炊飯器 | みざる いわざる きかざる

みざる いわざる きかざる

イギリス人のダーリンと、ダーリンと私を足して2で割った外見と性格のジュニアとの生活を書いてまーす。


テーマ:
イギリスで最初に買った電化製品は、炊飯器!

イギリスに来る前に、海外向けの炊飯器を秋葉原とかで買って、船便で送るか、空港で買って、飛行機で持っていくかなど、色々検討したんだけど、日本で売っている海外向けの炊飯器が高い!1~2万ぐらいの機能の炊飯器が、海外向けだと4~5万ぐらいする。

イギリスでも日本メーカーの炊飯器は、売ってないのかと検索すると、古めなモデルで、少ないけどあるし、送料とか考えるとそんなに悪くない。

ダーリンは、日本のメーカーじゃない炊飯器は?と提案してきた。オーストラリアに住んでいたころ、蓋がガラスで圧力がかからない安い炊飯器を買ったのだが、保温にしておくと、すぐにパサパサになってしまい、やっぱり、日本の炊飯器と同じタイプのものがいいと言うと、TeafalのMulti cookerに辿りついた。
ダーリンは、Rice cookerって名前だとお米が主食じゃない文化では、あんまり、購入する人がいないからマルチってなっているんじゃないと言っていた。

日本で使っていた物と同じようなものは、こっちでも売っているけど、名前がわからなくて、直訳で検索しても引っかからない場合もあるので、検索するのに時間がかかったりする。

このマルチクッカーだが、早炊き、白米、玄米等のお米のモードとシチューのような長時間煮込んでつくるような8つのメニューボタンがある。

日本の炊飯器と形を違うけど、中蓋もついているし、日本の炊飯器のように使えそうということで、購入。お値段も約£50なので、そんなに高くない。




購入する時、頭の中は、ガラスの蓋じゃないやつということしかなくて、肝心の容量を全然、見なかったのだが、なんと、10合炊き。。。
(写真のしゃもじは、一般的な日本のしゃもじと同じ大きさなので、炊飯器の大きさがわかるかな?)

日本にいた時は、4合まとめて炊いて、残りは冷凍してたから、2合だけ炊くってのはあんまりなかったけど、試し炊きで2合で炊いてみたら、やっぱり、10合炊きのに2合は、熱が通りすぎて、ちょっとパサついた感じだった。4合で炊いたら、まあまあな感じ。きっと、6、7合で炊いたらちょうどいいのかな。でも、そんなに炊いたら、冷凍庫がごはんだらけになっちゃう。。。

純日本産の日本米を使ってないから、パサつきがあるのかなと思ったりもするし、やっぱり、日本の炊飯器の性能が良くて、炊き上がりに違いがでてるのかもしれないけど、鍋で炊く時の吹きこぼれとかの心配もないし、値段もお手頃だし、10合まで炊けるし(笑)、良いかな。




にほんブログ村 家族ブログ 国際結婚夫婦(ヨーロッパ人)へ


ペタしてね

Tabascoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス