はろ~。

しろなみです。


今回は仕事の後にふらっとFO王禅寺のナイターに行ってきました。

ツイッターで中古ルアー大量入荷の報告も有りましたので、見に行くついでですね。(どちらがついでなんだか・・・)

結局2個だけ買いました。


タックルはイプリミXUL(0.3号PE+3ポンドフロロ)とソアレBB(3ポンドフロロ)です。

スプーン縛り!!

ひとまず、0.3号PE(とリーダーの結束)の強さを確かめるべく、イプリミにNoa 1.8gのグローから投げ始めました。

(扱っているショップが多く入手しやすいため。結束が弱く、ロストした場合のリスク回避になる)

ただ、グロー系に反応がなく、始め鱒はゲータースプーンの茶色でした。

魚はいっぱいライズしてましたが、こんなサイズがほとんどだったようです。



その後はダーク系カラーには反応あるものの、フックが大きいのか(僕は基本的に#6を使っています)、なかなか乗りませんでした。


今回ソアレも持ってきたのは縦釣りをそこそこ真面目にやってみたかったからなので、Neostyle キメラグリーングローをスタンバイ。

アタリはあるものの、うまく合わせることができず、試行錯誤していたら目の前で根掛かり…

外すこともできず、サヨナラとなりました…

#リスク回避を考えた意味とは。近場で売ってるといいんですが。


根掛かりの後はイプリミを使っていたんですが、後ろでタヌキが草を揺らす音に気を取られ、キャスト時にガイドを巻き込んでライントラブル。

ソアレにスナップを結び直し、Noa 1.8gの黒をしばらく投げていました。

終了の時間が近づき、そろそろ帰ろうかなと思っていたらヒット!


やはり小鱒でした。

ライズがずっと続いており、表層引いてくる方が反応が良かったです。

この時期にナイターで釣るのであれば、フックサイズは小さめの方が良さそうですね。


僕は基本的に大物狙いで、フックもルアーも大き目がメインなので、小さめのものを狙うには少し無理のあるルアーしか持っていないのが敗因、という感じのショート釣行でした。

クランク等の方が釣れたかもしれませんね。


なにかの参考になればと思います。

一緒に釣りを楽しみましょう!

また、熟練の方々、ご指導ください!

調べに調べた知識ばかりで経験の浅い若造がえらそーなことばっかり書いてますが、技術を吸収させていただきたく思っています!


日時を合わせて釣行のお誘いも大歓迎です。(神奈川東部発、マイカー有)

管釣り、海釣り、船釣り問いません。

釣果にかかわらず、楽しく遊びましょう!


それでは。


はろ~。

しろなみです。

今回は夏でもやっている管理釣り場、すそのフィッシングパーク(すそのFP)へ行ってまいりましたのでその釣行の様子です。

今回は一日券で、8時のオープンから18時半までの約10時間の釣行となりました。

釣果自体は19匹と、惜しくも時速2匹に届きませんでした。

連れて行った初心者の友人に指導していたり、名物(?)のかき氷食べながら白猫ちゃんとゆっくり戯れたりしていたのも考えると、なかなか悪くない釣果だったのではないでしょうか。

自作のフェザージグやフライを試したかったのもあり、スプーン投げたりクランク投げたりミノー投げたりフェザーを投げたり色々としていたので、

パターンというものは見つけられていませんが、一日を通して明るめのカラーが反応良かったと思います。

合わせ損ねを除くと、フッキングしてからのバラシは1回きりでした。初めて使ったロッド(イプリミML)にしては、うまく扱えたなと思います。

残念ながら赤身や特大鱒は釣れませんでしたが・・・。(計測しませんでしたが最大50センチ弱)

 

 

6時半ごろに到着しました。夏休み期間で混雑を覚悟していたのですが、思ったほど人はいなかったです。

ここは40センチくらいの魚が多く、また、小さめのサイズでもかなりパワフルに引きます。

結局、イプリミ(XULML)とソアレBPMを持っていきましたが、イプリミMLとソアレの2本のみで一日通しました。

イプリミMLは15lbsPE12lbsナイロンリーダー、ソアレはフロロカーボン3lbsのセットだったのですが、

スナップがちゃんと閉まっていないのに気づかず、キャスト前に巻き取りすぎてスナップがガイドに当たり、ぎりぎり取れないくらいのところにルアーが落ちてしまったのと、

足元から1mのズタ袋の生地のような、湖底に敷いてある布に引っ掛けてしまい、どうやっても取れず諦めて切った2つ以外、今回ルアーロストもラインブレイクもしませんでした。

ソアレは前回東山湖で使わせてもらったこともあり、3lbsの細糸でも、40センチ程度のニジマスであれば十分やり取りできますね。まだ余裕も感じられました。すごいぞソアレ。

そんなそこそこの大型とやり取りできる性能を持ちながら、20センチ程度のアジをビシバシ釣っていける(未体験)感度、すごいぞソアレ。

今回はほぼ見える範囲で釣れましたが、前回の東山湖では濁りで全く魚見えない中、未熟な僕でも当たりに合わせる釣りが成立しましたからね。すごいぞソアレ。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【9月10日エントリーで最大P45倍!】シマノ ソアレ BB アジング S64UL-S
価格:10962円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

 

 

イプリミMLについては、XULなら完全にのされて1匹釣り上げるのに5分くらいかかりそうな(リヴァスポット早戸で経験済み)引きのお魚達を、かなりの余裕を持って引き寄せてくれました。

竿が硬すぎて弾く、を心配していたのですが、ソアレでの慣れもあってか、合わせがしっかりとできたようで、フッキングしてからのバラシは前述の通りクランク(ハイドラムS)での1回だけでした。

投げ心地はちょうどソアレとXULの中間といったところで、僕にはかなり扱いやすかったです。今回は太すぎるラインで飛距離を犠牲にしたな、という感じですが。(そこそこは飛びますが)

ただ、PEの扱いはまだまだ練習が必要ですね。(キャスト時に3回結び目ができてしまい、カットしました)こういうミスを考慮して1000m巻の物を買いましたので、どんどん失敗して覚えていこうと思います。

ラインの強さ自体は全然余裕ですね。(当然ですが・・・)元々10ポンド程度のラインを使うように考えられている様で、ドラグも超・オーバースペックなので別の使いみちも考えたほうが良さそうです。

スピニングのバスロッド・・・?イヤイヤコレイジョウハ・・・。(ロッドメーカーのサイトを開きつつ)

使ってみて思いましたが、手持ちのラインのポンド数で合わせるとリーダーが太く(イプリミMLの適正ライン太さ1.5号に対し3号)、結びコブ(トリプルエイトノット)がガイドにカチカチと当たるのがはっきりわかることを考えると、

イプリミMLにはもっと細いリーダーを使うPE、もしくはナイロンラインがいいかもしれませんね。15lbsのPEを使っていましたが、少なくともイプリミMLには無用の長物であるかな、という感想でした。

そして、思ったよりもトリプルエイトノットの結束強度が強いんだな、と思いました。(ラインと魚の重さを考えると、まぁ余裕であるということなのでしょうが)

数回使ったら、もっと細いライン(PEにするかどうかはさておき)にしようと思います。5lbsナイロンを巻いてあるサハラを使うのもありですしね。

次回はZ06の6lbsを使います。スプールに準備して今回持っていったけど使わなかったので。

僕の持っているタックルの場合、PEはBPMで使うのがいいかもしれません。シンキングタイプの重ためのミノーも投げますし。

釣り歴10ヶ月、まだまだ色々と勉強中です。

※記事書きながらノットについて調べていたんですが、トリプルエイトノットって細いライン向けなんですかね?(言われてみれば結び目が大きい気が…)

あまりに簡単だったので、0.3号PEのレブロスをセットアップした時に覚えて、そのまま使ってたんですが、別の結び方を模索して、次回リベンジしてみます。一応。

ヒゲなしノット、なんてのを見つけましたので、次回はこれを使ってみましょうか

 

オープン待ちは40名ほどだったでしょうか。20番目くらいに並べた気がします。

受付すぐ脇、上池の崖側に釣座を構えました。(気温は涼しかったですが、日陰になっていてさらに涼しく、時間によっては水温の変化によって魚が多く集まると考えたため。)

また、インレット横にはすでに人が居たのと、直射日光で体力を奪われそうだなと思ったのもあります。

ただ、背後の木が思ったよりも邪魔でした・・・。キャスト時に木を何回釣ったことか笑

 

朝イチはアルミん4.3g、カラシグリーンカモにてはじめ鱒。リリースしましたが、おそらく当日最小でした。スプーンは当日使った中で一番大きかったんですが・・・。

 

当日釣果につながったルアーは、上記アルミん、ディープカッパー(3.5gオレンジゴールド)、ドーナ(3g赤金)バックス(2.5gオリーブ)、ハイドラムS(三ヶ日みかん)、自作フェザージグといった感じでした。

 

 

自作のルアーで釣れるのはかなり嬉しいですね。

概ね明るめのアピールカラーに反応が良かった気がします。いずれも、放流の有無に関わらず、水面から1mまでの深さをゆっくり通すことで釣れました。

底にはかなりの大型がゆったり泳いでいますが、深場にルアーを沈めてもほとんど反応してくれませんでした。大物狙いの方策を考えなくては。

 

これはブラウントラウトの小さいやつ、でしょうか?2匹釣れましたが、小さめな気がしたのでリリースしてきました。

大きくなってこいよ~

 

こちらは巻いたフェザーの量が多くて、着水時に沈まなかったフェザージグです。笑

フェザージグについては、もしかして・・・?と思ったことがあるんですが、全然確信に至っていないので、今後検証しつつ記事にしようかなと思います。

物によっては、魚の群れているところに着水した瞬間にパクっと咥えてくれたものもありましたので、同じものを3つ増産しておきました。毎度うまくは行かないとは思いますが・・・笑

ほとんどが見えている範囲(すそのFPの受付横のクリアポンドは見える範囲が非常に広い。フェザージグは軽く、見える範囲ぐらいまでしか届かない)で、咥えたのを目視してからの合わせで釣っていますので、リズムゲーム等の“目押し”に近い釣りです。これはこれで楽しいんですけどね。魚の反応を見ながら釣れますし。

 

友人にトルネードについて教えていたら釣れたこの子が結果的には上がり鱒。

時速2匹のペースを維持したかったのと、トルネードで終わるのが嫌だったのでしばらく投げていたんですが、暗くなると今までのパターンが通用せず、そのまま納竿としました。

 

 

総評

夏でも楽しいすそのFP!

他の管理釣り場が高水温で休業になっているなか、冷たい湧水で魚も大きくて元気でした。

引きも強く、XULだと釣り上げるので精一杯になってしまいそうでした。MLとソアレを購入して正解でした。次回はXULでも遊んでみたいと思います。

時間によっては魚が日陰側に多く居たんですが、眺めているとサイズの大きめな魚はかなり遊泳していますが、池の中央やインレット側に多いのかもしれません。また、インレット側の方が水深ありそうでした。

我々よりも、少し受付に近い釣座の方が大きな魚を多く釣り上げていた気がしますので次回はインレット側を狙ってみたいと思います。※時期によっては暑そうですが・・・。

 

ちょっとなんだかなぁ、と思った点は

・縦釣りのルアーが背中に刺さった魚が複数泳いでいた。(メーカーは悪くないので名前は載せませんが)

リトリーブしていたら糸が釣れて、その先は大型の背中に繋がっていました。めちゃくちゃ細い(0.15号くらい?)糸で、持っていたら魚が泳いでいく力に負けて切れてしまいました。

引っ掛け釣りでもしようとしたのでしょうか。漂わせていたらスレがかってしまった、ならいいのですが。

・足元に結構な数ゴミが落ちている。

 ライン、スナップ等複数落ちていました。自分で使ったものも片付けられないのでしょうか。

 

 

最終的に愚痴になってしまいましたが・・・

なにかの参考になればと思います。一緒に釣りを楽しみましょう!

また、熟練の方々、ご指導ください!

調べに調べた知識ばかりで経験の浅い若造がえらそーなことばっかり書いてますが、技術を吸収させていただきたく思っています!

 

日時を合わせて釣行のお誘いも大歓迎です。(神奈川東部発、マイカー有)

管釣り、海釣り、船釣り問いません。

釣果にかかわらず、楽しく遊びましょう!

 

それでは。

はろ~。

しろなみです。

釣行予定を立てた、すそのフィッシングパーク。

東山湖と同様に大型がいると聞いていますので、念の為、BPMも持っていくつもりなのですが、真っ赤でぶっとい竿でベイトリールってなかなか目立ちますよね。

また、前回の東山湖で己の未熟さのせいだとは思いますが、バックラッシュがそこそこ有りましたので、扱いに慣れたスピニングで大型に対抗できる竿が欲しくなり・・・

 

イプリミ62MLも買ってしまいました。

イプリミにした理由は、メインで使っているイプリミ62XULと持った感触が同じで、長さも同じなのでメーカー・シリーズごとの設計特性による

違和感がない(と思われる)ということと、比較的安価というところですね。(1万円程度)

ハイエンドロッドがほしいかと言われればまぁほしいですが、トーナメントに出たりするわけでもなく、楽しく釣れればいい派ですので。

超・ビンカンな釣りはアジングロッドのソアレ(40センチのニジマスとかもわりと余裕に釣り上げられます)に任せ、70を狙っていく釣りにはBPMを。

イプリミXULでその他を補っていくつもりですが、XULだと大型を相手にした場合のパワー不足が否めない・・・。大物と長時間遊ぶのも楽しいんですが、周りに迷惑になりかねませんし。

と、いうことで、イプリミ62MLを70まで行かなくとも、ミノーイングや大型の相手をするために使いたいと思っています。

 

また、PRESSO PRESSにて

・名竿PRESSO AGS62XULのアクションを再現した、乗せ調子の62XUL に対して、

・PRESSO LTDで初採用した硬いけど硬くない?用途の広いMLアクションを早くも展開した62ML

と、メーカーサイドから上位モデルから技術を継承(再現)したという謳い文句の2本が気になったというのもあります。

 

合わせるリールは、SHIMANOさんちのサハラくん・・・ではなく、(サハラの処遇を未だ決めかねております。)

KASTKINGさんとこの MelaⅡ 1000です。

正式な名前の由来は不明ですが、melaはイタリア語で”林檎”なので、愛称はりんごちゃんですね。(melaは女性名詞・単数形)

 

 

・・・こんなミリタリー感あふれる厳ついステルス機みたいな見た目ですが。

購入価格で2500円程度だったんですが、1000番台のリールなのになんとドラグ強度が驚異の8kg。(レブロスが2kg、サハラは3kg)

細いラインだとドラグを締めすぎるとドラグが出る前に切れますね笑

この価格でアルミスプールであり、ベアリング数は10+1の11個。かつ替えのスプールまでついてきます。

いったいどうしてしまったのかという価格設定、もりもりの性能です。

現在は、同じメーカーのKASTKING SUPER POWER PE 15ポンド(リーダーにカーボナイロン12ポンド)と、サンヨーナイロンのAPPLAUD Z06 6ポンドを巻いてあります。

