アウトレイジ最終章

テーマ:

(誤って削除した前回の日記の復元です)

10月1日、浅草演芸ホール代演、13時上がりでネタは「猿後家」。

桂小南襲名披露興行で沢山のお客様。

昼席終演後は両国に移動して両国寄席で一席。番組は以下の通り。

 

「狸の鯉」 三遊亭栄豊満

「ん廻し」 けん玉改め三遊亭兼太郎

「弥次郎」 三遊亭らっ好

「モンスターペアレント」 桂枝太郎

「猿後家」 三遊亭遊史郎

「堪忍袋」 三遊亭竜楽

    お仲入り

「庭蟹」 三遊亭朝橘

マジック 瞳ナナ

「長命」 三遊亭好太郎

 

10月4日、芸協らくごまつりのアンケート集計作業、からの打ち上げ。

実行委員の唄若、まねき猫、里光、遊史郎、マグナム、米福、夢花で乾杯を。

今年のまつりもおかげさまで大盛況。来年は9月30日に開催いたします。

 

10月5日、浅草演芸ホール代演、18時上がりでネタは「松山鏡」。

10月6日、浅草演芸ホール代演、18時15分上がりでネタは「猿後家」。

10月7日、上野広小路亭しのばず寄席の主任、18時45分上がりでネタは「子別れ」。

10月9日、浅草演芸ホール代演、12時15分上がりでネタは「転失気」。

 

10月8日、ムービックス亀有にて「アウトレイジ最終章」を観る。

盛者必衰、諸行無常。病み上がりの西田さんと塩見さんの風貌が、

過酷なヤクザ社会における肉体と精神の疲弊を表しているかのようだ。

テレ東の朝の生放送「おはよう、たけしですみません」も最高でした。

10月29日(日)は高砂亭落語会の第35回目。どうぞご来場ください。

 

AD

十月中席新宿末廣亭

テーマ:

10月10日、青山学院大学の教室で一席。

海外からの留学生に日本の伝統文化を体験してもらう「日本学」の授業。

最初に落研の4年生回転寿司好き助の「ジャズ息子」。

続いて鏡味味千代さんの太神楽曲芸。そして遊史郎の「転失気」。

大きな拍手と笑い声が響く楽しい授業となった。

10月11日、新宿末廣亭中席初日、18時上がりでネタは「猿後家」。

息子の通う小学校の校長先生と副校長先生が観に来てくださり

すばらしいお花まで頂く。どうもありがとうございました。

 

10月12日新宿末廣亭中席二日目、18時上がりでネタは「六尺棒」。

三鷹の保育園から落語の依頼があり快く引き受ける。

ブログを読んで声をかけてくださったそうだ。ありがとうございます。

 

10月13日、新宿末廣亭中席三日目、18時上がりでネタは「夢の酒」。

10月14日、こすげ小学校の体育館で一席、全校生徒と保護者の方で大盛況。

昔話の小噺から「転失気」を。大きな笑い声に包まれる幸せなひととき。

夜は新宿末廣亭の中席四日目、18時上がりでネタは「湯屋番」。

10月15日、ムービックス亀有で映画「猿の惑星 聖戦記」を観る。

シーザーのかっこよさに惚れ惚れ。その後新宿に移動。

新宿末廣亭中席五日目、18時上がりでネタは「紙入れ」。

中日の打ち上げでトリの米福師にご馳走になる。

円馬、ボンボンの繁二郎先生、夢花、和光、小痴楽も一緒に。

雨にも負けず、くだらない楽屋噺で盛り上がる。

残りの五日間も休まず懸命に務めます。どうぞご来場ください。

第35回高砂亭落語会、ご予約お待ちしております。

AD

らくごまつりと青山寄席

テーマ:

9月15日、浅草演芸ホール2階楽屋にて噺の稽古。文治師匠に「やかんなめ」を教わる。

9月16日、浅草演芸ホール代演、13時15分上がりでネタは「紙入れ」。

9月18日、浅草演芸ホール代演、13時上がりでネタは「紙入れ」。

9月23日、青山学院大学同窓祭の青山寄席で一席。トリで「紙入れ」を。

青学落研OBの懐かしい面々との年に一度の落語会。

コント芸人修業中の「春とヒコーキ」にもネタをやってもらった。

9月24日、芸協らくごまつり。今年は実行委員として運営にも関わる。

体育館担当なので福引とサインラリーの景品渡し係りを延々と。

 

12時から13時は教室イベントの「すべらないかもしれない話」に出演。

「芸協ドラフト会議」では柳橋師匠からの指名があった模様。嬉しくありがたい。

今年のまつりもおかげさまで事故もなく大盛況、ご来場誠にありがとうございました。

 

9月25日、早朝から都内某所にてCMの撮影。たまに入るタレント仕事。

ファストフードのあのお店のCMにちょっぴり映る予定。オンエアまで少々お待ちください。

10月29日は高砂亭落語会。ご予約お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

AD