父と村下孝蔵 | 雪待月

雪待月

ゆうこと露菜のブログです


テーマ:
今年の夏は、本当に暑いです。

暑中お見舞いも、
熱中お見舞い申し上げます。
と、書いてしまいそう。


私の父は、亡くなって24年程になります。
日本画家として生涯をとじた人でした。

2012年夏、「練馬区立美術館」で、
2013年はじめには、「広島県立美術館」で、
「生誕100年記念展」を開催して頂いてます。

2ヶ所で、大がかりな回顧展をして頂きました。
残念な事に、
その中で、
父の生きていた時の、事実とは異なる記載を見つけました。

私の知ってる事実とは、それは、全く違う言葉となり、
書かれ、
又、
それに伴う広報が行われておりました。
私がその事実を把握してしまった、2013年の夏から、
いく度となく、関係各位の方々にお目にかかり、理解して頂く為に努力をしてまいりました。
攻撃する為に、足を運び続けたのではありません。
娘として、
今一度、父のその時代の再調査をお願いするためでした。
私の事情説明をさせて頂き、再調査をお願いする為でした。
そして、
なぜ、このような事実とは違う言葉になって、
世の中に出てしまったのか・・。
それも、お聞きする為でした。

責任追求ではなく。
亡くなってしまっている、私の父の履歴を、
正しく書き直して頂きたかった。
それだけの、シンプルな思いからだけでした。

きちんと行動をはじめて、
1年半・・となってしまいました。

何も動きません。

関係各位の方々は、
硬く閉じられた門を、少しも開けようとはされません。
弁護士の方に、お力をお借りもしてます。
でも、1年半・・。

私は、シンプルです。
事実とは間違っている事柄があり、
それは、
人によって見方が違う認識という「感覚」の話ではなく、
それが、
あったか、なかったかという「事実」の話です。

調べていただければ、ちゃんと理解していただける事で。

難題でもありません。

どんどん、時は過ぎて行きます。
事実とは違う事を行った日々も、昔話になっていきます。

個人の無力さも、思い知りました。
企業や、権力にはかなわないことも、
知りました。


自分自身で、訂正させていただく事を決めました。

ブログを新しく立ち上げ、
父の姿と生き様を、
きちんと残して行くことにしました。
その中で、
きちんと、書かせて頂くことにしました。

「父、船田玉樹」
ブログ名を、そう決めました。

明日から、少しづつ書かせて頂きます。


私には、村下孝蔵との結婚生活と離婚に至る経緯を、完全に歪められてしまっていた25年があります。

ある、大手のテレビ局の方に言われました。
「ゆうこさん、嘘もね、言い訳しないで黙ってると、年月と共に焦げ付くんだよ。
嘘の話も、焦げ付くと本当の話になってこびり付く。
こびり付いたら始末に悪い。
無理だよ。
これだけ多くの人が信じてるんだから、ほっとけよ。
大変だよ、もしかすると大きな仕返しもあるかもしれないしね」

一時は、ほっとくしかないのかと、
私には、言い訳さえ叶わないのかと、
思い悩みました。

でも、
死人に口無し・・というのでしょうか。
エスカレートするばかりの話と、
その、ほこさきが娘にまで及びはじめて。
悩み抜いた末の、勇気がいる決断でした。

嘘が焦げ付く、その恐ろしさと、
孫子に至るまで、
それは、尾ひれがつき、
面白く可笑しく、語り継がれることも、
身を持って知っています。

私が信じてやまなかった、
村下孝蔵の天才的な才能と、残した作品の数々は、
私の離婚時の、真実の話などで、
消えてしまったり、変わってしまったり、そのような事は、決して無いと。
信じての決断でした。

残された子供達の為にも、
私が、きちんと訂正しておかなければ、もう誰もする人がいない。
そう、思いました。
そして、
私の20代を、悲しみや誤解をされている痛みの思い出での日々ではなく。
若くて、無知で、無茶だったけど。
頑張った日々として、思い出せる日にとりもどし。

穏やかな死を迎えたいと、
そう、思ってしまったからでした。


父の件も、
その経験から、頑張ったのですが。
芸能界と、又、全然違う世界観でした。

もう、
疲れました。

父の、かけてくれた言葉の数々で、
心深く、生きてこれたのだと思っています。

私の父は、村下孝蔵と、
真剣に、いく度か話をしてました。

絵を描くことのみで、生きてきた男と、
歌を作って生きていきたいと願ってやまなかった村下孝蔵と。
何度か、むきあって話をしていました。
父は、私が34歳の時に、
78歳で亡くなってしまいました。


ブログを
もうひとつ、持つ事としました。
用意は、ほぼ出来ました。

ご興味ある方は、暇つぶし?にご覧ください。
又、書きはじめましたら
お知らせします。




暑さ、本当に気をつけましょ。















office-autumnさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります