2019ベイスターズ振り返り ポジ編 | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、フォローを歓迎しています!Twitter @AnytimeBaystarsでも更新をお知らせしています。

2019年のベイスターズについて、いつものゲームレビューのように、ポジ、ヤジ、キジの3視点で振り返っていく。まずはポジ編。

 

▼印象に残った勝ちゲーム

 

3位: 4/29 読売戦@東京ドーム 10連敗でストップ!石川が殊勲の活躍

 

開幕から5カードのうち4カードで勝ち越し。9勝6敗とまずまずのスタートを切った。先発投手では京山が期待通りの結果を出せなかったが、勝ち投手の権利を2回連続で得ながらパットンに消された上茶谷を含め、良い結果を残していた。

 

ところが、各チームとの2回り目に入ると、濵口が打球を当てて離脱、京山の不振から国吉をオープナー起用し、歯車が狂っていく。さらに打線も沈黙。特に開幕から宮崎の不振が深刻で、得点力は激減した。ナゴヤドーム、マツダスタジアムの5試合を全敗すると、ハマスタでの苦手・阪神戦も3タテを食らい、首位・読売戦へ。ここでも流れを変えられずに、ついに連敗は10まで伸びた。

 

この日、何かを変えるため、キャンプからずっと2軍で調整していた石川を呼んだ。いきなり2番セカンドでスタメン出場した石川は、3回に大和とヒットエンドランを決めて先制点をもたらす。

 

直近2度の登板では打ち込まれていた上茶谷が、この日は気合の入った投球を見せ、4回まで1安打無失点。だが、5回はまだ手にしていない「勝利」を意識したのか、ヒットの後に連続四球でノーアウト満塁のピンチを招く。ここで原監督は早くも切り札の阿部を代打起用する執念を見せた。阿部は三振に取ったものの結局3点を奪われ逆転。10連敗中のチームには重すぎる失点となった。

 

だが、1点差に迫った8回、大和のタイムリーで追い付くと、石川が宮國から勝ち越しの2ランで逆転。チームを奮い立たせる大きな一打だった。この2点をエスコバー、山崎で守り切り、4/14以来15日ぶりの勝利となった。

 

若い選手が多いベイスターズにあって、在籍15年目のベテランは貴重な存在。ここ数年は精彩を欠いて2軍にいる時間も長かったが、精神的支柱として、ここぞでの働きによって価値を示したシーンだった。この後は、8月に1000安打を達成するなど、ずっとチームを支える役割を担っていたが、9月に右肩痛で離脱。優勝を逃したチームを最後まで支えることはできなかった。

 

2桁連敗をしたチームが優勝した例はなく、結局その通りになってしまったが、中でも4月という序盤から2桁連敗してしまうと、ほとんどのケースで下位に低迷して終わっている。そうした中、優勝争いに加わって2位に躍進できたのも、この試合の勝利、さらには勝ち方というものが非常に大きかったと思う。諦めなかった選手たちの思いはFOR REALで垣間見ることができるが、その思いを結束し力づける勝利だったと思う。

 

 

2位: 9/19 広島戦@ハマスタ 0-7からカジ満塁弾、ソト3ラン2発でサヨナラ

 

劇的勝利という意味で、この試合を一番に挙げる人も多いのではないか。ハマスタの広島戦って、近年はその年を象徴するような凄いゲームが生まれるよね。

 

現実的に優勝の可能性が極めて低くなり、読売の胴上げがどこになるかといった段階。地元でのCS初開催を目指し、2位確保には負けられない直接対決。しかし、今永を立てながら5回で0-7とワンサイドゲーム。勝負ありといった状況だったが、6回に大きなチャンスが到来する。

 

1アウトからソトが3ランを放ち、反撃開始。その後も2本のヒットと四球で満塁とし、代打には梶谷が入る。本人も言っていたが、今年こういうケースであまり打てていなかった。佐野もいたが、ベンチは梶谷を選択。これが見事に当たり、まさかの同点グランドスラムとなる。この打球の行方を追うチャモ、プーさんのリアクションは何度見ても笑う。

 

一挙7点で同点にしたものの、追い越せなかった。8回に国吉が會澤のソロを浴び、結局負ける試合かという雰囲気だったが、代打から守備に入っていた梶谷がまたしても同点打。試合は延長に入る。

