記録的拙攻から一転あっという間の逆転劇 | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、読者を歓迎しています!

07/07 読売4-6横浜DeNA@東京ドーム

■ポジ

伊藤光の勝ち越し3ランが殊勲打なのだが、彼がヒーローインタビューで言っていたように、その前の細川の同点タイムリーが非常に大きかった。前日、今季初昇格でいきなりのスタメン。力みもあって、3打数ノーヒットに終わった。それでも、この日も左腕の高橋が先発ということで、6番でスタメン出場。しかし、2打席連続でチャンスに凡退し、迎えた第3打席に今季初ヒットを放ち、6回のチャンスで打席へ。1ボールからの高めのストレートを強振し、詰まりながらレフト前へ。2アウトだったこともあり、筒香が走って同点のホームを踏んだ。

思い切ったスタメン起用だったが、2試合目で結果を出してくれた。序盤から再三の得点圏のチャンスを生かせていなかっただけに、勝ち越された直後に2アウトから連打で繋いで同点としたのは大きかった。細川が打ったことでチームも盛り上がった。

その流れに乗って、伊藤光が初球のストレートを狙いすまして強振。高めの甘い球だったが、見事にレフトスタンドへ運ぶ2試合連続ホームランは、一気に3点のリードを奪う一打となった。6回2アウトランナーなしから筒香、宮崎、細川、伊藤光の4連打は僅か6球、あっという間の4得点だった。筒香は変化球を打ったが、他の3人はファーストストライクのストレートをきっちり打ち返した。序盤の拙攻が何だったのかというくらい、打って変わった速攻での逆転劇だった。

それと、9回2アウトからの大和のプレー。何気なくアウトにしているが、難しいプレー。三遊間に寄っていた守備位置からよく追いついて、横くらいにいる柴田へのトス。追いつくのに精一杯で投げられない、ということがよくあるが、送球も考えた上で良いポイントでキャッチしている。さすが大和というプレーだね。これが抜けていると1点差となって坂本。考えるだけでも苦しくなるシチュエーションだね。

その前の大城の打球を取った神里もナイスプレーだった。特に守備位置が良かったね。データ通りなのだろうが、チームとしてやるべきことができていた。

■ヤジ

試合中もツイートしたけど、この試合は言いたいことが山ほどある。長くなるので、テーマごとに分けて書く。

[序盤の攻撃]

1回 2アウト満塁 残塁3
2回 2アウト満塁 残塁3 計6
3回 2アウト1、3塁 残塁2 計8
4回 2アウト1、2塁 残塁2 計10

4回までに10残塁という稀にみる拙攻。1、2回はビヤヌエバの守備ミスでチャンスをもらっているのに生かせず。読売の高橋は得点圏の被打率が1割を切りそうなくらいピンチに強い投手のようだが、それにしても。ここまで酷いと技術的なところもそうだが、精神的に追い込まれているのではないかと。チャンスがピンチになってしまっている。

5回もノーアウトから連打、バントで送って1アウト2、3塁という同点のチャンスを作ったが、大和が三振。チームで得点圏打率が一番高い打者でも得点できず、絶望的な状況になった。続く井納には代打の乙坂。初球の変化球を打った強烈な打球はファーストの右へ。これに阿部がバウンドを合わせられず、打球はライトへ抜けた。

打球が強かったため記録はヒットとなったが、本職のファーストなら止めている。エラーでもおかしくないようなプレー。5イニング連続の複数残塁で無得点と紙一重のところだったが、この2点はチームにとって大きかった。

[井納のボーク]

2回1アウト1塁で投手の高橋という場面。高橋はバントの構えをしていた。1ストライクからの2球目、高橋のバントはファールになったが、ボークが宣告されていた。何か投げ方おかしいと思ったら、スローで見ると一度、軸足を外して、そのままホームに投球してしまっている。これは考えられない。軸足を外して牽制球を投げるつもりだったのに、間違えてホームに投げてしまったということ?30年くらい野球見ているけど、プロではあんなの見たことない。宇宙人を理解するのは難しい。

結局、次の球をバントするも、サードへ送球してタッチアウト。2アウト1塁に戻るという摩訶不思議な時間だった。

[ソリスの登板]

前日の試合2-8となって、齋藤を2イニング投げさせた。連投のリスクはあるものの、エスコバーの代理が務まるのか、ソリスの試運転をした方がいいのではないかと思っていた。2軍での報告、投手コーチの見立てもあるだろうが、最初から勝ちパターンで使うようなことを言っていて、非常に不安があった。2軍で投げると1軍で投げるのは全然違うから。

3点をリードしたとは言え、3タテ回避がかかる重要な試合の7回に初登板させた。7番からの打順ではあるが、下位でチャンスを作られてしまうと、ランナーがたまって主軸に回るのでビッグイニングのリスクがある。

そんな不安がすぐに現実となり、山本に2球目の変化球をレフトスタンドへ運ばれる。チームではあのブロードウェイ以来となる初登板で先頭打者からの被ホームラン。陽に高めのストレートをセンターへ弾き返され、続く中島も高めのストレートをライトへ。同点ホームランか?という当たりは、ギリギリで落ちてきて神里がキャッチ。

これは危ないという投球だったが、陽が牽制で誘い出されて盗塁死。これが非常に助かった。モーションが大きいということで盗塁を画策したのだろう。ボールを長く持って誘い出し、きっちり刺すことができた。

亀井は詰まらせてファールフライに打ち取った。投げ方からして、左打者にはある程度、通用するかもしれないが、右打者にはどうだろう。ストレートは空振りするほど速くないし、きっちり低めに来ないと厳しい。初登板は緊張もあるだろうが、次回以降も高めにしかいかないようだと、セットアッパーで投げるのは厳しいのではないか。坂本に回らずに済んで、何とか助かったという印象だ。

[終盤の1点]

6回の4得点で一気に逆転したが、ソリスが被弾して2点差に迫られ、9回に肝を冷やす結果になった。何とか逃げ切ったが、その後に追加点が取れなかったことが致命傷になるところだった。

9回は1アウトから大和が歩いて9番に入っていた柴田に回る。8回に凡退した細川を下げ、セカンドに柴田を入れ、ソトをライトに回すという、いつもの守備固めなのか何なのか分からない采配はまあいいとして、9番に柴田を入れる必要があるのか。パットンを複数イニング行かせるつもりがないなら、9番に入れて9回に代打すればいい。延長を見越して代打で出す野手をセーブしたかったなら、それでもいいけど。

で、打率.177の柴田と田口の対戦。何か動きがあるのかと思ったが、何もなく打ち上げて凡退。キャッチャーも小林に代わっており、ランナーをスタートさせるにもリスクが高い。何としてもあと1点取りに行くということで1アウトから柴田にバントさせてもいい場面だった。この監督にはそういう発想がない。1アウトからバントするとしたらサヨナラになる場面くらい。

2点リードで大丈夫だろうみたいな野球をしていたら、いつか勝たなければならない試合を落とす。そうやって落とした試合がペナントレースの行方を左右するし、優勝には届かなくなる。1点、勝利への執念を感じない。ただ待ってるだけ。この日は待ってたら勝手に4点入ったというだけの試合。運が良かった以外の何物でもない。

■キジ

7連勝中だった読売を苦しんで何とか止めた。だが、差を詰めたかった3連戦で負け越し。広島が8連敗して一気に転落したこともあり、独走状態になってしまった。このカードを負け越したことにより、オールスター明けは2位狙いで行く形になるのだろう。

貯金14の読売も盤石の布陣とは言い難いが、この日の原采配はさすがだなと感じた。初回に2点をもらいながら再三、走者を背負っていた先発の高橋。3回途中67球というところで無失点のまま交代した。

リードをもらってこんな投球では許されないというメッセージもあるし、この試合を取ってここで一気に優位な立場に立つという気概を感じた。結果としては、中継ぎが打ち込まれて逆転されたのだが、こういう起用ができることが読売の強みではないか。

もちろん、7連勝してて貯金15という余裕があるからこそできるという考え方もあるが、そういう状況にあっても厳しさを出していく。ルーキーと言え、遠慮なくチームの勝利だけにフォーカスして決断していく。数々の勝負所で勝利し、優勝を重ねた監督の経験、能力を見た気がした。うちの監督はただ先発の交代が早いだけだからね。

3タテを免れたことで、ヤクルト戦に勝ち越せば5割でオールスターに入れる。

2018 4位 借金4 首位と7.5ゲーム差
2017 3位 貯金2 首位と10.5ゲーム差
2016 3位 借金4 首位と11.5ゲーム差
2015 1位 5割 首位

2015年は首位から最下位への転落という悪夢だが、それ以外の年はオールスター時点での順位がそのまま最終順位になっているし、2017年はシーズンの勝ち越しも果たしている。何とか現在の競り合いを制して、Aクラス、5割を維持してオールスターに入りたいね。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村