アスタリフトには、肌の角層に含まれるセラミドと同じ性質のヒト型セラミドが配合されています。


セラミドといえば、角層の水分量を増やしてくれる天然の保湿成分。肌の潤いがアップすれば、乾燥小ジワが目立ちにくくなりますよね?


ということは、そのまま使い続ければ、ほうれい線などの深いシワにも効果を発揮してくれるのでしょうか。


ここでは、アスタリフトでほうれい線を改善できるかどうかに踏み込んでみましょう。


アスタリフトの美容液を実際に試してみたユーザーの口コミもチェック!

 

↓↓↓↓ここで取り上げるアイテムはこちら
ダブルの赤いチカラで感動のハリ実感!アスタリフトお試し1,000円+税

セラミド配合のアスタリフト美容液は乾燥を防ぐ

肌が乾燥するとシワが目立ちやすくなって困りますよね。


乾燥しがちな肌では水分量が不足しています。これを改善するには「水分を補う」のが効果的だと考えがちです。しかし、実際には私たちの肌はそう簡単には水分不足には陥りません。


なぜなら、人体の3分の2は水分でできており、角層の下にある生きた表皮細胞からは絶え間なく水分がにじみ出てきています。問題はこの水分をキープできるかできないか。これを左右するのが、角層のセラミドの量です。


アスタリフトの先行美容液には、年齢とともに減少するセラミド3、セラミド6IIという2種類のヒト型セラミドが配合されています。アスタリフトを使用することでセラミド不足が補われ、肌の水分をキープする力がアップ。乾燥に強く、乾燥によって強調されがちなシワが目立ちにくい肌へと導きます。

ほうれい線にも効く?アスタリフト美容液の口コミ情報

アスタリフトを実際に試してみたユーザーがどのような印象を持っているのか気になるところです。


アスタリフトの美容液には「ジェリー アクアリスタ」と「エッセンスデスティニー」があります。それぞれの口コミ情報の中から、肌のシワ、ハリ、ほうれい線と関連のあるものをピックアップしてみましょう。

↓ジェリー アクアリスタの口コミ

「ほうれい線を引き上げるようにして顔に塗ると、キュッと引き上がります。」


「肌のハリ、小ジワ、潤いへの即効性を感じました。」


「ここまで肌のハリを感じられた導入美容液はこのジェリーだけ。」


「これを使うと、お肌にハリが出る気がします。」


ジェリーアクアリスタは化粧水の前に使う先行美容液です。このジェリーはアスタリフトの目玉ともいえるアイテムでとても評価が高いですね。化粧品の辛口レビューで知られる美容化学者の"かずのすけ"さんも、アスタリフトのジェリーは高評価していました。ジェリーアクアリスタの成分や期待できる効果について詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。【参考】かずのすけのアスタリフト評価…先行美容液ジェリーの毛穴効果

↓エッセンスデスティニーの口コミ

「少し時間が経つと肌がピンとして潤ってくるのを実感。」


「ほうれい線に効果を感じているのでリピートして続けています。」


「何日か連続して使うとハリが継続して化粧のりもどんどん良くなりました。」


ほうれい線の改善はそう簡単なことではないはず。それなのに、肌の引き上げ効果やハリの回復を実感できている人が多いのはさすがですよね。


アスタリフトには、肌の保湿力を高めるセラミドが配合されています。潤った肌はシワが目立ちにくく、また、肌のハリを支えるコラーゲンをさらなるダメージから守る働きもあります。コラーゲンがダメージによって劣化する勢いよりも、新たに再生される勢いが優るなら、ほうれい線も少しずつ目立ちにくくなっていくはず。


口コミを見ても、そのようなポジティブな肌の変化を予感した人が多いようです。


ほうれい線など、加齢による肌の変化は放置していれば進む一方です。まずは肌にしっかり潤いを与えるところから始め、ゆくゆくはコラーゲンを再生するイメージで、スキンケアをこつこつ続けるのが良さそうです。アスタリフトなら、肌のハリが蘇るのを実感できる日も近いでしょう。
 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

1000円+税で5日間分
アスタリフトのトライアルセット
⇒公式サイト

 

 

セラミド入り美容液はほうれい線に効果がある?

