肌のコラーゲン密度 その6 | コラーゲン研究を続ける社長の本当に知って欲しいコラーゲンの話

コラーゲン研究を続ける社長の本当に知って欲しいコラーゲンの話

コラーゲンを開発している社長の何気ないつぶやき。
きめやか美研 https://kimeyaka.co.jp


テーマ:

3-3.食生活に気を配る

 

減少しやすいコラーゲンの生成量を保つには、毎日の食事に気を配ることも大切です。

コラーゲンは、うなぎ、ふかひれ、豚足、アンコウ、牛スジ、手羽先、スペアリブ、魚の皮などの「見た目や感触がぷるぷるしている食べ物」に多く含まれているので、こうした食材を積極的に取り入れるようにしましょう。

 

 

コラーゲンは皮や血管、骨に多いですから、こういったところを多く含む食材がいい訳です。

 

コラーゲンを効果的に摂取するには、生成をサポートしてくれるビタミンCも一緒に摂ると良いです。

たとえば、鮭の切り身を焼いたものにレモンを搾って食べるといった感じですね。

他には、亜鉛や鉄分を多く含む食材と一緒に摂るのも吸収率を良くするのに役立つので、野菜と肉や魚を使ったスープ、鍋、煮込み料理、炒め物などがおすすめです。

 

また、食べすぎる人、あまり噛まずに飲みこむ癖のある人は、血糖値が上がる事により老化促進物質が増えやすく、コラーゲンにダメージを与える原因になるので注意が必要です。

1口ごとに30回ぐらい噛むつもりで、ゆっくりといただきましょう。時間をかけて食事をすると満腹中枢が刺激されやすくなるので、食べすぎ防止にも役立ちますよ。

コラーゲン社長・齊藤剛志さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります