1番神里が無死から3度出塁もホーム踏めず | Anytime BAYSTARS

Anytime BAYSTARS

シーズンオフでも、いつでも横浜DeNAベイスターズについて熱く厳しく応援するブログです。
コメント、読者を歓迎しています!


テーマ:

06/06 オリックス3-2横浜DeNA@京セラ

 

■ポジ

 

これはポジれないでしょ。ちなみに5階席だろうが場外だろうが、ソロなら1点は1点だからね。ポジ要素に値しない。

 

■ヤジ

 

タイトルの通りでしょ。これが全て。

 

初回は先頭打者として神里がヒットを打つも、宮崎が相手の攻守もあって併殺崩れで一塁に残り、そのまま釘付け。

 

5回は再び先頭打者で、神里がツーベース。ノーアウト2塁だったが、宮崎が引っかけてサードゴロでランナー進めず。追い込まれているわけでもなく、0-1のカウント。それだけに引っ張りにかかったのか。そうだとしたらチームバッティングの意識が低すぎる。ソトも同じくサードゴロで、神里が進まないまま2アウト。筒香も追い込まれて詰まったサードゴロで凡退。

 

そして極めつけは7回。代打の石川がツーベースを放ち、神里もヒットで続いてノーアウト1、3塁。1点を取ったうえで1塁ランナーを2塁に持って行きたい場面。しかし、宮崎が今度は右方向へ打つが、浅いフライで石川はスタートできず。ソトの初球で神里が盗塁を試みるが、何とアウトで2アウト3塁に。ソトは投ゴロで結局、無得点に終わる。

 

高めに浮いた変化球だったが、若月が素晴らしい送球をしたのは確かなのだが、この場面で盗塁を決められないというのも困ったものだ。たらればに意味はないが、やはりここでの無得点が響く結果になった。

 

東が5回持たずに降板。最初の登板は酷過ぎたが、それ以外の登板も本来の姿ではない。3連勝と結果を残していたが、不安はあった。この日は3回に先制を許し、なおもノーアウト満塁のピンチ。ここは何とか追加点を与えず踏ん張り、直後に味方が同点としてくれた。乗っていきたいところだったが、ドラッグバントを決められたり、大和のエラーがあったりで3失点。ストレートも140キロを割り込んで球威がなかった。昨日のブログで書いた通り、昨年は7失点と言う内容だった京セラドーム。あまり相性が良くないのかもしれない。

 

■キジ

 

火曜日に初勝利するも、比較的勝率が良かった水、木で連敗して結局は負け越し。自分のチームを棚に上げて失礼だが、借金10で最下位のチームにこれだとこの後は全然勝てないんだろうなという感じがする。基本的に投手力があるチームに弱い感じがあるので、ソフトバンクは別として他のチームとは打ち合って勝ちを拾いたいのだが。

 

この日、平良を登録抹消した。来週も6連戦なので登板機会の問題ではなさそう。前日の投球内容で判断したのか、再び故障が発生したのか。そして、この日の東についてもこれから考える、と。先発が揃ったと思ったのも束の間、やはりこういう事態になる。

 

阪口は火曜にファームで7回3安打無失点の投球。平良の代わりは彼になりそうだね。

 

パ・リーグのホームで開催されたカードではあるが、セ・リーグで勝ち越せたのは読売と阪神だけ。中日は相手がソフトバンクだったため、3連敗のスタートとなった。繰り返しで失礼だが、最下位のオリックス相手に負け越したDeNAが一番悪い状況にあるだろうね。

 

明日はハマスタに戻って埼玉西武戦だが、梅雨入りとなりそうで、天気が悪い。トニー・プラッシュの大暴れを見たいのだが、土日は雨の中で何とか試合できそうかな、くらい。結局、日曜は今日ベンチに入っていなかった濵口が先発するっぽいね。

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ
にほんブログ村