PE15ポンドの太さが0.14mmに対し、ナイロン6ポンドが0.205mmという太いのに弱い、みたいな逆転現象が起きている気はしますが、気にしない方針でいきましょう。

MLのイプリミの適合ラインが~6ポンド(0.205mm)なので、PEなら20ポンドくらいまで使えるんですね。(正直なところ、太いラインでも飛距離が出ないだけで使えると思っていますが。)

そんなに強いラインをトラウトで使う必要性もないのですが・・・。

ナイロン以外のラインでの釣りは(自前のタックルでは)初なので、うまく扱えるようになりたいです。

 

 

あ、ちなみにタイトルは手持ちの竿の硬さ表記(アクション)となっております。

左から、イプリミXUL、謎ベイトUL、蛍光UL/L、ソアレSUL、イプリミML、BPM ML、鱒レンジャーSP50(!)

そうなんです、鱒レンジャーって公式にはMアクションなんですよね・・・。(ラベル(タグ?)にType:Mediumと書いてあります。)

書いてあるけど、信じてないので括弧にくくっておきました。

そろそろ鱒レンジャーの改造に取り掛かろうかなぁ・・・。

 

 

 

釣りを初めたばかりの方の参考になればと思います。
一緒に釣りを楽しみましょう!
また、熟練の方々、ご指導ください!
調べに調べた知識ばかりで経験の浅い若造がえらそーなことばっかり書いてますが、技術を吸収させていただきたく思っています!

日時を合わせて釣行のお誘いも大歓迎です。(神奈川東部発、マイカー有)
管釣り、海釣り、船釣り問いません。
釣果にかかわらず、楽しく遊びましょう!

それでは。

はろ~。
しろなみです。

通販で謎の激安ロッドを購入してみましたので、簡単にまとめたいと思います。

 蛍光オレンジUL・L(購入価格3400円程度)
一本の竿なのに2本のティップがついてる!硬さが違う!お得!・・・みたいなノリで買ってみた一本。
正しくはULとLの硬さの竿を持っていないので、一つの竿を購入すれば両方試せる、という竿の経験値を稼ぐための一本。(UL/Lの表記の真偽はさておき・・・)
柔らかめで扱いやすいので、自分のテストが終われば貸与用に、と考えています。
素材はカーボン98%と表記されていますが、バット側はさておき、ティップの見た目、手触りともにマットでグラスファイバーっぽさがあります。
先端から第3ガイドまでが蛍光オレンジに塗装されており、視認性がいいです。

1.8m長、85gでガイドはSiCリング/Kブラケット。
適合ラインは2-8ポンド、ルアー重はUL/0.6-8g、L/0.8-10g。
扱える範囲は広いですね。
調子(UL)はどちらかといえば胴調子です。(Lは未使用のため、今後確認します。)
(ティップもバットも曲がりやすいのに、継ぎの部分が硬めで、ロッド全体が描く円の途中に継ぎの部分の直線がある)
6月の東山湖で釣り好きの友人にも使ってもらいましたが、不思議な曲がり方をするのでちょっと怖いと言っていました。(ちゃんと釣り上げてましたが)
まぁ、お遊びと言うか謎の激安ロッドですので、文句は有りません。わりとこれはこれで面白いので。

 



 謎ブラックベイト(購入価格1800円程度)
軽いルアーを投げられるベイトロッドを買ってみようと、(軽量スプール買ったものの未だに使用していないため)ULのロッドを購入してみました。
100%カーボン、と商品名には謳っていますが商品説明ではカーボンファイバー+ファイバーグラスというぶれっぶれの表記、
商品詳細では第6ガイド(ティップ側半分くらい)辺りまで曲がるトップガイドの写真が掲載されており、これはもはやベイト版鱒レンジャーに近いのでは。と、ワクワクしながら購入。
実際に届き振ってみると鱒レンジャーよろしく曲がるティップ!収まらないトップガイドの揺れ!
いわゆるカーボンの硬さなど微塵も感じられない(鱒レンジャーよりはトップガイドの揺れの収束は早いです)グラスっぽいロッドでした。
どう考えても使ったら楽しい竿です。(まだ使えていませんが)

