保育園の始まりとべそかきおたーしゃん | うちの3姉妹~マンガで見る今日の出来事~
2006-05-22

保育園の始まりとべそかきおたーしゃん

テーマ:

今日から、三女の保育園がスタートです。

週に3日だけど、これから幼稚園に入るまでは

通うことになると思います。





三女が一緒にいると、化粧をしているだけでも寄ってきて



5-22


最近口癖の「なぁしてんの~?」から始まり、

「ねえねえ」「どーた~の?」「おたーしゃん?」(←いたーさんから進化?)

とひとしきり質問攻め(?)をしたあとで




5-22

母を洗面所から離そうとする。






キッチンでご飯を作っていれば





5-22

キッチンと母の間に無理矢理入ってきて母を押したり






仕事でちょっと机にむかうと






5-22

これまた無理矢理ひざの上によじのぼってきて

仕事のじゃまをするのだった。




今日からは、三女のいない時間に仕事ができる!




で、はりきって朝保育園につれていきました。




5-22

当然三女は笑顔で「ばいばい」。







家に戻った母は、三女の存在を気にすることなく

掃除して、洗濯干して、仕事をした。





5-22


三女がいないのは大助かりだ。



とってもとっても仕事がはかどる。






でも、1人で仕事をしてると、いろんなことを考える。






こうやって、毎日机に向かってばっかりの生活をずっと

してきて、三女はさみしかったろうな、と。





もちろん長女と次女にも悪いな、と思うことはあるけど

二人は学校や幼稚園で発散してきているし、

家で遊んでいても、二人には

華麗なるおっぺけぺ劇場などがある(笑)。






かまってほしくて、洗面所やキッチンから母を離そうとしていたチーちゃん。


母が机に向かうのが大嫌いなチーちゃん。




お外から小さい子どもの遊ぶ声がしているのに、

三女にはDVDをみせっぱなしにしてたこともある。




背中を向けてばっかりの母に対して、

チーちゃんはどう思っていたのかなあ。







5-22









5-22








5-22



ごめんね・・・チーちゃん。

今ごろ君はなにしているんだい?



さんざん忙しくてほっといたのに、

それでも手におえなくて保育園にいれてしまって。



母にかまってほしかったはずなのに保育園にいれてしまって。







おたーしゃん、超ナーバス!!

・゚・(ノД`)・゚・


記事書きながらべそかいてる私、

ばかですよ、ええ、ばかですよ。





でも、保育園に入れたことは間違っているとは思わない。

チーちゃんも楽しく過ごして、母も仕事を終わらせたら、

夕方からは子どもたちと向き合って遊んであげればいい。


机にむかう母の足にしがみついて泣いてたり

DVDをみせっぱなしにされているよりは、

保育園でいっぱい遊んでた方がいいに決まってる。

先生やお友だちといろんなこと経験できたほうがいいに決まってる。




ただ、ここで三女が「保育園いやだ」って泣いたら

もうアウトですね、アウトです。


そしたら仕事やめるかも・・・。

ごめんね、竹書房 H野 くん。



だから、チーちゃんが

ニコニコ笑顔のままで元気に通ってくれることを

願うばかりでございます。




さて、お迎えまでに晩ご飯も作って今日の仕事全部やって、

子どもたちといっぱい遊ぶぞ!



脱・ナーバスですよ!

щ(゚Д゚щ)そいや!




梅雨だというのにじめじめした記事ですみませんでした(ノД`)


←子育てとは・・・苦悩と反省。

子育てブログランキング

松本ぷりっつさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]