ただ目の前の試合、その一瞬に全力を | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、フォローを歓迎しています!Twitter @AnytimeBaystarsでも更新をお知らせしています。

09/08 中日2-5横浜DeNA@ナゴヤドーム

 

■ポジ

 

▼今週(9/3~8)の成績

読売 1勝4敗1中止

DeNA 1勝4敗1中止

 

先週末時点の4ゲーム差は変わっていない。途中、2.5ゲーム差に接近する場面があったが、差が開いてしまったわけではない。一方、4勝2敗で乗り切った広島との差は縮まった。

 

4ゲーム差を追う側としては、残りゲームが少なくなる中、差を詰められなかったのは厳しい状況に追い込まれた。だが、直接対決はまだある。残りはホームゲームは8、ビジターが5だ。

 

プロ初先発の齋藤は本当に見事な投球だったと思う。最初の大島にカウントを悪くしたが、歩かせるのではなく、ストライクゾーンで勝負し、結果として内野安打になったが、歩かせるのとは違う。3ボールになるシーンもあったが、5イニングで四死球なし。テンポよく、かつ大胆に勝負できていた。リリーフのように飛ばして140キロ台後半の真っ直ぐと、スライダーを中心とした変化球で、中日打線に捉えることを許さなかった。現時点でリーグの中でも好調な1番から6番までの打線を、ファールフライの間の好走塁による生還だけに抑えたのだから、大したものだ。今週投げた先発の中で、一番内容のある投球だった。

 

ブルペンデーだとか、齋藤を先発させなければならない状況は厳しいという風に書いたことに対して、見事にいい意味で期待を裏切ってくれたと思う。心から謝罪するとともに感謝したい。

 

ソトが9回に、大野雄の完封を阻止する36号2ラン。遅きに失した感はあるが、来週も対戦する可能性が高く、価値はあるだろう。ホームラン、打点ともにリーグ単独トップに立った。このところ、完全に当たりが止まっていたが1本出て、首位攻防戦に入れる。

 

結果としては、ソトが9回にホームランを放ったが、僅差だったら大野雄に完封されていたかもしれない。9回は点差があり過ぎて、完封を意識し過ぎてしまったと思う。つまり、今永が予定通りこの日に先発していたとして、落としていたかもしれない。それくらいに、今日の大野雄は良かった。今永で落とすよりは良かった、そうポジティブに考えるしかない。

 

■ヤジ

 

昨日のファームに関するブログで書いた通り、前日のファームで登板した三上はあまり良くなかった。しかし、ジャイアンツ球場での9回を15球で投げ終え、そのまま名古屋に行った。

 

齋藤がプロ初先発する8日、早い回での降板を想定し、2番手で使いたいという構想だった。結果としては、齋藤が想定よりも好投し、5回まで投げたことにより、6回に投入することになり、決定的な3失点(自責は2)を喫してしまった。

 

ファームで登板した後、横浜から名古屋に移動して連投させる必要があったのだろうか。ファームからどういう報告が行き、1軍の首脳陣がどう判断したのかは分からない。結果を見る前から見切り発車、焦りだったとしか思えない。

 

想定よりも大野雄が良く、齋藤が頑張ったために、5回を終えて0-1というゲームになった。野球ゲームではないので、急には登板させられないのは承知だが、4回に1失点して、5回もマウンドに上げることを決めた時点で、2番手のプランを見直すことを考えても良かったのではないか。1軍の試合でどれくらいの力が出せるのか未知数である三上を投入するのはリスクがある。齋藤が打たれて、4回くらいから登板させるのとは話が違う。

 

この3連戦、エスコバーを使うことなく3タテを食らっている。6回からエスコバーを登板させるスタンバイはできないものなのか。康晃は8回に調整登板しているが、7回は石田を連投させた。エスコバーが4日投げないのは珍しいとさえ思うのも異常だが、何かあったのだろうか。何もないなら、この時期に連敗を阻止するために最善のリレーをするべきなのに、少し判断が悪かったと思う。

 

今日の大野雄の出来だと1点でもかなり厳しかったとは思うが、やはり1点差であれば何が起こるかは分からなかった。

 

そして、今日も京田を止められず。先制点に直結するスリーベースを打たれ、7回にはダメ押しのタイムリーツーベースを打たれた。対戦打率は4割を超えた。まだナゴヤドームで3試合ある。しっかりと対策を練ってほしい。主軸のビシエド、高橋、大島あたりに気を取られている場合ではない。彼の繋ぎ、足が脅威になっていることを重視してほしい。

 

■キジ

 

昨日の段階である程度、3タテを食らうであろうことは見えていた。起きてしまったことは仕方ない。それでも、まだ2位というポジションにいる。諦める必要はどこにもない。

 

ラミレス監督が言うように、とにかく10日の初戦だ。この試合で全てが決まる。今永を立てて臨む試合。読売は今日の試合が中止になったクックとも言われている。ここで勝たなければ、今後の挑戦権はなくなる。気持ちを切り替え、ただ目の前の読売戦、その一瞬に全力を出して欲しい。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村