『シャイニング』ネタバレの詳しいあらすじ | アンパンマン先生の映画講座

アンパンマン先生の映画講座

劇場で見た映画のネタバレのあらすじや感想を紹介します。
AKB48などのコンサートや握手会のセットリストや感想も紹介します。

 

11月29日(金)に『シャイニング』(1980年)の続編の『ドクター・スリープ』が公開になる。それを見る前に復習のため『シャイニング』のDVDを見直したので、あらすじを載せる。

 

監督:スタンリー・キューブリック

主な登場人物(俳優)役柄

ジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)小説家。展望ホテルの冬期管理人になる。

ウェンディ・トランス(シェリー・デュバル)ジャックの妻。

ダニー・トランス(ダニー・ロイド)ジャックの息子。

ディック・ハロラン(スキャットマン・クローザース)ホテルの料理人。

スチュアート・アルマン(バリー・ネルソン)ホテルの支配人。

デルバート・グレイディ(フィリップ・ストーン)ホテルのウエーター。元管理人。

ロイド(ジョー・ターケル)ホテルのバーテンダー

浴室の若い女(リア・ベルダム)237号室の浴室にいた女。

浴室の老女(ビリー・ギブソン)237号室の浴室にいた女。

グレイディの娘(リサ・バーンズ)グレイディが殺した双子の娘。

グレイディの娘(ルイーズ・バーンズ)グレイディが殺した双子の娘。

 

川沿いの山道を進む車。

(オープニングクレジット。タイトル)

 コロラド州、展望ホテル。

【インタビュー】ジャックはホテルの支配人のアルマンに会う。ジャックはこのホテルの冬期間の管理人の面接を受けに来た。ホテルは冬の5か月間閉鎖され、雪の被害を受けないようにボイラーを燃やして毎日建物の違う場所を温める仕事だ。ジェックは作家で、新作を考えるのに良いと答える。アルマンは、孤独に耐えきれない者もいて、1970年の冬、管理人のグレイディの気が狂い、斧で二人の娘と妻を殺害し、死体を西側の部屋に隠し、自分は猟銃を口にくわえて自殺したと教える。ジャックは、妻は面白がると答える。

 家で妻ウェンディと息子ダニーが待つ。ダニーの空想の友達トニーは行きたがっていなかった。

 ウェンディにジャックから、採用が決まったと電話が来る。トニーは何か知っており、ダニーはエレベーター前に洪水の様に大量の血が溢れ、双子の少女が立っている幻影を見て恐怖にかられる。

 【ホテル閉鎖の日】ジャックが車を運転し、ウェンディとダニーを乗せてホテルに向かう。ウェンディは、遭難して仲間の人肉を喰ったドナー隊が遭難した所と言うが、ジャックはもっと西だと答える。

 ホテルは閉鎖の準備中だった。アルマンとビルはジャックとウェンディに、ホテル内のコロラド・ラウンジや管理人室を案内する。次に外を案内し、ホテルは1907年着工、2年後に完成と教える。車庫に雪上車がある。ダニーがゲーム場でダーツをしていると、双子の姉妹を見る。

 ハロランがウェンディとダニーを台所に案内する。冷凍庫、食料庫に1年分の食料がある。ダニーはハロランが頭の中に話しかけるのを聞く。

 ハロランはダニーにアイスクリームを御馳走し、彼は祖母と口を動かさないで会話ができ、その能力を「シャイニング」と呼ぶと教える。ダニーもそうだった。ダニーは「トニーが眠らせて、いろいろ見せてくれる」と話す。ハロランは「出来事によっては特別の跡を残すこともある。誰にでも見えるわけではなく、シャイニングが必要だ。未来や過去が見える。ホテルは長い年月の間には悪い事もあった」と話す。ダニーは「237号室に何かあるの?」と聞くが、ハロランは「何もない。だから近寄るな」と警告する。

