「ろくでもない素敵な毎日」

「ろくでもない素敵な毎日」

水野駿太朗のアート・ブログ。

心ざわつく時代を 心穏やかに 心を抱っこ。
1379483469494.jpg IMG_20150806_045817844.jpg


テーマ:









初日まで1ヶ月を切ったとな。


日々熱く稽古しております。






この作品に触れていると


社会とか世界とは、様々な人生の群像なんだなと感じます。




演劇でしか叫べない事がきっとある。

演劇でしか寄り添えない事がきっとある。


ともあれ、この世に演劇があるとはluckyである。







2月。皆様是非、劇場へ。

昭和の学生運動の時代へタイムフライズしましょう。



作品公式ホームページ











テーマ:




昨日は読み合わせでした。



朗読劇『続・ブルカニロ博士の図書館』



能條さんの書く言葉は、

ほのかに文学の香りがして、凄く心地よさがあります。

時にポップで、時にノスタルジックで。




それをみんなの声や音で世界を広げる作業はとっても楽しい。

朗読って面白い。



いよいよ来週。

トークあり、ライブもありまする。

皆様と素敵な時間と空間を共有できたらと思います。是非お越しください。


チケットご予約は
昼夜の両方をご予約いただくと、料金がお得になります。

なんと、昼と夜で演目も異なります。どちらもとっても素敵です。







テーマ:



皆様、明けましておめでとうございます。


この度2019年より私、水野駿太朗は□字ック(主宰:山田佳奈)のメンバーになりました。


生まれて初めて「劇団員」になりました。



劇団ホームページ






ホームページのご挨拶にも書かせていただきましたが、

□字ックにはこれまでの歴史があります。

私の知らない□字ックの歴史に、私は私なりに敬意を払い、そしてこれからの新生□字ックを私なりに出来る事を尽くして盛り上げていけたらと思っております。

肩の力は抜きつつ、腰を据え、一所懸命に精進して参ります。

□字ックがより一層、劇場で皆様に愛されるように。

劇場で皆様に楽しんでいただけるように。

この世に演劇があって良かったと分かち合えるように。











宜しくお願い致します。




2019年1月1日

水野駿太朗




テーマ:


朗読劇『続・ブルカニロ博士の図書館』

ゲスト出演させていただきます。






お三方の楽しい企画にひょっこりお邪魔致します。


朗読、楽しみです。




皆様と素敵な空間と時間を共有できたらと思います。


ご来場、心よりお待ちしております。




チケットご予約は下記より


************

The Art Night vol.2
朗読劇『続・ブルカニロ博士の図書館』&LIVE

朗読劇
脚本・演出:能條由宇
劇伴:西出真理

出演:内田莉紗 中右遥 早乃香織

ゲスト出演:水野駿太朗

2019年1月20日(日)
会場:秋葉原ZEST

昼の部 13時半開場、14時開演
夜の部 17時半開場、18時開演

チケット料金
前売:4000円+drink
当日:4500円+drink





テーマ:






2019年2月
ミュージカル『タイムフライズ』
作:竹本敏彰 演出:菊地まさはる


<古賀光>役にてシングルキャストで出演致します。

歴史とは、つまり現実です。
たぎる想いと冷静さをもって、作品づくりに励みたいと思います。


熱い作品です。
竹本さんの書くリズミカルでユーモラスな台詞の応酬は秀逸です。
曲もクールです。
皆様、是非劇場へ。




2019年2月16(土)~19(火)
IMAホール(光が丘駅)

作品公式ホームページ



テーマ:




オムニバス映画『十年 Ten Years Japan』の「美しい国」でお世話になった石川慶監督と

先日再びお会いした時の図。








タートルネック丸めがねズ







『十年』まだまだ全国公開中。 

今後も監督は各所で舞台挨拶にまわられます。


私の演じた「中村」という役。ネタバレ厳重注意のため、皆様是非映画館で観てご確認を。







************
『十年 Ten Years Japan』
現在の上映映画館は

作品公式Twitter
@TenYearsJapan 

または作品公式サイト

でご確認を。

全国各地の皆様、是非劇場へ。




※テアトル新宿での上映は終了しました。テアトル新宿まで足をお運びになりました皆様、本当にありがとうございました。





テーマ:




今ファミレスで、新年に発表する、とあるコメント文を作成しているのですが、



なかなか気恥ずかしいものだと思いつつ、



年明けからの新スタイルに向けて、

正直な思いの丈を言葉にする事は、


今の自分にとってとても大切だなと思ったりしているわけです。




ことば、ことば、ことば。。。
φ(..) 








Ameba人気のブログ

Amebaトピックス