2020年コーチングスタッフ、そして筒香 | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、フォローを歓迎しています!Twitter @AnytimeBaystarsでも更新をお知らせしています。

2020年のコーチングスタッフが発表された。CS敗退直後に報道されていた通り、三浦1軍投手コーチが2軍監督となる。現在の2軍監督である万永は、以前務めていたスカウトに戻るという噂もあったが、総合コーチとして現場に残った。初の監督に就く三浦新2軍監督のサポート役と思われる。

 

そして、既に発表されていた新任の3コーチは、いずれも2軍を担当する。

 

  位置 2019   2020

監督 ラミレス ラミレス
ヘッド 青山 青山
投手(ベンチ) 三浦 川村
投手(ブルペン) 木塚 木塚
チーフ打撃 田代 田代
打撃 坪井 坪井
内野守備走塁 永池 永池
外野守備走塁 上田 上田
バッテリー 鶴岡  
バッテリー 藤田 藤田

監督 万永 三浦
総合   万永
投手 大家 大家
投手 川村 牛田
打撃   大村
打撃 嶋村 嶋村
打撃   下園
内野守備走塁* 柳田 柳田
外野守備走塁 小池 小池
バッテリー* 靏岡 鶴岡
バッテリー 新沼 新沼

*2019年は、内野守備走塁コーチが打撃も兼任。靏岡は育成コーチも兼任、シーズン途中から育成の選手登録。

 

監督が交代していないので、ほとんどのコーチが留任というのは普通ではあるが、1軍は動きがない。三浦の後任として川村が1軍投手コーチに入る。これも予想通り。鶴岡が2軍のバッテリーとなり、1軍は主にブルペンを担当していた藤田だけになる。

 

鶴岡の2軍配転は、1軍は実績のある伊藤光が4年契約で残り、ケガがない限り捕手2人制で、嶺井か戸柱がベンチに入ることになる。2軍コーチになることで、山本、益子、東妻の育成をすることにターゲットを絞った、長期的視野の戦略。新沼、靏岡はまだ経験が浅いので、これは良い人事だろう。

 

藤田和男という男。名前からしてかなり年配なのかと思ったが、松坂世代の1学年上。プロ野球の経験なくしてプロのコーチになった異色の存在だ。2012年のDeNAベイスターズ発足とともに、プロ未経験でブルペン捕手などを務めていた。2015年から2軍バッテリーコーチとなり、徐々にステップアップしている。名選手イコール名コーチではないし、こういったコーチとして実績を積み、評価される人材を作っていることも、チームとして評価できる部分。

 

一方、2軍は新任の3名が入った分、そのまま3名増となった。嶋村と兼任で柳田が務めていた打撃部門に、大村が復帰して、下園が加わった。一気に正担当が3名となった。今年、コーチの不足がどう影響したのかは分からないが、人数を考えるとこのくらいが適切だろう。下園はコーチ1年目で、実質補佐としての役割で、コーチとしても育成期間になる。大村コーチには、細川や伊藤裕季也といった期待の若手の打力をさらに引き出す期待もあるし、下園らコーチのレベルアップも期待される。自身の打撃理論に当てはめるタイプではなく、その選手の考えに基づいた本来の打撃をさせるタイプなので、特に伊藤裕の成長に期待している。

 

牛田も同様に初年度は補佐的な役割になるだろうが、独立リーグでコーチ経験はあるので、大家と分担しながら、実際のコーチングを行う中での育成になるだろう。

 

そして、総合コーチになる万永は、三浦監督のサポートをしつつ、内野守備走塁コーチも兼務し、「走塁革命」を2軍から後押ししてほしい。やっぱり森の守備を鍛えて欲しいね。足は速いのは分かっているので、盗塁のコツが伝授できれば。

 

ほとんど変わっていないし、予想通りなのだが、高校生を3人指名して育成が重要となる中、昨年は少し不足していた2軍のコーチを増強している。次期監督が濃厚な三浦2軍監督をサポートする体制も敷かれており、非常に良い人事かと思う。

 

石井琢朗のコーチ就任を希望する声が多かったかと思う。個人的にも、彼が野手に転向して背番号0で駆け回っている頃から見ているので、チームにいてくれたらと思うが、現状の体制にマッチする状況でもなさそう。田代コーチが1軍にいるのであれば、2軍にきっちり若いコーチも含めて育成ができる人材が欲しい。そういう意味で大村コーチが復帰したのは期待できるんじゃないかなと思う。

 

11月には投手と野手で分離となる秋季キャンプが始まる。新任コーチは春季キャンプからの合流になるかもしれないが、2020年に向けて動き出して行く。

 

その2020年、ベンチから姿が消えることになりそうなのが筒香。この日、記者会見を開き、正式にメジャー挑戦を発表した。

 

以前のブログにも書いた通り、「通用するから行くのではなく、今、このタイミングで挑戦したいから行く」のだと思う。アメリカでは、キャプテンシーや存在感といった部分はゼロになるわけだから、純粋に打者、外野手としての評価を受ける。

 

この3年くらいの打者としての成績を見れば、高い評価を受けられるとは思えないが、それでもチャンスがあれば、何とかそこをこじ開けて掴み取ってほしい。まずは入札があり、少しでも良い条件で契約できるといいね。

 

ベイスターズに偏重しているため、それ以外の野球には興味がないが、筒香の出場するメジャーのゲームは、機会があれば見てみたい。

 

とにかくそのチャレンジ精神に対して応援したいし、新たな環境でいろいろなことを学び、成長してもらいたい。これも以前書いたことだが、やっと選手がメジャーに行ってしまう心配ができるようになったか、という感じ。ポスティングは実質チーム初(2011年、真田をポスティングにかけたが入札なし、読売に移籍)だし、佐々木以来のメジャー移籍と言っていい。斎藤隆、小宮山とは状況が違う。

 

ベイスターズからメジャーへ行く選手が出れば、在籍している選手のモチベーションも上がるし、間接的に横浜も盛り上がる。日本ハムや西武が、選手をメジャーに輩出しても代わりの選手が台頭してチーム力を維持しているように、ベイスターズもそういったサイクルを築けるようになって欲しい。

 

筒香の件は以前書いたので別記事にせず、そのまま続けたが、結局、そこそこの長さになってしまった。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村