 

1イニングでしか起用しない山崎をこの試合では2イニング行かせる執念を見せた。11回裏にその気持ちが届き、ランナーを2人置いて、ソトがレフトスタンドへのサヨナラ3ランホームラン。CS進出、2位確保を大きく引き寄せる貴重な勝利となった。

 

9月は失速してしまった今永も、相性の良かった広島戦で打ち込まれ、これで負けていたら精神的にもキツかったはずで、彼を救った逆転勝利だったと思う。山崎の2イニングを始め、リリーフも勢いづいた広島打線をよく抑えた。ホームラン3発で10点という派手な得点だったが、それも各打者が繋ぎの意識で塁上を埋めていたからこそ。

 

ハマスタでCSができるぞ!と確信し、沸いた夜だった。

 

 

1位: 8/18 広島戦@ハマスタ 今永1-0で完封!スタメン外れたロペスが意地の一発

 

個人的にはこの試合を今年一番に挙げたい。旅行先の函館でニコ生観戦し、勝利の瞬間には大きくガッツポーズをした試合だった。

 

8/4の読売戦に勝利し、ゲーム差はついに0.5。この勢いで首位に立つかと思われた。個人的には近づくのが早すぎるなと思っていた。オールスター後、急速に白星を重ねてきたチームは、神宮で痛い3タテを食らうなど5連敗。はっきり見えていた背中が、また見えなくなった。

 

そうした中、連敗を止めた翌日、エース今永を立てた試合は非常に重要な一戦だった。この試合では不振のロペスが、休養も兼ねてスタメンを外れた。今永が序盤のピンチを切り抜けて無失点の投球を続けたが、4番に佐野を入れた打線も九里に封じられ、0-0のまま試合が進んだ。

 

途中、守備から出場したロペスに初打席が回ってきたのは7回だった。初球、九里の変化球が少し甘くなったところをすくい上げてレフトスタンド上段へ突き刺した。途中出場だったが、1球できっちり捉え、存在感を見せつけた。

 

この1点のリードを今永が守った。8回までに126球投げていたが、そのまま9回のマウンドへ。走者を背負ったが、會澤を三振に取り完封勝利。1-0の完封は難しいと言われるが、ようやくそういったマウンドを託される投手になった。

 

今年、エースとして大活躍した今永。3つの完封をマークしたが、この日が一番、勝利そして優勝争いへの気持ちが出たマウンドだったのではないか。痺れる試合展開の中で、気持ちが上回って勝利を掴み取った、印象的な試合となった。

 

 

▼明日に繋がる収穫

<投手>

先発投手は、まず今永が復活し、エースとして1年間ローテを守ったことが大きい。個人的には、ベイスターズがここ数年、Aクラスに入れるようになってきているのは、今永という先発の柱が立っていることが大きな要因と考えている。2018年は非常に苦しんだが、その苦しんだ分、自分の特徴であるとか、気を付けなければならないポイントも見えてきたと思う。来年、続けてエースと言えるような成績を残せば、リーグを代表する投手になる。先日も少し記事に書いたが、康晃もメジャーへ行くのであれば、ベイスターズの顔は今永が担わなければならない。

 

それ以外の先発投手は苦しんだ1年だった。3年目で飛躍が期待された濵口は、今年もケガに泣いたシーズンとなった。4/10に完封勝利を挙げ、幸先の良いスタートを切ったが、次の登板で打球が足に当たって離脱。思いのほか重傷で復帰に1ヶ月を要した。復帰後も、5月にはハマスタのデーゲームで打ち込まれることが続き、中継ぎに降格。交流戦から先発に戻り、7/17には、ナイターのハマスタで、2年ぶりの勝利を挙げた。8月末には再びケガで離脱し、優勝争いの9月に貢献できなかった。それでも6勝を挙げ、1年間フルにローテを守れば、再び2桁勝てる能力があることは垣間見れる。来年の課題も、1年間安定してローテに入ること。やることは明確だ。

 

そして、2年目の東は、予想以上に苦しんだ。キャンプから左肘の違和感に悩まされ、開幕は間に合わず。ゴールデンウィーク最後の試合で復帰したが、打ち込まれた。心配されたが5月だけで3勝をマーク、このまま本来の力を発揮してくれれば、というところだったが、交流戦に入っても本来のボールが投げられず、6/6の試合を最後に再び2軍での調整となった。8/12に復帰し、8/23に東京ドームの読売戦で見せた投球は、新人王となった昨年の東の投球だった。この東が帰ってくれば優勝も、と思ったくらいだったが、結局この登板が今年最後の投球となった。彼もまた、年間を通してローテ入りするためのコンディション、体力が課題。「東が1年間やれていれば優勝していた」ということは、本人もよく分かっていると思う。リベンジに期待したい。

 

同じようなシーズンを過ごしてしまった平良も同様だ。オールスター明けにベイスターズが7連勝を含めて、大きく勝ち越していた時期は、この平良も含めて、先発投手が機能していた。その時は、久々に強いなと思ったものだ。8月上旬に5勝目をマークした時には、優勝に向けて大きなピースが揃ってきたように思えたが、そこから不振に陥り、シーズン最後まで勝てなかった。特に9月のハマスタ読売戦で2度、打ち込まれたのは残念だった。本人も悔しいだろうから糧にしてほしい。CS1stステージ3戦目に先発したが、その内容は良かったように思う。来季こそローテ定着を。

 

2桁勝利を狙える能力がある濵口、東、平良といった先発投手が、1年間きっちりローテを守るコンディションを作れれば、リーグでもかなり強力な先発投手陣を形成できる。

 

今年、新しい力として、ドラフト1位の上茶谷が8勝を挙げた。前例からすると、2年目の来季は計算が立たないかもしれないが、右腕の先発投手として一番手になっていくだろう。そして、3位の大貫も6勝を挙げた。良いことも悪いこともあったシーズンだろうが、年齢的にも2年目に飛躍していきたいところ。ゲームを作るというところをもっと追求し、安定感のある先発として成長してほしい。

 

育成から支配下登録された中川も期待のかかる投手。ファームでは最多勝と最優秀防御率を獲得した。150キロの速球を投げるほど球威も上がってきており、力のある先発として期待したい。一方、京山、飯塚、阪口は伸び悩んだ。このまま期待の若手で終わるのか、飛躍を遂げるのかは彼ら次第。中川も含めて、高卒組の成長を期待したいし、この中から1人でも出てきてくれれば、先発投手はかなり高いレベルになる。

 

クローザーは今年も山崎が1年間きっちりとその重責を果たした。ルーキーイヤーからこれだけクローザーとして役割を果たし続けるというのは凄いこと。メジャー希望の話は出たが、まずは来季に全力で向かってくれるだろう。

 

リリーフでは、砂田が今年は状態が上がらずファーム暮らしが続いた。三上も開幕直後に肘の手術を受け、長期の離脱となった。パットンも8月に自らケガを負い、CSまで復帰できなかった。そのしわ寄せが三嶋、エスコバーに行ってしまったが、何とか耐えてくれたという感じ。国吉がリリーフとしてようやく1年間フルに働いてくれた。武藤、藤岡も地味ながらブルペンを支えてくれたし、齋藤も期待を持たせる投球を見せてくれた。

 

しかし何と言っても、先発、リリーフとフル回転してくれた石田の存在が大きかった。開幕は出遅れたが、5月から砂田、三上の穴を埋める形でリリーフとして復帰。力強いストレートで何度もピンチを救った。オールスター明けからは本人の希望に沿って先発へ復帰。ここでも結果を残し、ローテの柱として活躍。9月の勝負どころでは再びリリーフに戻り、ジョーカーとして獅子奮迅の活躍だった。

 

リリーフを担っていた9/16にショートイニングで、という意味不明な起用の先発登板をさせられて唯一の敗戦投手となったが、4勝1敗という数字以上に貢献した1年だった。個人的には、今年に関しては年俸の評価はもっとしても良かったと思う。来季はどのような起用になるか分からないが、投手陣のカギになる選手だと思う。

 

投手だけで思いのほか長くなってしまったが、投手については、今年多くのものを得たという感じはないが、ケガで投げられなかった投手が、しっかりと1年間投げられるコンディションを作ってくれば、リーグでも上位の投手陣になるのではないか。打力の低下が予想される来季、カギになるのは投手陣の出来になる。木塚コーチの手腕にも期待がかかる。

 

<野手>

筒香が抜けたチームがどうなっていくか、ということになるだろう。

 

その筆頭候補となるのが佐野。開幕から代打で驚異の打棒を披露し、年間を通して1軍で活躍した。夏場には、4番に入って結果も残した。ただ、規定打席に到達するほどの出場はしていないので、1年間スタメンで出続ける苦しみは来季、味わうことになるだろう。外野手は他の選手のレベルも高いので、少し調子が落ちればスタメンを奪われる。厳しいサバイバルに打ち勝って、ポスト筒香の座を掴み取ってもらいたい。

 

神里は夏場以降の落ち込みがあったが、規定打席に到達した。CS1stステージでは非常に良いバッティングをしていたし、何か掴むものがあったとすれば、非常に期待できる。2年目は盗塁数、成功率が激減してしまったのだが、思いのほかバッティングが良くなってパワーもあるので、3割2分くらいマークする中距離打者として3番を打てるようになってもらいたい。外野手のレギュラー一番手なのは間違いないだろう。

 

乙坂は代打が中心ながらも、今年はバッティングで結果を残した。スタメンとなると守備力で厳しいものはあるが、勝負強いバッティングを武器にレギュラー争いに加わってほしい。CS1stステージでのサヨナラホームランなど、ここ一番で期待したくなる選手だ。

 

楠本はオープン戦で結果を残し、首位打者となって開幕スタメンを勝ち取った。順調なスタートを切ったが、結果を残し続けることはできず、ファームとの往復を繰り返した。交流戦ではプロ初ホームランを逆転のグランドスラムでマークした。ヒットを打つ能力は非常に高い選手。結果を残し続けるには何が足りないのか、その答えを見つけて飛躍してほしい。

 

関根はファームで打率2位、12ホームランをマークするなどバッティングが力強くなった。一方、1軍では限られたチャンスで結果を出せず、1安打で打率.038に終わった。メキシカンリーグに参加し、ある程度の結果を残した。1軍で結果を残すために足りないものは何か。これを掴めば一気に開花することもありうる。筒香の枠が空く来季が最後のチャンスになるかもしれない。

 

細川も期待が大きいが、今年は結果を残すことはできなかった。それでもファームでの数字は年々良くなっている。粗削りで脆い部分を補いながら、彼の長所である長打力をどう維持していくか。大村コーチとの出会いで何がもたらされるのか、非常に楽しみだ。

 

内野では、柴田が輝きを見せた。守備は大和にも劣らないものを見せていたが、今年は後半にバッティングも開花。目に見えて打球が鋭くなった。小柄だが、ただ当てに行くだけではダメだと感じたのだろう。デラロサやレグナルトからホームランを打つ意外性も見せてくれた。筒香が抜けたレフトにソトを回し、セカンドで柴田を使うオプションもある。ラミレス監督にそうした考えを持ってもらうためにも、さらに向上させてほしい。柴田の守備は安心感があるから、内野には置いておきたい選手だ。

 

一番期待しているのは、伊藤裕季也。オープン戦でファールと決めつけて走らなかったことがあったが、そういったことからちゃんと学ぶことができている。ファームでは特段目立った数字ではなかったが、1軍昇格後、1試合で2ホームランをマークしたり、ノーヒットノーランを継続している石川からホームランを放つなど、1軍で結果を残せるところが非凡なものを感じる。村田修一を思い起こさせるような選手で、近い将来、チームを主軸として引っ張ってもらいたい。セカンドの守備をさせるにはちょっと厳しいところはあるが、宮崎が今年のような感じであれば取って代わってもいいし、ファーストを狙ってもいい。伊藤裕を使いたいというような状況になれば、チームのレベルも上がっていくだろう。

 

最後に、戦力外からの獲得となった中井は、年間トータルとしては期待以上にやってくれたと思う。来季も困ったところで彼の力を必要とするだろう。今年以上に力を発揮してくれれば、チーム力の向上が期待できる。

 

筒香は抜けてしまうが、彼の代わりは誰にも務まらない。ただ、新しいレギュラーとして活躍できるキッカケを掴んだ選手が数多くいる。補強として新たな選手の獲得はしていないが、飛躍を遂げる選手が出てくることを期待したい。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村