化粧品によるほうれい線に対する効果は、

  1. ほうれい線を目立ちにくくする効果
  2. ほうれい線そのものを改善する効果

に分けることができます。まず、1の効果から見ていきましょう。

 

アスタリフトには肌に潤いを与える働きがあります。水分をたっぷり含んでぷるぷるの肌になれば、肌表面がピンと張った状態になり、小さな乾燥小ジワであれば消すこともできます。


ただし、ほうれい線のような深いシワは、肌に潤いを与えただけでは消すことはできません。それでも肌がピンと張った状態になることで、目立ちにくくすることは可能です。


また、アスタリフトの先行美容液はジェリー状をしており、ジェリーには自己復元能力があります。ジェリーの元に戻ろうとする力は、物理的な作用で肌のハリをサポートします。やはり、ほうれい線を消すまでには至らないものの、ハリのある肌はほうれい線を目立ちにくくしてくれます。


肌が潤ってハリのある状態は、光をキレイに反射しやすくなります。顔にできる影は深いシワの陰影を強調してしまうものですが、ハリ肌は光の効果によって、人の目で見たときのシワの印象をやわらげてくれます。以上が、アスタリフトに期待できる、ほうれい線を目立ちにくくする効果となります。
 

 

⇒アスタリフトを見てみる

 

ほうれい線にアプローチできる成分「APPS」とは

次にほうれい線そのものを改善する効果について見てみましょう。


ほうれい線は、肌の角層よりも深いところにある真皮層に原因があります。真皮層にあるコラーゲンやエラスチンは肌の弾力やハリを支える働きを担っています。紫外線などによるダメージが積み重なると、コラーゲンは切れたり、変形したりして、キレイな配列を保てなくなります。こうして真皮層に欠損したり、深く窪んだりしたところが生じると、これが肌の表面にまで現れてほうれい線になります。


これまで主にセラミドの効果について見てきましたが、セラミドが働くのは肌の表面近くにある角層です。残念ながらセラミドが直接真皮層のコラーゲンに影響を与えることはありません。


アスタリフトにはセラミドのほかにも、注目すべき成分があります。それは、APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)という成分で、進化型ビタミンC誘導体とも呼ばれています。APPSはビタミンC誘導体の中でも最も新しいタイプになります。


もともとビタミンCは水溶性です。その後、脂溶性の性質を持ったビタミンC誘導体が開発されました。そして、APPSは水溶性と脂溶性の両方の性質を兼ね備えた、新しいタイプのビタミンC誘導体になります。


従来のビタミンCは角層までしか浸透せず、真皮層のコラーゲンにアプローチするにはイオン導入(微弱な電流を使って美容成分を肌奥に送り込む技術)が必要でした。APPSの優れた点は、イオン導入を用いなくても、肌に塗るだけで真皮層まで浸透する可能性がある点です。


ビタミンCには、皮脂の分泌をコントロールする効果、美白効果、炎症を鎮める効果、そして、コラーゲンの再生を促す効果を期待できます。もしコラーゲンの再生が促されるのなら、ほうれい線へのアプローチも可能ということになります。

実際、スキンケアだけでほうれい線を消すのは難しいと考えられています。アスタリフトの場合、少なくとも肌の乾燥を防ぐことでほうれい線を目立ちにくくする視覚的な効果は期待できます。また、どの程度の効果が見込めるのかは不確かではありますが、APPSの働きにも期待したいところです。継続的にスキンケアを続けることで嬉しい変化が現れるかもしれませんね。
 

 

\アスタリフト お試しはコチラ/


↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 


⇒公式サイトで今すぐチェック!