最後まで隠し通したジュリーとの極秘生活♪ | スマイルのブログ

スマイルのブログ

沢田研二を愛し、沢田研二に悩殺された被害者の会代表を勝手に務めています!お気軽にお立ち寄りください!

 

ごきげんよううへ

 

急逝してから6月15日で6年が経過したんですね~

あまりにも突然のことで驚きましたけど

その代りと言えばおかしいですがジュリーには

いつまでも長生きして我々の前で元気で歌を歌っていて

ほしいと思いますね~ステージで動かなくてもいいからププッ・・・

伊藤エミさんが急逝した当時の懐かしい記事でございます

もう、そんなこと忘れかけている方も多いのではないでしょうか

今少し思い出してみましょうかふふ・・・

 

紛れもなく沢田研二の奥様だったのですからね合掌2

 

 

追悼ーザ・ピーナッツ伊藤エミ

 

【離婚後も沢田姓を名乗り愛の巣で生涯過ごした】

 

 

『恋のバカンス』などのヒットで知られるザ・ピーナッツの双子の

姉である伊藤エミさんが6月15日に亡くなっていたことが
発表された。人気絶頂の1975年に7歳年下の沢田研二(64)と
結婚後、表舞台から姿を消していた。
その謎の私生活とは―――。
 
※彼女は同じ事務所だった植木等さんやハナ肇さんの
葬儀にも一切顔を出すことはなかった。歌手活動とプライベートを
完全に分けていて、最後までミステリアスな生涯を
貫いていました。
 
そう語るのは、芸能レポーターの石川敏男氏。
享年71歳でガンで亡くなった伊藤エミさんは、ジュリーと
1987年に離婚後、都内で一卵性双生児のユミさんと一人息子の
3人で暮らしていた。

芸能記者によれば、

 

※エミさんは晩年までジュリーとの愛の巣だった都内の

豪邸に住んでいました。表札も玄関は、本名の伊藤でしたが、

勝手口は、澤田の名前が掲げてあった。ジュリーが

田中裕子と再婚した後も『澤田』を名乗っていましたが、

『子供の姓が変わるのが可哀想だから…』と周囲に

話していたそうです』

 

※しかもエミさんが芸能界をスパっと辞めたのは、

ジュリーから『歌手を辞めてほしい』と言われたのがキッカケ。

それ以来、人前で歌うことは一切なかったが、晩年には

『もう1度歌ってもいいかも』と復帰を匂わせていた。

 

ところが今春、腰のケガの治りが悪いことから病院を
転々としていたところガンが発覚。
わずか1ヶ月ほどで急逝してしまったという。
 
 
※彼女自身、芸能界を引退して以降は、親友の
中尾ミエ(66)と伊東ゆかり(65)以外は芸能人との
つきあいはまったくなかった。
生活は、ジュリーとの離婚で18億円を元手に、地味な
生活を送っていたようです。
一部では『不動産業している』との報道もありましたが、
実際には慰謝料の一部で購入したマンションを
賃貸に充て、その家賃を生活費に補填していたようです。
 
最後まで、自分の美学を貫いた生涯だった。合掌。
 
 
――アサヒ芸能より――
 
 
離婚してからは伊藤エミさんについては全くと言っていいほど、
報道されることもなかったし、知る人も少なかったと思うけど、
こんな事態になってからいろいろ取り沙汰されるのって、
何か複雑やねううっ...
お元気な間にせめてもう1度ぐらいは絶妙のハーモニーを
聞かせてもらいたかったけど、エミさんはジュリーから
言われた『歌手を辞めてくれ』という言葉を頑なに守り
続けていたんですねムムム
離婚したんだし、そんな言葉守り通さなくてもよかったのにうっ・・・
結婚前はジュリーを献身的に支えたと聞いています。
そして結婚後もかたくなにスーパースター・ジュリーを
支え続け、そして最後は静かにこの世を去っていくなんて…
何か今になって悲し過ぎるぬおぉぉぉ

 

こうして懐かしい話を蒸し返すことがないと皆はきっと

この件は忘れ去られて行くんでしょうね涙

 

合掌おねがい
 
 
 

ペタしてね





 

クマスマイルでしたクマ