 【1か月後】ダニーはホテルの1階の廊下を三輪車で走る。

ウェンディが部屋に食事を持って来ると、ジャックが寝坊していた。ウェンディは散歩に誘うが、ジャックは早く新作を書きたいと断る。アイディアをいろいろ考えたがだめだったと言う。

 ジャックはホールで、タイプライターに向かわず、壁にボールを投げる。

 ウェンディとダニーは巨大迷路の中を散歩する。迷路は複雑で、なかなか抜け出せない。

ジャックはホールにある巨大迷路の模型を上から覗き込む。ウェンディとダニーは巨大迷路の中央にいた。

 【火曜日】ダニーがホテルの2階廊下を三輪車で走り、237号室の前で止まる。ダニーがドアを開けようとすると、鍵が閉まっていた。双子の少女の幻影が見え、ダニーは急いで三輪車で去る。

 ホールでジャックがタイプを打っている。ウェンディが来て調子を聞くと、ジャックは邪魔するなと注意する。

 雪が降り、外でウェンディとダニーが遊ぶ。その様子をジャックが凝視する。

【土曜日】ホールでジャックがタイプを打っている。ウェンディは電話が通じない事を知る。支配人室の無線で森林警備隊に、電話が通じないと連絡するが、警備隊は大雪で修理は無理と回答する。

ダニーが三輪車でホテル内を走る。廊下の突き当りに双子の少女がいて「一緒に遊ぼう」と誘う。

ダニーは廊下に少女逹の惨殺死体を見る。

再び見ると消えていた。ダニーが「恐い」と言うと、トニーは「本物じゃない」と答える。

【月曜日】ダニーが部屋に入ると、ジャックがベッドに座ってぼーっとしていた。ダニーはジャックに病気かと心配すると、ジャックは山のように仕事があって疲れた、眠れないと言う。ジャックはダニーの質問に「ここが好き。いつまでもいたい」と答え、ダニーは「だろうね」「母や僕をいじめないで」と言う。ジャックは「愛している。絶対にいじめない」と答える。

【水曜日】ダニーが廊下で車のおもちゃで遊んでいると、どこからか黄色のボールが転がって来る。ダニーが母親だと思って探しに行くと、237号室のドアノブに鍵が刺さって開いていた。

ウェンディがボイラー室で点検していると、声が聞こえる。ジャックがホールのタイプライターの前で居眠りをして、うなされていた。ウェンディが起こすと、ジャックは妻と息子を殺した夢を見たと言う。ダニーがやって来ると、服が破れ首に怪我をしていた。ウェンディはジャックがしたと思う。

ジャックは怒ってゴールド・ルームのバーに行き、無人のカウンターに座る。酒を欲しがると、バーテンのロイドが酒を出す。ジャックは息子に暴力していないと、ロイドに愚痴を言う。

ウェンディがジャックを探しにバーに来る。彼女は、ダニーが237号室の中の女に首を絞められたと話す。

ハロランは自宅で、コロラド州が大雪のTVニュースを見て、何かを感じる。

237号室にジャックが入ると、風呂に若い女性が入っていた。ジャックが全裸の女性にキスすると、老婆の腐乱死体に変わっていた。ジャックは部屋から逃げ出す。

その様子をダニーが感じていた。

ハロランがホテルに電話するが通じない。

ジャックはウェンディに、237号室には誰もいないと報告し、ダニーの傷は自分で付けたと言う。ダニーはドアの「REDRUM」の文字と、エレベーター前が血の海になる幻影を見ておびえる。ウェンディはホテルを出ようと言うが、ジャックは管理人の責任があると反対する。

