ライラック 刺繍くるみボタンブローチ/ヘアゴム plantsplanet | der Kreis(デア・クライス)

der Kreis(デア・クライス)

クロスステッチ刺繍を中心としたハンドメイド作品を作ってます。
作品紹介や日々の制作日誌など。

【ライラック 刺繍くるみボタンブローチ/ヘアゴム plantsplanet】

 

★minneページはこちら

★Creemaページはこちら

 

春と夏のはざまに、空模様を映して咲く小さな花の群れ。

頭上から福音のように降り注ぎ、爽やかな香りが一年で一番の季節を告げる。

ヨーロッパで愛される花、ライラック

 

 

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、

寒冷地を好むこの樹はヨーロッパ原産で、札幌市の市花にもなっています。

雨色、くもり、晴れの光。夏に向かい目まぐるしく揺れ動く恋心のような

春の空をすべて写し取っている花の色。

小さな十字の花々が無数に群れて咲く姿は、天空のあじさいにも似て。

 

この花が開くころ、人々はようやく安心できる春が訪れたことを分かち合い、

外に出て陽光の下で手を取り踊る。

くるくると回るうちにやがて日は高く昇り、爽やかな香りが初夏を連れてくる。

イギリスでは5月祭にこの花が使われ、

フランス語では「リラの咲くころ」と言えば一年で一番気候が良い時節を指す。

祝福に満ちた花です。

 

薄紫色を中心に、ピンクや青を織り交ぜて

春から初夏の清々しい雰囲気を大事に刺繍しました。

花の群れが、青天に向かって手を伸ばしていくようなイメージで。

ブローチとしても、ヘアゴムとしても、活躍してくれます。

 

 

先にアップしていた春先の花「ミモザ」と。

後ろにあるのはポルトガルの白ワイン…あまりにラベルが素敵だったので一緒に。

微発泡でスッキリとした辛口の、柑橘系な味わいが夏を感じる。

 

ライラックの花言葉、「無邪気」「初恋」「謙虚」。

はにかみながらニコリと笑う女の子を思い出すような、優しくみずみずしい花。

ぜひ、身につけてみてください。

 

★minneページはこちら

★Creemaページはこちら

 

↓クロスステッチブログランキング参加中!