ハマスタ初CS 阪神の現状(打) | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、フォローを歓迎しています!Twitter @AnytimeBaystarsでも更新をお知らせしています。

いよいよ10/5に開幕するクライマックスシリーズ。前回は強力な投手を数字で見たが、今回は打線。阪神と言えば、最近は投手はまずまずだが、打線の得点力が課題。

 

今年の得点536はリーグ最下位。ホームランは中日の90に次いで少ない94。甲子園が本拠地とは言え、少し寂しい数字だ。シーズン最後の6連勝中も、チーム打率は.244とシーズンの通算よりも低かった。しかし、投手が点をほとんど取られないので、打線が地道に攻撃を続け、要所でタイムリーが出る効率的な攻撃だった。スクイズなどのスモールベースボールもハマった。

 

最近6試合で打っているのは、福留と梅野くらいで他の打者の数字はあまり良くない。

 

選手 最近6試合 DeNA戦 ハマスタ
近本 24-5 .208 91-25 .275 48-19 .396
木浪 14-2 .143 70-22 .314 45-12 .267
福留 19-7 .368 74-23 .311 28-10 .357
大山 17-4 .235 92-28 .304 44-15 .341
マルテ 6-0 .000 55-18 .327 23-6 .261
糸原 21-5 .238 84-23 .274 41-11 .268
髙山 14-4 .286 34-7 .206 20-4 .200
梅野 18-8 .444 83-22 .265 45-11 .244
北條 19-4 .211 28-7 .250 15-3 .200
中谷 7-1 .143 34-5 .147 19-3 .158
鳥谷 5-1 .200 27-5 .185 6-0 .000
原口 1-0 .000 11-3 .273 5-3 .600
陽川 7-1 .143 8-1 .125 6-1 .167

 

DeNA戦の成績は、上位打線で軒並み良い。CSでどういう打線を組むか分からないが、この並びだった場合は、1番から4番までを気を付けたい。特にハマスタだと近本と福留。福留はここ数年「ハマスタおじさん」と言うべきほど打っている印象。近本は、4月の康晃からの逆転3ランが印象的だが、彼を出してしまうことでランナーとしても警戒することとなり、苦しくなってくる。

 

全体的に足の速い選手が揃っているので、バントや進塁打でランナーが進みやすく、二塁からでも還って来れるので、得点効率は良くなる。一発の怖さは少ないが、ランナーを出してしまうと、すぐにピンチになってしまう。四球でもったいないランナーを出すことは避けたい。

 

狙ったように飛び出る福留のホームラン、大山の長打は気を付けたいが、特に梅野は封じたい。キャッチャーに打たせるなというのは定番だが、好調時の梅野にはかなりやられている印象がある。最近6試合でも好調。DeNA戦、ハマスタでは意外と数字は出ていないが、4月の好調時は対戦していても嫌だった。

 

ハマスタでのCSだけに、.396をマークしている近本がキープレイヤーになるだろう。彼を抑えればDeNAに流れが来るし、彼が出塁して盗塁でも決めれば、一気にムードは阪神に傾くだろう。オールスターでもサイクルヒットを達成したように、大舞台で強さを発揮すれば、阪神が一気に駆け上がる。DeNAは対策を練っているだろうが、想定通りに抑えられるだろうか。

 

投手 防率 S H
石田 0.00 7 0 0 0 4 7.2 0
井納 5.40 2 0 0 0 0 6.2 4
大貫 3.93 4 2 2 0 0 18.1 8
今永 3.26 4 1 2 0 0 30.1 11
上茶谷 3.38 6 2 2 0 0 34.2 13
濵口 3.29 5 2 2 0 0 27.1 10
平良 6.75 1 0 1 0 0 4 3
バリオス 4.66 2 0 2 0 0 9.2 5
武藤 0.00 7 0 1 0 0 7 0
三嶋 7.45 10 0 2 0 3 9.2 8
国吉 2.51 10 0 0 0 3 14.1 4
エスコバー 4.91 12 1 0 0 4 11 6
山崎 1.13 9 0 1 3 2 8 1

 

主な投手の阪神戦の成績だが、大きく負け越しているので数字としては良くないのは当然だが、それほど点を取られているわけではない。ハマスタでの成績も含め、初戦の先発に指名された石田。今永はリリーフで使う構想もあり、紅白戦含めた最近の投球と成績から大貫にも先発の出番がありそう。上茶谷をどう使っていくかがポイント。

 

ここまでデータを紹介してきておいて、ひっくり返してしまうようだが、レギュラーシーズンとクライマックスシリーズは違う。いろいろやって来るラミレス監督がどういう継投を見せるのか。

 

打線が得点を取るまでとにかく踏ん張っていきたい。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村