ジャックは癇癪を起こして食堂の重なった食器を倒す。ゴールド・ルームに行くと、廊下が飾られ、音楽が流れていた。

ハロランは森林警備隊に電話して、ホテルに電話が通じないと言い、管理人一家の安否を聞く。警備隊は無線でホテルに問い合わせる。

ジャックがゴールド・ルームに行くと、沢山の客がいた。ジャックはカウンターのロイドに酒を注文して金を払おうとすると、金は要らないと言われる。

ジャックがウエーターにぶつかり、服が汚れる。洗面所でウエーターがジャックの服を拭く。ウエーターは前の管理人のグレイディだとジャックが思うが、本人は否定してジャックがずっと昔からここの管理人だったと言う。さらに、息子が黒人の料理人をこの世界に呼ぼうとしている。息子は超能力の持ち主で、ジャックを邪魔するつもりだと警告する。ジャックは母親が悪いと言う。グレイディは厳しくしつける必要があると言い、二人の娘と妻をしつけたと話す。

ジャックは支配人室で森林警備隊が呼んでいる無線を壊す。

ハロランは飛行機と車を乗り継いでホテルに向かう。道は大雪で事故が発生していた。

ウェンディはバットを持ってジャックを探す。ホールのタイプライターの沢山の用紙は全て「All work and no play makes Jack a dull boy(仕事ばかりで遊ばないジャックは今に気が狂う)」と書かれおり、ウェンディは驚愕する。

そこにジャックが来る。ウェンディはジャックに話があると言い、ジャックはダニーの話かと尋ね、近寄る。ダニーはエレベーターの前の血の海を見る。

ウェンディにジャックが、ホテルの管理を任された責任があると責めながら近づく。

ウェンディはバットを振り回すと、ジャックに当たり、ジャックは階段を転げ落ちる。ウェンディはジャックを食料庫に閉じ込め鍵を閉める。ウェンディは護身用に台所の包丁を取る。ウェンディが雪上車を見に行くと壊されていた。

【午後4時】食料庫でジャックが寝ていると、扉の外のグレイディが、さらに厳しい態度で臨むように誓わせて扉を開ける。

ハロランは雪上車でホテルに向かう。

部屋でダニーは「レッドラム」と呟き、母の口紅でドアに「REDRUM」と書く。

ウェンディが目を覚まして鏡を見ると、ドアに「MURDER(殺人)」と書いてあって驚く。ジャックが斧で部屋のドアを破壊し始める。

ウェンディとダニーは風呂場に逃げるが、窓が少ししか開かず、ウェンディはダニーだけ脱出させる。ジャックは風呂場のドアも斧で破壊し始め、ウェンディが恐怖で悲鳴を上げる。

ジャックは破壊したドアの隙間から顔を出し、「お客様だよ」と話す。

ドアの隙間から鍵を開けようと延ばしたジャックの手に、ウェンディが包丁で切りつける。

ハロランは雪上車でホテルに着く。その音を聞いたジャックは外に向かう。ダニーは食堂の棚に隠れる。

ハロランがホテルに入る。ジャックが斧でハロランに襲い掛かって殺す。それを感じたダニーが悲鳴を上げ、ジャックに見つかって逃げる。ウェンディがホテル内でダニーを探すと、他の客を見つけて驚く。

ダニーは外に出て巨大迷路の中に逃げる。ジャックがダニーの足跡を追いかける。

ウェンディはハロランの死体を見つける。頭から血を流した客を見て、悲鳴を上げる。

ダニーは途中から足跡を後戻りして足跡を消し、脇の迷路の植え込みに隠れる。

ウェンディがエレベーター前に行くと、大量の血が洪水のように噴き出るのを見る。

ジャックは足跡が消えたのに戸惑い、周りを探す。その隙にダニーが足跡を逆にたどって出口に向かう。ジャックはであたりをでたらめに探し回る。

ウェンディは外の雪上車に行くと、巨大迷路からダニーが出てきて、一緒に雪上車で逃げる。ジャックは迷路で叫びまわる。

次の朝、ジャックは凍り付いて死んでいた。ホテルのコロラド・ラウンジの壁の沢山の写真の中の1つ、「展望ホテル1921年7月4日舞踏会」の写真の中央にジャックが映っていた。

(エンドクレジット)

(写真は英語版「IMDb」より転載)