職場に来てるんですが、あまり気持ちが乗らないので気分転換にブログを書いてみました。

長文ご容赦。

ワーゲンバスの内容ではなく、アマダイ釣りのメソッドについて触れてみたいと思います。








今まで釣りのブログではないのであまり細かなテクニックは書いていないんですが、本邦初公開、ヨシタクのアマダイ釣りテクニック。

まぁ、そんなにやり込んでる分けではないので、あ~、そんなこと気にして釣りしてるんだ、程度に読んで下さい。

ではスタ~ト。

まずは釣り座について。

やはりこれは釣果に直結する重要なポイントです。

ズバリ四隅。

前と後ろの善し悪しは分かりません。

潮先が良いんですが、相模湾は潮の流れが一定ではなく、読みにくいので難しいです。

東京湾の場合は、潮見表で粗方流れが読めるので潮先になる時間が長い方をおさえます。

潮先かどうかもありますが、自分の仕掛けの周りに錘がドスドス落ちてこない四隅が釣れる気がします。

ただし、波の高いときはみよしはダメです。

エサが動きすぎ、食わせる間がつくれません。

波の高いときにみよしに座った時は、誘いの幅と頻度をおさえて、波を竿の上下動で相殺するくらいが良いと思います。

これはみよしでなくても同じで、波の高いときは誘いを小さくします。

次は仕掛けです。

ハリス2mの2本針で、フローターやガン玉は付けません。

潮の流れが速い時にガン玉を付ける人も多いようですが、ヨシタクは付けません。

色々と仕掛けを変えると仕掛けの海底からの高さがイメージしにくいからです。

エサの注意点は、とにかく中心に針を通すこと。

沈める時にエサが回っていたら、落とさずに回収して新しい物に付け替えます。

ハリスは4号をお薦め。

3号から4号に上げても食いが落ちる感じはありません。

デカアマダイが来たときに、やはり4号の方が安心です。

さて、釣りかたです。

これは、潮が流れている時と流れていない時で釣り方を変えています。

流れているか流れていないかの読み取りは、竿に掛かる重さとラインの角度、船のエンジン音で読みます。

流れている時は、頻繁にエンジンを吹かして場所を補正するのでその頻度で流れが読める気がします。

流れている時。

一般的にアマダイは仕掛けを1m上げると言われていますが、潮が流れている時はヨシタクは30cmで良い気がします。

この時は、錘で海底を5回程度小突き、30cm上げます。この時にリアクションバイトで食ってきます。

上げるタイミングと船のエンジンのタイミングを合わせられると尚良いです。

上げたタイミングで船が動くと、エサが横に動きます。

このタイミングで追ってくることが多いです。

この時ハリスは天秤からかなり横に流れていると想像します。

基本の1mだと高すぎるように思います。

天秤から先のハリスが張っているので、当たりも取りやすいです。

この条件が長く続く日は、釣果も伸びます。

潮が流れていない時。

この時は、アマダイにエサを飲ませます。

飲ませることに抵抗がある方も多いと思いますが、ヨシタクは違うと考えています。

ではどうするか。

誘い下げで、食わせます。

小突きもあまり入れません。

潮が流れていない時は、天秤から下にハリスが下がっていると想像します。

この時小突くと、エサの直ぐ横をドスドス錘が動くことになります。

これはあまり良くないと考えます。

潮が流れていないときは、すぐに錘を上げます。

高さはその日の感じで決めるんですが、1m50cmとか2m上げるのが良い時もあります。

そこからゆっくり誘い下げます。

ユラユラ落ちてくるエサを食べさせるイメージです。

この時は、ハリスがたるんでいるので、当たりが直ぐには出ないこともあります。

たるんでいるので、エサを飲んでいることも多くあります。

上針と下針を2つ飲んでいる場合もありますし、隣の人の針と両方飲んでいたことも何回か経験しています。

この時はじゃんけんですね。

あと飲ませるので、ハリスの点検はこまめに行い、少しでも傷があれば躊躇なく交換します。

基本は、この2つの釣り方でヨシタクは頑張っています。

あとは、活性が低そうなときは、ステイの時間を長くするとか、波が高いときは錘を重くして揺れ幅を抑えるとか、移動後一発目はとにかく早く海底に重りを落とし小突かずに上げるとか、キダイが多いときは、あまり仕掛けを上げないとか、そんなことにも気を使っています。

とまぁ、こんな感じです。

異論もあろうかと思いますが、一人の釣り人の釣り方程度でご容赦下さいませ。

さて、仕事するかな。

ヨシタク