1.8m長、105gでガイド類ほか、詳細不明。
改めて曲げてみて思ったんですが、XULのイプリミとほぼ同じような曲がり方します。
XULと考えておいてよさそうです。
BLACKMAXの軽量スプールには5Lbsのナイロンが巻いてありますので、ルアーの飛びはよくないと思いますが、楽しく使えればOKですね。

実力と題しておきながら、実釣に関するコメントがほぼありませんが、今後使っていくうちに特性など把握できればと思います。

釣りを初めたばかりの方の参考になればと思います。(今回お役立ち情報皆無ですけどね。)
一緒に釣りを楽しみましょう!
また、熟練の方々、ご指導ください!
調べに調べた知識ばかりで経験の浅い若造がえらそーなことばっかり書いてますが、技術を吸収させていただきたく思っています!

日時を合わせて釣行のお誘いも大歓迎です。(神奈川東部発、マイカー有)
管釣り、海釣り、船釣り問いません。
釣果にかかわらず、楽しく遊びましょう!

それでは。

はろ~。

しろなみです。

ずいぶんとまた間があいてしまいました。おひさしぶりです。

 

前回の釣行が6月15日の東山湖なので(初心者連れて22日に鹿留に行っているんですが、サポートに徹していてほぼ僕は釣りをしていません)、

近日中に約2ヶ月ぶりに王禅寺ナイターにニジマス釣りに行こうと思います。

釣りに行きたいとは思っているのですが、これでもサラリーメンなので土日しか時間が取れず、土日は雨だったり別の用事があったりでなかなかいけませんでした。

すそのフィッシングパークに行く予定を立てたので、それまでに感覚を取り戻しておきましょう。

 

記事としては先月半ばのフェザーの記事以来でしょうか。

あれからもたくさんのフェザージグ・フライを作りました。

釣りに行ってないので釣果はないですが・・・。

 

ケースも買って、だいぶ増えました。

写していませんがまだまだあります。

大量の羽を消費すべく、ガシガシ作っていますが、作ったものを自分じゃ消費しきれませんので、

友人に売ったりあげたりしたいと思います。

どこか譲れるサイト等あれば活用してみようかな・・・。

 

 

そして、念願の(?)アジングにも行く予定ができました。

先月タックルまとめ記事を書かなかったので、紹介していなかったのですが、

 

ソアレBBアジングS604ULSと、ソアレBB C2000SSHGのアジングセットを作成しました。

サハラくんは別のロッドと組み合わせて使います。

先程記事を書くのにソアレBBアジングシリーズを調べていたんですが、今年リニューアルしたみたいですね。

※購入時にオンラインショップで大体の店が品切れてたのでなんとなく察していましたが・・・。

6フィート4インチの竿の型番がS64UL-Sとなっていました。

パッと見、リールシートが変更になったくらいでしょうか。

 

一部しか映してませんが、アジング用に、ワーム類も買いました。

Jackallのペケペケ1色、ジャコナックル3色。

reinsのチビキャロ1色。

メジャークラフトのアジストレート1色。

通販で買った謎の赤虫的ワーム(いっぱいある)。

百均のワーム3色。

たくさん釣れるといいんですが。

 

 

 

 

釣りを初めたばかりの方の参考になればと思います。

一緒に釣りを楽しみましょう!

また、熟練の方々、ご指導ください!

調べに調べた知識ばかりで経験の浅い若造がえらそーなことばっかり書いてますが、技術を吸収させていただきたく思っています!

 

日時を合わせて釣行のお誘いも大歓迎です。(神奈川東部発、マイカー有)

管釣り、海釣り、船釣り問いません。

釣果にかかわらず、楽しく遊びましょう!

 

 

それでは。