6月13日、両国寄席18時30分上がりで「ちりとてちん」。

新真打の鳳笑さん、新二ツ目の好志朗さんに手拭いをもらい

お祝いを渡す。おめでとうございます。

6月20日、高砂亭落語教室の稽古会。久々に皆さんの元気な顔を

見ることができました。FMチャッピーで放送されるインタビューの

収録もやりました。7月にオンエアされるようです。

6月23日、浅草演芸ホール18時上がりで「ちりとてちん」。

沢山の陽気なお客様でありがたい。

新二ツ目の仁馬、昇りん、昇の三名から手拭いをもらいお祝いを渡す。

おめでとうございます。

6月24日、浅草演芸ホール18時上がりで「辻占」。

帰りに仲見世の浜新さんに寄って、来月の「落語でGO!」の宣伝を。

6月25日、浅草演芸ホール18時上がりで「紙入れ」。

沢山の陽気なお客様でとても良い雰囲気でした。

7月3日(金)は横浜にぎわい座に出演します。14時50分上がりです。

少しづつ日常を取り戻しつつある昨今、また皆様と寄席や落語会で

お会いできれば嬉しいです。

 

 

6月上席より、寄席の興行が再び始まりました。

二ヵ月間客前でしゃべっていなかったので、最初は

短い噺から徐々に勘を取り戻していきたい所ですが、

出番が浅草の夜トリ!懸命に務めさせて頂きました。

6月1日、入口で前座さんに検温をしてもらって楽屋入り。

密を避けるために楽屋入りは出番の30分前の20時くらいに。

20時30分、初日の高座に上がる。ネタは「ねずみ」。

寄席の再開を心待ちにしていた温かいお客様に迎えられて、

久々の寄席の高座を楽しく務めることができました。

6月2日、20時30分上がりでネタは「明烏」。

前座さんとお囃子さんは人数を減らして、客席も340席のところを

100席まで座席を制限して、密にならぬよう気を付けている。

6月3日、20時30分上がりでネタは「お神酒徳利」。

6月4日、20時30分上がりで「紺屋高尾」。

6月5日、上席前半の千穐楽。20時30分上がりで「子別れ」。

思えば自分が前座、二ツ目の頃は「ツ離れ」のしない日がよくあった。

野垂れ死んでも止む無しと、覚悟を決めて飛び込んだ芸の世界。

あの頃に比べれば、今は随分と良い環境にいるものだと

しみじみ思う今日この頃です。

次の寄席の出番も浅草演芸ホール、下席前半の交互出演18時上がり。

良かったら遊びにいらしてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

5月8日、神保町の楽器カフェにてCSの寄席チャンネルの収録。

38日ぶりの仕事はカメラに向かっての無観客高座となった。

これからはこういった形の仕事も増えていくのだろうか。

放送日は6月7日とのこと。良かった覗いてみてください。

5月24日、ネット芸協らくごまつりを開催。まつりが中止になったので、

せめてネットで何かできないかとYouTubeでの生配信をしてみました。

昇太会長と今年の実行委員長の鯉朝さん。

新二ツ目の桜子さんと遊七さんからは手拭いをもらいました。

寄席が始まったら思い切り活躍してください。おめでとうございます。

 

6月1日から5日まで、浅草演芸ホールの夜トリを務めます。

興行ができるのか微妙なところですが、祈るしかありません。

 

当たり前が当たり前でなくなる昨今、やりきれない今日をやり過ごし、

いつかどこかで楽しく笑ってお茶でも飲みましょう。ではまたブログで。