子供たちにとっての家族



ANAさん、いい企画出してきますね~~!

子供たちにとっての家族とは?

ってのを考えさせられます。



子供はまだお金の損得とかそういうのが無いのかもしれませんが、


家族で一つ。っていうのが一番なんですね。




さ、ANAで旅行にでかけよう!って気にさせられましたm(__)m





が、私個人的にはJAL一筋ユーザーなのでANAさんに乗ることはないかな…ごめんなさいANAさん!

スカイプから父の日の知らせ

先日、仕事で使っているスカイプから通知。

誰だろうと思ったら、スカイプのスカイプ君??

 

 

むむむ。いきなりいいメッセージくれるなスカイプ。

 

母へは、産んでくれてありがとう。

 

父へは、人生の大きな影響を与えてくれた人。 確かにこの表現はしっくりくる。

 

 

 

父になって、大きな影響を与えられる環境を作るのが自分の仕事なんだと感じている今日このごろ。

 

 

 

父とは離れて暮らしているので、年に一度会うくらい。実際に会って共有している時間なんて年20時間くらいじゃないだろうか。

近いように見える北海道。遠く見える北海道。

近く見えるように環境を作ることが自分の仕事だ。

 

 

 

 

話は変わって、非常に美しい技術を発見。かっこいい。