命がけの人生 | 星々のうた

星々のうた

星々とともに生きるということ。あるべきように生きるということ。

濃厚な空気とうだるような熱気のバンコクにて

行き交う人々や動物たちをぼんやりと眺めつつなにやら思うことあり。

 

 

{E7B629EE-05C1-4CD1-8070-8C7AF22508A0}
 
人は死ぬ。
必ず。
 
つまりは
誰もが自分の命をかけて生きてるってことなんだろう。
 

 

{0B91D735-9D50-4C83-850A-EE436EBD3A74}
 
ただ、
どんな風に命をかけるのかは
各人の自由だ。
 
 
穏やかに命を消費しようが。
バチバチと火花を散らしながら燃え尽きようが。
 
 

 

 

{10B28CA3-5E91-4A09-B6FB-125256C17DC0}
 
 
ただ言えるのは
誰もが「命がけ」で生きてるってこと。
 
そして、どんな風にそのかけた命を使ってるか、
ってことがそこにあるだけなんだ。
 

 

 

{F3EF6C62-8B94-4CC9-AB1C-4E727D9C475F}
 
この地で私が思ったのは、
 
その命のかけ方の中に
その人がどんな風に自らの命に価値を置いているのかが見える、
っていうことで、

 




だから

 

 

私は何もかもを体験し尽くし、完全燃焼して死にたいな、