1=シコリ発見

2=どのくらいのシコリの大きさで気づけたのか?

3=シコリ以外の徴候はなかったのか?

4=アメリカの病院の種類

5=医療機関による性犯罪防止

6=検査結果が来ました

7=CTスキャンと閉所恐怖症

8=嫌な事は重なる事が多い

9=CTスキャン撮影

10=紹介された病院に行く

11=全身麻酔の恐怖

12=旦那の涙

13=病気になればネット検索するべきか?

14=私だって叫びたくなる事がある

15=問診票の質問にびっくり

16=医者に断言は出来ない

 17=入院期間数を聞いた旦那がびっくり!

18=私は性格が悪くてすみません

19=産婦人科検診を躊躇させてしまう原因の一つ

20=先生!安心させているつもりの言葉ですか?

21=オペ中に悪性か良性かわかる家族

22=癌専門病院で感激した事

23=こんな時こそ気分転換が必要

24=手術に備えて家族会議

25=私と義理家族との関係

26=日本人の友達さえ驚く

27=50代女性の身だしなみ

28=手術前に大きな請求書が来ました

29=心を込めた言葉

30=入院中に旦那にお願いしておきたい事

31=オペ2日前

32=オペ前日入院期間が短いアメリカの謎

33=手術前に読むべきでない物

34=手術を受ける前に決めた事

35=先生の質問に不安

 

 

 

 

 

今度は担当ナースがやってきました

 

 

 

 

 

アメリカの病院では

面白い質問をされる事が多いです

 

 

まず、殆どのナースや検査技師など

初めて会う人は必ず

名前と生年月日を確認されます

 

 

他には家にいて安全に感じるか?

宗教は何か?とか

日本ではあまりされない質問もされます

 

 

 

 

 

 

 

全身の消毒を自分でする様に言われました

 

赤ちゃんのお尻ふきシートの様な物で

もっと分厚くて暖かかったです

拭き方には順番も書かれてあって

自分の着て来た服は袋に入れる様に言われました

 

 

 

 

 

消毒の後はこの恥ずかしい服にチェンジ

服の下は何も着ていません

 

リンクの話は外来に行った時に着せられた

紙製のボロボロの病院の服

今回は同じ形の布製

 

 

 

 

 

 

 

 

手術が1週間後と言われ

やっと

1週間待ちわびた麻酔医に会えます!

 

 

 

 

応援のクリックで書くモチベーションがぐんと上がります

応援のクリックありがとうございます

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

 

 

にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ
にほんブログ村

ちびか〜ちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス